ローソン シール プリント。 コンビニでシールプリントをする方法。簡単にコンビニでテプラのようなシールプリントやラベル印刷ができます。

ローソンのネットプリントでシールを作ってみた話と作り方|イラストレーター島田あやのページ

ローソン シール プリント

コンビニのネットプリントでイラスト配布中!のさらに先 Twitterで 「ローソンのネットプリントが進化したらしい」という情報を見かけました。 ネットプリントは、主に「自宅で仕事の資料を作ったけどプリンターがない」という方向けのサービスです。 自宅からネットプリントのシステムにアップロード• コンビニに行く• コンビニのプリンターにログインして印刷する こんな簡単な手順で、USB等の記録媒体を使わず印刷ができるので、私もしばしば利用しています。 そして、この簡単な機能を利用して、最近はイラストレーターさんによるイラスト配布も行われています。 ログイン情報(コンビニによっては資料のIDとパスワード)をSNSに載せ、 「(個人利用の範囲で)自由に印刷してね!」と告知するわけです。 ログインし、印刷代を投入すれば、コンビニのちょっとだけいい紙に、イラストレーターさんのイラストが印刷されて出てくるわけです。 最高です。 印刷料金は変更できないので、 受け取る側はコピー機利用の実費のみ必要、 配布する側には利益が入らない仕組みです。 それでも、イラストを受け取ってもらえる、喜んでもらえるというのは、描き手にとってはうれしいものです。 そのネットプリントが、さらに進化したと!!どういうこっちゃ!! ネットプリント紙に「シール紙」が投下されました。 そうなんです。 シール紙です。 つまり、シールが配布できる!! えーめっちゃいい!やりたい!!やる!! ということで挑戦しました。 めっちゃかわいいシールが完成しました。 いえいいえーい! あはー!かわいい! 年中くしゃみ鼻水祭りで昨今の環境が生きにくく、自己主張のために作ってみました。 (まぁアレルギーだからって感染症でない証拠にはならないけど) 気になるシールの質は? シールは思っていた以上に高品質です! 印刷面のことと貼ってみた感想はこんな感じ。 印刷面 写真のように光沢があり、発色も鮮やか。 ただし、イラスト制作時はいつもよりちょっと濃いめに着色するのが吉です。 私はいつも通り塗ったら薄かったので、着色&印刷し直しました。 参考に、私のビフォーアフターを載せておきます。 イラストデータのビフォーアフター シールのビフォーアフター いつもの着色がそもそも薄いのですが、参考まで。 シール面は丈夫で、 水をかけても印刷が溶けてしまうこともありません。 (接着面が水に耐えられるかは試していませんので、気になる方は実験してみてください) 剥離紙を半分剥がした姿がこちら。 印刷面の、ピンと張りのある感じが伝わると嬉しいです。 ものに貼ってみた感想 紙にはしっかり貼ることができました。 剥がれることもなさそう。 剥がすのは難しそうです。 ビニールポーチにもしっかり貼れました。 が、再利用は難しそうであるものの、貼って1時間が経過した今現在、剥がす気になれば剥がせそうです。 「何度も貼り直せるシール」ではないようです。 なお、印刷できるだけなので、切り込みはもちろん入りません。 ハサミなどで自分で切って使う形になります。 イラスト以外も使えそう! もちろん、イラスト以外、ペットの写真やお子さんの写真もシールにできるし、うまくやれば価格表や告知みたいなものもシールにできます。 印刷したい場合の注意点2つ 1、印刷できる店舗数が限られている シール紙は新しいプリンターでしか印刷できないため、印刷可能な 店舗が限られています。 対象店舗は下記ページから確認できるので、行ける場所にお店があるかチェックしてみてください。 2、有償配布になる 無料プレゼントという形はできません。 2Lサイズ300円、Lサイズ(よく見る写真のサイズ)200円のいずれかになります。 ちなみに下の写真の左が2L、右がLサイズ。 比較用に置いたペンは一般的なボールペンと同じサイズです。 2L結構大きいです。 この点さえ注意すれば、シール作りはとても楽しい&嬉しかったので、登録方法をシェアします。 気になる人はレッツトライ! 【これまでにイラストをご依頼くださったかたへ】 私が制作させていただいたイラストは、 個人で楽しむ範囲であればシールにしていただいて問題ございません。 ただし、販売・配布される場合は、追加費用をいただく形になりますので、事前にご相談ください。 (販売前提で制作したイラストはこの限りではありません) ネットプリントへの登録方法 0、データを用意する シール紙サイズは、写真サイズ「L」「2L」の2種類です。 そのため、このサイズで作成するのがおすすめ。 300万画素で考えると、下記のピクセルが安心です。 また、登録すると自分のアカウントページが作られます。 「プリンタからこのページにアクセスすれば、しまだあやのイラストステッカーが全て見られる=たくさん印刷されるかも?」という状況ができてなんとなく面白いかなと思い、 私は会員登録しました。 このアカウントにアップしたデータは、公開した相手全員に見えてしまいます。 プライベート利用したい場合は別アカウントを作ってね! というわけで、ここでは会員登録する場合の利用方法をお伝えします。 1、会員登録 まず、ページ中腹から会員登録を行います。 表示に従えば問題なく会員登録できるので、ここでは説明を割愛しますね。 ちなみに私は「しまだあやのイラスト」というアカウント名にしました。 (うっかりプライベート利用を避けるため) 2、ログイン 会員登録ができたら、ログインします。 3、画像登録 ログインすると、左側に登録メニューが出てきます。 ここから 「画像を登録する」を選択します。 4、画像登録と保存日数の指定 右側にドロップでも登録可能ですし、左側のボックスからも登録できます。 保管期間の指定もここでするのでお忘れなく! 指定できたら「このファイルを登録」です。 ポップアップ画面が表示されるので、登録を終了する場合には「マイボックスへ戻る」、他のデータも登録する場合には「続けて登録する」を選びます。 5、ファイルの名前を変更する マイボックスに戻ると、今登録した画像が表示されます。 この「登録名」の部分は ローソンのコピー機に表示される名前なので変更します。 右端の「詳細」をクリックします。 これで登録作業完了です! 6、配布したい相手に「ユーザー番号」を知らせる ユーザー番号は、マイページの右上に表示されるアルファベットと数字の文字列です。 私の場合は「 W9X7ZXL3JP」ですね。 これを、配布相手にお知らせします。 このユーザー番号をローソン店頭のプリント機に入力すると、「しまだあやのイラスト」が表示され、一覧にある好きなイラストが印刷できるわけです。 「左耳が聞こえません」「右耳が聞こえません」「アレルギーなんです(青)」「アレルギーなんです(黄)」の4種のシールは、2020年6月28日 月 までユーザー番号「 W9X7ZXL3JP」で配布しています。 ご興味あればぜひ! (おまけ)LINEからの画像登録 LINEでの画像登録もできるようです。 が、試してみたものの、ファイル名を変更するには結局ブラウザから変更するしかないので、配布したいなら初めから上記の登録方法を取るのが早そうな印象です。 (自分用ならLINEもありかも!) 店頭での印刷はどうやるの? 印刷方法はnoteにまとめました。 私のシールを印刷してくださる方向けですが、こちらからみていただけばと思います。 (noteへ) 自分の絵がシールになるって、ちょっと楽しいのでぜひやってみてくださいー!.

次の

ローソンのコピー機でオリジナルシールを作ってみた これは自作グッズ制作が捗る〜!

ローソン シール プリント

ローソンのマルチコピー機 ただし、ローソンは2020年3月から シールプリントに対応した新型のマルチコピー機へ切り替えをすすめています。 新型のマルチコピー機は、操作画面がコピー機ではなくコイン投入機側 左上 にあります。 印刷の手順は 従来のマルチコピー機と基本的には同じですが、画面操作が一部異なります。 シール紙・はがきプリント対応機の操作手順はをご覧ください。 【ファミマ・ローソン 一部 】従来のマルチコピー機で印刷する方法 メニュー画面で「プリントサービス」を選びます。 「プリントサービス」のメニュー画面で「ネットワークプリント」を選びます。 「ユーザー番号」欄に英数字10桁を入力します。 画像プリントの場合は、プリントのタイプを選ぶ画面が表示されます。 例として今回は「L判写真プリント」を選びます。 プリントする用紙のサイズを選びます。 印刷対象のデータが画面に表示されます。 プリント枚数を指定します。 「次へ」ボタンをタップすると印刷する写真を確認できます。 「プリント開始」ボタンをタップすると、「プリントを開始しますか?」のメッセージがあらわれます。 「はい」を押すとデータを取得し、プリントが始まります。 スポンサーリンク 【ローソン 一部 】シール紙・はがきプリント対応機で印刷する方法 メニュー画面で「ネットワークプリント」を選びます。 「ユーザー番号」欄に10桁の英数字を入力します。 入力したユーザー番号の登録データに画像ファイルと文書 はがき ファイルが混在する場合はプリントメニューが表示されます。 写真を印刷したい場合は「画像プリント」を、PDFなどの文書を印刷したい場合は「文書プリント」を選びます。 今回は写真を印刷するので「画像プリント」を選びます。 用紙のタイプを選択する画面があらわれるので「普通紙/光沢紙」「写真用紙」「シール紙」の中から選択します。 例として今回は「シール紙」を選びます。 プリントメニューが表示されます。 例として今回は「写真プリント L/2L 」を選びます。 用紙サイズを選択します。 印刷可能なデータ一覧が表示されるのでプリント枚数を指定します。 「つぎへ」ボタンをタップすると印刷する写真を確認できます。 さらに「つぎへ」ボタンをタップすると印刷枚数と料金が表示されます。 「スタート」ボタンをタップすると、「プリントを開始しますか?」のメッセージがあらわれます。 「はい」を押すとデータを取得し、プリントが始まります。

次の

マルチコピー機|サービス|ファミリーマート

ローソン シール プリント

ローソンで写真を印刷 現像 って言ってもそんな写真を印刷するような専用の端末あったっけ? 良くお店に行かれる方はそう思われるかもしれません。 しかしローソンで写真を印刷する際にはビッグカメラやヤマダ電機のような家電量販店で見かけるような専用の端末は必要ないんです。 それではこのマルチコピー機でのiPhoneなどのスマホやUSBメモリーからの写真プリント方法を見ていきましょう。 ローソンでスマホの写真をプリントしてみよう それではここからローソンでの写真プリントについて解説していきます。 今回はiPhoneで撮影した写真を実際に店舗で印刷してみました。 専用アプリを事前に入れておこう ローソンでスマホの写真プリントをおこなう際には、専用アプリが必要になりますので、あらかじめお手持ちのスマートフォンにインストールしておきます。 「Print Smash」というiPhoen・Androidどちらも対応している無料のアプリを使用します。 Print Smash 端末操作方法 iPhone Xsで撮影した写真を実際にローソン印刷 まずマルチコピー機のタッチパネルを触ります。 印刷したい写真を選択するとアプリ内に表示されます。 写真の左側にチェックが入っていることを確認して 選択中の写真をプリントするをタッチします。 ここで求められているパスワードとは、先ほどローソンのマルチコピー機の画面にて出てきた 赤字の4桁のパスワードです。 パスワードを入力したら [送信]ボタンが光り押下できるようになるのでタッチします。 再度端末 マルチコピー機 での操作 これでスマホでの操作は終わりです。 マルチコピー機の操作に戻ります。 画面右下の左側のボタン [通信終了して次へ]をタッチします。 今回は一般的な写真サイズの 「L版写真プリント」を選択します。 いかがでしょうか。 1枚30円 税込み で画質も満足なものではないでしょうか。 iPhoneで撮影した加工も何もしていない普通の写真です。 きちんと写真用の光沢紙に印刷されています。 ちなみにですが、先ほども上記で触れたのですが写真用の光沢紙だけでなく、A4等の 普通紙にも印刷が可能です。 私自身写真についてはかなり素人ですが、とくに不満な点も見当たらない、満足な仕上がりです。 スマホ以外のSDカードやUSBなどの写真印刷の場合 ここまでスマホからの写真プリントについてローソンでのやり方をみてきましたが、冒頭で少し触れた、 microSDカードやUSBメモリなどのメディアからの印刷の場合は、メディア選択画面の際にお手持ちのメディアを選択してください。 メディア選択をすると 〇部のカバーが開きメディアを差し込むことができます。 スマホからはアプリを用いてマルチコピー機へ写真の送信を行いましたが、メディアから印刷の場合はメディア内の写真を直接マルチコピー機に読み込ませるというかたちです。 むしろWi-Fiへのアクセスがないためメディア端末からの写真プリントのほうが操作はカンタンかと思います。 Android端末やデジカメはSDカードからの印刷になることもありますよね。 そういった際にもローソンで写真プリントが可能です。 店内のコピー機がメンテナンスなど稼働していない時間を除けば何時でも利用が可能です。 ちなみにローソンさんのコピー機は「毎日〇時~〇時までメンテンナンスです」のような時間はありません。 最後に ローソンでの写真プリントに関する操作方法を写真を交えて解説しました。 ローソンでの写真プリントについておわかりいただけたでしょうか。 スマートフォンやタブレット端末の発達から最近は写真を印刷 現像 する機会、減っていませんか? スマホやタブレットで眺めるのもいいですが、やっぱりきちんと写真をカタチにするっていいものですね。 ご友人とのちょっとした集まりや、久々にご家族で集まった際に撮った写真をお近くのローソンですぐにカタチにすることができます。 この記事を読んだ機会に、ぜひお近くのローソンで懐かしかったり、思い出の写真をプリントをしてみてはいかがでしょうか。

次の