朝起き れ ない なぜ。 目覚めが悪い…朝起きられない10の原因と対処法 [不眠・睡眠障害] All About

朝起きられない!ADHDの人に多い睡眠障害の特徴と原因

朝起き れ ない なぜ

目覚めの悪い朝は、今日で終わりにしましょう! 睡眠に関する悩みで、「眠れない」という悩みも辛いですが、「起きられない」という悩みも、社会生活を送る上では大きな問題になります。 寝起きの悪さを気合の問題で片付けず、その背後に隠れている原因を明らかにしましょう。 今回は、睡眠医療認定医である、むさしクリニック院長・梶村尚史先生が監修された『』から、起きられない10の原因と対処法、症状の見分け方をご紹介します。 明日の朝から手軽に対策できる原因もあれば、医療機関への受診が望ましい原因もあります。 「朝起きられない」を克服するための10の原因と症状一覧 1. 睡眠不足型 朝、なかなか起きられない原因で、最も多いのがこれです。 仕事やプライベートで忙しいからと、睡眠時間を削っていれば、睡眠不足になるのは当たり前。 長期間、睡眠不足が続くと、日中の強い眠気や身体のだるさ、疲れやすさがひどくなり、頭の回転も鈍ってしまう。 最善の解決法は、自分に必要な時間だけ、グッスリ眠ること。 この際ぜひとも、を再確認しましょう。 悪い生活習慣型 睡眠障害の2大原因は、生活習慣の乱れと不適切な睡眠環境です。 例えば、夕方以降に長時間の居眠りをしたり、深夜に消化の悪い食事や飲酒をしたりしていませんか? 夜遅くに明るい場所へ出かけるだけでも、睡眠ホルモン・メラトニンの量が減ってしまいます。 を変えるのは大変なことではありますが、できることから始めてみましょう。 体内時計故障型 徹夜仕事が続いた後や、長い休暇から元の生活に復帰したとき、この状態が起きることがあります。 睡眠と覚醒のリズムが不規則になり、さらに体温や血圧、ホルモン分泌など、他の生体リズムも狂ってしまうからです。 不規則勤務の方も、要注意です。 生活習慣を規則的にすることが基本ですが、極端な宵っ張りの朝寝坊になるなどでは、高照度光療法やビタミンB12の内服、時間療法などの治療が必要となることがあります。 緊張型 強いにさらされていると、夜中に何度も目覚めたり、眠りが浅くなったりします。 これは、ストレスのために、脳からアドレナリンが出て、覚醒のレベルが上がってしまうからです。 しかも、眠れないことが更なるストレスになってしまうことも。 そんなときは、就寝前の1時間を、リラックスタイムにしましょう。 自分の好きなことをしたり、ボ~っとしたりして気持ちを楽にすると、寝つきが良くなります。 現実逃避型 悩みがあるときには、1日の始まりが憂うつに感じます。 そのため、目が覚めても、なかなか布団から出られません。 朝になると、頭やお腹が痛くなって会社や学校を休む人も、このタイプです。 内向的な性格で、他人からの批判に過敏な人は要注意。 さらに、になると深刻化しやすいので、カウンセリングを受けたり、職場や学校とよく相談したりして、早めに手を打ちましょう。 抑うつ型 憂うつな気分や沈んだ気持ちが強くて起き出せない人は、抑うつ状態が原因です。 早朝に目が覚めてしまう、寝つきが悪い、これまで興味があったことを楽しめなくなる、などに当てはまる場合はの可能性があります。 また、秋から冬にかけて睡眠時間が長くなり、食欲が旺盛で、体重増加が著しいときは、かもしれません。 うつ病のタイプによって治療法が異なりますから、早めに専門医の診察を受けましょう。 窒息型 という、睡眠中に呼吸が止まる病気があります。 この病気では、息苦しさのために熟睡できず、睡眠不足となって、朝の目覚めが辛くなります。 いびきをかく人や肥満で首が短い人がなりやすく、昼間の強い眠気や目覚めたときのノドの渇きや頭痛も、よくあります。 減量や横向き寝、うつ伏せ寝、マウスピースで、呼吸が楽になることがありますが、それでもだめなら呼吸器の専門医療機関で検査を受けて、きちんと治療を受けましょう。 寝過ぎ型 寝過ぎが原因で、目覚めが悪くなることがあります。 休日に平日の睡眠不足を取り戻そうとして、いつまでも布団にしがみついているのは考えものです。 睡眠の深さと覚醒度の高さは、反比例の関係にあります。 グッスリ眠ればスッキリ目覚められますが、ダラダラ眠っていたのでは、目覚めが悪いのは当然。 は気持ちよいものですが、休日でも平日の起床時刻の2時間以内には、布団から出ましょう。 それでも眠いときには、短時間の昼寝をすれば睡眠量を確保できます。 女性ホルモン型 男性と違って女性では、月経の周期に合わせて、眠れなくなったり、逆に眠気が強くなったりすることがあります。 これは、と呼ばれるものです。 また、妊娠の初期にも、眠気が強くなる人がいます。 これらは、月経前や妊娠中に増える黄体ホルモンの作用で、体を休めて受精卵や胎児を守るためと、考えられています。 自然な眠気のリズムとはいえ、時には婦人科系の病気のこともありますから、眠気が異常に強かったり、長引いたりするときには、一度、婦人科の診察を受けてください。 昼間も眠い型 どれだけ眠っても眠気が取れない、あるいは、眠ってはいけないときにも眠ってしまう。 そんなときには、過眠症の可能性があります。 寝入りばなに幻覚を見る、よく金縛りにあう、笑ったり驚いたり怒ったりすると体の力が抜ける、という症状があれば、かも知れません。 また、寝覚めが悪く寝ぼけがひどい、日中に眠ると起こそうとしても1時間以上目覚めない、居眠りの後もスッキリした感じがしないときには、特発性過眠症の疑いがあります。 規則正しい生活をしても朝、起きられないときには、睡眠障害専門医の受診をお勧めします。 その他、身体の痛みや痒み、貧血、前立腺肥大症、膀胱炎、起立性調節障害などの人も、朝が苦手です。 それぞれの病気にあった治療を行うと、多くの人で目覚めが良くなりますから、心配な方は医療機関で相談してみましょう。

次の

朝、起きられない子が増えている?

朝起き れ ない なぜ

朝、起きられないのはなぜ? 朝起きられないのには、身体的・精神的・環境的な要因が考えられます。 まずは自分にあてはまる原因について、考えてみましょう。 身体的な要因 朝に起きられないというときには、身体的な問題によって質のよい睡眠が得られていないことが考えられます。 よく「疲れすぎて眠れない」という話を聞きますが、これは身体が疲れているはずなのに目がさえて眠れない状態を指します。 仕事で多忙のあまり緊張感が抜けなかったり、ストレス過多な業務で脳の興奮がおさまらなかったりすると、上手に眠りに落ちることができなくなるのです。 どこか身体に不調がある場合も、眠りが浅くなり疲れがとれません。 高熱のときにおかしな夢にうなされることがありますが、これは体調不良のために深く眠れていないからです。 自分では気づかない身体の不調のために、実はよく眠れていなかったというケースはめずらしくありません。 また最近増えているのが、睡眠時無呼吸症候群という病気です。 睡眠中に平均して1時間に5回以上、毎回10秒以上呼吸が止まる場合には、この病気にかかっている可能性があります。 一定の年齢以上の、肥満型の人がかかる病気というイメージがありますが、年齢や体型は関係ありません。 しっかり睡眠をとっているつもりなのに朝起きられないのであれば、一度身体的な原因を疑う必要がありそうです。 精神的な要因 常に気にかかっている心配事や不安感が、正常な眠りを妨げて朝起きられない原因となっていることもあります。 自分では気にしていないつもりでも、表面化していない憂鬱(ゆううつ)感が不眠の要因となっている可能性が考えられるのです。 そのような場合は、心配や不安が解消されると元気に目覚められるようになります。 最近は、「非定型うつ」が朝起きられない原因のひとつと考えられるようになってきました。 「非定型うつ」はさまざまな点で一般的なうつ症状と違いがありますが、なかでも特に「過食や過眠」がその症状にあげられます。 過眠の症状が出るといくら寝ても眠気がとれず、夜早く就寝しても朝起きることができません。 精神的な要因である場合、程度によって回復方法が異なります。 病気の疑いがあるときには、早めに専門医に相談するのがおすすめです。 環境的な要因 生活習慣や周囲の環境が原因となり、朝起きられない場合もあります。 ながらく不規則な生活サイクルで暮らしていると、身体のリズムが整わず、起床時間が定まりません。 食事をとる時間が夜遅く、就寝の直前に食べることが習慣化しているような場合も要注意です。 血糖値のコントロールがうまくいかず、眠りの質に影響をおよぼします。 また、就寝中に臓器が活発に動くことで脳がしっかりと休めず、深い眠りが得られません。 深夜までテレビを見たりゲームをしたり、ベッドのなかでスマートフォンを操作したりすることも、スムーズな入眠の妨げとなります。 お酒を飲むとよく眠れるようなイメージがありますが、飲んだ直後は催眠作用があるものの眠りは浅くなり、夜中に目覚めやすくなります。 飲酒の習慣が、朝起きられない原因となることもあるのです。 そのほか部屋にネオンなどの強い光が入る、騒音や振動が激しいなど周囲の環境も眠りの質を損ない、朝起きられない原因となりえます。 最新の研究では遺伝子も関与? 寝起きのよしあしに、遺伝子が関連しているという報告もあります。 起きる時間について24個の遺伝子が関係していることは以前から知られていましたが、最新研究ではさらに327個の遺伝子の関与が報告されています。 自分が起きられない原因が遺伝子に関係しているのかを知るのは難しいですが、体質的に朝に弱い人が一定数いることは間違いないようです。 朝、起きられるようになるための方法とは 病気や体質的なことは専門家に任せるしかありませんが、個人的にできる朝起きのための対策もあります。 いくつかの方法を紹介しましょう。 まずは自分の起きられない原因を知る まず、先述した要因のなかで自分にもっとも当てはまるものは何かを考えてみます。 原因がわからなければ、対処のしようがありません。 朝起きられない人は、「眠いから仕方がない」といった考えを持つ傾向がありますが、本気で状況を変えたいのであれば、原因となる要素を排除していかなければなりません。 思い当たる要因があれば、そこから改善していこうとする姿勢が大切です。 生活時間を整える 生活時間を整えることは、生体リズムを正常な状態に戻すのに効果的です。 人は本来、暗くなれば眠り、明るくなれば活動する生き物です。 できる限り自然な状態に近づけるためにも、生活時間を調整していきましょう。 朝食をとることで、一日の身体のリズムをつくりやすくなります。 飲食の時間を一定にし、夕食と入浴の時間も就寝時間から逆算するようにしていきましょう。 ゲームやスマートフォンの使用など、就寝前の習慣を見直すことも大切です。 また、起床後に朝日を浴びるのも、体内時計を整えるのに有効な方法です。 睡眠中に働く副交感神経と、行動する際に必要な交感神経の入れ替わりがスムーズになり、朝目覚めやすくなります。 一般的には7時間以上の睡眠で作業効率が向上するといわれていますが、適切な睡眠時間は人それぞれです。 よく眠れたときの状況から自分の適切な睡眠時間を見つけ、起きたい時間に合わせて就寝するようにしてください。 精神的な不安をとりのぞく努力をする 気持ちが不安定になりがちで、それがよく眠れていない原因となっているときには、不安をとりのぞいていくよう行動しなければなりません。 思い切った人間関係の見直しで、心が軽くなる可能性もあります。 ずっと気にかかっていることを片づければ気分がすっきりして、心が落ちつきます。 また、部屋のインテリアを落ちついた色調に変えるなど、睡眠前の時間を快適に過ごせるような工夫も効果的です。 ベッドからテレビが目に入らない位置に移動するのもよいでしょう。 目覚めたときに朝日を浴びやすいよう、ベッドの向きも工夫してみましょう。 朝感じる不安には、空腹や胃の不快感といった身体的な原因も考えられます。 寝ている間に脱水状態となり、目覚めたときに身体が重かったり、寝る姿勢によって身体に無理がかかり痛みがあったりするのも、理由のない不安につながります。 寝る前に適度な水分補給をする、寝具を変えるなどして身体への負担を軽減すると、寝起きの気分に変化があるかもしれません。 こうした状態はごく正常なもので心配ありませんが、不安感が強い場合には隠れた病気の可能性もあります。 一日のはじまりに気が重いのは、うつでも見られる症状です。 自覚していない生き方への不満が、朝の不安につながっているということも考えられます。 よく眠れず、寝起きの悪さを引き起こしている要因を探るためには、自分の気持ちを一度じっくりと見つめ直してみる必要があるといえるでしょう。 朝、起きられないと就職は無理? 朝起きられないことから、普通の仕事を探すのは無理とあきらめてしまう人もいます。 本当に、朝に弱いと希望する仕事に就くことはできないのでしょうか。 ここでは、朝起きられない問題と仕事の関連性について考えてみます。 すべての仕事が早朝定時出勤必須ではない 最近は働き方改革の影響などによって、勤務時間について柔軟性のある対応をしている企業も多く見られます。 午前でも始業が遅い会社や、フレックス制を導入している会社であれば、朝起きられる自信がなくても働くことは可能です。 24時間稼働・フレックス制の業界はねらいめ 24時間稼働の工場や早朝からの作業がない仕事であれば、朝起きられないことは就職の障害になりません。 また、本当にやりたい仕事が見つかれば、逆に何がなんでも起きようという気持ちも湧いてきます。 世の中には、一般的に考えられている以上にフレキシブルに働ける仕事が多数あります。 どうやっても毎朝起きるのが難しいのであれば、午後出勤や夜間勤務の仕事から始めればよいのです。 三交代制を敷いているような職種のなかから、自分にあった仕事を見つけるのもひとつの生き方です。 朝起きられないというだけのことで、就職が無理と思い込むのはもったいない話です。

次の

登校拒否・不登校の朝起きられない3つの主な原因

朝起き れ ない なぜ

結婚3年目、子供なし、30歳の普通の会社員です。 質問は単純で、朝の出勤時に妻が寝たままなのです。 妻は専業主婦で、結婚当初はちゃんと起きて朝食を用意して、送り出してくれたのですが、段々と寝坊する事が増えてきて最近はほぼ寝たままです。 私は独身生活が長かったためか、目覚ましでキッチリ起きれるので、妻が寝てても会社に遅刻する事はなく、朝食もパン派なので食パンさえあれば、さほど苦もなく食べて出勤はできるのですがひとりで起きて出勤してると、ふと虚しくなる事があります。 子供がいて、子供中心の生活リズムで夫はほったらかしなどそれなりに理由があれば、しょうがないと割り切れるのですがただ単に起きれないだけなのです。 休日などいつもお昼まで寝てますので、恐らく平日もお昼近くまでは寝ているのだと思います。 (出勤後の事ですので想像ですが) 家事自体には不満はないのですが、朝が独身生活時代のようでなんだか寂しいのです。 世の夫婦は(子供なし&妻専業主婦)どんな感じなのでしょうか? これが結婚生活の現実なのでしょうか??(泣 ユーザーID: 2562775998 たろさんのトピのタイトルを見てギクッとしたので、読ませてもらいました。 というのも私も起きない妻なので・・・。 ただ、私の場合は夫が先に起きて、夫が起きた気配で私も後から起きて、おにぎり(朝はいつもおにぎり)を作って一緒に食べて見送るし、半分くらいは私が先に起きて夫を起こすので、許してもらえる範囲でしょうか?? さて、奥様のことですが、ずばり甘えが出て怠けているのでしょう。 もしくは身体か心の健康状態に問題があるとか。 身心ともに健康なら、トピ主さんがチクッと言えば大丈夫ですよ。 明日からおにぎり食べたいな〜」と言われ、それからできるだけ毎朝おにぎりを作ってます。 要は言われなきゃ気づかないこともたくさんあるってこと。 かわいく、「朝は起こしてほしいな〜。 朝ごはんも一緒に食べたいな」と言ってみてはどうでしょう?それでも心に響かないような奥さんなら、残念ですが結婚相手を間違ったとあきらめましょう。 ユーザーID: 8415332628• うちは契約が・・・・ トピ主さんはだんだん朝起きなくなったときに何も言わなかったのでは? 人間甘えが許されるとなると、どんどん甘えてゆき、最初は悪いな〜と思ってたことでも、 別にいいじゃん、え?どうして?と当たり前になってゆくものです。 ここらでカツ入れてみたらいかがですか? 朝送り出してくれないのは独身のときみたいで寂しさを感じる。 ってね。 相手がそういうこだわりを持ってるって、わからない人もいますから。 うちの場合も、玄関まで見送って欲しいというこだわりを持ってるので、必ずそこまで一緒に行って送り出しますよ。 まずは自分の気持ちを伝えて話し合うことです。 そして夜型になってるなら、早めに寝るように言う事です。 こういうことって習慣ですから。 ユーザーID: 7906958200• ご本人には言いましたか? 30歳で結婚3年目の専業主婦(子供なし)です。 主人は朝食を食べないので起きる必要は無いのですが、 顔を洗っている間にワイシャツ、ネクタイ、靴下、スーツを着る順番に並べて用意して、天気予報で傘が必要かチェックし、 必ず犬と一緒に「気を付けてね、いってらっしゃい」と見送ります。 私も主人も寝起きが悪いので朝はサッと起きれないタイプ、 休日は二人で昼まで寝ています。 なので自分が寝たまま送り出すのは、主人も朝からやる気が出ないんじゃないかと思ってしまって、先に起きています。 主人は「寝てていいよ」と言ってくれますが、主人の仕事のきつさに比べれば朝起きるくらい何でもないので。 だからトピ主さんが寂しいと思う気持ちはわかります。 でも、あくまで私達夫婦の朝ですから、比べてどうこうと言うのは違う気がします。 結婚生活の何が理想で何が現実かは人それぞれ、一人で食べて出勤することが寂しいと素直に伝えてみてたほうがいいと思いますよ。 ユーザーID: 1315688406• 私も同じような症状が・・ 子供無し、専業主婦です。 寝ている奥様自身も罪悪感はあると思います。 それが段々と「起こさなくても何の支障もなく出勤出来るのなら甘えちゃお・・」という事になってきたのかも。 「一人で起きて朝食を食べて出て行くのは寂しいから、起きて『いってらっしゃい』としてくれないか」 と言ってみてはどうですか? 起きない事への不満より、起きて欲しいと言った方が効くような気がします。 虚しいと思うならその通りに奥様に話をされた方がいいと思いますよ。 放っておいたら奥様に「これが我が家スタイル」とされてしまいますからね! でも、話をされる時は「専業主婦なんだからそれが当たり前」的発言は止めて下さいね。 うちは一人では起きれない夫なので私も起きて送り出しますが、夫にお弁当を持たせているので必然的に朝は早く起きてお弁当を作っています。 奥様が了承すればお弁当もいい口実になるのでは!? ユーザーID: 7094067229• 結婚8年目、子供無し、専業主婦です。 私の場合ですが書き込みします。 結婚5年目までは共働きでした。 今考えると、とんでもない嫁なんですが、 トピ主さんの奥様と同様、主人の出勤時にはいつも寝ていました。 主人も私も朝ご飯を食べないので、会社に間に合う時間ギリギリまで寝ていました。 主人はもちろん私より早く起き、出勤支度をしていました。 私と言えば「いってらっしゃい」は布団の中・・・。 その後、私が病に罹り会社を辞めました。 暫くは体調が悪く今までと同様に主人が朝起きても寝ていました。 しかし、徐々に病と共存する事が出来るようになり(働けませんが) 働く事の大変さ、お給料のありがたみ、主人への感謝の気持ちを改めて感じました。 私が病に罹る前は、 私も正社員で普通に働いていたので、働いてお給料をもらう事が当たり前 でした。 しかし今の私には働けない上、私を支えてくれる主人に「いってらっしゃい」と 玄関先まで見送る事すらしないなんて・・・とんでもない。 働けない分、せめて家事だけはしっかりやろうと反省し、今ではきちんと起きています。 (たまに昼寝はしますが・・・) ユーザーID: 7622828998• 似たようなレスがつくでしょうが… 夫婦間に緊張と尊敬の気持ちがないためかと思いますが、いかがでしょうか? 奥様は、朝起きなくてもご主人から文句を言われないので、だらしなくなってしまったのでしょう。 トピ主さんは、文句を言ったら気まずくなりそうで言えなかった。 そんな関係では、お互いに尊敬の気持ちが無くなりますよね。 まずは、ご自分の正直な気持ちを奥様に伝えることからですね。 「朝起きてくれなくて、なんだか寂しいんだ。 これじゃ、独身の時と同じだし…」 でも、病的な低血圧、うつ状態によっても朝起きられなくなりますから、そこはきちんと聞いてあげてください。 「朝起きられないようだけど、体の調子が悪いの?」と。 病的でなければ、休日は二人で外出する用事をつくって、早起きの習慣をつくるはいかがですか? ユーザーID: 7297502026• え?(私の夫?) 30代前半・結婚1年目・フリーランス妻です。 起きて朝食を作っていたのは半年間くらい(私も会社員でしたので)。 夫は私が眠い目をこすりながら義務のように起きてくるのは嫌らしく たまに起きようとすると「いいから寝てなよー」と言います。 互いに1人暮らしが長かったので大抵のことは1人でできます。 なので朝ごはんはトーストを勝手にチンして食べています。 たまにサンドイッチやピザトーストやおにぎりを 前夜に作っておいたりします。 怒られそうな発言かもしれませんが チンするだけのために数分を起きるのもどうかと思います。 たぶん私は食べさせたら即寝ると思うので・・・。 あと基本的にうちは役割分担がちゃんとできているので 「相手のためにする」ではなく「自分のついでにする」というスタンス。 結婚したからといって私のために転職してもらうはずもないので 私も結婚したからといって夫のためだけに家事をすることはないです。 結婚によって1人でしなければいけないことが半分になっているので 「1人暮らし時代よりは楽になったよね」と言っています。 ユーザーID: 6891698441• 体調の心配を! 奥様も同じくらいの年齢でしょうか? もしそうなら、奥様の体調の心配をしてあげてください。 女性は30過ぎると体にいろいろな不具合が出てくるんです。 ホルモンバランスや病気などさまざまですが、特に女性特有の疾患が20代後半から増えますので一度、本格的な健康診断や婦人科検診などを受けてもらうことをオススメします。 じっさい私も朝起きれなくなったのは低血圧かと思っていたのですが、女性特有の疾患があることが後からわかり、常に疲れやすく体力がなくなっているという状況です。 起きれない時は全身の血が下がったような気持ち悪い状態で座ることすら難しいくらい体調の悪いときもあります。 我が家の場合は結婚した当初は共働きだったので、私が先に家を出ていたので結局夫は一人で朝食をたべて出て行っていましたが、私が仕事をやめてから起きられなくなっても 夫は一人朝食に慣れていたので『妻の体調はどこかおかしいのでは?』と気づくのに時間がかかってしまいました。 すみません、続きます。 ユーザーID: 9026834923• 続きです 疾患によって体力的に問題があるとわかった今では 体調によって夫が出た後に1〜2時間また寝たりお昼寝をしたりと無理せず過ごすようになれたので朝も起きられることが多くなりました。 奥様も、もし病気や疾患などが原因で体力が落ちていられるようでしたら 自分でもなぜ朝起きられないのかわからず 自分は怠け者なのではないかと苦しく思っていると思います。 そして朝ゆっくり寝てしまったのに、この上昼寝なんて出来ない!と思って日中つらくても無理して活動してしまうため翌日また起きられないという悪循環になっているのかもしれません。 本人が元気なつもりでも、朝起きられないというのはさまざまな原因が隠れていることが多いと思います。 特に20代後半から30代にかけての女性にとっては重要なサインだと思います。 低血圧だからとか、とか怠け者だからとか勝手に決めつけずに ぜひ一度病院へ相談に行かれることをオススメします。 ユーザーID: 9026834923• 寂しさを奥さんに訴えるしかないですねえ・・・ 私も起きることができなくなった時がありました。 夫の希望で専業主婦になったものの家で殆どすることがない、時間があるのに家庭を守って欲しいと言われ自分は何をしているんだろう?と虚脱感に襲われました。 仕事をしていない自分、夫を出迎えることしかしない自分に失望して何もかもにやる気を無くして とうとう朝起きれない、夜も起きていられない状態になりました。 さすがに夫も様子がおかしいと気がついて二人で話し合い パートに行くことになりました。 おかげで生活にメリハリが出来て 無職の自分という嫌悪感にも晒されず 元通り朝起きれるようになりました。 暇はいいことばかりではないのですよ。 その人の自信と気力を奪う場合もあります。 結婚生活の現実だと皮肉を言うだけでなく お互い内面や存在意義に対する自尊心について二人で考えましょうよ。 ユーザーID: 3572026063• お願い 食事をちゃんと取る、夜更かししない、朝の日差しを浴びる。 まともな生活習慣なのに朝起きると気持ち悪い・頭痛がする金縛りにあったように体が動かない。 目が覚めて1時間は布団から起き上がれません。 家事は平日にこなして土日は何もせずに過ごします。 人よりもずいぶんと疲れやすい体質のようです。 遅番中心の仕事なので生活できてます。 奥さんも同じで慢性的に体調が悪い人では?もしそうならズボラでだらしない人間と思わないで下さいな。 >妻が寝てても会社に遅刻する事はなく、朝食も食パンさえあれば、さほど苦もなく食べて出勤はでき ひとりで起きて出勤してると、ふと虚しくなる事があります。 「朝夕は玄関までお見送り&お出迎え。 夫の行動パターンに合わせて食事や風呂を用意し、アツアツのうちに部屋で くつろいでる夫を呼びにきてもらう」てな理想を求めてたりします? 責めているわけではありませんが、完璧だけど朝が苦手な妻に自分より早起きさせて食事の準備&自分を起こせ と言うのはお気の毒です。 パンだけの朝食が虚しいなら夜作って朝温め直して食されてはいかが? ユーザーID: 4172571288• 専業主婦とか働いてるとかに関係なく、朝はちゃんとご飯作ってダンナさんを「いってらっしゃい!」と送り出すべきです。 休日もお昼まで寝てるのにはびっくりですね。 私は仕事してますが、主人が休日出勤などででかけるときもちゃんと起きますよ(当たり前のことですが・・・) 奥さん夜更かししてるとか、起きられない理由が何かあるのでしょうか? そうでないのであれば、誰だって朝は眠いです!起きたくなくたって一日は始まります。 朝も起きない、朝ご飯も作らない・・・休日も昼まで寝てるんじゃ〜独身で一人暮らししてるほうがよっぽどいいですよねぇ〜 専業であろうが兼業であろうが、子供いようがいまいが、忙しかろうがなんだろうがちゃんとやる奥さんはやりますから・・・ 朝ちゃんと起きないから、体内のリズムが崩れ、悪循環になっていると思います。 朝起きて太陽の光をちゃんと浴びて一日がはじまり、だんだんリズムが戻ると思いますよ・・・それ以前の問題かもしれませんが・・・ ユーザーID: 6132948275• 本音で話してるのか? 私も子どものいない専業主婦です。 ちょろっとバイトしてますが。 朝は主人より1時間から2時間早く起きて、 化粧したりお弁当を作ったり洗濯したりして、 主人が起きたら一緒に朝ご飯を食べます。 だって私が家にいる間、主人は外で戦ってるんだもの。 今日もがんばろう。 って思ってくれる気持を、ちょっとでも支えたい。 なにかの番組で見たのですが、 30代男性の妻への文句に、 「朝起きてこないで見送りもしてくれない」というのがあって、 対して50代では、 「電気代が無駄だからと、入浴中に風呂場の電気を消される」 なんてひどいのがありました。 司会の島田しんすけさんは、 「結婚初期に甘やかすから50代で手の施しようがなくなっている」 とおっしゃってました。 それで、ご自分もちゃんと愛してもらってください。 寂しいなあって思ってても、 言葉にしなきゃ伝わらないですよ。 ユーザーID: 5364375080• なにか病気が隠れているかも 私も去年引越しなどで環境が変わったとたん 朝が全然起きれなくなりました。 (子供なし専業主婦です) うちの夫も一人暮らしが長く自分のことは 一通り自分でできるし、朝食は食べないので 起きても何もすることがないといえばないのですが 気持ちはお見送りしてあげたくても 全然起きれなかったのです。 引越し後近くに友達(話相手)がいなかったり ちょうど婦人科系の病気が悪化してるのが わかった時で精神的にちょっとまいっていました。 今思えば軽いウツだったのかも。 あまりにも体調が悪く漢方や運動をして 体調を整えたら、今では朝はすっきり 起きれるので毎朝お見送りしています。 なので、もしかして奥様も 精神的に落ち込んでいたり、体調が おもわしくなかったりされていませんか? 単になまけてる、気が緩んでる・・・ 感じなら、朝一緒にしゃべりたいとか お見送りしてほし〜ななんて さりげなくアピールされると 奥様も気が付くのでは? (何にも言われないから やることないし 寝ててもいいと思ってるかも 苦笑) ユーザーID: 1701796156• うつ病?? うろ覚えですが、テレビで「日に当たらず昼夜逆転の生活をしていると、うつ病(ぽく?)なる」と見たことがあります。 そうなると起きれないかも。 私も結婚4年目、子供のいない専業主婦です。 子供の頃から夜眠れず、恥ずかしながら今でもよく昼夜逆転生活になってます。 精神状態もよろしくありません。。 ただどんなに眠くても朝は必ず起きて、朝食を用意します。 食材も玄米や無農薬などこだわってます。 お弁当も作り、着替えや財布なども並べ(時々靴下を履かせたり、髪も乾かします)、玄関まで見送ります。 夫には極力何もさせず、態度は激甘です。。 夫は目覚ましなしで起き、朝食抜きでもOK。 優しすぎる人で、私が寝てるとわざと私を起こさないよう静かに動きます。 私が気付いて起きようとすると「寝てていいよ」とこれまた優しく言われますが、這ってでも起きます。 残り1分でも、目が開いてなくても、見送りだけは必ずしてます。 ユーザーID: 0971348973• 起きますよ 既婚、4年目、子供なし、パート主婦 たとえ寝坊して、パジャマで顔洗ってなかったとしても、 必ず起きて、ドアを30度位あけて、廊下の階段を下がってみえなくなるまで手振ります。 「いってらっしゃい。 気をつけてね」と どんなに喧嘩してムカついてもそれだけは欠かしません。 仕事いけば、楽しいことより辛いことのほうが多いので、 せめて、家から出るときぐらい、 犬のように無邪気にします。 帰ってくるときも、車の音聞こえたら、必ずスリッパだけはそろえておきます。 「待ってたんだよ〜」「おかえり」の意味を込めて。 ちなみにラブラブな夫婦じゃないです。 「好き」とかいった事も言われたこともないし・・・。 専業主婦を批判するつもりないけど、 朝起きて、送り出した後もう一度寝ることだってできるのに・・・と思います。 自分は17時に仕事が終わり、夫は22時に終わり、終身は2時ごろです。 先に寝ないでというので、20時〜1時間程度仮眠とってます。 パート主婦でも、夫の生活スタイルに合わせてるのに・・・ 甘やかしすぎじゃないですか? ユーザーID: 5626021539• 私にも考えられん….

次の