アリシア ログイン。 アリシアクリニック会員サイト(マイページ)の登録方法

『モンスターハンター ライダーズ』 人気ライダー「アリシア」入手チャンス!「【復刻】ラクア大騒動」開催!

アリシア ログイン

アリシアドラグーン ジャンル 対応機種 開発元 発売元 ゲームアーツ 須永有三 神田善美 本間直純 原田修 音楽 笠谷文人 青島信幸 石母田守 園田容子 さとうまりこ 美術 上村眞理子 人数 1人 メディア 8 発売日 199203301992年3月30日 1992041992年4月 199204241992年4月24日 その他 670-2139 670-2139-50 T-45033 『 アリシアドラグーン』 Alisia Dragoon は、にから発売された用。 に北米にて発売された後、に日本国内でも発売された。 プレイヤーは父親の復讐を遂げて、世界を救おうとする若い女性アリシアを操作する。 彼女は自分の手から稲妻を放ち、4匹の忠実な獣を助けに呼び寄せることができる。 このゲームは日本国外ではによって発売されたが、セガはヒロインを本来のような華奢に見える女魔法使いではなく、無骨な剣闘士に仕立てた。 また本作は同社のパソコン用ソフト『』()のゲームシステムを継承している。 ゲーム開発はゲームアーツが行い、作画や背景設定などにおいてのが協力している。 ゲーム・デザインは『テグザー』を手掛けた、シナリオはパソコン用ソフト『』()を手掛けた須永有三と用ソフト『』(1992年)を手掛けた神田善美、音楽プロデューサーはパソコン用ソフト『』()を手掛けた笠谷文人、キャラクター・デザインは漫画『』( - )の作者であるが担当している。 アリシアドラグーンは国際的に宣伝されていなかったため、高い評価を受けたにもかかわらず、ビデオゲーム市場に大きな影響を与えなかった。 しかし、にはに収録された。 ゲーム内容 [ ] 『アリシアドラグーン』では、父親を殺した邪悪な勢力を倒して世界を救おうとする主人公のアリシアをプレイヤーが操作する。 ゲームは8レベルの横スクロール環境で構成されている。 アリシアは隙間を飛び越え、邪魔する敵を殺さなければならない。 各ステージは、最後にを倒すことで終わる。 アリシアは、手から稲妻の筋を発射して攻撃する。 攻撃は射程内の敵を自動的に標的にするが、1回の斉射ごとにアリシアが力を消耗して弱くなる。 彼女が攻撃をやめると、力は回復する。 フルチャージすると、マルチターゲット攻撃が可能になり 、画面上のすべての敵を攻撃できる。 エネルギーシステムは、プレイヤーがアリシアの力を管理して、重要な瞬間に自分を守ることができるようにするという戦略的要素を導入している。 アリシアの道中に助けとなるのは彼女のペットのモンスターである。 これらのクリーチャーは、ヒロインの周りを自力で飛び回り、敵を攻撃し、敵の攻撃が彼女に当たるのを防ぐ。 4匹のペットがいて、それぞれに攻撃の種類がある。 ファイヤー・ドラゴンは火の玉を吐き、ブーメラン・リザードはブーメランを投げる。 サンダー・バードは、画面全体の敵に影響を与える雷撃を発し、バーニング・スフィアは接触すると敵を燃やす。 アリシアと一緒に戦うことができるペットは1匹だけだが、プレイヤーはいつでもアクティブな仲間として4匹のうちのいずれか(またはなし)を選択できる。 ゲームの途中で、アリシアとモンスターたちはを集めて能力を向上させることができる。 これらの拡張アイテムは、最初の7つのステージ全体に配置され、ほとんどは隠された場所にある。 さまざまなパワーアップは、アリシアと彼女のモンスターを癒したり、最大を増やしたり、攻撃を強くしたり、一定時間不死身を付与したりできる。 ライフバーは、敵の攻撃やトラップからダメージを受けることで失われる。 アリシアのペットがライフバーをすべて失うと、プレイから除外され、「復活」のパワーアップが収集されるまで戻せなくなる。 アリシアがライフバーをすべて失った場合、残機を消費してレベルを再開できる。 すべての残機が使用された場合、ゲームは終了する。 アリシアドラグーン には、プレイヤーの進行状況をする機能はない。 ゲームが終了すると、キル数、アリシアの攻撃のパワーレベル、ペットモンスターの使用頻度に基づいて、プレーヤーの全体的なパフォーマンスがチャート化される。 ストーリー・設定 [ ] のほとんどのアクションゲームと同様に、 アリシアドラグーンのプロットは単純で短い。 ゲームはそのままアクションに入り、目の前にあるすべてのものを殺すようアリシアに命じる。 最後のボスを倒した後、プレイヤーはアリシアが彼女の家に戻ってきたという映画のようなで扱われる。 日本版では、設定の多くが説明書に記載されていた。 アリシアは魔法使いの娘で、主な悪役のバラーダールを繭に閉じ込め、宇宙空間に送り込んだ。 父親は、バラーダールの部下に拷問されて殺された。 悪人が地球に衝突して目覚め始めると、アリシアは彼と彼の支持者を倒しに向かう。 このゲームのアメリカ版とヨーロッパ版では異なるバックストーリーが作られた。 アリシアは4人のペットの仲間と共に人々の大義を擁護する剣闘士として活躍した。 彼女の任務は、地球に墜落した「銀の星」である邪悪なモンスターとその生産源を根絶することだ。 移植版 [ ] No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 1 アリシアドラグーン 201909192019年9月19日 201909192019年9月19日 201909192019年9月19日 - 本体にあらかじめ収録されている42タイトルの中の一つ。 開発 [ ] 1992年、日本のアニメーションスタジオは、ロールプレイングゲームの開発元であると共同でアクションゲームを制作した。 ガイナックスのビデオゲーム製品ラインは、やアニメベースのアドベンチャーゲームを好むニッチ層をターゲットにする傾向があった。 アリシアドラグーンは、この伝統から脱却した。 アニメーションスタジオは制作の芸術的な部分を扱い、ストーリーを書き、ゲームの環境やキャラクターのデザインに使われるアートワークを作成した。 創設者の何人かはのアニメ映画に関わっており、1984年に公開されたSFアニメ映画『』の影響は、このゲームのあるレベルで顕著だった。 同様に、当時の日本のアニメ界ではSFとファンタジーをミックスしたテーマが主流だったため、 アリシアドラグーンでは、架空のゾンビやドラゴンと並んでハイテクの宇宙船やロボットが登場した。 サウンドトラックの作曲は、アクションゲーム『』や『』などのゲームアーツの他の作品で音楽を制作してきたメカノ・アソシエイツに委任された。 しかし、ゲームアーツは、アートワークをコンソールハードウェアでレンダリングできる環境やクリーチャーに適合させ、ソフトウェアコードの行として記述するなど、アリシアドラグーン の制作においてほとんどの作業を行なった。 スタッフ [ ]• メイン・プログラマー:本間直純• アシスタント・プログラマー:原田修• メイン・グラフィック・デザイナー:安住政敏• アシスタント・グラフィック・デザイナー:和田めい子• 音楽プログラマー:MISTER TOM(嶋田智幸)、上條有• アシスタント・音楽プログラマー:國島憲一• ストーリー・コンセプト・デザイナー:須永有三• シナリオ・ライター:神田善美• キャラクター・デザイン(モンスター):佐藤肇• キャラクター・デザイン(アリシア):• テクニカル・サポート:増渕利道• アートワーク:上村眞理子• 音楽:メカノアソシエイツ• 音楽プロデューサー:KASS(笠谷文人)• ミュージシャン:青島信幸、石母田守、園田容子、さとうまりこ• スペシャル・サンクス:、、、、、、、、中沢和博• スペシャル・テスト・プレイヤー:池谷昌彦• テスト・プレイヤー:松田明男、、堀井伸雄、ほんまなおつぐ、ますぶちひでと、たなかひでとも• オリジナル・コンセプト:• 本作は3月30日にセガから北米およびヨーロッパ向けに発売されたが、宣伝は控えめであり、セガはゲームの主要な広告をメディアに掲載しなかった。 コンテンツを欧米市場向けにローカライズするため、同社はアリシアドラグーン にいくつかの 外観上の変更を加えた。 アリシアは、典型的なで描かれた大きな目をしたヒロインの代わりに、日本国外の箱のカバーでは金色のビキニを着た野蛮人の女性として描かれた。 西洋版のアリシアは、芸術家の ()の作品の中で、ほとんど服を着ていない女性として描かれた。 欧米人は日本人よりもこのゲームに熱心だったが、否定的な評価も多少あった。 ゲーム誌『 ()』は、アリシアドラグーンが、応答性の高い操作性や多忙なアクションと美しいグラフィックの組み合わせで、ジェネシスの所有者にとって非常に魅力的なものになったと評価している。 『』のThe Lessersも同様にこのゲームに感銘を受け、アリシアドラグーンの「堅実なアーケードアクション」が彼らの「高速反射の必要性」を満たしたことを称賛した。 『 ()』の ()はこのゲームのペットのモンスターのデザインを称賛し、ゲーム内のペットの管理を戦術の励みにしていると述べた。 彼の評論家仲間のリチャード・リードベター Richard Leadbetter は、このゲームは「美しいスプライト」と「驚くべき背景」で視覚的に魅力的だと書いている。 彼はこのゲームにやりがいを感じ、「台所のシンクに(彼が)いるとき以外のすべてを(擲って)」、ゲームのようにエネルギーを節約することを余儀なくされた。 リグナルはゲームの難易度についてリードベターに同意し、難易度と秘密の部屋やパワーアップの発見によりアリシアドラグーンは長続きする魅力を備えた優れたアクションプラットフォームゲームになったとした。 何百ものジェネシスのゲームの中で、『 ()』はアリシアドラグーンを上位100位に入るゲームとして評価し、「(おそらく)ドラゴンを題材とした最高のプラットフォームゲーム」と呼んでいる。 このような好感情にもかかわらず、日本国外での販売は低調だった。 日本国内での評価は、ゲーム誌『』の「」において5・5・5・4の合計19点(満40点)と低評価となった が、『』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り22. 69点(満30点)と高評価となった。 項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合 得点 4. 26 3. 90 3. 55 3. 64 3. 70 3. 64 22. 69 またゲーム本『メガドライブ大全』(、)では、本作を「ゲームアーツ流美少女ハードアクション」と位置付けており、設定から想像される魔法少女チックな部分は全くなく、横スクロールアクションの基本に忠実な動きが要求されると指摘、また同社の『テグザー』から引き継いだ全自動ホーミングである稲妻は強力であるが、背の高い主人公は被弾しやすく防御面に問題があるとも指摘したが、考慮された敵配置に関して「ゲームを通して作り手と直接向かい合っている」と高評価を与えた他、対決の空気感がある事で楽しい緊張感を生じさせると肯定的に評価した。 ゲームの発売から16年後、のトッド・シオレック Todd Ciolek はアリシアドラグーンを批評し、MeanMachinesのレヴュアーとほぼ同じ意見となった。 ガイナックスのゲームのカタログに注目して、彼はアリシアドラグーンが他の作品とは非常に異なっていることに気付いた。 筋金入りのアニメファンをターゲットにし、搾取的なテーマに焦点を当てるのではなく、このゲームの魅力は誰にとっても魅力的だった。 これを踏まえて、シオレックはアリシアドラグーンを「これまでに触れた中で最高のガイナックスのビデオゲーム」であり、「それ自体が壮観な乗り物」と呼んだ。 1990年代初頭、ビデオゲーム市場は若い男性層に偏っており、ゲームはしばしば女性を、男性主人公の助けを必要とする「」として描写していた。 脚注 [ ] []• Pixelated Audio 2017年1月10日. 2017年2月4日閲覧。 の2008年8月27日時点におけるアーカイブ。 2008年8月28日閲覧。 London, United Kingdom: 18 : 68—70. の30 August 2008時点におけるアーカイブ。 2008年8月28日閲覧。. Wisconsin, United States: 12 190 : 58—59. New Hampshire, United States: 34 : 38. Sega staff May—June 1992. California, United States: 1 8 : 18. MobyGames staff. 2009年1月17日閲覧。 2020年3月15日閲覧。 Mega issue 9, page 23. , June 1993. Outofprintarchive. com. 2015年11月12日閲覧。 Blue Flame Labs. 2020年3月15日閲覧。 Szczepaniak, John 2006-07-20. Bournemouth, United Kingdom: 27 : 42—51. Williamson, Matt 1992年12月21日. Ohio, United States: : p. Mega staff October 1992. Bath, United Kingdom: 1 : 83. Mega staff January 1993. Mega Bath, United Kingdom: Future Publishing 4 : 86. Malitz, Nancy 1992年8月7日. : p. 57 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

当日照射予約 受付開始のお知らせ

アリシア ログイン

目次でパッと理解する• アリシアクリニックの無料カウンセリング予約方法 カウンセリングの予約方法は、 電話予約かWEB予約の2パターンになります。 「いつどこの医院で予約ができるか」まとめて確認したいなら、24時間オンラインで確認できるWEB予約のほうが便利です。 WEBでカウンセリング予約をする方法 WEB予約は24時間可能。 3~5分くらいで予約ができます。 まず以下のボタンからアリシアクリニックの公式サイトに移動しましょう。 公式サイトのトップ画面がこちらです。 今回ご案内する画面はスマホですが、PCやタブレットでも表示は変わりません。 画面下部のまずは無料カウンセリングボタンをタップします。 アリシアクリニックでの未成年の脱毛は、カウンセリングへの保護者の同伴か同意書の提出のどちらかが必須です。 脱毛がオトクになる割引なので、要チェックです! 1.希望のクリニック、日時を選択 次に、カウンセリングを希望するクリニックを選択します。 施術時は全クリニック間で移動することができます。 クリニックを決めたら、カウンセリング希望の日付を選びましょう。 予約が可能な日は「。 」になっています。 希望の日時がなければ、翌週ボタンですべて表示させて見ることができます。 希望の日時が決まったら選択するをタップして次のステップです。 2.個人情報の入力 次に、自身の情報を入力・選択していきます。 項目は5つです。 連絡先はミスがないよう入力しましょう。 ふりがな• 生年月日• 電話番号• メールアドレス 入力がすべて終わったら最後のステップ入力内容の確認に移ります。 3.記入内容の確認 記入した項目に間違いがないかよくチェックしましょう。 ミスがあれば入力内容を変更するで戻ります。 間違いなければ下へスクロールし、予約上の注意点と個人情報の取り扱いについて確認したあと 上記に同意するへチェックします。 予約を確定するをタップします。 これでカウンセリング予約は完了です。 あとは4~5日以内にはクリニックから 予約確認の連絡が来ます。 もしなければ、クリニックへ電話で確認したほうがいいでしょう。 「クリニックのカウンセリングって何するの…?」不安な人はこちらのカウンセリング体験レポートを見てみて下さいね。 実際のカウンセリングから契約までばっちりお伝えします! 電話で予約をする方法 アリシアクリニックはコールセンターがありません。 電話でカウンセリング・施術予約をしたければ、直接希望する医院に電話をかけなければいけないんですね。 2018年1月現在の医院数は14医院です。 院が込み合ってる場合、なかなか電話をとってくれないこともあります。 そう考えると、WEB予約のほうがラクですね。 WEB予約方法を知りたい人は アリシアクリニックの施術予約方法 施術の予約は、3通りの方法があります。 クリニックで施術後に次回予約• 会員サイトからのWEB予約• クリニックへ電話予約 一番安心なのは1.のクリニックで予約していくことです。 2ヶ月先の予約になるので、予定がはいるかわからない時は2.の会員サイト・公式アプリもおすすめです。 24時間いつでも空きチェックできて、 リアルタイムの空き状況を確認できるので、急なキャンセルが出た時は当日予約も狙えるかもしれません。 クリニックで施術後に次回予約 アリシアではベーシックな予約方法です。 クリニックで施術を受けたあと、受付で次回予約をします。 その場で候補日を出して検索してもらえるので、予定がわかっていれば一番手軽な方法になります。 予約日が決まれば会員カードに記入してもらえるので確実です。 2.会員サイトの登録方法、WEB予約方法 まずはにアクセスしましょう。 ログイン画面をお気に入り登録しておくと便利です!これでいつでもWEB予約できます。 会員サイトの利用が初めてなら先に 新規会員登録はこちらから登録を済ませます。 診察券番号が必要なので会員カードを手元に用意しておきましょう。 登録時に決めた パスワードは忘れないようスクリーンショットを撮っておくのがオススメです! 完了したら、 診察券番号とパスワードを入力してログインできます。 会員サイトのトップ画面がこちらです。 画面上部のメニューバーは以下• 契約内容を確認• 予約状況の変更・キャンセル• 次回の予約をする• 会員情報の変更 ここでは 次回の予約をするをタップしましょう。 すでに契約中で 予約可能なメニューと注意事項が赤枠の場所に表示されます。 」と出ます。 予約が可能な人は左側の青枠に、 希望の医院・日時を選択するだけです。 空き状況を検索すると、予約がいっぱいまたは、予約可能な時間がでてきます。 会員サイトのトップ画面には、次回予約の内容と日時が表示されるのでいつでもチェック可能です。 3.クリニックへ電話予約 施術したいクリニックの 受付時間内なら電話で施術予約することもできます。 それ以降はクリニックの営業時間内に 電話しなければいけません。 予約前日20時までならいくらでもWEB上で空き状況を見ながら変更できるので便利ですね。 施術予約を前に 生理がきた場合、VIO周辺はお手入れが出来なくなります。 VIO以外のパーツだけお手入れしたり柔軟に対応してくれるので、まずはクリニックに相談してみて下さい。 会員サイトからの予約変更方法 会員サイトのTOPページから 予約の変更・キャンセルを選択すると、現在の予約状況が表示されます。 変更ボタンを押すと、あとは予約時と全く同じです。 予約当日のキャンセル・変更はクリニックへ電話する アリシアクリニックでは施術当日の予約時間1分前であっても キャンセル料がかかりません。 たとえ遅刻してしまっても、残り時間でできる範囲をやってくれたり別日に予約を提案してくれたり、 親切対応です。 とはいえ、クリニックからの印象を悪くしてしまうので、キャンセルや変更は早めに連絡しましょう。 当日の変更やキャンセルについては直接クリニックに電話してくださいね。 jQuery v1. 2 c 2005, 2013 jQuery Foundation, Inc. jquery. min. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",q,! 1 ,e. removeEventListener "load",q,! 1 : a. detachEvent "onreadystatechange",q ,e. charAt e. [null,e,null]:N. exec e ,! n n. jquery? n r. find e :this. constructor n. n[0]:n,x. merge this,x. nodeType? ownerDocument n:a,! 0 ,k. isPlainObject n for i in n x. isFunction this[i]? this[i] n[i] :this. find e ;this. nodeType? this. isFunction e? ready e : e. selector! selector,this. context ,x. this. this[this. merge this. constructor ,e ;return t. ready. promise. pushStack g. t:0 ;return this. pushStack x. prevObject this. sort,splice:[]. init. fn,x. isArray r? isArray e? isPlainObject e? extend c,a,r :r! random. ready! --x. readyWait:! body return setTimeout x. ready ;x. 0,e! resolveWith a,[x] ,x. trigger "ready". c[y. e "object"! type e e. nodeType x. isWindow e return! call e. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! support. ownLast for n in e return v. 1;return! e "string"! remove ,x. merge [],r. JSON. parse? JSON. test n. replace A," ". replace j,"]". replace S,""? n "string"! DOMParser? XMLDOM" ,r. getElementsByTagName "parsererror". length x. eval. replace D,"ms-". nodeName. "":b. [e]:e :h. Math. t e[o],o ,n! isFunction e? apply n this,r. concat g. guid x. 0;for l in r x. access e,n,l,r[l],! 0,x. i:i. call e[l],l,n e[l],r ;return o? e:c? call e :u? style[o],e. apply e,r [] ;for o in t e. ready. readyState setTimeout x. ready ;else if a. addEventListener a. addEventListener "DOMContentLoaded",q,! 1 ,e. addEventListener "load",q,! attachEvent "onreadystatechange",q ,e. each "Boolean Number String Function Array Date RegExp Object Error". type e ;return x. isWindow e?! String. call w. childNodes ,w. childNodes ,H[w. childNodes. length]. length? apply e,O. ownerDocument t:w! e "string"! getElementById s ,! parentNode return n;if a. ownerDocument. apply n,t. getElementsByClassName return M. apply n,t. nodeName. getAttribute "id"? apply n,y. parentNode. length;while r-- o. nodeName. nodeName. ownerDocument e. documentElement;return t? "HTML"! nodeName:! defaultView;return n! documentElement? appendChild n. createComment "" ,! firstChild. getElementsByClassName "i". appendChild e. getElementsByName! getElementsByName b. getById? find. getElementById! parentNode? filter. find. ID,o. filter. getAttributeNode! find. getElementsByTagName? getElementsByTagName! find. getElementsByClassName! test n. querySelectorAll "[selected]". length g. querySelectorAll ":checked". length g. createElement "input" ;t. setAttribute "type","hidden" ,e. appendChild t. setAttribute "t","" ,e. querySelectorAll ":enabled". length g. push ":enabled",":disabled" ,e. push ",. webkitMatchesSelector d. mozMatchesSelector d. oMatchesSelector d. call e,"div" ,y. call e,"[s! push "! test d. contains d. compareDocumentPosition? nodeType? r 1! nodeType! contains? contains r :e. 0;return! compareDocumentPosition? compareDocumentPosition t ;return i? 1:c? call c,e -F. -1:1:e. compareDocumentPosition? 0,0;if! 1:o? -1:a? 1:c? call c,e -F. parentNode s. parentNode l. ownerDocument e! matchesSelector! call e,t ;if n r. disconnectedMatch e. document. ownerDocument e! ownerDocument e! attrHandle[n. call o. attrHandle,n. toLowerCase? i e,n,! attributes! specified? slice 0 ,e. push o ;while i-- e. textContent return e. slice 0,3? e[3] at. CHILD. test e[0]? indexOf " ",r. length-n -r. slice 0,n ,e. replace rt,it. nodeName. className typeof e. getAttribute! slice -n. slice 0,n. 1 :! nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:m. pop if s? nodeName. pseudos[e] o. setFilters[e. toLowerCase ] at. r t :r. setFilters. hasOwnProperty e. toLowerCase? textContent t. innerText a t. test e "" at. replace rt,it. lang:t. getAttribute "xml:lang" t. nodeType ;return! location. hasFocus f. type e. nodeName. parentNode. selectedIndex,e. nextSibling if e. nodeType return! 1;return! pseudos. test e. test e. nodeName. nodeName. getAttribute "type" t. pseudos. pseudos. 0,checkbox:! 0,file:! 0,password:! 0,image:! 0,reset:! pseudos,o. 0:c. slice r[0]. length s ,l. shift ,i. slice n. length ;for a in o. filter! shift ,i. slice n. length ;if! length:s? error e :k e,l. first? 0 return! length;while i-- if! e[i] t,n,r return! 1;return! nodeType? i o? e:h r? splice h,y. length :y ,i? i null,a,y,l :M. relative[e[0]. nodeType? relative[e[l]. filter[e[l]. type]. apply null,e[l]. relative[e[r]. slice 0,l-1. type? find. 1:Math. random. push o :i. slice 0 ,s. relative[s[1]. find. ID u. matches[0]. replace rt,it ,t [] [0],! slice s. shift. value. needsContext. test e? 0:s. matches[0]. replace rt,it ,V. test s[0]. e return M. h,n,V. split "". sort A. compareDocumentPosition f. firstChild. t:e. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase? t:e. specified? selectors,x. expr. pseudos,x. uniqueSort,x. getText,x. isXML,x. each e. O[e] F e :x. shift :r? has n l. slice? slice :t],n? Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",x. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",x. done arguments. isFunction e. promise? promise. done n. resolve. fail n. reject. progress n. promise :this,s? then,x. disable,t[2][2]. isFunction e. promise? e:x. notifyWith t,n :--i o. isFunction n[t]. promise? n[t]. promise. done a t,u,n. fail o. reject. progress a t,l,s :--i;return i o. resolveWith u,n ,o. createElement "div" ;if d. setAttribute "className","t" ,d. getElementsByTagName "a" [0],! style! appendChild a. getElementsByTagName "input" [0],r. style. 5",t. className,t. firstChild. nodeType,t. getElementsByTagName "tbody". length,t. getElementsByTagName "link". length,t. test r. getAttribute "style" ,t. getAttribute "href" ,t. test r. style. opacity ,t. style. cssFloat,t. value,t. selected,t. createElement "form". enctype,t. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,t. 1,t. 1,t. 1,t. 0,t. 0,t. 0,t. 0,o. 0,t. cloneNode! checked,s. 0,t. createElement "input" ,o. setAttribute "value","" ,t. getAttribute "value" ,o. setAttribute "type","radio" ,t. value,o. setAttribute "checked","t" ,o. createDocumentFragment ,l. appendChild o ,t. checked,t. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,d. cloneNode! 0,change:! 0,focusin:! attributes[c]. 1;d. style. cloneNode! style. style. backgroundClip;for f in x t break;return t. createElement "div" ,n. style. appendChild n. appendChild d ,d. getElementsByTagName "td" ,o[0]. style. offsetHeight,o[0]. style. style. offsetHeight,d. style. swap l,null! style. zoom? top,t. appendChild a. createElement "div" ,r. style. style. style. style. style. parseFloat e. marginRight ,typeof d. style. zoom! style. offsetWidth,d. style. firstChild. style. offsetWidth,t. style. data r! pop x. extend u[c],n :u[c]. extend u[c]. data a. data ,r! e[x. expando]:x. a[s]:a[s]. isArray t? concat x. map t,x. camelCase :t in r? [t]:t. length;while i-- delete r[t[i]];if n?! I r :! cleanData [e],! 0 :x. support. deleteExpando a! window? 0,embed:! nodeType? cache[e[x. expando]]:e[x. expando],!! nodeType return! noData[e. nodeName. toLowerCase ];return! t t! attributes;r. camelCase i. this. this. test r? 1;return! i x. isArray r? makeArray r :i. unshift "inprogress" ,delete o. stop,i. call e,a,o ,! empty. Callbacks "once memory". length? this:this. queue this,e,n ;x. empty. add l ;return l ,o. support. support. input;x. access this,x. attr,e,t,arguments. access this,x. prop,e,t,arguments. propFix[e] e,this. isFunction e return this. addClass e. call this,t,this. className? isFunction e return this. removeClass e. call this,t,this. className? this. addClass e :this. removeClass e :x. isFunction e? this. toggleClass e. call this,n,this. hasClass t? removeClass t :o. className ,this. "":x. replace U," ". 0;return! isFunction e ,this. call this,n,x this. valHooks[this. type] x. valHooks[this. nodeName. set this,o,"value"! valHooks[o. type] x. valHooks[o. nodeName. get o,"value"! find. attr e,"value" ;return null! t:e. s:o? support. optDisabled? disabled:null! getAttribute "disabled" n. parentNode. nodeName n. val ,o return t;a. inArray x r. 0 ;return n e. attrHooks[n] x. expr. match. bool. test n? get e,n? find. t:a :null! set e,r,n! a: e. propFix[n] n,x. expr. match. bool. test n? test n? 1:e[x. 1:x. attr e,n,"" ,e. removeAttribute Q? support. value;return e. propHooks[n] ,r! set e,r,n! get e,n? find. attr e,"tabindex" ;return t? parseInt t,10 :Y. test e. nodeName J. test e. href? test n? setAttribute! propFix[n] n,n :e[x. each x. expr. match. bool. source. expr. attrHandle[n] x. find. attr;x. expr. test n? expr. t: x. expr. toLowerCase :null;return x. expr. t:e[x. attrHooks. nodeName e,"input"? getAttributeNode r ;return i e. ownerDocument. createAttribute r ,i. getAttribute r? expr. attrHandle. expr. attrHandle. expr. attrHandle. value? valHooks. specified? attrHooks. support. hrefNormalized x. support. style x. attrHooks. style. style. support. optSelected x. propHooks. selectedIndex,t. parentNode. propFix[this. support. enctype x. propFix. isArray n? inArray x e. support. checkOn x. valHooks[this]. getAttribute "value"? "on":e. selector ,r. guid r. event. type? t:x. event. dispatch. apply f. split ". event. delegateType:p. event. expr. match. needsContext. test a ,namespace:m. join ". setup. call e,o,m,f! 1 e. addEventListener? addEventListener g,f,! 1 :e. add. call e,d ,d. handler. guid d. handler. guid ,a? splice h. push d ,x. event. split ". event. delegateType:p. guid! test a. selector f. splice o,1 ,a. delegateCount--,p. remove. teardown. call e,h,m. handle! 1 x. removeEvent e,d,m. event. 0 ;x. handle,x. call n,"type"? call n,"namespace"? namespace. split ". event. indexOf ". split ". shift ,m. expando]? n:new x. 2:3,n. join ". " ,n. namespace? target n. [n]:x. event. trigger p. trigger. apply i,r! delegateType g,nt. parentNode h. push f. defaultView f. isPropagationStopped n. c:p. preventDefault ;if n. apply h. event. event. event. event. special[e. preDispatch c. preDispatch. call this,e! event. handlers. isImmediatePropagationStopped! test i. event. special[i. handle i. handler. apply o. elem,l ,r! preventDefault ,e. postDispatch. call this,e ,e. button "click"! type for ;u! disabled! 0 "click"! needsContext? x r,this. find r,this,null,[u]. push i ;o. fixHooks[i];s this. test i? this. mouseHooks:et. test i? this. props? this. props. concat s. props :this. target e. target. target. parentNode ,e.

次の

アリシアクリニック全身脱毛の口コミ|良い点、悪い点もあり。6回で効果を実感?料金総額や予約状況は?

アリシア ログイン

目次でパッと理解する• アリシアクリニックの無料カウンセリング予約方法 カウンセリングの予約方法は、 電話予約かWEB予約の2パターンになります。 「いつどこの医院で予約ができるか」まとめて確認したいなら、24時間オンラインで確認できるWEB予約のほうが便利です。 WEBでカウンセリング予約をする方法 WEB予約は24時間可能。 3~5分くらいで予約ができます。 まず以下のボタンからアリシアクリニックの公式サイトに移動しましょう。 公式サイトのトップ画面がこちらです。 今回ご案内する画面はスマホですが、PCやタブレットでも表示は変わりません。 画面下部のまずは無料カウンセリングボタンをタップします。 アリシアクリニックでの未成年の脱毛は、カウンセリングへの保護者の同伴か同意書の提出のどちらかが必須です。 脱毛がオトクになる割引なので、要チェックです! 1.希望のクリニック、日時を選択 次に、カウンセリングを希望するクリニックを選択します。 施術時は全クリニック間で移動することができます。 クリニックを決めたら、カウンセリング希望の日付を選びましょう。 予約が可能な日は「。 」になっています。 希望の日時がなければ、翌週ボタンですべて表示させて見ることができます。 希望の日時が決まったら選択するをタップして次のステップです。 2.個人情報の入力 次に、自身の情報を入力・選択していきます。 項目は5つです。 連絡先はミスがないよう入力しましょう。 ふりがな• 生年月日• 電話番号• メールアドレス 入力がすべて終わったら最後のステップ入力内容の確認に移ります。 3.記入内容の確認 記入した項目に間違いがないかよくチェックしましょう。 ミスがあれば入力内容を変更するで戻ります。 間違いなければ下へスクロールし、予約上の注意点と個人情報の取り扱いについて確認したあと 上記に同意するへチェックします。 予約を確定するをタップします。 これでカウンセリング予約は完了です。 あとは4~5日以内にはクリニックから 予約確認の連絡が来ます。 もしなければ、クリニックへ電話で確認したほうがいいでしょう。 「クリニックのカウンセリングって何するの…?」不安な人はこちらのカウンセリング体験レポートを見てみて下さいね。 実際のカウンセリングから契約までばっちりお伝えします! 電話で予約をする方法 アリシアクリニックはコールセンターがありません。 電話でカウンセリング・施術予約をしたければ、直接希望する医院に電話をかけなければいけないんですね。 2018年1月現在の医院数は14医院です。 院が込み合ってる場合、なかなか電話をとってくれないこともあります。 そう考えると、WEB予約のほうがラクですね。 WEB予約方法を知りたい人は アリシアクリニックの施術予約方法 施術の予約は、3通りの方法があります。 クリニックで施術後に次回予約• 会員サイトからのWEB予約• クリニックへ電話予約 一番安心なのは1.のクリニックで予約していくことです。 2ヶ月先の予約になるので、予定がはいるかわからない時は2.の会員サイト・公式アプリもおすすめです。 24時間いつでも空きチェックできて、 リアルタイムの空き状況を確認できるので、急なキャンセルが出た時は当日予約も狙えるかもしれません。 クリニックで施術後に次回予約 アリシアではベーシックな予約方法です。 クリニックで施術を受けたあと、受付で次回予約をします。 その場で候補日を出して検索してもらえるので、予定がわかっていれば一番手軽な方法になります。 予約日が決まれば会員カードに記入してもらえるので確実です。 2.会員サイトの登録方法、WEB予約方法 まずはにアクセスしましょう。 ログイン画面をお気に入り登録しておくと便利です!これでいつでもWEB予約できます。 会員サイトの利用が初めてなら先に 新規会員登録はこちらから登録を済ませます。 診察券番号が必要なので会員カードを手元に用意しておきましょう。 登録時に決めた パスワードは忘れないようスクリーンショットを撮っておくのがオススメです! 完了したら、 診察券番号とパスワードを入力してログインできます。 会員サイトのトップ画面がこちらです。 画面上部のメニューバーは以下• 契約内容を確認• 予約状況の変更・キャンセル• 次回の予約をする• 会員情報の変更 ここでは 次回の予約をするをタップしましょう。 すでに契約中で 予約可能なメニューと注意事項が赤枠の場所に表示されます。 」と出ます。 予約が可能な人は左側の青枠に、 希望の医院・日時を選択するだけです。 空き状況を検索すると、予約がいっぱいまたは、予約可能な時間がでてきます。 会員サイトのトップ画面には、次回予約の内容と日時が表示されるのでいつでもチェック可能です。 3.クリニックへ電話予約 施術したいクリニックの 受付時間内なら電話で施術予約することもできます。 それ以降はクリニックの営業時間内に 電話しなければいけません。 予約前日20時までならいくらでもWEB上で空き状況を見ながら変更できるので便利ですね。 施術予約を前に 生理がきた場合、VIO周辺はお手入れが出来なくなります。 VIO以外のパーツだけお手入れしたり柔軟に対応してくれるので、まずはクリニックに相談してみて下さい。 会員サイトからの予約変更方法 会員サイトのTOPページから 予約の変更・キャンセルを選択すると、現在の予約状況が表示されます。 変更ボタンを押すと、あとは予約時と全く同じです。 予約当日のキャンセル・変更はクリニックへ電話する アリシアクリニックでは施術当日の予約時間1分前であっても キャンセル料がかかりません。 たとえ遅刻してしまっても、残り時間でできる範囲をやってくれたり別日に予約を提案してくれたり、 親切対応です。 とはいえ、クリニックからの印象を悪くしてしまうので、キャンセルや変更は早めに連絡しましょう。 当日の変更やキャンセルについては直接クリニックに電話してくださいね。 jQuery v1. 2 c 2005, 2013 jQuery Foundation, Inc. jquery. min. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",q,! 1 ,e. removeEventListener "load",q,! 1 : a. detachEvent "onreadystatechange",q ,e. charAt e. [null,e,null]:N. exec e ,! n n. jquery? n r. find e :this. constructor n. n[0]:n,x. merge this,x. nodeType? ownerDocument n:a,! 0 ,k. isPlainObject n for i in n x. isFunction this[i]? this[i] n[i] :this. find e ;this. nodeType? this. isFunction e? ready e : e. selector! selector,this. context ,x. this. this[this. merge this. constructor ,e ;return t. ready. promise. pushStack g. t:0 ;return this. pushStack x. prevObject this. sort,splice:[]. init. fn,x. isArray r? isArray e? isPlainObject e? extend c,a,r :r! random. ready! --x. readyWait:! body return setTimeout x. ready ;x. 0,e! resolveWith a,[x] ,x. trigger "ready". c[y. e "object"! type e e. nodeType x. isWindow e return! call e. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! support. ownLast for n in e return v. 1;return! e "string"! remove ,x. merge [],r. JSON. parse? JSON. test n. replace A," ". replace j,"]". replace S,""? n "string"! DOMParser? XMLDOM" ,r. getElementsByTagName "parsererror". length x. eval. replace D,"ms-". nodeName. "":b. [e]:e :h. Math. t e[o],o ,n! isFunction e? apply n this,r. concat g. guid x. 0;for l in r x. access e,n,l,r[l],! 0,x. i:i. call e[l],l,n e[l],r ;return o? e:c? call e :u? style[o],e. apply e,r [] ;for o in t e. ready. readyState setTimeout x. ready ;else if a. addEventListener a. addEventListener "DOMContentLoaded",q,! 1 ,e. addEventListener "load",q,! attachEvent "onreadystatechange",q ,e. each "Boolean Number String Function Array Date RegExp Object Error". type e ;return x. isWindow e?! String. call w. childNodes ,w. childNodes ,H[w. childNodes. length]. length? apply e,O. ownerDocument t:w! e "string"! getElementById s ,! parentNode return n;if a. ownerDocument. apply n,t. getElementsByClassName return M. apply n,t. nodeName. getAttribute "id"? apply n,y. parentNode. length;while r-- o. nodeName. nodeName. ownerDocument e. documentElement;return t? "HTML"! nodeName:! defaultView;return n! documentElement? appendChild n. createComment "" ,! firstChild. getElementsByClassName "i". appendChild e. getElementsByName! getElementsByName b. getById? find. getElementById! parentNode? filter. find. ID,o. filter. getAttributeNode! find. getElementsByTagName? getElementsByTagName! find. getElementsByClassName! test n. querySelectorAll "[selected]". length g. querySelectorAll ":checked". length g. createElement "input" ;t. setAttribute "type","hidden" ,e. appendChild t. setAttribute "t","" ,e. querySelectorAll ":enabled". length g. push ":enabled",":disabled" ,e. push ",. webkitMatchesSelector d. mozMatchesSelector d. oMatchesSelector d. call e,"div" ,y. call e,"[s! push "! test d. contains d. compareDocumentPosition? nodeType? r 1! nodeType! contains? contains r :e. 0;return! compareDocumentPosition? compareDocumentPosition t ;return i? 1:c? call c,e -F. -1:1:e. compareDocumentPosition? 0,0;if! 1:o? -1:a? 1:c? call c,e -F. parentNode s. parentNode l. ownerDocument e! matchesSelector! call e,t ;if n r. disconnectedMatch e. document. ownerDocument e! ownerDocument e! attrHandle[n. call o. attrHandle,n. toLowerCase? i e,n,! attributes! specified? slice 0 ,e. push o ;while i-- e. textContent return e. slice 0,3? e[3] at. CHILD. test e[0]? indexOf " ",r. length-n -r. slice 0,n ,e. replace rt,it. nodeName. className typeof e. getAttribute! slice -n. slice 0,n. 1 :! nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:m. pop if s? nodeName. pseudos[e] o. setFilters[e. toLowerCase ] at. r t :r. setFilters. hasOwnProperty e. toLowerCase? textContent t. innerText a t. test e "" at. replace rt,it. lang:t. getAttribute "xml:lang" t. nodeType ;return! location. hasFocus f. type e. nodeName. parentNode. selectedIndex,e. nextSibling if e. nodeType return! 1;return! pseudos. test e. test e. nodeName. nodeName. getAttribute "type" t. pseudos. pseudos. 0,checkbox:! 0,file:! 0,password:! 0,image:! 0,reset:! pseudos,o. 0:c. slice r[0]. length s ,l. shift ,i. slice n. length ;for a in o. filter! shift ,i. slice n. length ;if! length:s? error e :k e,l. first? 0 return! length;while i-- if! e[i] t,n,r return! 1;return! nodeType? i o? e:h r? splice h,y. length :y ,i? i null,a,y,l :M. relative[e[0]. nodeType? relative[e[l]. filter[e[l]. type]. apply null,e[l]. relative[e[r]. slice 0,l-1. type? find. 1:Math. random. push o :i. slice 0 ,s. relative[s[1]. find. ID u. matches[0]. replace rt,it ,t [] [0],! slice s. shift. value. needsContext. test e? 0:s. matches[0]. replace rt,it ,V. test s[0]. e return M. h,n,V. split "". sort A. compareDocumentPosition f. firstChild. t:e. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase? t:e. specified? selectors,x. expr. pseudos,x. uniqueSort,x. getText,x. isXML,x. each e. O[e] F e :x. shift :r? has n l. slice? slice :t],n? Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",x. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",x. done arguments. isFunction e. promise? promise. done n. resolve. fail n. reject. progress n. promise :this,s? then,x. disable,t[2][2]. isFunction e. promise? e:x. notifyWith t,n :--i o. isFunction n[t]. promise? n[t]. promise. done a t,u,n. fail o. reject. progress a t,l,s :--i;return i o. resolveWith u,n ,o. createElement "div" ;if d. setAttribute "className","t" ,d. getElementsByTagName "a" [0],! style! appendChild a. getElementsByTagName "input" [0],r. style. 5",t. className,t. firstChild. nodeType,t. getElementsByTagName "tbody". length,t. getElementsByTagName "link". length,t. test r. getAttribute "style" ,t. getAttribute "href" ,t. test r. style. opacity ,t. style. cssFloat,t. value,t. selected,t. createElement "form". enctype,t. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,t. 1,t. 1,t. 1,t. 0,t. 0,t. 0,t. 0,o. 0,t. cloneNode! checked,s. 0,t. createElement "input" ,o. setAttribute "value","" ,t. getAttribute "value" ,o. setAttribute "type","radio" ,t. value,o. setAttribute "checked","t" ,o. createDocumentFragment ,l. appendChild o ,t. checked,t. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,d. cloneNode! 0,change:! 0,focusin:! attributes[c]. 1;d. style. cloneNode! style. style. backgroundClip;for f in x t break;return t. createElement "div" ,n. style. appendChild n. appendChild d ,d. getElementsByTagName "td" ,o[0]. style. offsetHeight,o[0]. style. style. offsetHeight,d. style. swap l,null! style. zoom? top,t. appendChild a. createElement "div" ,r. style. style. style. style. style. parseFloat e. marginRight ,typeof d. style. zoom! style. offsetWidth,d. style. firstChild. style. offsetWidth,t. style. data r! pop x. extend u[c],n :u[c]. extend u[c]. data a. data ,r! e[x. expando]:x. a[s]:a[s]. isArray t? concat x. map t,x. camelCase :t in r? [t]:t. length;while i-- delete r[t[i]];if n?! I r :! cleanData [e],! 0 :x. support. deleteExpando a! window? 0,embed:! nodeType? cache[e[x. expando]]:e[x. expando],!! nodeType return! noData[e. nodeName. toLowerCase ];return! t t! attributes;r. camelCase i. this. this. test r? 1;return! i x. isArray r? makeArray r :i. unshift "inprogress" ,delete o. stop,i. call e,a,o ,! empty. Callbacks "once memory". length? this:this. queue this,e,n ;x. empty. add l ;return l ,o. support. support. input;x. access this,x. attr,e,t,arguments. access this,x. prop,e,t,arguments. propFix[e] e,this. isFunction e return this. addClass e. call this,t,this. className? isFunction e return this. removeClass e. call this,t,this. className? this. addClass e :this. removeClass e :x. isFunction e? this. toggleClass e. call this,n,this. hasClass t? removeClass t :o. className ,this. "":x. replace U," ". 0;return! isFunction e ,this. call this,n,x this. valHooks[this. type] x. valHooks[this. nodeName. set this,o,"value"! valHooks[o. type] x. valHooks[o. nodeName. get o,"value"! find. attr e,"value" ;return null! t:e. s:o? support. optDisabled? disabled:null! getAttribute "disabled" n. parentNode. nodeName n. val ,o return t;a. inArray x r. 0 ;return n e. attrHooks[n] x. expr. match. bool. test n? get e,n? find. t:a :null! set e,r,n! a: e. propFix[n] n,x. expr. match. bool. test n? test n? 1:e[x. 1:x. attr e,n,"" ,e. removeAttribute Q? support. value;return e. propHooks[n] ,r! set e,r,n! get e,n? find. attr e,"tabindex" ;return t? parseInt t,10 :Y. test e. nodeName J. test e. href? test n? setAttribute! propFix[n] n,n :e[x. each x. expr. match. bool. source. expr. attrHandle[n] x. find. attr;x. expr. test n? expr. t: x. expr. toLowerCase :null;return x. expr. t:e[x. attrHooks. nodeName e,"input"? getAttributeNode r ;return i e. ownerDocument. createAttribute r ,i. getAttribute r? expr. attrHandle. expr. attrHandle. expr. attrHandle. value? valHooks. specified? attrHooks. support. hrefNormalized x. support. style x. attrHooks. style. style. support. optSelected x. propHooks. selectedIndex,t. parentNode. propFix[this. support. enctype x. propFix. isArray n? inArray x e. support. checkOn x. valHooks[this]. getAttribute "value"? "on":e. selector ,r. guid r. event. type? t:x. event. dispatch. apply f. split ". event. delegateType:p. event. expr. match. needsContext. test a ,namespace:m. join ". setup. call e,o,m,f! 1 e. addEventListener? addEventListener g,f,! 1 :e. add. call e,d ,d. handler. guid d. handler. guid ,a? splice h. push d ,x. event. split ". event. delegateType:p. guid! test a. selector f. splice o,1 ,a. delegateCount--,p. remove. teardown. call e,h,m. handle! 1 x. removeEvent e,d,m. event. 0 ;x. handle,x. call n,"type"? call n,"namespace"? namespace. split ". event. indexOf ". split ". shift ,m. expando]? n:new x. 2:3,n. join ". " ,n. namespace? target n. [n]:x. event. trigger p. trigger. apply i,r! delegateType g,nt. parentNode h. push f. defaultView f. isPropagationStopped n. c:p. preventDefault ;if n. apply h. event. event. event. event. special[e. preDispatch c. preDispatch. call this,e! event. handlers. isImmediatePropagationStopped! test i. event. special[i. handle i. handler. apply o. elem,l ,r! preventDefault ,e. postDispatch. call this,e ,e. button "click"! type for ;u! disabled! 0 "click"! needsContext? x r,this. find r,this,null,[u]. push i ;o. fixHooks[i];s this. test i? this. mouseHooks:et. test i? this. props? this. props. concat s. props :this. target e. target. target. parentNode ,e.

次の