菜の花 ゆで方。 菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

菜の花のおひたしのレシピ/作り方:白ごはん.com

菜の花 ゆで方

おはようございます! 長い寒い冬も終わり、ようやく温かい春。 そして4月がスタートしました。 香りとあまみ・ほどよい苦味が美味しいですよね。 花がひらくとえぐみがでてきます。 【ポイントその2】茎の断面をチェック! 茎は 太さが均一で切った断面がひどく乾燥していないものを選ぶのがポイント。 断面が乾燥をしているのは 収穫から時間が経っているものです。 ある程度の乾燥は仕方ないですがスカスカなものはやめましょう。 また、茎の太さがバラバラだと 茹で時間に差が生じます。 できれば太さは均一にしましょう!(わたしはいつも5~8mmくらいのものを選びます) 「菜の花」基本のゆで方 1) まず、菜の花は根元を1センチほど切って水で洗い、半分に切って下の茎と上の蕾にわけます。 30秒たったら上の蕾の部分を加えてさらに1分茹でます。 3) 水にとり、しっかりと水気を絞ります。 この時、しっかりと水気を絞らないと 時間が経つにつれて水分がでてきて味が薄まったりべちゃべちゃになる原因になるので、手でぎゅーっと絞ります。 (ゆで時間は茎が5~8mmくらいのものの場合です。 春の香り!「菜の花とホタテのおひたし」 材料• 菜の花 1束• ホタテの水煮缶 フレークタイプ 1缶• 2) (A)をよく混ぜて、ホタテ缶を汁ごとと菜の花を混ぜて完成。 次回もどうぞお楽しみに…!.

次の

菜の花のゆで方 おいしさアップのコツは?

菜の花 ゆで方

釜揚げしらす ・・・30g• 米 ・・・120g(0. 8合)• オリーブオイル ・・・大さじ1• 塩 ・・・少々• 酒 ・・・大さじ2• あらびき黒コショウ ・・・少々• 粉チーズ ・・・適量• バター ・・・小さじ2• にんにくみじん切り(またはすりおろし) ・・・小さじ1 作り方• (下準備)しめじは石づきを落としてほぐし、玉ねぎはみじん切りに。 菜の花はゆでて2,3センチ長さに切ります。 湯を520ml沸かし、鶏がらスープの素を溶かしておきます。 (炒めて煮る)鍋にオイル、玉ねぎ、にんにくを入れて中火で炒め、塩少々をふり、玉ねぎがしんなりしたら、米を加えて軽く炒め、酒を加えてさっと炒め、ブイヨン300mlを加えます。 しめじも加え3~4分中火から弱火で煮ます。 (以後時々木べらで混ぜる)• ブイヨン100mlを加え10分程度煮、残りのブイヨンも加え、菜の花を加えて少し煮て 釜揚げしらすも加えます。 (煮る時間は合計15~17分程度、水分が少なくなれば適宜ブイヨンを加えます。 (仕上げ)米が好みの固さになれば、仕上げに、バターを落として余熱で溶かし、盛りつけ、チーズ、あらびき黒コショウをかけます。 キッチンメモ 菜の花と釜揚げしらすを使った春らしいリゾットです。 菜の花の色どりがきれい、大人のひな祭りの1皿にもいかがですか。 今回は冷ご飯で作るリゾット風ではなく、米から作るリゾットになります。 菜の花としらすは、飾り用を少し取り分けておいて。 盛りつけの際乗せると見た目がきれいです。 お好みでレモンの皮を下したものを散らしても、さわやかです。 「ご飯ない!準備してない!」 こんな時さぁどうする。 「パンもない!」 じゃあ、米から、リゾットでも作るかとなります。 がんばれば30分で熱々リゾット出来上がり。 ただし、リゾット作る気力もない時は。 鍋にスープ沸かして何かの麺入れて食べます。 なので、結構適当に作るのですが。 毎回これと言う失敗もなしでなんとか作れてます。 思ったよりも作りやすい料理なんじゃないでしょうか。 食べ終わったら元気が出るのは、にんにく入りだからかもしれません。 マジカルキッチン季節の特集 春になったら食べたいご飯ものレシピあれこれを特集しています。 お祝い鯛めし、お寿司、釜揚げしらすを使ったご飯もの等々。 リゾットのポイント 米は洗わず炒め、ブイヨンを加え、以後何回かに分けてブイヨンを加えて煮ます。 米が煮汁(ブイヨン)に浸ってフツフツ静かに沸いている状態を保ちます。 煮汁が少なくなれば適宜ブイヨンを足してください。 米が鍋にくっつかないように、時々木べらでかき混ぜます。 混ぜすぎると粘りが出るので気を付けます。 火加減は中火から弱火。 様子を見ながら加減します。 リゾットの語源はイタリア語の米を表す言葉から リゾットとは、イタリア料理の炒めた米をブイヨンや水で煮たもの。 日本の雑炊とは違って、余分な水分は含ませないように作ります。 パスタのようにアルデンテに仕上げるとされています。 リゾットの語源。 リーゾ(Riso)と言うイタリア語で米を意味する言葉から派生しました。 米は中世の時代、アジアから、アラブ、スペインを通ってまず南イタリアに伝わりました。 次第にイタリアを北上し、北イタリアポー川一帯で栽培が定着。 そのため北イタリアにはリゾット以外の米料理も多数あります。 料理に使いやすいホワイトブナピー ホワイトブナピーは真っ白なシメジです。 プルンとした食感で味にくせがなく食べやすいキノコ。 色も白いので料理の邪魔になりません。 ホワイトブナピーのかわりに他のキノコを使ってももちろんOKです。 菜の花について 春に黄色い花を咲かせる菜の花 野菜として食べる時は、茎やつぼみの部分をいただきます。 独特のほろ苦さや香りを持つ菜の花。 冬から春にかけて旬をむかえる野菜です。 鮮やかな緑色で食卓に春を呼び込み、華やかに彩ってくれます。 栄養もカロテンやビタミンが豊富に含まれています。 菜の花の選び方について つぼみが固くしまって密集して、花がひらいていないものが新鮮です。 時間がたつと、花が咲き固くなり味が落ちます。 色は緑が鮮やかなものを。 菜の花の栄養 ベータカロテンの含有量が多く、カルシウム、鉄分。 食物繊維が豊富。 貧血の予防にも ビタミンBやCも含まれ疲労回復や美肌効果も期待できます。 菜の花の保存のコツ 乾燥を防ぐために濡らした新聞紙などの紙に包んで、冷蔵庫で保存します。 傷むのが早いので、置いておくよりは、一度に全部ゆでてしまって、サラダ、おひたし、和え物に。 菜の花のゆで方 ゆで方、菜の花1把200g、湯3カップ、塩小さじ1。 塩は湯の1~2%程度 ゆでる前に水に1時間ほどつけておくと、元気になります。 茎と葉を分けて時間差でゆでるようにします。 茎が長い菜の花は2. 3等分に茎と葉の部分に切りわけます。 固い茎は少し時間がかかり、上のつぼみや葉の部分は火の通りがいいからです。 根元を湯につけ、20秒程度したら葉も入れて30秒から1分程度ゆでます。 茹で過ぎると柔らかくなります。 電子レンジで菜の花のゆで方 電子レンジで菜の花をゆでる方法です。 大きければ、長さを半分に切って乗せます。 ふんわりとラップをかけるか。 電子レンジ用のフタをして、電子レンジ500wで約3分加熱します。 (固ければ少し延長を) ゆでた菜の花、すぐに冷水につける(さらす)?つけない? 水っぽくなるので、水につけない。 (少し硬めにゆでて、素早くザルに広げて冷ます) ゆでたらすぐに冷水につけて色止めする。 料理の本で、どちらもみかけます。 水っぽさが気になる方は水にさらさずに、ザルに広げて冷ます方法がおすすめです。 水にさらす場合も短時間にします。 マジカルキッチン流菜の花の食べ方 菜の花の歴史 菜の花は弥生時代に、中国から日本に入ってきました。 当時は菜の花の種から油が摂られ、灯りの油に使われていました。 実は菜の花を野菜として食べだしたのは、明治以降、比較的歴史が浅いのです。 菜の花の黄色は春の始まり 4月の川沿いの桜と菜の花の競演。 春の花、ピンクの桜と黄色い菜の花。 咲く時期は菜の花のほうが先です。 川沿いや田んぼが菜の花の黄色に染まっているのを見ると春の始まりを感じます。 菜の花の明るい黄色は春の始まりを告げる色。 他にも春を呼ぶ黄色い花は、スイセン、たんぽぽ、ミモザやれんぎょうなどあります。 これら黄色いは春浅い頃、起きたばかりの昆虫たちが集まりやすい色だそうです。 人間にとっても目立つ色ですね。 春は黄色い花から始まって次第に桃や桜のピンク色などカラフルに花を咲かせていくようです。 菜の花と釜揚げしらすのリゾットと同じ材料で作れるレシピ.

次の

菜の花のゆで方 おいしさアップのコツは?

菜の花 ゆで方

スポンサーリンク 菜の花のゆで方 美味しく茹でる3つのポイント 食卓に菜の花を出すとそれだけで「春!」という感じがしてなんだかワクワクしますよね。 茹で方も食べ方もわからないし・・・と思ってもせっかくですから試してみてください。 菜の花をゆで方なんて難しく考える必要はありません。 要は沸騰したお湯に塩一つまみ入れてさっとゆでればいいだけ。 ですが、シンプルなだけにその茹で方一つで良くも悪くもなってしまうのも確かです。 沸騰したお湯に塩を一つまみ加えてさっと茹でたら、ざるにあげて早く冷ますことで色よく仕上がります。 水に浸けてしまうと水っぽい口当たりになってしまうので、必ずざるの上で冷ましましょう。 茎の太いところと細いところでは茹で時間も違いますので、菜の花の長さを真ん中で半分にカットした状態で茹でるとやりやすいです。 太さを揃えて別々でゆでれば、太い部分がゆで上がるのを待っていたら細いところがゆですぎちゃった!という失敗がなくなります。 ゆで上がったものはざるの上で冷ましている間に余熱でも火が通りますので、ちょっと早めにあげるくらいでちょうどいいです。 アクも少ないですからたくさんのお湯でゆでこぼす必要もないですし。 ウチの母に教えてもらったゆで水の量は2カップだけ。 底が平らなお鍋(フライパンでもOK)に計量カップ2杯の水を入れて火にかけます。 沸騰したら塩一つまみ入れて、菜の花をゆでましょう。 フライパンで茹でるとすると、2カップの水を入れても1~2センチの深さしかありませんがこのくらいの量でも十分ゆでられます。 この方法でやるメリットは水・ガスの節約だけではなくゆですぎを防ぐのにも有効なんです。 例えば沸騰したお湯に菜の花を入れるといったんお湯の温度は下がりますが、お湯の量が多すぎると再沸騰するまでにすごく時間がかかるのでそれまで待っているとゆですぎてしまうんです。 でもお湯が少なければ再沸騰にかかる時間もぐーんと少なくなりますのでちょうどいいタイミングで引き上げることができます。 それにお湯が少ないとゆで加減を確認するのも簡単ですしね。 慣れてきたら水の量は1. 5カップくらいでもできると思います。 (1)底の平らな鍋に水2カップを入れて沸騰したら塩一つまみを加えます (2)菜の花を半分にカットしまずは下半分をゆでます。 茎の太いところを爪で刺してみて軽く通るようならOKですのでお湯から引き上げましょう。 お湯が再沸騰したら菜の花の上半分を入れてゆでます。 どちらもゆで終わったらざるにあげて素早く冷ましてください。 菜の花といえばコレ!みたいな食べ方よりは、いつものメニューにプラスするという何気ない使い方の方が喜ばれるんです。 ブロッコリーの代わりの青物として使うだけなんですが、あ!菜の花だ~って嬉しそうに食べてくれます。 いつもの味なのに何だか美味しく感じちゃう春限定の焼きそばには桜エビもたっぷりと加えるのがポイントです。 ツナ缶と菜の花・マヨネーズをあえたものを食パンやバターロール・ドックパンなどにサンドします。 季節を取り入れたお弁当だと印象が強いですし、美味しかった~と言ってもらえます。 しらすもプラスすればまさに春限定の和風ピザになります。 ゆでた菜の花をベーコンでくるっと巻きフライパンで両面を焼くだけでワインにもビールにも合う1品になります。 ・・・とこんな感じでいわゆる定番の食べ方ってしていないですが、どれも何度も食べたくなる味なんです。 自由なアイデアで菜の花料理を楽しんでくださいね。 おわりに 今住んでいる場所は田舎なので、その辺の道端にいっぱい菜の花が咲いているんですがもしかして食べられるのかなあ?とずーっと疑問に思っていたんです。 それで近所の畑をやっているおじさまに聞いてみたら「食べられる」とのこと。 ちょっとクセはあるかもしれないけどねとは言っていましたが、なるべく先っぽの柔らかいところなら大丈夫みたいです。 試してみたいけれど、はたして道端の菜の花は勝手に持ってきてよいものなのか・・・? 未だその勇気がない私です(笑).

次の