紫陽花 挿し木 時期。 【アジサイ(紫陽花)の挿し木や剪定】時期や方法、増やし方のコツは?

【アナベルの育て方】挿し木や剪定、鉢植えの植え替えの方法は?

紫陽花 挿し木 時期

アジサイ(紫陽花)を育てる前に知っておきたいこと アジサイはガーデニング初心者におすすめの花木のひとつ。 上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。 アジサイ(紫陽花)の基本データ 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 、シチヘンゲ 七変化 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 切り花の出回り時期:4~7月 花もち:5日程度 アジサイは、樹高1~2mの落葉低木です。日本では4月頃から鉢花が出回りますが、本来の開花期は6~7月です。額 がく 咲き、手まり咲きなどがあり、花色も豊富で、世界的に人気の高い花木です。 葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉します。 若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花 中性花 」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついています。手まり咲きのものは装飾花のみ、または両性花が装飾花の陰の目立たないところについています。 アジサイは種から育てることもできますが、挿し木や取り木をした苗や、園芸店などで鉢植えを購入して育てるのが一般的です。 アジサイ(紫陽花)には剪定が必要なの? アジサイは剪定しなくても花をつける花木です。しかし、放任するとだんだん背が高くなり、上の方にばかり花が咲くようになってしまいます。そのため、適切な樹高を保つように毎年剪定を行うのが一般的です。 アジサイには、以下のような剪定を行います。 花後の剪定 花が咲いた後に、枝を切り戻す剪定です。 休眠期の剪定 晩秋から冬の間に混み合った枝を整理する剪定です。 強剪定 大きくなりすぎたアジサイをコンパクトに仕立て直す剪定です。数年に一度、必要な株にだけ行います。 知りたい! アジサイ(紫陽花)を剪定する目的とメリット ここでは具体的に、アジサイにとって必要な剪定を詳しく紹介します。 花後の剪定の目的とメリット 来年もきれいに花を咲かせるための剪定で、アジサイ栽培で最も大切な剪定といえます。 アジサイは10月頃、今年伸びた枝の先端部に花芽ができます。この花芽は翌年に開花します。 花が咲き終わってすぐに剪定を行うと、切った枝のいちばん上の芽が伸長しますが、この芽は翌年大きく伸長して花芽をつけます。 花は翌々年となります。 花後の剪定を行わなくても花は咲きますが、枯れた花や枝を切ることで、翌年以降の生育を促し、より美しい花を咲かすために剪定します。 ただし「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけるため、春までに剪定をすればOKです。 休眠期の剪定の目的とメリット 大きくなったアジサイに施す剪定です。必須ではありませんが、枯れた枝や混み合った枝を整理することで、すっきりとした姿になり、葉が展開したときの日当たりを改善し、蒸れにくくするメリットもあります。次年の花芽を切らないように注意しましょう。 ただし、実際には根元付近に葉がなく、何節目かは判断できません。 根元からの高さ30cm前後の付近でバッサリと切ります。 カシワバアジサイは葉をなくすと枯れることがあるので、いちばん下の葉の付け根の芽の上で切り、葉を少し残すようにします。 アジサイ(紫陽花)の剪定、枝の選び方は? 花後の剪定では、剪定するのは花が咲いた枝のみにします。花がつかなかった枝は翌年花が咲くので、そのまま残しましょう。 休眠期の剪定では、基本的に色が白っぽくなり乾燥した枯れ枝を切り取ります。手で曲げるとポキッと折れる枝は完全に枯れていますが、折れない場合はまだ生きている可能性があるため、芽が動き始める春まで様子をみてもいいでしょう。 強剪定は枝を選ばず、すべての枝を大胆に切り詰めます。翌年も花を見たいからと何本か枝を残すと、樹勢がアンバランスになり、短くした枝が枯れてしまうことがあるので注意しましょう。 アジサイ(紫陽花)の剪定には、コツがあります なんといっても適期を逃さないことです。もし花後の剪定をせずに秋を迎えてしまったら、冬季にアジサイは花から二節目までを枯らします。 無理に剪定しなくても、自ら枝葉を落とします。 花後の剪定はあくまでも翌年の株を少しでも充実させるために行います。 「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた新しい枝に花芽をつけるので、3月までに剪定を行えば、枝のどこで切ってもかまいません。ただし、ある枝は強剪定、ほかの枝は弱剪定などとすると樹勢が乱れるおそれがあるので、バランスよく剪定しましょう。強剪定をするとコンパクトに育ち、花数は少なくなりますが、大きな花を楽しめます。一方、弱剪定にすると、翌年は枝がたくさん出て、大きな株に育ちます。そのぶん花数が多くなりますが、ひとつひとつの花は小さめになることが多いようです。育てるスペースに合わせて、翌年の株の大きさを想像しながら剪定を行うといいでしょう。 Credit 記事協力 監修/矢澤秀成 園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長 種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。 育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。 全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。 NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。 構成と文・中村麻由美.

次の

紫陽花を挿し木にする時期はいつ?簡単な増やし方と鉢上げの方法

紫陽花 挿し木 時期

スポンサーリンク アジサイの挿し木の方法と時期と必要なものは! アジサイの挿し木が一番しやすい時期は、5月から7月下旬にかけての3ヶ月間になります。 この時期は花が咲き始めてから花の見頃が終わる時期で、ちょうど梅雨を迎える時期でもあります。 乾燥に弱いアジサイはこの梅雨時が根の活着が一番よいです。 挿し木にする枝を「挿し穂」と呼びます。 アジサイの挿し穂には、アジサイの葉が一対で出ているその上1センチ上でカットし、次の葉が一対出ている上1センチでカットしたものを使います。 この時に注意するのがアジサイの葉を3分の1ぐらい残してカットして下さい。 アジサイの葉が大きい分だけ水分の蒸散が多いのでそれを防ぐためです。 これを「一節挿し」と呼び、この方法が一番多くアジサイの挿し穂が多くとれ、挿し木が初めての方にはこの方法をおすすめします。 この方法は、幾つか挿し木がうまくいかなくても、多く挿したぶん成功した挿し穂が多くとれるので一番のオススメです。 さらにこの挿し木の失敗を防ぐために使うのが活根剤です。 私が常に使用しているのが「ルートン」と「メネデール」です。 根を早く活着する早技にはこの2つの発根促進剤は必需品です。 あらゆる挿し木に使えますから、お持ちになって損はないですね。 普段はルートンであらゆる挿し木は使いますが、経験上アジサイの場合はさらにメネデールを使うとアジサイの挿し木の成功率は上がります。 挿し床にアジサイの太さと同じくらいの穴を開け、そこにアジサイの挿し穂入れ軽くまわりを固めて終わり。 残ったメネデール液を挿し床に水まきします。 上の写真が我が家で使っているルートンとメネデールです。 こんなに容器が小さくてもかなりに利用できます。 この二つがあると挿し木にはとても便利です。 私は基本ルートンを使い、難しそうな挿し木にはメネデールを利用しています アジサイの挿し木のさし床は何が良いか? アジサイの挿し穂を育てる容器に挿し木の用土入れたものを「さし床」と呼びます。 この挿し床の容器は専用の浅く広い挿し床もありますが、余っているプラ鉢やイチゴパックの容器やペットボトルなどの器など、水が抜けるようにしてあれば何でも使えます。 挿し床の培養土は、通気性が良くて排水性の良い土を使います。 一般的な培養土だと、鹿沼土、赤玉土、川砂、パーライトこのあたりの用土が使いやすいです。 よく使われているのが鹿沼土です。 この土は乾燥すると土の表面が白くなるので管理しやすいですね。 挿し床を置く場所は直射日光が当たらない半日陰の場所を選びます。 直射日光に当てないというのは、水分の蒸散を防ぐためです。 竹や支柱を使いビニールで覆って水分の蒸散を抑える方法もありますが、 この方法はなれないとムレて挿し穂をダメにする事があります。 置く場所も注意する必要があるし、 細かな穴を開けても、ムレ具合を常に観察する必要があるので、私はこの方法での挿木はおすすめしません。 前述しましたが、鹿沼土を使用すると管理しやすいです。 土の表面がが乾いてくると白くなる鹿沼土は、霧吹きや水を上げる目安になり、とても管理がしやすいのでおすすめです。 手を加えなくてもアジサイは形が自然に丸みをおびて大きくなります。 あまり大きくしたくない場会は花が終わったあとに、花の下の対になった2節目の下あたりでカットします。 また花つきが悪くなったなと感じたら、思い切って下からバッサリとカットしてアジサイ全体に風通しを良くし、新しく元気な枝と新旧交代させます。 この時注意するのは全部の枝をバッサリとカットするのでは無く、ある程度に間引いてカットします。 そうすることによって来年の花は確実に見ることができます。 全体にキレイに丸みをおびた紫陽花の株にするには、思い切って地際からカットします。 その時は花がまだキレイな状態の時にカットします。 少しもったいない気がしますが、早くカットして地際から早めに新梢を出させて、花芽がつく秋ぐらいまでに枝を成長させましょう。 アジサイの花下の一節、葉が一対になった位置で切ります。 鉢にアジサイの枝が幾つかある時は、同じ高さで合わせてカットします。 来年の花はカットした次の下の葉の脇から枝が伸び、そこに花芽が付きます。 カットする時期は花が終わったあとすぐにしましょう。 9月過ぎてのカットは来年に花を見られない可能性があります。 そうする事によって来年に花が揃って見られます。 また株の大きさが一定になりますから、一サイズ大きくせずにすみます。 もちろんアジサイを大きくするには剪定をせずに、一回り大きな鉢に植え替えする必要があります。 まとめ アジサイは挿し木で簡単に増やすことできます。 ここで紹介した方法で挿し木を行って下さい。 アジサイはもともと日本に自生している植物なので、日本の環境にベストマッチします。 身近で季節感を感じるアジサイは貴重な植物で、うっとうしい梅雨の一時を和ませてくれます。 ガーデニングを始めるならアジサイが育てやすく一番のおすすめです。 今年出た新芽というのは、花が咲かなかった枝でしょうか。 そうであれば剪定はしないほうが来年咲く確率は高くなります。 新芽の状態と切る位置、時期によって花が付かなくなる場合もあります。 また、株元から出た新芽であれば尚の事、剪定はなさらないほうがよろしいと思います。 もし鉢植えで全体のバランスが悪く、どうしても剪定するということでしたら 同じような新芽の半分を剪定し、半分は残すようにしたら良いと思いますよ。 また剪定する見極めポイントとして、葉の出ている脇に必ず芽があることを確認してからその上で剪定することです。 それと花を咲かせるには植え替えも重要です。 昨年に植え替えをしてない状況でしたら、今の時期に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。 とりあえず、花が咲かなかった新芽には剪定はしないほうが、花は咲きやすくなるのでそのままが良いですよ。 by noribou 2018年6月17日 10:20 PM 人気記事• 母の日のプレゼントにアジサイの鉢は人気がありますが、花後の植え替えや移植のタイミングで悩む方は多いです。 203,181ビュー• 梅酢の作り方は意外と簡単にできます。 梅とお酢に砂糖があれば誰にでもできますが、さらにまろやかで香り高くしたりフ... 197,873ビュー• 人気のオリーブの鉢植え、植え替えする際の土はオリーブの土専用がありますが、代用して使用できる 土もあります。 190,773ビュー• オリーブをバルコニーで15年以上育て、毎年実を付けています。 品種の組み合わせで、実が付きやすくなったり... 173,143ビュー• 卒業式に贈る花束のプレゼント。 花束を送った経験がない人は、 1本の値段がわからないですよね。 157,781ビュー• アジサイは季節感が感じられる育てやすいお花です。 初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができ、ガーデ... 150,983ビュー• 手や足の指先のしもやけ、非常にかゆいですよね。 毎年この時期になると恒例のしもやけ。 139,300ビュー• 魚の目の治療を会社近くの皮膚科で受診したところ、 そこのクリニックでは靴の選び方と歩き方を指南され、 魚の... 121,751ビュー• ハイビスカスの花はトロピカルをイメージさせ そばにあると南国のリゾート気分になります。 一番の... 116,970ビュー• ユリの花粉が付いたからといって、クリーニングに出したり染み抜きを頼まなくても、ほとんどの花粉はお落とせます。 105,543ビュー.

次の

アジサイの挿し木の仕方と増やし方!失敗しない時期とコツは!

紫陽花 挿し木 時期

栽培環境・日当たり・置き場 生育旺盛で、樹高はそう高くなりませんが、ほかのアジサイとは異なり、明確な幹をつくります。 鉢植えで販売されていますが、大きく育つので、庭植えか、大型のコンテナで栽培します。 夏の高温期に極端に乾燥しない、水はけのよい日なたで育てます。 日陰でも育ちますが、花つきが悪くなります。 水やり 特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりをします。 コンテナ植えでは、極端に乾燥させないように注意が必要です。 肥料 1月上旬から2月下旬に寒肥、開花後の6月下旬から8月中旬にお礼肥として、油かすや緩効性化成肥料を施します。 病気と害虫 病気:うどんこ病 うどんこ病は、葉にカビが生えて、白い粉をふいたようになり、ひどい場合は葉が枯れます。 湿度が低いときや、枝が茂りすぎると発生するので、剪定で風通しをよくし、予防します。 害虫:ハダニ ハダニが発生すると葉が茶色に変色し、ひどい場合は落葉します。 用土(鉢植え) 鉢植えは、赤玉土小粒、鹿沼土小粒、腐葉土を、3:2:3に混合したものなど、保水力があり、水はけのよい用土を使います。 植えつけ、 植え替え 庭への植えつけは、3月上旬から4月下旬の葉が出る前か、涼しくなる10月上旬から11月下旬に行います。 植えつけ後には、たっぷりと水やりをします。 鉢植えは、2年に1回程度植え替えます。 根鉢を軽くくずして、一回り大きな鉢に植え替えます。 適期は庭植えに準じます。 ふやし方 さし木:その年に伸びた枝が堅くなる6月上旬から7月下旬に、枝を2~3節で切り取ります。 節の下1cmのところを、ナイフやカッターなどで斜めに切り、1枝の長さが7~8cmになるように調整します。 平鉢や育苗箱に、赤玉土小粒やさし木用土を入れ、2~3cmほどの深さでさして日陰に置き、乾燥させないように管理します。 なお、発根は一般的なアジサイよりも遅く、1か月以上かかります。 主な作業 剪定:カシワバアジサイは大きくなると幹ができ、剪定しないでおくと、1本立ちになる傾向があります。 このため、若木のうちに、地際から20cm程度の高さの芽の上で剪定します。 これによって地際から複数の枝が伸びて、こんもりとした樹形をつくることができます。 この剪定は落葉期に行いますが、翌年に花は咲きません。 樹形を整えるための剪定は、花後のなるべく早い時期に行いましょう。 特徴 カシワバアジサイは、北アメリカ東部原産のアジサイの仲間(アジサイ属)です。 アジサイ属の野生種は、アジア東部と南アメリカに約30種が分布しています。 いずれの種類も木本ですが、低木から亜高木、つる性と変化に富んでいます。 育てやすく、花の少ない初...

次の