パフューム 再生。 Perfume ニューシングル「再生」配信開始

Perfume、「再生」MV公開。歴代MVからリップシンク映像を再生成

パフューム 再生

カテゴリ• 最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ 再生 再生 再生成 こぼれ落ちる涙の 意味を 探していたの ヒカリ止まる命の 夢はとっくに冷めていた いつか一人の国から 便りが届いて だから行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた 最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ 再生 再生 再生成 今も覚えているの 人でいた時の頃 キミの思い出だけが 心をつなぎとめていた だけど最後の国から 便りが届いて すぐに行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた 最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ 再生 再生 再生成 いつか一人の国から 便りが届いて だから行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた だけど最後の国から 便りが届いて すぐに行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた 最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ 再生 再生 再生成 目次• 歌詞考察の前に 人気テクノポップユニットである Perfumeが歌う 『再生』MVが2019年12月13日に公開されました。 動画再生回数は 公開から3週間経過した現在で200万を超える人気をみせています。 さて今作は 中田ヤスタカさんが東宝映画 「屍人荘の殺人」主題歌として書き上げました。 同映画は、デビュー作ながら「第18回本格ミステリ大賞」など3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した今村昌弘氏による同名ミステリー小説を題材としています。 前評判も高く上映後も話題沸騰となった作品でした。 主題歌を歌うPerfumeメンバーや映画プロデューサーまた出演者からのコメントが寄せられていましたのでご紹介します。 みんなで考えてもらえると、より楽しめる曲だと思います。 まず 臼井真之介プロデューサーのコメントから Perfumeが今作に適役だったことがわかります。 ミステリー映画にぴったりのダンスとビートだったと筆者も感じました。 また あ~ちゃん のコメントからも映画の登場人物と自分達がリンクしたことも把握できました。 登場人物と感情共有しながらダンスや歌に取り組んだんですね。 浜辺美波さんのコメントは考察に関係する部分でしょう。 タイトル『再生』には多くの秘密が隠されてるようです。 本記事ではなるべくネタバレにならない程度にタイトルと歌詞を結び合わせながら、その秘密に迫りたいと思います。 いつもながら核心に迫る情報が開示できないので、やきもきするかもしれませんがご了承ください(笑) 歌詞考察を始める前に今作のMV内容にも注目したいと思います。 MVでは過去MVが連結されており、今作のメロディー&フレーズに合わせてメンバーの口が動いています。 これまでも紅白やライブなどで用いられた技術ですが、 ライゾマティクス(Rhizomatiks) による映像検出だと考えられます。 本物のダンサーと映像に映るダンサーとの共演やテンポやメロディーに合わせた映像検出など、近未来を感じさせてくれる時代になりましたね。 イントロのピコピコというSEも恐怖と好奇心を巧みに煽る役割を果たしていました。 それでも楽曲全体がおどろおどろしいものになっているのではなく、抜けの良い明るいメロディー構成になっています。 こうした音楽構成は映画内に見られる 「絶望的な状況からの打開」を描写していると感じました。 それはさっそく気になるタイトルと歌詞の考察を始めていきたいと思います。 タイトル『再生』とは 『再生』という単語には 「動かなくなった状態から動くようになる」という意味があります。 映画の基となった原作のあらすじでも紹介されていますが、今作にも 「ゾンビ化」の要素が取り入れられています。 映画タイトルに含まれている 「屍人(しびと)」は 「ゾンビ」を指しています。 主人公たちはこの増え広がるゾンビたちを相手にしながら目前の事件と向き合い、犯人を特定していきます。 こうした設定を考慮するとMVでメンバーたちが見せるダンスパフォーマンスの理解も深まっていきます。 なぜか両手を突出し、ゾンビもしくはキョンシーのようなポーズをするなと思っていました。 ダンスでも今作の設定やタイトルを印象付けていたんですね。 さらに『再生』にはもう1つの意味があると筆者は考えます。 ある人物にとって今作の舞台はたいへん意味深い場所となっています。 その場所は 過去の記憶を呼び覚ましその人物を行動へと動かしていきます。 併せて探偵側は現場からの情報で過去の出来事をイメージします。 それが『再生』に該当するのだとも感じました。 ですから記憶を呼び覚ますという点がタイトルの『再生』と関連があるのだと解釈しました。 上記の点は犯人の動機と関連があるのでこれ以上は述べません。 続く部分から歌詞全体を外観していきます。 『再生』歌詞の意味 それぞれの再生 最大限界生きたいわ 宇宙全体が手品いやい 正真正銘未来以来 偶然性さえ運命さ コンピューターでも解けないわ 果てしない 光線の海 全身全霊で向かうわ 再生 再生 再生成 今回は特定の主人公を決めずに考察していきたいと思います。 歌詞冒頭の 「最大限生きたいわ」とは 人間本来の願いを指していると考えられます。 映画内の主人公たちも絶望的な状況下のもとでそのように願ったことでしょう。 探偵側には 「犯人を早く見つけて救われたい」という願いがありますし、犯人側には 「うまく事を済ませたい」という願いがありました。 「コンピューターでも解けない」という部分は前述の 「偶然性」を指して述べられているようです。 筆者は 「偶然起きたこと」のように巧みに仕掛けられた 犯人のトリックを連想しました。 「果てしない光線の海」とは主人公たちが抱く明日への希望のことでしょう。 その希望を胸に彼らは 「全身全霊」で今日を生きて行きます。 そのために重要になってくるのが 「記憶を呼び起こす」ことです。 誰が何を言ったりしたりしたのかという記憶が事件の解決に繋がっていきます。 犯人にとっては過去の出来事を鮮明に思い描くことが 「殺人の動機」となり行動を後押しします。 それぞれの再生が今日の行動へと誘うかのようです。 再動 今も覚えているの 人でいた時の頃 キミの思い出だけが 心をつなぎとめていた だけど最後の国から 便りが届いて すぐに行かなきゃ行かなきゃ 結局ぜんまいは巻かれた ここでは 「ゾンビ化した人」に視点が移されています。 「人でいた時の頃」という表現からその点を理解できます。 さらに続く部分では 「だけど」とあり2つの文節が関連していることを示しています。 そう考えると 「最後の国」と 「命の最後」つまり死後の世界を指すと理解できます。 「そこから便りが届いた」とは生きていた時に 「お呼びがかかった」という意味だと判断できます。 そして 「ぜんまいは巻かれた」とは 一度死んで動かなくなった人が再び動き出す様を示唆していると解釈できます。 「人でいた時の頃」 に関してもう1つ考察を付随しておきたいと思います。 これは犯人の心情とも取れると筆者は感じました。 実際に 復讐心を燃やしたとき、あるいは 初犯に及んだときに「人ではなくなった」という意味なのかもしれません(鬼になったという表現もある) いずれにせよ歌詞全体から登場人物たちの複雑で奥深い感情を汲み取ることができます。。 まとめ いかがだったでしょうか。 色々な視点から心情や情景を模索することができました。 「おい、筆者。 ここあのシーンだろ」と思った人もいることでしょう。 それでも映画を観てなかったら歌詞からこう受け取るだろうなという要素も大事にしたかったので記載した部分もあります。 映画内のトリックやラストシーンの驚くべき展開も鳥肌ですので是非ご覧になってみて下さい。 考察部分には書き出しませんでしたが、今作のMVを見てPerfumeの新たな躍進を感じることができました。 そうした意味でも「新生Perfume」という感覚で「再生」なのかなとも個人的に感じました。 今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

パフュームPerfumeのライブ演出が凄い!注目の最先端映像技術とは?|あそびくらし

パフューム 再生

【動画】Perfume再生がテレビ初披露!|ベストアーティスト2019 映画『屍人荘の殺人』の主題歌にもなっている Perfumeの「再生」がテレビ初披露となりました。 ベストアーティスト2019 Perfume 再生 TV初披露 — ぐるとん guru3ton2 ポップな曲調で振り付けがかなり特徴的で 一度見たら頭から離れなくなりそうですね。 私もすでに何回も再生して見ちゃいました…(笑)。 「再生」は中田ヤスタカさんが映画のために書き下ろした曲で、 振り付けはファンの方にはおなじみのMIKIKO先生です。 この二人が組んでいいものができないわけはないですよね! Perfume再生の振り付けの意味は? ゾンビ? キョンシー? (画像引用元:Twitter) 「再生」の振り付けはなかり特徴的ですが、何を意味しているのでしょうか? ゾンビやキョンシーっぽい振り付けのようにも見えますが…。 映画のために書き下ろされた曲なので、映画となにか関係しそうです。 神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。 しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。 事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。 そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。 部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。 3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘】。 そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。 しかし葉村たちは 想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。 一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。 toho. html) こんな感じなのですが、想像を絶する異常事態というのが原作によると 合宿の1日目の肝試しの最中になんと ゾンビの群れに遭遇! 世間ではバイオテロが発生しており、ペンションの近くの自然公園で行われていた ロックフェスの観客のほとんどがゾンビ化していたそうです。 という感じの物語の始まりです。 映画のタイトルにも入っている 「屍人」はゾンビを意味しているらしく、 つまりPerfumeの 「再生」のダンスも映画を意識しゾンビを意味しているといえそうですね。 」 との意図が、よくわかりました。 ゾンビ? |ベストアーティスト2019 まとめ Perfumeの新曲「再生」の振り付けの意味についてまとめました。 映画『屍人荘の殺人』の主題歌になっているため、 振り付けは映画を意識したものになっていましたね!.

次の

Perfume(パフューム)の年齢や経歴は?結婚してるの?

パフューム 再生

— 2019年 4月月21日午後6時30分PDT 出典:Instagram PerfumeのホログラフィックCG演出 2012年の「氷結 SUMMER NIGHT」では、パフュームのライブ演出にホログラフィックの技術が使われました。 暗転からライブが始まると、スクリーンにCG映像が映り、ステージ上にはパフュームのホログラフィック映像が出現。 レーザー光線が飛び交う中、遠目には実物と見分けがつかないクオリティーで、CMソングの「レーザービーム」を披露。 観客が呆然としている中で2曲目がスタートすると、途中から本人たちも登場。 6人のダンスコラボの後は、ホログラフィックが消えて本物が3曲目を歌うという圧巻のステージ。 この時は、 3人の手の動きに合わせてリアルタイムでホログラフィックの映像が変化していく技術だったそうです。 このイベントは、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡の街頭ビジョンに映されていましたが、生中継でのホログラフィックのパフォーマンスは世界初の試みでした。 ちなみに管理人は街頭ビジョンの映像で、最初に登場した ホログラフィックのパフュームが本物ではないと気づくまでに、しばらく時間がかかったんですよね。 この頃は、MVやライブの評判が高かったパフュームが、さらに一段上にあがった時期だったと思います。 Perfumeのプロジェクションマッピング演出 2013年に、フランスで行われた カンヌ国際広告祭で銀賞を受賞したパフォーマンスが、ネットを中心に話題になりました。 プロジェクションマッピングは建物などの物体を、スクリーンの代わりに映像を投影する手法で、 パフューム自体が動くスクリーンとして登場。 衣装に投影された映像とダンスは美しい世界観で、観客からは終始歓声が飛び交っていたようです。 *動画再生は音量注意 出典:YouTube Perfumeと手持ちスクリーン+3DCG 2015年に、アメリカのテキサス州で行われた音楽イベント「SXSW」では、 半透明の手持ちスクリーンを使うダンスと、 3DCGを使ったライブ映像をネット中継で披露。 1ヶ月間だけ限定公開されたこの映像も、ネットを中心に 「パフュームがすごいことになっている!」と話題になりました。 PerfumeのダイナミックVR演出 2016年の紅白歌合戦で披露した、 ダイナミックVRという技術を使った VR(仮想現実)の中でダンスをするライブ映像は、テレビで見ていた多くの人たちに衝撃を与えたようです。 ライブをしている現場も素晴らしいと思いますが、映像で見るのも面白いのがパフュームの特徴ですね。 ちなみに、ダイナミックVRの映像がどういうものかはコチラをご覧ください。 *動画再生は音量注意.

次の