ちらし 寿司 人気 レシピ。 ちらし寿司のクックパッド人気レシピまとめ

バラ寿司とは?ばら寿司の作り方レシピ3つとちらし寿司との違いも

ちらし 寿司 人気 レシピ

すし飯(酢飯)の作り方 炊きたてのごはんを寿司桶(もしくはボウル)に移します。 次に、分量の寿司酢をしゃもじに伝わせるようにして、全体にまわしかけます。 例えばパック売りのごはん2個(400g)を使うなら、寿司酢を40ml使用します。 ここですぐにしゃもじで米を混ぜるのではなく、米に浸透する時間、ほんの5秒くらいでいいのですが、待ってから混ぜ合わせます。 混ぜるときは しゃもじを大きく動かして、はじめは底から混ぜるように、次に米を切るように混ぜ合わせます。 ある程度寿司酢が混ざれば、あとはダマをなくすように しゃもじを横に切るように細かく細かく動かします(実際の動きは動画を参照ください)。 ごはんがつぶれないように、全体が寿司酢をまとってつややかに輝くまで手早く合わせます。 全体に混ざったら、すし飯を広げてうちわで冷まします。 表面の熱が取れたらしゃもじで上下を返しながら、 全体が人肌ほどの温度になるまで冷まします。 あとは一つにまとめて、ぬれさらしをかぶせてすし飯の出番を待ちます。 冷蔵庫に入れてしまっては、せっかくの寿司飯がかたくなってしまうので、常温においておきましょう!•

次の

栗原はるみさんのおすすめ人気レシピ13選。おしゃれでかわいい料理

ちらし 寿司 人気 レシピ

米 2. すし酢 適量• 干しシイタケ 4枚• 水煮たけのこ 1パック(半割)• 5~2• 卵焼or薄焼き卵 卵2~3個分• 海老 約10尾• まぐろ刺身(ぶつ切り) 1パック程度• 絹さや 適量• のり 1枚• 白ゴマ 適量• れんこん(薄切りしたものを酢水で湯がいて砂糖、塩少々で味付け) 適量• いくら 適量• 煮アナゴ 適量• ご飯を固めに炊き始める。 その間に具を準備していきます。 海老は殻のまま酒蒸しし、冷めてから殻をむき、サイコロに切り塩少々をふっておく。 卵焼きもサイコロに切る(薄焼き卵は丸めてごく細い千切り) ・絹さやはさっとゆで飾り切り ・他の材料も同じ大きさに• ・まぐろ。 サイコロに切り、煮きり醤油(醤油、酒、水各大さじ1を煮立て冷ましたもの)と添付のワサビを混ぜたものに漬けておく• 戻した干しシイタケは薄切りに。 こんにゃくと人参は千切りに、ゴボウは笹がき(水にさらす)筍は適当に• 米 2合• だし昆布 なしでも可) 10㎝• 酢 大さじ3• 砂糖 大さじ2. 卵 2個• 白だし(お好きな味付けでも) 小さじ1• 片栗粉 小さじ1• 蓮根 3㎝位• 酢 大さじ3• さとう 大さじ1. 鷹の爪 1本• 干し椎茸 3枚• 干し椎茸の戻し汁+水 1カップ• しょうゆ 大さじ3• 砂糖(みりん) 大さじ2• 海老 5~6尾• 酒 適量•

次の

ひな祭りに 五目ちらし 作り方・レシピ

ちらし 寿司 人気 レシピ

鯖缶ばら寿司 調理時間 2時間 調理器具 鍋・ボウル・ざる・卵焼き器・すし桶やバット レシピの分類 メインディッシュ レシピの種類 日本料理 ガラス製の四角い器があると、層に敷き詰めた断面が見えてきれいなのでおすすめです。 今回使用した器はイワキの耐熱パック&レンジBOX Lサイズ1. グラタンやお菓子作りにも使えて便利ですよ。 氷水につけて冷蔵庫に入れておくだけで美味しく戻りますよ。 詳しくはこちらの記事でもご紹介しています。 レシピ動画 作り方をレシピ動画でもご紹介しています。 是非ご覧ください。 続いて画像とテキストでも作り方をご説明しますね。 作り方 1、すし飯を作る。 すし飯は通常よりもかために炊き上げます。 (水を減らして炊いてください) ご飯が温かいほうが具材と混ざりやすいので、炊き上がりと具の仕上がりを合わせるのがポイントです。 炊いている間に具材の準備をします。 2、鯖の醤油味缶はボウルに重ねたざるにあけ、汁気を切る。 汁は炊き込みご飯にすると美味しいですよ。 鍋に汁気を切った鯖と砂糖を加えて火にかける。 菜箸を3本持ち、混ぜながらそぼろ状になるまで炒る。 そぼろになったらバットなどに取り出し、粗熱を取って冷ましておく。 完全に汁気を飛ばさなくても、ごはんに乗せたときに味が染みて美味しいのでしっとりした感じでいいかなと思います。 3、錦糸卵を作る。 卵は白身を切るように溶きほぐす。 みりんと片栗粉を混ぜ合わせ、加える。 塩ひとつまみも加えて混ぜ合わせる。 丁寧に仕上げたい場合は一度ざるでこす。 卵焼き器に油を熱し、薄く広げて卵液を流し入れる。 表面が乾き、縁がパリパリになってきたらひっくり返し裏面もさっと焼く。 キッチンペーパーの上に取り出し、粗熱を取る。 冷ましている間に次を焼く。 全部焼けたら重ねて縁を切り落とす。 丸めて端から細切りにしてほぐしたら完成です。 詳しい作り方はこちらの記事に画像と動画付きでご紹介しているのでよろしければご覧ください。 4、椎茸の甘辛煮を作る。 戻した干ししいたけは石づきを切り落とし、かさと軸に分ける。 軸ごと千切りにする。 鍋に煮汁の材料を加えて沸かし、しいたけを加えて煮汁がなくなるまで煮る。 最後の方は汁気がなくなってくると焦げやすいので注意してください。 取り出し粗熱を取っておく。 5、かまぼこは三角の形になるように3等分に切ってから薄切りにする。 大葉は千切りにする。 大葉の千切りの仕方はこちらの記事で詳しくご紹介しています。 6、寿司酢の材料を混ぜ合わせる。 ご飯が炊きあがったら寿司桶やバットなどに出し、広げる。 寿司酢を回しかけ、しゃもじで切るように混ぜ冷ます。 10秒間うちわであおいで、冷ましすぎない人肌程度に落ち着かせる。 我が家はちらし寿司の時にごはんにすりごまを混ぜるのが好きなのですが、とっても美味しいのでおすすめですよ。 入れる場合はご飯に混ぜ込んでおきます。 7、器に酢飯の半量を平らに敷き詰め、しいたけの甘辛煮の半量、さばそぼろを散らす。 そぼろも平らになるように少し押しながら敷き詰めます。 残りの酢飯を重ねて少し押し、しいたけの甘辛煮、そぼろを散らす。 その上に錦糸卵を均等に散らす。 かまぼこ、紅しょうが、千切りにした大葉を乗せて完成です。 ガラスの器に作ると重ねた部分もきれいに見せることができるのでおすすめです。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 大葉ではなくグリーンピースで作るところも多いようです。 甘辛い鯖缶そぼろと酢飯、紅しょうがが最高によく合うちらし寿司です。 大葉もサバによく合って、特に大人の方は美味しく食べられるちらし寿司だと思います。 具材の準備と調理器具をたくさん使うので洗い物が大変なのがちらし寿司のデメリットですが仕上がりはとてもきれいで華やかでお祝いの席にぴったりだと思いました。 京都の丹後ではこのばら寿司が上手に作れるようになったらお嫁に行けるとも言われているそうです。 確かに1つ1つの工程が慣れていないと少し難しいですし、繊細な作業が多いのでそういわれるのも納得だな~と感じました。 以上『 鯖缶ばら寿司の作り方』のご紹介でした。 美味しいので是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもちらし寿司やご当地料理のレシピをご紹介しています。 是非ご覧ください。

次の