ひらがな推し 33。 土田・澤部「あ〜ひらがな推しの司会やりてぇ〜」

「『ひらがな推し』が図抜けて面白い。理由は? ――若林正恭がいるからである」日経エンタ人気連載『テレビ証券』を担当している指南役、コラムでひらがな推しとMCを務めるオードリー若林さん絶賛

ひらがな推し 33

オードリーが司会を務める『ひらがな推し』(テレ東系)である。 それは、「坂道」グループの末っ子、けやき坂46の冠番組だ。 通称・ひらがなけやき。 漢字の「欅坂46」の妹分だが、AKBで言うところの非・選抜=アンダーメンバーではなく、別ユニットのニュアンスが強い。 とはいえ、一般的には彼女たちは無名である。 そんな無名の冠番組の司会に指名されたのが、オードリーだった。 それに対し、「ひらがな~」は、バラエティ番組なのだ。 』 これ至言だよね。 (意図してるわけではないだろうけれど)「がな推し」だけ最初から番組コンセプトが如実に違う。 語弊があるかもしれないがオードリーもスタッフもこの番組でがなちゃんたちの可愛さやアイドル性を引き出そうとはあまり考えていなくて、ガチのバラエティを体験させポテンシャル引き出そうとしてるような気がする。 もちろんあくまでも乃木中、欅書けが築いてきた実績があってのことなのだろうけれど、バナナンマン、土田澤部に比べ、オードリーはいい意味でがなちゃん達に遠慮が無いのが良い。 オードリーをみてるとただのMC的に切り盛りしてるだけじゃなくてひらがなの認知が上がるための小技を二人ともたくさん散りばめてくれつるんだよな。 笑いとかバラエティのテクニックが満載なんだけど、それだけじゃない「これはひらがなのプロモーション番組だ」ってのもしっかり押さえて回してるのが半端ねえわ。 若林はともかく春日も毎回二人のそこら辺の器用さばかりに目がいくわ。 若林は知らないやつにもみんなの名前を認知して貰えるようにしてるのか、名前をしっかりはっきり何回も言うんだよな。 フルネームで「さいとうきょうこ」とかさ。 あと二人とも一人一人のキャラを立たせてあげるべくやるフリが本当にうまい。 ボケた感じでフリを入れて、めみにピーマンもってブリッコしてとか、初めてその回を見た人にもキャラがわかるし、めいめいみたいに話すのが苦手なメンバーでも「ノーモーションでなかなかディスってくるな」と喋らない事そのものを笑いにしてみたり、逆に見てる側に笑いのテクの方で笑わせる時は「フリップより喋らない方が面白くなっちゃってるのよ」に変えるんだよな。 オードリーはがなには良い先生だと思うわ。 オードリーとやってたらひらがなはみんな他の番組でもやれる力がいつのまにか身に付いてると思うわ。 漢字欅パートのころの初期KEYABINGOなんか見返すとかなり弾けてて、他のグループと比べても見劣りしないくらいにぎやかなグループだったんだけれどね。 それなりにキャラが立つ子も多く、それに対してサンドも結構突っ込みまくってる。 今のけやかけの現状見てると、メンバー内部で地蔵にならざるを得ない劇的な何かがあったのか、それともオタが言うように結局MCの力量だったのかと思わざるを得ない。 かつて欅坂46のANNで収録された街頭インタビューで「欅坂はおとなしくて笑わないイメージ」という視聴者の声に対し、尾関が「(小林やべりか、べりさみたいに)黙って座っているメンバーの方がイメージがよくて結局人気もあるから、自分もそうしたほうが得かなと思った」と発言したことがあったけれど、確かにバラエティメンバーの握手会人気が必ずしも高くないっていうのも負のスパイラルになってるのかもしれない。 10代。 20代の女性で乃木坂系を好きな人に聞いても、よく見ていると思うよ。 以下指摘事項。 乃木坂工事中 MCバナナマンの設楽さんのわざとSっ気でアイドルを追い詰めて、アイドルの素顔を見せようと しているところ。 また、距離を置いているところと所詮アイドルは、すぐ消えるというのを理解した上で、 芸能界で生き残るために、番組内で優しくアドバイスをしているところ。 欅って書けない。 MC土田澤部、コンビじゃないからお互い距離感がつかめない。 バナナマンは、突っ込みで「どういうこと?」等 ハモったり、視聴者が同じ気持ちを代弁したりしているのに対して、土田は欅アイドルファンになったから、別の ラジオでも、不祥事を擁護してしまったり、視聴者、アイドルからも視点が違うから違和感がある。 澤部は、頑張っているけどうるさいだけ。 改善点は、もう遅いけど、バラエティの常識やテレビの世界ででお約束 を教えてあげた方が良かった。 ひらがな推し。 MCオードリー、ターゲット層が意外と未婚おじさんが多いから、視聴者と同世代を選んだのかなという印象です。 また、オードリーは、アイドルが子供の頃、流行した芸人なので、アイドルの方も「テレビに出ていて子供の頃はやっていた人が いる。 」とテンションがあがっているところ。 オードリー若林は、この仕事が決まった途端、ほかの番組でもおもしろいと嫉妬すると言っているように、 おもしろく楽しくさせようと頑張ってるところが、アイドル、MC両方とも応援したくなる。 たまに、バラエティのお約束ごとを教えてあげているのは、適任だと思う。

次の

ひらがな推し2018【動画】スタジオライブ①~㊲

ひらがな推し 33

オードリーが司会を務める『ひらがな推し』(テレ東系)である。 それは、「坂道」グループの末っ子、けやき坂46の冠番組だ。 通称・ひらがなけやき。 漢字の「欅坂46」の妹分だが、AKBで言うところの非・選抜=アンダーメンバーではなく、別ユニットのニュアンスが強い。 とはいえ、一般的には彼女たちは無名である。 そんな無名の冠番組の司会に指名されたのが、オードリーだった。 それに対し、「ひらがな~」は、バラエティ番組なのだ。 』 これ至言だよね。 (意図してるわけではないだろうけれど)「がな推し」だけ最初から番組コンセプトが如実に違う。 語弊があるかもしれないがオードリーもスタッフもこの番組でがなちゃんたちの可愛さやアイドル性を引き出そうとはあまり考えていなくて、ガチのバラエティを体験させポテンシャル引き出そうとしてるような気がする。 もちろんあくまでも乃木中、欅書けが築いてきた実績があってのことなのだろうけれど、バナナンマン、土田澤部に比べ、オードリーはいい意味でがなちゃん達に遠慮が無いのが良い。 オードリーをみてるとただのMC的に切り盛りしてるだけじゃなくてひらがなの認知が上がるための小技を二人ともたくさん散りばめてくれつるんだよな。 笑いとかバラエティのテクニックが満載なんだけど、それだけじゃない「これはひらがなのプロモーション番組だ」ってのもしっかり押さえて回してるのが半端ねえわ。 若林はともかく春日も毎回二人のそこら辺の器用さばかりに目がいくわ。 若林は知らないやつにもみんなの名前を認知して貰えるようにしてるのか、名前をしっかりはっきり何回も言うんだよな。 フルネームで「さいとうきょうこ」とかさ。 あと二人とも一人一人のキャラを立たせてあげるべくやるフリが本当にうまい。 ボケた感じでフリを入れて、めみにピーマンもってブリッコしてとか、初めてその回を見た人にもキャラがわかるし、めいめいみたいに話すのが苦手なメンバーでも「ノーモーションでなかなかディスってくるな」と喋らない事そのものを笑いにしてみたり、逆に見てる側に笑いのテクの方で笑わせる時は「フリップより喋らない方が面白くなっちゃってるのよ」に変えるんだよな。 オードリーはがなには良い先生だと思うわ。 オードリーとやってたらひらがなはみんな他の番組でもやれる力がいつのまにか身に付いてると思うわ。 漢字欅パートのころの初期KEYABINGOなんか見返すとかなり弾けてて、他のグループと比べても見劣りしないくらいにぎやかなグループだったんだけれどね。 それなりにキャラが立つ子も多く、それに対してサンドも結構突っ込みまくってる。 今のけやかけの現状見てると、メンバー内部で地蔵にならざるを得ない劇的な何かがあったのか、それともオタが言うように結局MCの力量だったのかと思わざるを得ない。 かつて欅坂46のANNで収録された街頭インタビューで「欅坂はおとなしくて笑わないイメージ」という視聴者の声に対し、尾関が「(小林やべりか、べりさみたいに)黙って座っているメンバーの方がイメージがよくて結局人気もあるから、自分もそうしたほうが得かなと思った」と発言したことがあったけれど、確かにバラエティメンバーの握手会人気が必ずしも高くないっていうのも負のスパイラルになってるのかもしれない。 10代。 20代の女性で乃木坂系を好きな人に聞いても、よく見ていると思うよ。 以下指摘事項。 乃木坂工事中 MCバナナマンの設楽さんのわざとSっ気でアイドルを追い詰めて、アイドルの素顔を見せようと しているところ。 また、距離を置いているところと所詮アイドルは、すぐ消えるというのを理解した上で、 芸能界で生き残るために、番組内で優しくアドバイスをしているところ。 欅って書けない。 MC土田澤部、コンビじゃないからお互い距離感がつかめない。 バナナマンは、突っ込みで「どういうこと?」等 ハモったり、視聴者が同じ気持ちを代弁したりしているのに対して、土田は欅アイドルファンになったから、別の ラジオでも、不祥事を擁護してしまったり、視聴者、アイドルからも視点が違うから違和感がある。 澤部は、頑張っているけどうるさいだけ。 改善点は、もう遅いけど、バラエティの常識やテレビの世界ででお約束 を教えてあげた方が良かった。 ひらがな推し。 MCオードリー、ターゲット層が意外と未婚おじさんが多いから、視聴者と同世代を選んだのかなという印象です。 また、オードリーは、アイドルが子供の頃、流行した芸人なので、アイドルの方も「テレビに出ていて子供の頃はやっていた人が いる。 」とテンションがあがっているところ。 オードリー若林は、この仕事が決まった途端、ほかの番組でもおもしろいと嫉妬すると言っているように、 おもしろく楽しくさせようと頑張ってるところが、アイドル、MC両方とも応援したくなる。 たまに、バラエティのお約束ごとを教えてあげているのは、適任だと思う。

次の

ひらがな推し2018【動画】スタジオライブ①~㊲

ひらがな推し 33

スポンサーリンク 以下ネタバレ感想 今週から 新制服に変わっていましたね!個人的にめちゃくちゃ好き!! 1期がブレザーで 2期がカーディガンやね — ゆーき? エンブレムも入っていないので一時的なものかと思われます。 最低でも第6弾までするであろうこの企画がマンネリ化しないように色々工夫されています。 笑 「スナック眞緒」の壁に、これまで来店したお客さんのチェキ? が貼ってあるけど、次回以降どうなるんだろう? もうスペースないけど。 べみほの悩みは「 握手会でファンをどう釣ったらいいか分からないこと」。 そこにお手本として召喚されたのが 宮田プロこと愛萌です。 まにゃもすこすこ — ルナなみ系 詩音?? sionnkeyanogi47 さすがすぎる宮田プロ。。 ぼくはいわゆる在宅なので握手会には行かないタイプですが、こんなんされたら吹き出して会話にならない自信があります。 笑 スナック眞緒では愛萌の本領が発揮されますね。 メンバー発の独自企画だと井口や愛萌のようにのびのびやれてるように感じます。 コント含め バラエティのスキルアップになりそうなので、他のメンバーも独自企画をどんどん作れるといいですね。 二人目 潮紗理菜 二人目は なっちょこと潮紗理菜。 なっちょの悩みは「 特技が無いこと」。 確かにこれまでのひらがな推しでもあまり目立った回はありませんからね。 これは深刻な悩みかもしれません。 以前 井口・久美・愛萌が オードリーのオールナイトニッポンに出演した際、実は久美ではなくて なっちょが出演予定だったことが判明。 (別仕事で久美と交代) 当時号泣するくらいラジオ好きななっちょに、井口からの提案で 疑似ラジオをしてみることに。 さすがですわ。 笑笑 — 乃木坂 若月推し 欅坂 ゆっかー推し宮田ちゃん推し 阪神タイガース セレッソ大阪ファンのトムヤム君 7pYoelagsgIzWb7 内容はまあまあぶっ飛んでましたが なっちょの声癒される! ここでおしまいじゃなくて、井口と二人で『 showroomラジオ』やって欲しいですね。 showroomってぶっちゃけ長時間見続けるのはキツいんで笑。 ながら見がちょうど良いというか。 スナック眞緒と被らないようにしつつ『 潮紗理菜のおっしゃりな マスターおさむ』、実現することを願ってます! 三人目 佐々木美玲 三人目は みーぱんこと佐々木美玲。 みーぱんの悩みは「 上京してきて釣りが出来てないこと」。 2017年にやりたいこととしてブログに書いてたり、KinKi Kidsの番組ではお店の中で釣り体験してましたが本場の海では出来てないようです。 そんなみーぱんの為に若林の無茶振りで春日がマグロ役でイメトレ。 笑 みーぱんと釣りデートしたいよー可愛すぎるよー??? 春日と若林も結構可愛かったです。 笑 みーぱんママもテレビ再出演してどうぞ。 とにかく可愛い。 それしか言うことないパフォーマンスですわ。

次の