源氏物語 車争ひ 現代語訳。 源氏物語『葵』解説・品詞分解(1)

源氏物語(原文・現代語訳)

源氏物語 車争ひ 現代語訳

大殿 おおとの = 葵 あおい の 上 うえ。 左大臣家の姫君。 御 み 息 やす 所 どころ = 六 ろく 条 じょう の 御 み 息 やす 所 どころ。 大殿 おおとの には、 御 おん 物 もの の 怪 け いたう起こりて、いみじうわづらひ 給 たま ふ。 葵の上におかれては、御物の怪がひどく起こって、たいそうお苦しみになる。 「この 御 おん 生 いきす 霊 だま 、 故 こ 父 ちち 大臣 おとど の 御 ご 霊 りょう など言ふものあり。 」と聞き給ふにつけて、 思 おぼ しつづくれば、 「ご自分の 生 いき 霊 りょう や、亡き父大臣の死霊だなどと言う者がいる。 」と、(六条の御息所が)お聞きになるにつけて、お考え続けになると、 身ひとつの 憂 う き 嘆 なげ きよりほかに、人を 悪 あ しかれなど思ふ心もなけれど、 我が身のつらさや嘆きより他に、人を不幸になってしまえなどと思う気持ちもないけれど、 もの思ひにあくがるなる魂は、さもやあらむ 物思いで悩んだあげくにさまよい出て行くとかいう魂は、そのようなこともあるのだろうか。 と思し知らるることもあり。 と、身にしみてお気づきになることもある。 くわしくはこちら 人の思ひ消ち、無きものにもてなすさまなりし 御禊 みそぎ の後、 あの人(=葵の上)が無視し、いないものとして扱った態度であった御禊の後、 ひとふしに思し浮かれにし心、 その一件によって落ち着かなくなりなさった心が、 鎮まりがたう思さるるけにや、 鎮 しず まりそうもなくお思いにならずにはいられないせいであろうか、 少しうちまどろみ給ふ夢には、 少しうとうととお眠りになる夢には、 かの姫君とおぼしき人の、いと清らにてある所に行きて、 あの姫君(=葵の上)と思われる人の、たいそうきれいにしている所に行って、 とかく引きまさぐり、 現 うつつ にも似ず、 猛 たけ く 厳 いか き ひたぶる心出で来て、 あれやこれやと引きかきまわし、目の覚めている状態とは違って、 猛々 たけだけ しく激しい一途な心が出て来て、 うちかなぐるなど見え給ふこと、たび 重 かさ なりにけり。 荒々しくつかんで引っ張る様子などを御覧になることが、たび重なってしまった。 (2) 「あな、 心 こころ 憂 う や。 げに、身を 棄 す て てや、 往 い にけむ。 」と、 (六条の御息所は、)「ああ、つらいことよ。 なるほど、身体を捨てて、出て行ってしまったのだろうか。 」と、 うつし心ならずおぼえ 給 たま ふ 折 おり 々 おり もあれば、 正気でなくお感じになられる時も度々あるので、 「さならぬことだに、人の御ためには、 「そうでもないことでさえ、(わざわざ)他人のためには、 よさまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、 良いようなことは言い出さない世の中なので、 ましてこれは、いとよう言ひなしつべきたよりなり。 」 ましてこれは、たいそう上手く 噂 うわさ を立てることができる良い機会 だ。 」 と 思 おぼ すに、いと 名立 なだ たしう、 とお思いになると、たいそう噂になりそうで、 「ひたすら世に亡くなりて後に 怨 うら み残すは世の常のことなり。 「 一 いち 途 ず に、この世からいなくなって後に怨みを残すのは世間でよくある事だ。 それだに、人の上にては、罪深うゆゆしきを、うつつのわが身ながら、 それでさえ、人の身の上においては、罪深く不吉であるのに、生きている状態の我が身のままで、 さるうとましきことを言ひつけらるる 宿 すく 世 せ の憂きこと。 そのようないやなことを噂される 因縁 いんねん のつらいことよ。 すべて、つれなき人にいかで心もかけ聞こえじ。 」 もういっさい、薄情な方(=光源氏)に、どうあろうとも心をおかけ申すまい。 」 と思し返せど、思ふもものをなり。 とお考え直しになるけれど、思うまいと思うのも物思いするということなのである。 おどろおどろしきさまにはあらず、そこはかとなくて、月日を過ぐし給ふ。 (葵の上の方は、)ひどく苦しいという様子ではなく、特に悪いこともなく、月日を過ごしなさる。 大将殿も、常にとぶらひ聞こえ給へど、 大将殿(=光源氏)も、いつもお見舞い申し上げなさるけれど、 まさる方のいたうわづらひ給へば、御心のいとまなげなり。 さらに大事な方(=葵の上)がひどく 患 わずら っていら っしゃるので、お気持ちの休む間も ないようである。 続きはこちら -.

次の

源氏物語『車争ひ』を分かりやすく教えてください。*現代語訳...

源氏物語 車争ひ 現代語訳

こんにちは。 1ヶ月で40点上げて、センター英語で9割取って、 4ヶ月で上智大学合格に導いたオンラインプロ家庭教師『逆転合格メーカー』コシャリです。 いつも独学受験. jpにお越しいただきありがとうございます。 もし、この作品の品詞分解があればいいんだけど・・・ というものがあれば教えてくださいね! 妊娠中の葵上は女房の勧めで御禊の見物に出かけた。 このページは 源氏物語葵車争ひ車争い大殿には日たけゆきて品詞分解助動詞敬語全訳 の1 です! 大殿には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、 御心地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、 現代語訳 大殿 葵上 には、このような物見の御外出もめったになさらないうえに、 御気分までもすぐれないので、 祭り見物など 気におかけにならなかったのだが、 品詞分解 大殿 名詞 に 格助詞 は、 係助詞 かよう ナリ活用形容動詞「かようなり」語幹 の 格助詞 御ありき 名詞 も 係助詞 をさをさ 副詞 し サ行四段活用動詞「す」連用形 給は 尊敬の補助動詞ハ行四段活用動詞「給ふ」未然形 ぬ 打消 の助動詞「ず」連体形 に、 接続詞 御心地 名詞 さへ 副助詞 なやましけれ シク活用形容詞「なやまし」已然形 ば、 接続助詞 思しかけ カ行下二段活用動詞「思しかく」未然形 ざり 打消 の助動詞「ず」連用形 ける 過去の助動詞「けり」連体形 を、 接続助詞 はじめまして! 毎度こちらの品詞分解、現代語訳活用させて頂いております。 なかなかテストになると古典に費やす時間がどうしても短くなってしまうのですが、限られた時間の中でも十分理解できるようなわかり易くてとても参考になる解説をしてくださるので本当に感謝しております。 ありがとうございます。 つきましては源氏物語の 「夜深き鶏の声【若菜 上】」 三日がほどは夜離れなく渡給ふを~いとただにはあらずかし。 よろしくお願いします。 ぴーさんこんにちは。 コメントありがとうございます!! >毎度こちらの品詞分解、現代語訳活用させて頂いております。 なかなかテストになると古典に費やす時間がどうしても短くなってしまうのですが、限られた時間の中でも十分理解できるようなわかり易くてとても参考になる解説をしてくださるので本当に感謝しております。 ありがとうございます。 お役に立てているようで嬉しいです。 こちらこそご覧いただきありがとうございます。 それにしても、しっかりした丁寧なコメントですね。 >つきましては源氏物語の 「夜深き鶏の声【若菜 上】」 三日がほどは夜離れなく渡給ふを~いとただにはあらずかし。 よろしくお願いします。 おお!源氏はちょっと疲れるので、後半までできるかどうかわかりませんが、 やってみますね。 しばしお待ちくだされ。

次の

源氏物語葵車争ひ車争い大殿には日たけゆきて品詞分解助動詞敬語全訳(4/9ページ)

源氏物語 車争ひ 現代語訳

大殿 おおとの = 葵 あおい の 上 うえ。 左大臣家の姫君。 御 み 息 やす 所 どころ = 六 ろく 条 じょう の 御 み 息 やす 所 どころ。 大殿 おおとの には、 御 おん 物 もの の 怪 け いたう 起こりて、 いみじう わづらひ 給ふ。 いたう=ク活用の形容詞「いたし」の連用形が音便化したもの、良い意味でも悪い意味でも程度がはなはだしい。 いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。 わづらひ=ハ行四段動詞「煩ふ(わづらふ)」の連用形、苦しむ、悩む。 病気になる。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の終止形、尊敬語。 動作の主体である葵の上を敬っている。 作者からの敬意。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 葵の上におかれては、御物の怪がひどく起こって、たいそうお苦しみになる。 「この 御 おん 生 いきす 霊 だま 、 故 こ 父 ちち 大臣 おとど の 御 ご 霊 りょう など言ふものあり。 」と聞き 給ふにつけて、 思しつづくれ ば、 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 思しつづくれ=カ行下二段動詞「思し続く(おぼしつづく)」の已然形、「思ひ続く」の尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 「ご自分の 生 いき 霊 りょう や、亡き父大臣の死霊だなどと言う者がいる。 」と、(六条の御息所が)お聞きになるにつけて、お考え続けになると、 身ひとつの 憂き嘆きよりほかに、人を 悪しかれなど思ふ心も なけれ ど、 憂き=ク活用の形容詞「憂し(うし)」の連体形、つらい、心苦しい。 いやだ。 にくい、気に食わない。 悪しかれ=シク活用の形容詞「悪し(あし)」の命令形、悪い。 不都合だ。 なけれ=ク活用の形容詞「無し」の已然形 ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 我が身のつらさや嘆きより他に、人を不幸になってしまえなどと思う気持ちもないけれど、 もの思ひに あくがる なる魂は、 さ も や あら む あくがる=ラ行下二段動詞「憧る(あくがる)」の終止形、さまよい出る、離れる。 思いこがれる。 うわの空になる。 なる=伝聞の助動詞「なり」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「なり」には「伝聞・推定」の意味があるが近くに音声語が無い時は伝聞の意味になる可能性が高い。 直前に終止形があるので、「断定・存在」の助動詞「なり(接続は体言・連体形)」ではない。 「あくがる」の連体形は「あくがるる」。 さ=副詞、そう、その通りに、そのように。 も=係助詞 や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 あら=ラ変動詞「あり」の未然形 む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 物思いで悩んだあげくにさまよい出て行くとかいう魂は、そのようなこともあるのだろうか。 と 思し知ら るることもあり。 思し知ら=カ行下二段動詞「思し知る(おぼししる)」の未然形、「思ひ知る」の尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 るる=自発の助動詞「る」の連体形、接続は未然形。 「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。 自発:「~せずにはいられない、自然と~される」 と、身にしみてお気づきになることもある。 年ごろ 、 よろづに思ひ残すことなく 過ぐし つれ ど、 年ごろ=名詞、長年、長年の間 よろづに=副詞、あれこれに、さまざまに (万)よろづ=名詞、すべてのこと、あらゆること。 過ぐし=サ行四段動詞「過ぐす」の連用形 つれ=完了の助動詞「つ」の已然形、接続は連用形 ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 長年、さまざまに物思いの限りを尽くして過ごしてきたけれど、 かう しも砕け ぬを、 はかなきことの 折に、 斯う(かう)=副詞、こう、このように。 「斯く(かく)」が音便化したもの。 しも=副助詞。 ここでは「かう」を強調して、「こんなに・これほどまで」などと訳すと良い。 ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 はかなき=ク活用の形容詞「はかなし」の連体形、頼りない、むなしい。 取るに足りない、つまらない。 ちょっとした。 くわしくはこちら 人の思ひ消ち、無きものに もてなすさま なり し 御禊 みそぎ の後、 もてなす=サ行四段動詞「もてなす」の連体形、取り扱う、処置する。 ふるまう。 饗応する。 なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 御禊(みそぎ)=六条の御息所の娘のための禊(みそぎ)。 禊とは水辺に出て、罪や穢れなどから身を清めること。 六条の御息所の娘は後に梅壺女御となり、秋好(あきこのむ)中宮と呼ばれるようになる。 あの人(=葵の上)が無視し、いないものとして扱った態度であった御禊の後、 ひとふしに思し浮かれ に し心、 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 その一件によって落ち着かなくなりなさった心が、 鎮まりがたう 思さ るる け に や、 鎮まりがたう=ク活用の形容詞「鎮まり難し(しずまりがたし)」の連用形が音便化したもの 思さ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の未然形、「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 るる=自発の助動詞「る」の連体形、接続は未然形。 「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。 自発:「~せずにはいられない、自然と~される」 故(け)=名詞、ため、せい、ゆえ に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 や=疑問の係助詞、結びは連体形となるはずだが、ここでは省略されている。 「あら(ラ変・未然形)む(推量の助動詞・連体形)」などが省略されていると考えられる。 場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。 「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など 「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など 鎮 しず まりそうもなくお思いにならずにはいられないせいであろうか、 少し うちまどろみ 給ふ夢には、 まどろみ=マ行四段動詞「微睡む(まどろむ)」の連用形、うとうとと眠る。 「うち」は接頭語で、「すこし、ちょっと・勢いよく」などといった意味がある。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 少しうとうととお眠りになる夢には、 かの 姫君と おぼしき人の、いと 清らにてある所に行きて、 彼の(かの)=あの、例の。 「か(名詞)/の(格助詞)」と品詞分解する。 おぼしき=シク活用の形容詞「覚し・思し(おぼし)」の連体形、思われる。 思っている。 清らに=ナリ活用の形容動詞「清らなり(きよらなり)」の連用形、美しい、きれいだ。 あの姫君(=葵の上)と思われる人の、たいそうきれいにしている所に行って、 とかく 引きまさぐり、 現 うつつ にも似 ず、 猛 たけ く 厳 いか き ひたぶる心 出で来て、 とかく=副詞、あれやこれやと、何かと 現(うつつ)=名詞、現実、現世。 生きている状態、目が覚めている状態。 ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 ひたぶる心=名詞、一途な心、ひたすらな心 あれやこれやと引きかきまわし、目の覚めている状態とは違って、 猛々 たけだけ しく激しい一途な心が出て来て、 うちかなぐる など 見え 給ふこと、たび 重 かさ なり に けり。 かなぐる=ラ行四段動詞「かなぐる」の連体形。 荒々しくつかんで引っ張る、荒々しく打つ。 「うち」は接頭語で、「すこし、ちょっと・勢いよく」などといった意味がある。 見え=ヤ行下二段動詞「見ゆ」の連用形、。 見える、分かる。 「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれていたり、「見ゆ」には多くの意味がある。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連体形、尊敬語。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 作者からの敬意。 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 荒々しくつかんで引っ張る様子などを御覧になることが、たび重なってしまった。 続きはこちら -.

次の