池田泉州銀行 インターネットバンキング。 ダイレクトバンキング|池田泉州銀行

インターネットバンキング(法人向け) |紀陽銀行

池田泉州銀行 インターネットバンキング

重要<ナント>Web-ビジネスバンキング ご利用のお客さまへ重要なお知らせ• ワンタイムパスワードまたはスマートフォン認証の必須化ついて インターネットバンキングを悪用した不正送金に対するセキュリティの強化を図るため、平成29年4月10日(月)より、「<ナント>Web-ビジネスバンキング」でのログイン時に「ワンタイムパスワード」または「スマートフォン認証」の利用を必須とさせていただきました。 利用登録がまだお済でないお客さまは、至急ご登録いただきますようお願いいたします。 なお、本対応に伴い、ヘルプデスクの受付時間を「9時~21時」に延長しております。 不正送金被害に遭われないためにも、セキュリティ対策をお願いいたします。 詳しくはをご覧ください。 詳しくはをご覧ください。 振込振替サービスによる「当日扱」の振込取引の取扱いを停止しております。 詳しくはをご覧ください。 インターネットバンキングを狙った金融犯罪が全国で多発しています。 不正送金被害に遭われないためにもセキュリティ対策をお願いいたします。

次の

池田泉州銀行 法人インターネットバンキング

池田泉州銀行 インターネットバンキング

重要<ナント>Web-ビジネスバンキング ご利用のお客さまへ重要なお知らせ• ワンタイムパスワードまたはスマートフォン認証の必須化ついて インターネットバンキングを悪用した不正送金に対するセキュリティの強化を図るため、平成29年4月10日(月)より、「<ナント>Web-ビジネスバンキング」でのログイン時に「ワンタイムパスワード」または「スマートフォン認証」の利用を必須とさせていただきました。 利用登録がまだお済でないお客さまは、至急ご登録いただきますようお願いいたします。 なお、本対応に伴い、ヘルプデスクの受付時間を「9時~21時」に延長しております。 不正送金被害に遭われないためにも、セキュリティ対策をお願いいたします。 詳しくはをご覧ください。 詳しくはをご覧ください。 振込振替サービスによる「当日扱」の振込取引の取扱いを停止しております。 詳しくはをご覧ください。 インターネットバンキングを狙った金融犯罪が全国で多発しています。 不正送金被害に遭われないためにもセキュリティ対策をお願いいたします。

次の

【池田泉州銀行の引き落とし時間】いつ・何時に処理されるの?

池田泉州銀行 インターネットバンキング

電子証明書 Q1 電子証明書方式とはなんですか?• 電子証明書方式とは、当行が発行する電子証明書をお客さまのパソコンにインストールしていただくことにより、法人インターネットバンキングでご利用いただくパソコンを特定することができる本人認証方式です。 電子証明書をインストールしたパソコン以外からはログインができない仕組みとすることにより、不正使用の防止が図れます。 Q2 電子証明書方式とログインID方式の違いはなんですか?• 電子証明書方式では電子証明書およびログインパスワードにより、契約者ご本人であることを確認します。 電子証明書をインストールしたパソコンのみご利用いただけます。 ログインID方式ではログインIDおよびログインパスワードにより、契約者ご本人であることを確認します。 ご利用のパソコンを選ばずインターネット環境があれば、どのパソコンからでもご利用いただけます。 Q3 電子証明書を利用するのに利用手数料がかかりますか?• 無料でご利用いただけます。 Q4 電子証明書の有効期限はありますか?• 電子証明書をインストールしてから1年間です。 お客さまには有効期限が切れる1ヵ月前に法人インターネットバンキングのトップページおよび電子メールにて有効期限のご案内をしますので更新のお手続きを行ってください。 有効期限を過ぎてしまった場合には、改めて電子証明書の取得を行ってください。 その際にはログインIDが必要となりますので、ログインIDをお忘れにならないようご注意ください。 (ログインIDをお忘れの場合はをご覧ください。 ) Q5 OSやブラウザの指定はありますか?• をご覧ください。 Q6 パソコンの買い換えまたは、利用するパソコンが変更になる場合、どのような手続きが必要ですか?• パソコンの故障等によりマスターユーザまたは管理者ユーザでログインできない場合は、「法人インターネットバンキング電子証明書失効依頼書」でのお手続きが必要となります。 代表口座のお届出印をお持ちのうえ、お取引店でお手続きください。 当行での失効操作完了後、新たに利用するパソコンで電子証明書の再取得を行ってください。 Q7 電子証明書方式に切替えた場合でも、ログインID方式でログインできますか?• ログインID方式ではログインできなくなります。 Q8 ログインID方式から電子証明書方式に変更したいのですが?• 「法人インターネットバンキング認証方式切替依頼書」をお取引店にご提出ください。 認証方式切替の案内通知後、電子証明書取得の操作を行っていただきます。 切替依頼書はをご覧ください。 Q9 電子証明書の削除はどうすればできますか?• 削除の方法を「不要になった電子証明書の削除方法ページ」に記載しています。 詳しくはをご覧ください。 電子証明書が有効な場合に削除されますとログイン出来なくなりますのでお気をつけください。 Q10 誤って自分の電子証明書をパソコンから削除してしまったのですがどうしたらよいですか?• A10• 電子証明書失効依頼書をお取引支店にご提出後、あらたに電子証明書の取得を行ってください。 取扱方法はをご覧ください。 Q11 複数台のパソコンから利用できますか?• A11• マスターユーザ(管理者)がユーザ(担当者)を追加作成することで、複数台のパソコンからご利用いただけます。 なお、電子証明書は1契約で最大20枚まで発行が可能です。 (マスターユーザ1枚、ユーザ19枚) Q12 ログインIDを変更できますか?• A12• 電子証明書方式の場合は、マスターユーザのIDは変更できません。 ユーザについては、マスターユーザがユーザを削除・登録することで、ログインIDを変更することができます。 Q13 電子証明書の取得後にWindowsのユーザーアカウントやパスワードを変更しても利用できますか?• A13• Windowsのユーザーアカウントやパスワードを変更すると、ログインできなくなります。 電子証明書取得時のユーザーアカウント・パスワードに戻していただくか、新しいユーザーアカウント・パスワードにて再度電子証明書を取得していただく必要がございます。

次の