小豆島特産品。 香川県【島匠】

小豆島の特産品

小豆島特産品

醤油のはじまり 醤油のはじまりには諸説あります。 醤油の原型は保存を目的とした「醤」。 この「醤」のひとつである穀物を塩漬けにした「穀醤」は、弥生時代からつくられていました。 醤づくりから味噌が生まれ、この味噌から滴る液体が醤油になったとされます。 また、鎌倉時代に中国から伝来した径山寺味噌の製造過程で抽出された液体が、醤油の原型になったとする説もあります。 本格的に醤油が生産されたのは江戸時代。 関東では濃口醤油、近畿では淡口醤油が開発されました。 明治時代より醤油の製造の機械化が進み、戦後には技術革新による醤油の大量生産が実現。 醤油は全国の食卓に広まりました。 日本で生まれた醤油は現在、世界の食卓で使われています。 長い年月をかけて確立された日本の醤油。 そんな醤油の名産、小豆島の醤油の歴史を紹介していきます。 醤油と佃煮の香り漂う醤油の町・醤の郷 醤の郷は、小豆島の南東部にある醤油づくりの町。 醤油産業の歴史景観を保護するために整備された地域です。 ここでは、明治時代に建てられた醤油蔵を見学できます。 醤油蔵の中には、登録有形文化財に認められた蔵も。 今でも一部の醤油工場やもろみ蔵が使用されていて、小豆島の食文化を支えています。 醤油蔵以外にも、醤油を使った佃煮工場、ごま油を使った製法でそうめんを製造する工場、オリーブオイルの製造施設があります。 佃煮の工場を見学するなら、こだわりの佃煮をお届けする小豆島食品は欠かせません。 醤油を使ったおいしい料理やエステを堪能できる島宿「真里」もおすすめ。 醤の郷を歩けば、醤油と佃煮の香りが漂います。 醤の郷を散策し、醤油の歴史について学ぶのはいかがでしょうか。 醤の郷で小豆島の醤油を支える醤油業者 小豆島の醤油を支えてきた醤の郷の醤油業者には歴史があります。 明治時代、日本は資本主義社会の躍進期にありました。 関東の最上醤油に劣らない品質で醤油を作るという方針のもと、小豆島の醤油業者が話し合い、蔵元「丸金」(現盛田)を設立。 醤油業者の技術や人をひとつに集約しました。 この企業努力により、小豆島が生んだマルキン醤油は、長い年月をかけてキッコーマン・ヤマサ・ヒゲタに並ぶメーカーとして評価されるようになりました。 そんな歴史を持つ小豆島には、世界から評価される蔵元があります。 丸島醤油株式会社はパリ国際食品見本市に出店し、フランスの3つ星レストラン「アルベージュ」に認められ、国産有機しょうゆを納品することになりました。 また各蔵元は、観光で訪れた人向けに、醤の郷を満喫できる催しを開いています。 醤油・オリーブの製造、販売を行うヤマサン醤油株式会社では、醤の郷散策ガイドを開催。 タケサン株式会社では、予約制の工場見学、ヤマヒサや正金醤油、島醸、マルキン醤油記念館では昔の醤油づくりの道具を展示しています。 金両醤油は蔵人の説明付きで醤油の試食会を行っています。 醤の郷で、歴史ある醤油蔵を巡る旅はいかがでしょうか。

次の

ウルトラファインミスト ミラブルプラス【香川県小豆島町特産品】

小豆島特産品

「東洋オリーブ」といえば小豆島はもちろん全国きってのオリーブオイルの一大ブランド。 なんと全国イチのオリーブオイルの生産量・販売量を誇っており、オリジナル商品も様々な物が豊富に取り揃えられています。 (後程小豆島のお土産にもってこいのものをどんどん紹介してまいりますね!) 近年、世界一のオリーブ生産量を誇るスペイン、次いで2位のイタリアが気候変動の影響でオリーブの生産量が激減しているため、小豆島で採れる国産のオリーブは改めて見直されつつあります。 それだけに、国内トップメーカーの東洋オリーブのオリーブ製品・オリーブオイルは是非一度は試してみたい一品といえるでしょう。 都内の有名イタリアンシェフにも愛用者が多いんですよ! 井上誠耕園は「いのうえせいこうえん」と読みます。 その名の通り誠心誠意耕されたオリーブ園でたわわに実ったオリーブたちは、香り豊かなだけでなく安心二重丸の一品でもあります。 ナチュラルテイストのシンプルなパッケージは素材の良さを現わすかのよう。 オオリーブオイルはオリーブの育った気候風土や搾取方法、ブレンド方法などによって各社微妙に味わいが異なるのですが、井上誠耕園のピリっと舌にパンチのあるオリーブオイルは肉料理などの濃いお料理や、パンなどとの相性が特に良いです。 オリーブの味をダイレクトに感じたい方は是非お試しください。 最近ではバニラアイスに垂らして食べる「オリーブオイルアフォガード」なんて食べ方も、話題を呼んでいます。 流行に敏感なあの方への小豆島のお土産にいかがでしょうか。 オリーブチョコレート自体、日本ではあまり目にすることがありませんが、一大オリーブ生産地のヨーロッパ、スペインやイタリアでもこのチョコレート製品は珍しいそうで、小豆島に足を運んだ観光客や出張者などもこぞって小豆島のお土産に買って帰るそうです。 チョコレートならば国籍問わず楽しめるので、海外の方を小豆島におもてなしした際のお土産にももってこいですね! 一人暮らしでキッチンが手狭なお友達や、料理をほとんどしない人にも渡しやすいのがありがたいです。 春日堂が出来たのはなんと明治40年!オリーブチョコレートの製造が始まったのも30年以上前とかなりの歴史があります。 ゆえに、地元民にとってはふるさとの味ともいえるオリーブチョコレート。 アーモンド入りのものやチョコパイなどラインナップも豊富なので是非色々食べ比べてみてください。 世界広しと言えども、オリーブとそうめんのコラボレーションはここ「なかぶ庵」だけでしょう。 とっても珍しい一品なのでそうめんを日常的に食べるアジア人・特に台湾からの観光客などにもご指名買いされることが多いそうです。 パスタのふるさとイタリア人にもヒットしているそうですよ! 実は小豆島に伝わる手延べそうめん「小豆島そうめん」は、「日本三大そうめん」のひとつと言われるほどの名物。 その中で、なかぶ庵は小豆島そうめんの製造の草分け的存在「中武商店」の直営施設なだけあってとっても風味豊かなそうめんを頂くことができます。 工場見学に、お土産購入にお食事に…見所てんこ盛りのスポットですので、小豆島のお土産の購入だけではなく是非時間をとってゆっくりいらしてください。 パスタは塩加減や、合わせるソースによって味わいが変わる、一見簡単なようでとても繊細な食べ物です。 しかし、庄八商店のオリーブパスタを使えば一発で味がキマるので、誰でもお料理上手になれちゃいますよ! 通常10~15分ほど茹でなければならないパスタが、カップラーメンと同じ、たったの3分で作れるので、腹ペコで帰ってきたお子様へのご飯や、仕事で遅くなった旦那様のお夜食にもササっと出せてとっても便利です。 あっという間に出来るのに、レストランのような味わいなので助かっちゃいますね! パッケージも可愛らしいので、フードストッカーに入れておくだけでもちょっとしたインテリアになります。 忙しい主婦のお友達への小豆島のお土産としてどうぞ! 小豆島といえばオリーブオイルがお土産として人気ですが、お醤油も負けてませんよ!小豆島きっての観光名所であるマルキン醤油記念館は大正時代に建てられた工場を改装して作られたなんとも風情のある建物でインスタ映え間違いなしでしょう。 蔵の前では国内外の多くの観光客がその姿をカメラに収めています。 醤油は日本人にとって毎日口にする国民食。 しかし、その製造工程や歴史については意外と知らない人が多いのではないでしょうか?記念館を巡ることで改めて醤油の大切さや歴史の深さに驚かされます。 現地でしか食べることの出来ない異色のコラボレーション「しょうゆソフトクリーム」も有名ですので、小豆島のお土産購入と併せて是非チェックしてみてくださいね! お土産の新定番「ご当地ロールケーキ」の中でもファンの多いウェーブの小豆島ロール。 レモン風味のロールケーキはオリーブオイルと一緒に渡せば、まるで地中海旅行のお土産のよう!渡す方ももらう方も思わず陽気な気分になる小豆島のお土産でしょう。 レモンの酸味が疲れた体にじんわり効いて、一口食べれば体の中から元気になれる一品でもあります。 おいもロールの方は、洋菓子に普段あまり馴染みがないご高齢の方へのお土産にもおすすめ。 まるで穏やかな小豆島の風景を表すかのような優しい甘みとほくほく感は、老若男女に愛されるほっこりとした一品です。 素朴なパッケージや綺麗な焼き色、きめの細かいスポンジからも作り手の方の愛情を感じることが出来るでしょう。 昨今全国各地でお土産の新定番になりつつある「ご当地サイダー」。 ここ小豆島にもあらゆるフレーバーのご当地サイダーが売られていますが、谷元商会のオリーブサイダーは、レトロなパッケージと品のよい喉越しと味わいがヒットして、普段サイダーをあまり飲まない大人の女性にもファンが多いそうです。 会社や学校の女性の先輩への小豆島のお土産選びに困った方は是非買ってみてはいかがでしょうか?そのまま飲んでも美味しいですが、パスタやピザなどと一緒にワインのようにたしなんでも絶妙なハーモニーを奏でます。 そのまま飲んでも良いですがとっておきの日はシャンパングラスなどに注ぐとさらに美味しく感じるでしょう。 ほのかに緑がかったサイダーが、食卓に花を添えてくれます。 先のオリーブパスタのソースとして利用したり、オリーブ生そうめんに添えて食べても抜群ですよ!普通の茹でたパスタに、この新漬オリーブと唐辛子をちょこっとあえるだけでも本格イタリアンの味わいになります。 見た目も本場さながらなので、セットで小豆島のお土産にするのも良いですね。 是非お試しください。 新漬オリーブはアグリオリーブ以外からも様々なメーカーから発売されているヒット商品。 地元香川県民や小豆島民にもファンが多く、食卓にもよく登場します。 インターネットのレシピ投稿サイトなどを見ると色々なアレンジレシピが掲載されていますので、お料理好きな人は是非チェックしてみてください!天麩羅などは漬物に水気があるため、少々作るのにコツが要ります。 小豆島の誇る「オリーブ」「オリーブオイル」「醤油」といった小豆島のお土産の代表選手が瓶の中で一堂に会した小豆島ラー油は、食卓に出せば土産話に一気に花が咲くことでしょう。 東洋から西洋まで世界各国の調味料が絶妙にコラボレーションした味わいは、和食にはもちろん、中華・洋食にもぴったりで、あっという間になくなってしまうかもしれません。 リピーターさんの中には2個3個買っていく方も多いそうです。 小豆島オリーブ園でお試しすることも出来ますよ! 館内のレストラン「オリーブパレス・レストレア」は2016年にリニューアルオープンした近代的な建物で、窓からは瀬戸内海が一望できます。 茹で上げパスタにはオリーブオイルを好きなだけかけていただくことも出来るので必見です。 オリーブオイルは本場ヨーロッパでも乾燥防止の為に一年中愛用している人の多い生活必需品。 顔に塗るのはもちろん、ボディケアやヘアケアにももってこいなので、1本あると大変重宝します。 口の中に入れても安心安全なので、子育て中のママさんなどにもぴったりな小豆島のお土産でしょう。 小豆島ヘルシーランドのジ・オリーヴオイルは「ミッション種」という美容関連商品に適したオリーブだけを使って作られており、のびもよく浸透率も高いです。 オリーブは年に1度しか収穫されない為、オリーブオイルも毎年完全限定生産となりますので是非お買い忘れのないようご注意ください!毎年12月頃に発売され、最新情報はホームページで確認することができます。

次の

ウルトラファインミスト ミラブルプラス【香川県小豆島町特産品】

小豆島特産品

「東洋オリーブ」といえば小豆島はもちろん全国きってのオリーブオイルの一大ブランド。 なんと全国イチのオリーブオイルの生産量・販売量を誇っており、オリジナル商品も様々な物が豊富に取り揃えられています。 (後程小豆島のお土産にもってこいのものをどんどん紹介してまいりますね!) 近年、世界一のオリーブ生産量を誇るスペイン、次いで2位のイタリアが気候変動の影響でオリーブの生産量が激減しているため、小豆島で採れる国産のオリーブは改めて見直されつつあります。 それだけに、国内トップメーカーの東洋オリーブのオリーブ製品・オリーブオイルは是非一度は試してみたい一品といえるでしょう。 都内の有名イタリアンシェフにも愛用者が多いんですよ! 井上誠耕園は「いのうえせいこうえん」と読みます。 その名の通り誠心誠意耕されたオリーブ園でたわわに実ったオリーブたちは、香り豊かなだけでなく安心二重丸の一品でもあります。 ナチュラルテイストのシンプルなパッケージは素材の良さを現わすかのよう。 オオリーブオイルはオリーブの育った気候風土や搾取方法、ブレンド方法などによって各社微妙に味わいが異なるのですが、井上誠耕園のピリっと舌にパンチのあるオリーブオイルは肉料理などの濃いお料理や、パンなどとの相性が特に良いです。 オリーブの味をダイレクトに感じたい方は是非お試しください。 最近ではバニラアイスに垂らして食べる「オリーブオイルアフォガード」なんて食べ方も、話題を呼んでいます。 流行に敏感なあの方への小豆島のお土産にいかがでしょうか。 オリーブチョコレート自体、日本ではあまり目にすることがありませんが、一大オリーブ生産地のヨーロッパ、スペインやイタリアでもこのチョコレート製品は珍しいそうで、小豆島に足を運んだ観光客や出張者などもこぞって小豆島のお土産に買って帰るそうです。 チョコレートならば国籍問わず楽しめるので、海外の方を小豆島におもてなしした際のお土産にももってこいですね! 一人暮らしでキッチンが手狭なお友達や、料理をほとんどしない人にも渡しやすいのがありがたいです。 春日堂が出来たのはなんと明治40年!オリーブチョコレートの製造が始まったのも30年以上前とかなりの歴史があります。 ゆえに、地元民にとってはふるさとの味ともいえるオリーブチョコレート。 アーモンド入りのものやチョコパイなどラインナップも豊富なので是非色々食べ比べてみてください。 世界広しと言えども、オリーブとそうめんのコラボレーションはここ「なかぶ庵」だけでしょう。 とっても珍しい一品なのでそうめんを日常的に食べるアジア人・特に台湾からの観光客などにもご指名買いされることが多いそうです。 パスタのふるさとイタリア人にもヒットしているそうですよ! 実は小豆島に伝わる手延べそうめん「小豆島そうめん」は、「日本三大そうめん」のひとつと言われるほどの名物。 その中で、なかぶ庵は小豆島そうめんの製造の草分け的存在「中武商店」の直営施設なだけあってとっても風味豊かなそうめんを頂くことができます。 工場見学に、お土産購入にお食事に…見所てんこ盛りのスポットですので、小豆島のお土産の購入だけではなく是非時間をとってゆっくりいらしてください。 パスタは塩加減や、合わせるソースによって味わいが変わる、一見簡単なようでとても繊細な食べ物です。 しかし、庄八商店のオリーブパスタを使えば一発で味がキマるので、誰でもお料理上手になれちゃいますよ! 通常10~15分ほど茹でなければならないパスタが、カップラーメンと同じ、たったの3分で作れるので、腹ペコで帰ってきたお子様へのご飯や、仕事で遅くなった旦那様のお夜食にもササっと出せてとっても便利です。 あっという間に出来るのに、レストランのような味わいなので助かっちゃいますね! パッケージも可愛らしいので、フードストッカーに入れておくだけでもちょっとしたインテリアになります。 忙しい主婦のお友達への小豆島のお土産としてどうぞ! 小豆島といえばオリーブオイルがお土産として人気ですが、お醤油も負けてませんよ!小豆島きっての観光名所であるマルキン醤油記念館は大正時代に建てられた工場を改装して作られたなんとも風情のある建物でインスタ映え間違いなしでしょう。 蔵の前では国内外の多くの観光客がその姿をカメラに収めています。 醤油は日本人にとって毎日口にする国民食。 しかし、その製造工程や歴史については意外と知らない人が多いのではないでしょうか?記念館を巡ることで改めて醤油の大切さや歴史の深さに驚かされます。 現地でしか食べることの出来ない異色のコラボレーション「しょうゆソフトクリーム」も有名ですので、小豆島のお土産購入と併せて是非チェックしてみてくださいね! お土産の新定番「ご当地ロールケーキ」の中でもファンの多いウェーブの小豆島ロール。 レモン風味のロールケーキはオリーブオイルと一緒に渡せば、まるで地中海旅行のお土産のよう!渡す方ももらう方も思わず陽気な気分になる小豆島のお土産でしょう。 レモンの酸味が疲れた体にじんわり効いて、一口食べれば体の中から元気になれる一品でもあります。 おいもロールの方は、洋菓子に普段あまり馴染みがないご高齢の方へのお土産にもおすすめ。 まるで穏やかな小豆島の風景を表すかのような優しい甘みとほくほく感は、老若男女に愛されるほっこりとした一品です。 素朴なパッケージや綺麗な焼き色、きめの細かいスポンジからも作り手の方の愛情を感じることが出来るでしょう。 昨今全国各地でお土産の新定番になりつつある「ご当地サイダー」。 ここ小豆島にもあらゆるフレーバーのご当地サイダーが売られていますが、谷元商会のオリーブサイダーは、レトロなパッケージと品のよい喉越しと味わいがヒットして、普段サイダーをあまり飲まない大人の女性にもファンが多いそうです。 会社や学校の女性の先輩への小豆島のお土産選びに困った方は是非買ってみてはいかがでしょうか?そのまま飲んでも美味しいですが、パスタやピザなどと一緒にワインのようにたしなんでも絶妙なハーモニーを奏でます。 そのまま飲んでも良いですがとっておきの日はシャンパングラスなどに注ぐとさらに美味しく感じるでしょう。 ほのかに緑がかったサイダーが、食卓に花を添えてくれます。 先のオリーブパスタのソースとして利用したり、オリーブ生そうめんに添えて食べても抜群ですよ!普通の茹でたパスタに、この新漬オリーブと唐辛子をちょこっとあえるだけでも本格イタリアンの味わいになります。 見た目も本場さながらなので、セットで小豆島のお土産にするのも良いですね。 是非お試しください。 新漬オリーブはアグリオリーブ以外からも様々なメーカーから発売されているヒット商品。 地元香川県民や小豆島民にもファンが多く、食卓にもよく登場します。 インターネットのレシピ投稿サイトなどを見ると色々なアレンジレシピが掲載されていますので、お料理好きな人は是非チェックしてみてください!天麩羅などは漬物に水気があるため、少々作るのにコツが要ります。 小豆島の誇る「オリーブ」「オリーブオイル」「醤油」といった小豆島のお土産の代表選手が瓶の中で一堂に会した小豆島ラー油は、食卓に出せば土産話に一気に花が咲くことでしょう。 東洋から西洋まで世界各国の調味料が絶妙にコラボレーションした味わいは、和食にはもちろん、中華・洋食にもぴったりで、あっという間になくなってしまうかもしれません。 リピーターさんの中には2個3個買っていく方も多いそうです。 小豆島オリーブ園でお試しすることも出来ますよ! 館内のレストラン「オリーブパレス・レストレア」は2016年にリニューアルオープンした近代的な建物で、窓からは瀬戸内海が一望できます。 茹で上げパスタにはオリーブオイルを好きなだけかけていただくことも出来るので必見です。 オリーブオイルは本場ヨーロッパでも乾燥防止の為に一年中愛用している人の多い生活必需品。 顔に塗るのはもちろん、ボディケアやヘアケアにももってこいなので、1本あると大変重宝します。 口の中に入れても安心安全なので、子育て中のママさんなどにもぴったりな小豆島のお土産でしょう。 小豆島ヘルシーランドのジ・オリーヴオイルは「ミッション種」という美容関連商品に適したオリーブだけを使って作られており、のびもよく浸透率も高いです。 オリーブは年に1度しか収穫されない為、オリーブオイルも毎年完全限定生産となりますので是非お買い忘れのないようご注意ください!毎年12月頃に発売され、最新情報はホームページで確認することができます。

次の