草野マサムネ メガネ。 水中メガネ/七夕の夜、君に逢いたい

草野マサムネがパーマ失敗?かっこいい&かわいいエピソード!

草野マサムネ メガネ

ハライチ岩井、スピッツ草野マサムネのサプライズに感動 このあと深夜0時から TBSラジオ 「ハライチのターン」 そのあと深夜1時から TBSラジオ木曜JUNK 「おぎやはぎのメガネびいき」 — 宮嵜 守史 miyazakimori 10月27日の放送のラジオ番組『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』で、スピッツ・草野マサムネさんは岩井さんの本を「すごい面白かった」と絶賛し、岩井さんのエッセイ本『僕の人生には事件が起きない』をサプライズで宣伝していました。 この放送を聞いていたスピッツファンからは「漫遊聴いて(岩井さんが)喜んでいるかも!」と、岩井さんがこのラジオを聴いているのかに注目が集まっていました。 無事に岩井さんは草野さんのラジオを聴いていたようで、岩井さんはラジオ番組「ハライチのターン」で「ほんと嬉しくて…」と感慨深そうに一部始終を明かしました。 岩井さんは「夜、風呂入っているときに、草野さんのラジオをradikoでかけてたら、冒頭ですよ」「急に名前出てきてウォォッってなって」と本当に驚いたようです。 お風呂の中でノンビリとラジオを聴いていた岩井さんでしたが「ヤバイヤバイ!ってなって風呂から出て」「なにオレこんな風呂でくつろいだ状態で聴いてるんだ…ってなって」と慌てふためき、急いでお風呂から出てしっかりとラジオを聴いたそうです。 大ファンであるスピッツの草野さんが自分の本を読んでくれていると知り、「ずっと好きだったスピッツのギターボーカルの草野さんが俺が作ったものを読んでくれてて」「初めて、出版していろんな人の手に渡るようにして良かったって思った」と喜びを爆発させました。 興奮冷めやらぬ岩井さん、「スピッツの草野マサムネ、っていうのをオレは何となく現実世界のものじゃないって見てたけれど」「オレのいる世界と繋がったんじゃないかみたいな気がした」と心境を明かしました。 この感動的なエピソードを聴いた澤部さんは「おれが明日花キララと初めて会った時と同じ…」と言い出しますが、即座に「一緒にすんな、オイ!!! 」と岩井さんがツッコみ笑いが起こりました。 岩井勇気、エッセイストから脱却したい? エッセイ本を出版してから、取材などでとても忙しかった岩井さんですが、最近はひと段落してお休みも増えたそう。 しかし、空いた時間でも執筆活動をしたり取材を受けたりしているようで「スケジュール見たらさ、エッセイストかよ!って 笑 執筆の時間ばっかりあって!」と自分自身にツッコミを入れました。 エッセイストから脱却するため、芸人と飲みに行こうと決意する岩井さん。 ケンドーコバヤシさんや、おぎやはぎの小木さんを誘いますが、なかなか都合が着かず断念してしまいます。 そんな時、千鳥の大悟さんからご飯のお誘いが。 岩井さんは「 エッセイストから戻してくれる 一番の芸人だ!」と、大喜びで大悟さんの元へ向かったそうです。 岩井勇気、ピース・又吉からのアドバイスに納得「もう一冊書いてみようかな」 大悟さんがいたのは、水炊きのお店。 岩井さんが到着すると、大悟さんは「おー岩井。 急に水炊きが食いとうなってのう」といつのも方言を交えて迎えてくれたそうですが、岩井さんはその様子を振り返って「殿様じゃねーか! 笑 」とツッコミを入れ、周囲は爆笑に包まれました。 また、その飲み会にはピースの又吉さんも参加。 3人でいろいろな話をしたそうですが、帰り間際に又吉さんから「もう1冊エッセイ本書き?」とアドバイスされたそうです。 又吉さんは、岩井さんが小説などの新しいジャンルで何か書こうとした時、エッセイで成功させていれば挑戦しやすいからという理由でアドバイスをしてくれたそうで、岩井さんは「確かになー。 もう一冊、エッセイ本書いてみようかな」と納得。 しかし一瞬で冷静になり「いや、エッセイストになっちゃってるじゃん!」とまたもや自分自身にツッコミを入れて、周囲は爆笑。 澤部さんから「もう一冊出しても、エッセイストではないから! 笑 」とツッコミを入れられました。 岩井勇気の締めくくるコメントに「最高」の声 みんなが爆笑している最中、岩井さんが冷静を取り戻して「そんな夜の街に、僕の叫びが高く響きました」と会話を締めくくるようにコメント。 おしゃれな終わり方に、澤部さんからすかさず「エッセイストになっちゃってるじゃん!」とツッコミを入れられ、またもや爆笑を誘いました。 ネット上では、番組を聞いたリスナーから「オチが最高」「エッセイストになっちゃったww」「岩井さんエッセイ続編フラグ? w」などの声が上がりました。 あくまで芸人でありたいと考える岩井さんですが、次のエッセイ本も楽しみと思うリスナーも多かったのではないでしょうか。 今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。 (文:藤峰あき).

次の

水中メガネ/七夕の夜、君に逢いたい

草野マサムネ メガネ

人物 [ ] 概要 [ ]• 身長167. 5cm、体重53kg、血液型はO型である。 弟と妹がいる長男である。 スピッツのメンバーは全員が長男である。 草野家の長男は代々名前に「正」の字がつく。 祖父は正実、父親は正典である。 10代の頃からで、持ち。 とを使用している。 自身の性格について本人は、「あまのじゃくでひがみっぽい子分肌」と語っている。 来歴 [ ]• 中学時代は部の部長をしていた。 1年生の1学期までは部であった。 出身高校は。 バンド初体験は高校の学友と組んだである。 「ラディッシュ」というバンドを組んでおり、当時はギタリストであった。 同級生であるによると、学校で一番のギターテクニックの持ち主としてロック好きの男子に慕われるタイプであった。 に入学し、東京都府中市に住む。 同級生であると意気投合し、バンドを結成した。 音楽サークル「重音」に所属した。 先輩は(後にアレンジャーとして参加するが在籍)やなどである。 に影響を受けて音楽活動をいったん休止した。 東京造形大学を中退しへ入学した。 田村の自宅にがあったことから交流は続き、バンドは再結成に向かう。 趣味・嗜好など [ ]• のファンである。 地元福岡のライブではアンコール時にのレプリカユニフォームを着用する。 本人曰く昆虫博士、地図オタクである。 好きな色はである。 好きな作家は、好きな詩人はである。 時は急性ストレス障害を経験した。 音楽的影響 [ ]• 小学生のころ、ラジオのヒットチャートカウントダウン番組のベスト10を毎週ノートにつけており、などの洋楽や、などのやを愛好していた。 今でも影響を受けたアーティストとしてチープ・トリックを挙げている。 バンドに興味を持つようになると、などの・に夢中になり、に傾倒をはじめた。 チーターズではチータことの「」をパンクロック調で演奏したり、「」を風に演奏したりするなど奇をてらい、洋楽と歌謡曲の融合傾向が当初より見られた。 学生時代にスピッツの前身といえる「ザ・スピッツ」を結成した当時はパンクかぶれだったが、の「」に出会い、自分の求めていた音楽を先にやられたことにショックを受けて自信をなくし、一旦音楽活動を休止した。 再開してもしばらくはTHE BLUE HEARTSの影響を抜け出せず、自分の個性を模索し始め、たどり着いたのが、を参考としたアコースティックギターを持ってのフォーク・ロックだった。 洋楽だけではなく、、、など日本のロックからも多大な影響を受けている。 パンク音楽を脱した影響の一つに、のアルバム『』を挙げている。 音楽活動 [ ]• スピッツの楽曲の全てのと、ほとんどのを担当している。 作詞、作曲の際の名義は本名の「 草野正宗」を用いる。 他アーティストへの楽曲提供もしている。 聴き手自身でいろいろな解釈をしてもらいたいからと、自身で楽曲の解説をすることは少ない。 作詞に関しては他のメンバーから全面的に信頼されており、外部プロデューサーのも一切口出しをしたことがない。 歌手としても多くの作品に参加している。 ファンタジー() 作詞のみ。 アルバム『TRANSISTOR GLAMOUR』収録。 青い星のまん中で() 作詞のみ。 アルバム『froggie』収録。 野生のチューリップ() もともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲。 2ndアルバム『』の時にレコーディングされたが収録には至らず、歌詞を一部変更して提供した(その後、『』にオリジナルを収録)。 テディベアに埋もれて() 1994年、スピッツとしてライブで一度だけ演奏され、1年後にrosyに提供となった。 プロデュースは、後にスピッツの9thアルバム『』を手がける。 流れ星() これももともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲(後に『花鳥風月』でセルフカバー,シングル『』になった)。 ちなみに辺見えみりはスピッツの大ファンであり、この曲と同名のアルバムでは「」「」「」もカバーしている。 愛のしるし() これも後に『花鳥風月』でセルフカバー。 メロディーはもともと『』の候補曲として書いていたもの。 から依頼を受けたため、同じく依頼を受けたと電話で相談してお互いに提供することを決めたという(トータス松本は「ネホリーナ・ハホリーナ」を提供)。 () 作曲のみ。 作詞は。 後にイベントでセルフカバーした。 2015年には松本隆のトリビュートアルバムで草野が歌う音源が発表された。 (後述)• 帰り道() 映画『』主題歌。 映画監督のから作詞作曲の依頼を受けた(ちなみに、塩田監督の『』に、スピッツの「運命の人」が主題歌に抜擢された経緯がある)。 Never on Sunday() 作曲のみ。 アルバム『』収録。 恋のエチュード() アルバム『Splurge』収録。 のCMソングにもなった。 夜明け() アルバム『宴 〜party〜』収録。 編曲と演奏にはスピッツのメンバー全員が参加。 よなは徹とは過去に、スピッツの「ナンプラー日和」(11thアルバム『』収録)でコラボレーションしている。 また、スピッツにもライブでのみ演奏された楽曲に「夜明け」というものがあるが、提供曲とは異なる楽曲である。 () アルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』のSpecial Disc「歌バカだけに」収録。 後に『見っけ』でセルフカバー。 スナオになりたいね/(シングル/1993年2月21日) カップリング曲「今さら I LOVE YOU」にバッキングボーカルで参加。 WHAT'S UP?/(2000年3月10日) 6曲目「18の夏」にアコースティック・ギターで参加。 /(2002年5月27日) 亀pact discの1曲目「灰色の瞳」(とのデュエット曲のカバー)で椎名林檎とデュエット。 /(2003年12月10日) スペシャルディスクの1曲目「Sleep John B」(の「Sloop John B」のカバー)にコーラスで参加。 /(シングル/2007年6月20日) アコースティックギターとサビ部分の作詞、ボーカルで参加。 アルバム『』ではアルバムバージョンで収録。 トリビュート(2007年7月11日) の「」をカバー。 編曲はの。 /(2009年5月27日) 11曲目「わかれうた」 のカバー でとデュエット。 / トリビュート・カバーアルバム(2015年6月26日) 2曲目「」を歌っている。 出演 [ ] ラジオ番組• (、2018年1月7日 - ) 脚注 [ ] [].

次の

水中メガネ

草野マサムネ メガネ

人物 [ ] 概要 [ ]• 身長167. 5cm、体重53kg、血液型はO型である。 弟と妹がいる長男である。 スピッツのメンバーは全員が長男である。 草野家の長男は代々名前に「正」の字がつく。 祖父は正実、父親は正典である。 10代の頃からで、持ち。 とを使用している。 自身の性格について本人は、「あまのじゃくでひがみっぽい子分肌」と語っている。 来歴 [ ]• 中学時代は部の部長をしていた。 1年生の1学期までは部であった。 出身高校は。 バンド初体験は高校の学友と組んだである。 「ラディッシュ」というバンドを組んでおり、当時はギタリストであった。 同級生であるによると、学校で一番のギターテクニックの持ち主としてロック好きの男子に慕われるタイプであった。 に入学し、東京都府中市に住む。 同級生であると意気投合し、バンドを結成した。 音楽サークル「重音」に所属した。 先輩は(後にアレンジャーとして参加するが在籍)やなどである。 に影響を受けて音楽活動をいったん休止した。 東京造形大学を中退しへ入学した。 田村の自宅にがあったことから交流は続き、バンドは再結成に向かう。 趣味・嗜好など [ ]• のファンである。 地元福岡のライブではアンコール時にのレプリカユニフォームを着用する。 本人曰く昆虫博士、地図オタクである。 好きな色はである。 好きな作家は、好きな詩人はである。 時は急性ストレス障害を経験した。 音楽的影響 [ ]• 小学生のころ、ラジオのヒットチャートカウントダウン番組のベスト10を毎週ノートにつけており、などの洋楽や、などのやを愛好していた。 今でも影響を受けたアーティストとしてチープ・トリックを挙げている。 バンドに興味を持つようになると、などの・に夢中になり、に傾倒をはじめた。 チーターズではチータことの「」をパンクロック調で演奏したり、「」を風に演奏したりするなど奇をてらい、洋楽と歌謡曲の融合傾向が当初より見られた。 学生時代にスピッツの前身といえる「ザ・スピッツ」を結成した当時はパンクかぶれだったが、の「」に出会い、自分の求めていた音楽を先にやられたことにショックを受けて自信をなくし、一旦音楽活動を休止した。 再開してもしばらくはTHE BLUE HEARTSの影響を抜け出せず、自分の個性を模索し始め、たどり着いたのが、を参考としたアコースティックギターを持ってのフォーク・ロックだった。 洋楽だけではなく、、、など日本のロックからも多大な影響を受けている。 パンク音楽を脱した影響の一つに、のアルバム『』を挙げている。 音楽活動 [ ]• スピッツの楽曲の全てのと、ほとんどのを担当している。 作詞、作曲の際の名義は本名の「 草野正宗」を用いる。 他アーティストへの楽曲提供もしている。 聴き手自身でいろいろな解釈をしてもらいたいからと、自身で楽曲の解説をすることは少ない。 作詞に関しては他のメンバーから全面的に信頼されており、外部プロデューサーのも一切口出しをしたことがない。 歌手としても多くの作品に参加している。 ファンタジー() 作詞のみ。 アルバム『TRANSISTOR GLAMOUR』収録。 青い星のまん中で() 作詞のみ。 アルバム『froggie』収録。 野生のチューリップ() もともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲。 2ndアルバム『』の時にレコーディングされたが収録には至らず、歌詞を一部変更して提供した(その後、『』にオリジナルを収録)。 テディベアに埋もれて() 1994年、スピッツとしてライブで一度だけ演奏され、1年後にrosyに提供となった。 プロデュースは、後にスピッツの9thアルバム『』を手がける。 流れ星() これももともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲(後に『花鳥風月』でセルフカバー,シングル『』になった)。 ちなみに辺見えみりはスピッツの大ファンであり、この曲と同名のアルバムでは「」「」「」もカバーしている。 愛のしるし() これも後に『花鳥風月』でセルフカバー。 メロディーはもともと『』の候補曲として書いていたもの。 から依頼を受けたため、同じく依頼を受けたと電話で相談してお互いに提供することを決めたという(トータス松本は「ネホリーナ・ハホリーナ」を提供)。 () 作曲のみ。 作詞は。 後にイベントでセルフカバーした。 2015年には松本隆のトリビュートアルバムで草野が歌う音源が発表された。 (後述)• 帰り道() 映画『』主題歌。 映画監督のから作詞作曲の依頼を受けた(ちなみに、塩田監督の『』に、スピッツの「運命の人」が主題歌に抜擢された経緯がある)。 Never on Sunday() 作曲のみ。 アルバム『』収録。 恋のエチュード() アルバム『Splurge』収録。 のCMソングにもなった。 夜明け() アルバム『宴 〜party〜』収録。 編曲と演奏にはスピッツのメンバー全員が参加。 よなは徹とは過去に、スピッツの「ナンプラー日和」(11thアルバム『』収録)でコラボレーションしている。 また、スピッツにもライブでのみ演奏された楽曲に「夜明け」というものがあるが、提供曲とは異なる楽曲である。 () アルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』のSpecial Disc「歌バカだけに」収録。 後に『見っけ』でセルフカバー。 スナオになりたいね/(シングル/1993年2月21日) カップリング曲「今さら I LOVE YOU」にバッキングボーカルで参加。 WHAT'S UP?/(2000年3月10日) 6曲目「18の夏」にアコースティック・ギターで参加。 /(2002年5月27日) 亀pact discの1曲目「灰色の瞳」(とのデュエット曲のカバー)で椎名林檎とデュエット。 /(2003年12月10日) スペシャルディスクの1曲目「Sleep John B」(の「Sloop John B」のカバー)にコーラスで参加。 /(シングル/2007年6月20日) アコースティックギターとサビ部分の作詞、ボーカルで参加。 アルバム『』ではアルバムバージョンで収録。 トリビュート(2007年7月11日) の「」をカバー。 編曲はの。 /(2009年5月27日) 11曲目「わかれうた」 のカバー でとデュエット。 / トリビュート・カバーアルバム(2015年6月26日) 2曲目「」を歌っている。 出演 [ ] ラジオ番組• (、2018年1月7日 - ) 脚注 [ ] [].

次の