鼻 かみ すぎ て 鼻血。 【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

鼻血:医師が考える原因と対処法|症状辞典

鼻 かみ すぎ て 鼻血

スポンサーリンク 鼻をかみすぎた皮膚 鼻をかみすぎた皮膚は、炎症をおこしています。 これはご想像どおり、鼻をかむときに摩擦が起きるためです。 どこでも強くこすれば皮膚はダメージを受けます。 しかし花粉症や風邪などで頻繁に鼻を擦る場面が増えてくると、何度も擦られた鼻の下などは特に、皮むけやヒリヒリ感などのトラブルに見舞われやすくなります。 こうした皮膚の荒れは、程度によっては擦過性の湿疹にまでなってしまっている場合もあります。 仮に湿疹であるとすれば、普通の保湿クリームで対処しようとしても難しいかもしれません。 湿疹にはやはりステロイドの塗り薬。 つまりは皮膚科の受診が、早期改善への近道になります。 ステロイドというと嫌厭される方も多いですが、処方に従い正しく使用すれば、「最も早く」改善させるお薬だと思います。 私も個人的に湿疹のできやすい肌質なので、ステロイドは使う機会が多く、多少は解るのですが 「使うときはしっかり使い、良くなったらダラダラと塗り続けない」 これを守れば、そう不安がることもありません。 あまりに赤みがひどい。 かさぶたのようになってきた。 ヒリヒリ痛すぎる。 などと程度のひどい炎症があれば、皮膚科受診も考えておいたほうが良いですね。 そこまでひどくはない。 できるだけセルフケアでなんとかしたい。 という方には、以下の方法をおすすめします。 鼻のかみすぎでヒリヒリする 鼻のかみすぎでヒリヒリするときの対処法は、可能な限り「こすらないこと」。 そうはいっても、花粉症や風邪でとめどない鼻水が流れ落ちてきますから、それは不可能ですよね。 しかし摩擦を極力軽減させることは可能です。 鼻のヒリヒリを予防する・悪化させないための、正しい鼻のかみ方をまず知っておいたほうが良いでしょう。 少しお高めではありますが、摩擦を少しでも弱めるためには、固いティッシュは避けましょう。 急いで力いっぱいかまないよう気をつけます。 勢いをつけて鼻をかむと、耳が痛むこともあります。 面倒ですが、鼻水はその都度しっかり出し切ってください。 しっかりとやさしく拭き取ってください。 鼻をかむとき以外は、刺激を与えないようにしてくださいね。 ただしクリームを塗るときにもソフトに。 刺激をしないようにそっと優しく塗ってください。 スポンサーリンク 鼻のかみすぎで痛い鼻の下 鼻のかみすぎで痛い鼻の下は、一にも二にも「こすらないこと」。 摩擦がなによりもよくないのです。 摩擦により鼻の下は肌の水分も拭き取られ、乾燥しやすくなります。 どんな状態でも、乾燥はお肌の大敵です。 乾燥するとさらに肌は荒れやすくなり、鼻をかむときに摩擦される鼻の下は、切れてしまうことも。 もう赤くなってしまっているなら尚更、決して擦ってはいけません。 正しい鼻のかみ方で鼻をかみつつ、 炎症を起こしたり皮むけしてひりつく鼻を改善させる方法としては、「保湿」あるのみです。 保湿クリームなどで常に鼻を保湿して、しっとりした状態に保っておくことをおすすめします。 使用するのは、お肌に合ったお気に入りの保湿クリームで良いと思います。 オロナイン軟膏などを使用される方は多いですね。 またはやはり「白色ワセリン」でしょうか。 ほかのクリームがなんとなく合わないようであれば、ワセリンは無難な選択肢だといえます。 ドラッグストアに必ずといっていいほど置いてあるのも、嬉しいところ。 多くの軟膏や化粧クリームなどの基剤としても用いられているワセリンは、皮膚の保湿と保護力に優れ、肌の状態を整えるには最適。 肌荒れで皮膚科を受診しても、白色ワセリンを処方されることがありますね。 荒れた鼻の下にやさしく塗って、乾燥させないようにしましょう。 少し手間ではありますが、こまめな保湿が早期回復のカギです。 まとめ 鼻の下の荒れは、ヒリヒリと疼いてうっとおしいものです。 メイクも乗らないし、赤くなって皮がむけていると、顔を出すのもイヤになってしまいますね。 花粉症であれば花粉除けにすでに着けているでしょうが、鼻の炎症があまりにひどいときはマスクをするのもいいと思います。 別に鼻を隠すため、というわけでもなく、マスクで鼻の下の乾燥を防ぐのが目的です。 マスクをしていても保湿はお忘れなく。 こまめなお手入れはなにより大事です。 ちなみにワセリンは綿棒などで鼻の中に塗り込むと(あんまり奥まで入れないでくださいね!)、花粉などの異物を鼻の奥まで入らせないでガードしてくれるそうです。 私はまだ試したことはありませんが、花粉量が多くなってきたらやってみようかと思っています。

次の

止まらない鼻血…病院へ行くべき?対処法や急を要する症状とは

鼻 かみ すぎ て 鼻血

鼻から出血してしまう原因は? 鼻から血が出る原因はさまざま考えられますが、いちばん多いのは単純性鼻出血です。 これは鼻をほじって傷つけてしまったり、鼻を強くかみすぎたりしたことによる粘膜の損傷です。 鼻の入口には毛細血管が多く張り巡らされているのに加え、粘膜も薄いため、出血しやすいのです。 単純性鼻出血以外にも、以下のような原因が考えられます。 鼻の中が乾燥している 冬など寒い季節に多いのが、鼻の中の乾燥によるものです。 ヒリヒリしたり鼻の奥に違和感があったりと、人によって不快に感じる症状もさまざまです。 鼻のかみすぎ 風邪で鼻水が溜まってつらいときや、花粉症やアレルギーなどで鼻水が止まらないとき、つい鼻を強くかみすぎてしまうことがあります。 鼻の入口は毛細血管が集合しており、粘膜も他の箇所に比べると薄いため、出血しやすい傾向があります。 鼻水に血が混じっていたときの対処法は? 鼻水に血が混ざっていても、少量であったり、毎回のことではなかったりすると放置してしまいがちです。 しかし、放置して自然治癒する場合はまだしも、悪化してしまうこともあります。 重症化させないためにも、すぐにできる対処法をご紹介します。 鼻を強くかまない 鼻をかむときは、 片方ずつ鼻を押さえてゆっくり小刻みにかみましょう。 鼻がかみにくいときも、一度に力を入れないように少しずつかむと、鼻に伝わる衝撃が和らぎます。 乾燥させない 特に冬など、外気が乾燥する季節は、自分で思っている以上に鼻の粘膜は乾燥しています。 湿度計や加湿器を部屋に設置して、まず湿度を把握することが必要です。 湿度が常に40~60%になるように保つとよいでしょう。 加湿器が使えない場合は、コップに水を入れてそばに置いておくことでも対処法となります。 マスクで自衛をする マスクは保湿と保温性能に優れています。 こまめな 水分補給とのど飴などを併用して、唾液の分泌を促しましょう。 睡眠時に濡れマスクを着用するのも効果的です。 出血が病気のサインになっていることも… 鼻水に血が混じったり、鼻血が出たりして命を落とすような重要な病気に繋がることはまれですが、場合によっては以下のような病気のサインと考えられることもあります。 副鼻腔の腫瘍 鼻からの出血を引き起こすものとして、血管が増殖することでできる「血管腫」や、鼻粘膜にある扁平上皮が異常に増えていく「乳頭腫」があります。 い ずれも良性腫瘍なのでさほど心配する必要はありませんが、「乳頭腫」は進行すると、まれにがんに進行することもあります。 これらの腫瘍の場合、鼻血以外に鼻詰まりなどの症状が現れるのが特徴です。 上顎洞がん 副鼻腔の中にある上顎洞に発生するがんです。 始めのうちは自覚症状がなく、大きくなるにつれて症状が現れます。 鼻血のほかに、 目の症状、歯の痛み、ほおの痛みが主な症状として現れます。 また、 片方の鼻から出血するのもこの病気の大きな特徴です。 上咽頭がん 鼻のつきあたり部分、上咽頭にできるがんです。 鼻詰まりや鼻血などの症状以外にも、 耳が聞こえづらい、物が二重にみえるといった症状が現れるのが特徴です。 特発性血小板減少性紫斑病 血小板の数が減少することで、出血が起こりやすくなる病気です。 鼻血以外にも歯茎や皮下などでも出血し、 あざができやすくなります。 肝炎・肝硬変 肝炎は、ウイルス感染などが原因で肝臓が炎症を起こす病気です。 肝炎が慢性化すると、線維化をきたし肝硬変を発症します。 肝機能が低下すると血液中の凝固因子を作る機能も低下するため、 黄疸や歯茎からの出血、鼻血を引き起こす可能性があります。 高血圧 血圧が高い状態が続いていると、血管への圧力が高まり、鼻血が出ることがあります。 おわりに:ただの鼻血と油断しすぎないことが大切です• 鼻血は誰でも起こりうる症状だが、重い病気のサインの可能性もある• 少しでも気になる症状が現れたり、長引いたりするようなら、早めに病院で診察を.

次の

鼻を触りすぎると団子鼻や大きくなるって本当!?軟骨が変形する根拠

鼻 かみ すぎ て 鼻血

鼻血が出るメカニズムとは? 頻繁に鼻血が出る原因を探る前に、まずは鼻血が出るメカニズムを把握しておきましょう。 鼻血は顔の目立つ部分で起こるために慌てがちですが、基本的にはかすり傷などと同じもので、鼻の内部の毛細血管が傷つくことで出血します。 そして、ほとんど鼻血は、鼻中隔(左右の鼻の穴を分けているところ)にある 「キーゼルバッハ部位」というところから出ます。 このキーゼルバッハ部位は毛細血管が集中しているだけでなく、表面の粘膜も非常に薄くなっているため、日常生活で起きる些細な衝撃でも出血してしまうことがあるのです。 ただ高血圧や動脈硬化などをわずらっていると、もっと鼻の奥にある粘膜から出血する場合もあります。 鼻血が出やすい人の特徴とは? 頻繁に鼻血が出る人もいますが、一方で鼻血がほとんど出ない人もいます。 頻繁に鼻血が出る人には何か特徴があるのでしょうか? 頻繁に鼻血が出る人の共通点は、単純に鼻の内部の粘膜が弱っているということです。 鼻の内部の粘膜が弱っているために、普通は何ともないような衝撃でも鼻血が出てしまうのです。 たとえば、鼻のかみすぎ・いじりすぎなどで鼻の内部の粘膜がいったん弱ってしまうと、鼻血が出やすくなります。 鼻の内部の粘膜が完全に回復するまでは、鼻血が出やすい状態が続きますから、風邪やアレルギー性鼻炎の方は注意する必要があるでしょう。 また、子供は鼻の内部の粘膜がデリケートにできています。 そのため、単純に活発だということもありますが、 子供のほうが大人よりも鼻血を出しやすいです。 最後に稀なケースではありますが、生まれつき鼻中隔(びちゅうかく)が曲がっている 「鼻中隔湾曲症」というのもあります。 鼻づまりが起きやすいため、鼻血が出やすくなることがあります。 鼻中隔湾曲症は手術などで改善することがあります。 頻繁に鼻血が出る原因とは? 頻繁に鼻血が出てしまうのにはどんな原因が考えられるでしょうか?ここでは頻繁に鼻血が出てしまう原因として考えられるものをピックアップしていきます。 原因1.鼻のかみすぎ・いじりすぎ 前述の通り、キーゼルバッハ部位は毛細血管が集中しているだけでなく、表面の粘膜も非常に薄くなっています。 そのため、 鼻のかみすぎ・いじりすぎなどで粘膜が弱くなってしまうと、些細な衝撃でも鼻血が出やすくなってしまいます。 特に子供などはついつい鼻をいじったりしがちなので、頻繁に鼻血が出る原因になってしまうでしょう。 大人でも無意識に鼻をいじるのがクセになっているケースは少なくありません。 原因2.風邪・アレルギー性鼻炎 風邪やアレルギー性鼻炎によって鼻の内部が充血すると、鼻血が出やすくなります。 しかも風邪やアレルギー性鼻炎のときにはたくさんの鼻水が出ますよね。 この状態で鼻を強くかんだりすると、キーゼルバッハ部位を傷つけてしまいがちです。 風邪やアレルギーでは鼻の内部の粘膜が弱った状態が続くため、頻繁に鼻血が出る原因になっているかもしれません。 原因3.乾燥 空気が乾燥していると、鼻血が出やすくなることがあります。 特に秋から冬にかけて鼻血が出やすくなる場合には、乾燥が原因になっているかもしれません。 空気が乾燥した季節になると、手にひびやあかぎれができてしまうことがありますよね。 それと同じように、鼻の内部の粘膜が乾燥すると、鼻血が出やすくなってしまうのです。 原因4.興奮・のぼせ・気温変化 興奮・のぼせ・気温変化などにより、鼻の内部の血液量が一時的に増えることで、鼻血が出ることもあります。 パンパンに膨らませた水風船が破れてしまうようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。 たとえば、家族や友達などと口論になって興奮したりすると、一気に血管に負担がかかるため、鼻血が出やすくなります。 他にも入浴や運動などのときに頻繁に鼻血が出るという方は、興奮・のぼせ・気温変化が原因になっている可能性があります。 原因5.病気 高血圧や動脈硬化、 糖尿病などで血管がもろくなると、鼻血が出やすくなることがあります。 また、 白血病や 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)など血液の病気でも鼻血が出やすくなります。 こうした病気が原因で頻繁に鼻血が出ているという可能性もあります。 関連記事 スポンサーリンク もしかして病気かも?危険な鼻血を判別する方法 頻繁に鼻血が出るとしても、単に鼻の内部の粘膜が弱っているだけであれば、それほど問題ではありません。 しかし、何らかの病気が原因で鼻血が出やすくなっている可能性もあります。 では何らかの病気が原因で鼻血が出ている場合は、どのように見分ければよいのでしょうか?以下のポイントをチェックしてみてください。 そして、気になるポイントがあれば、早めに病院を受診しましょう。 「特に病気ではなかった」と確認するだけでも、病院を受診する価値はあります。 特に何もしていないのに、急に鼻血が出る 「鼻をぶつけた」「鼻をかんだ」「鼻をいじった」「鼻をすすった」「くしゃみをした」など、特に何もしていないのに鼻血が出るという場合は、何らかの病気を疑ったほうがよいかもしれません。 鼻の奥から出血がある ほとんどの鼻血は、鼻の穴の近くにあるキーゼルバッハ部位から出るのでした。 もっと鼻の奥から出血があるときには、何らかの病気の可能性があります。 鼻血がなかなか止まらない どれだけ時間がかかっても、通常の鼻血は約15~20分ほどで止まります。 しかし、何らかの病気が原因の鼻血は、安静にしてもなかなか止まらないことがあります。 鼻血が約30分以上止まらないというときには、何らかの病気を疑いましょう。 全身的に出血がある 白血病や特発性血小板減少性紫斑病(ITP)などの場合は、全身的に出血が起きやすくなります。 鼻血だけでなく、歯茎からの出血があったり、アザが出来やすくなります。 スポンサーリンク 頻繁に鼻血が出るときの予防方法とは? 特別な病気が原因ではないとしても、頻繁に鼻血が出るのは困りますよね。 ここでは頻繁にに鼻血が出るときの予防方法をいくつかご紹介します。 マスクをする マスクをつけることで、鼻の粘膜の乾燥を予防できます。 すでに鼻の粘膜が弱っていしまっている方は、ぜひマスクをつけるようにしましょう。 また、部屋を乾燥させないため、加湿器などを利用するのもよいでしょう。 クリーム・軟膏・オイルなどを塗る 鼻の内部の粘膜が弱くなっている場合には、クリーム・軟膏・オイルを塗るのも効果的な方法です。 最初は鼻の内部に何かを塗ると違和感がありますが、だんだんと慣れてきます。 どんなクリーム・軟膏・オイルでもよいですが、特におすすめなのは 「ワセリン」です。 というのも、ワセリンには出血を予防・抑制する効果があるからです。 ワセリンは薬局やドラッグストアなどで購入できます。 爪を切っておく 無意識に鼻をいじってしまっている可能性があるならば、鼻の内部の粘膜を傷つけないために爪を切っておくのも大切なことです。 特にお子さんが頻繁に鼻血を出すという場合には、しっかり爪を切っておいてあげましょう。 「ルチン」を摂る 鼻血予防に効果的な栄養素はいくつかありますが、特に頻繁に意識的に摂取してもらいたいのが、 「ルチン」というポリフェノールの一種です。 ルチンには毛細血管を強化する働きがあるため、出血性の疾患を予防する効果があります。 もちろん、鼻血の予防も期待できます。 そば、アスパラガス、トマト、ミカン、レモンなどにルチンは豊富に含まれています。 レーザー治療をする どうしても頻繁に鼻血が出てしまう方は、病院でレーザー治療を受けるのも1つの手です。 レーザーでキーゼルバッハ部位を焼くことで、毛細血管から出血しづらくします。 レーザー治療というと大げさに感じますが、処置は約30分ほどしかかからず、入院などの必要もありません。 また、気になるの費用も片方の鼻で約3,000円前後です(健康保険適用で3割負担の場合)。 スポンサーリンク 正しい鼻血の止血方法は? 上記のことを試しても、鼻血が出てしまうことはあるでしょう。 そんなときはやや頭を下げた姿勢をとりましょう。 そして、 小鼻(両側の鼻先のふくらんだ部位)を強くつまめば、数分でキーゼルバッハ部位からの出血は止まります。 脱脂綿やティッシュペーパーを鼻につめて止血をする場合は、鼻の入り口にだけつめても効果はありません。 脱脂綿やティッシュペーパーを鼻の奥に押しこみ、キーゼルバッハ部位をしっかりと圧迫します。 運動や入浴のときに鼻血が出た場合、血行が良くなっている分、なかなか鼻血が止まらないことがあります。 そんなときには冷水で濡らしたタオルなどで首筋や眉間を冷やしてあげると効果的です。 また、 「上を向く」「横になる」という民間療法がありますが、鼻血が口に逆流してくるだけで意味がありません。 「首筋をトントン叩く」のも特に効果がないと判明しています。 突然大量の鼻血が出た場合、なかなか鼻血が止まらない場合などには、たかが鼻血と考えずに、速やかに病院に行きましょう。 耳鼻咽喉科を受診すれば間違いありません。 最後に いかがでしたか?頻繁に鼻血が出る原因と対処方法をお伝えしてきました。 「鼻の穴付近にあるキーゼルバッハ部位の粘膜が弱くなることで、些細な衝撃でも鼻血が出ている」というのがほとんどのケースです。 ただ重大な病気のサインとして鼻血が出ている可能性も否定できません。 気になるようであれば、遠慮せずに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

次の