チャーハン 材料。 激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 [男の料理] All About

絶品チャーハンを作るコツ【これぞ決定版】

チャーハン 材料

その刻む人件費も炒める時間も、ラーメンより大変だからでは? ガス台一カ所使って、二人分が限度かな。 沢山一度に作るとベチャベチャ ラーメンはスープを本気で作ると面倒で材料も高い。 麺も 2か3 十円ですが、米は結構高いです。 でも数十円だけど。 チャーハンは、本当は安い米 輸入米 でも良いのだけど、白飯を出す店ではわざわざ別に炊かないから、結構割高な品質の米を使っているみたいです。 なんたかんだと目立ちませんが具も種類が必要ですし、焼豚もラーメンよりは入っています。 逆に、豚骨自慢のラーメン店なら、ラーメンの方が高い事もあります。 ユーザーID: 2599882646• 1杯づつ作るから? ラーメンだって、店にあるものを切って入れてるくらいです(笑 ラーメンの麺をゆでた鍋は、1食作るごとに洗ったりしません。 チャーハンのフライパンは洗います。 というか、ラーメンにかかる材料費と チャーハンにかかる材料費、正確に分かって言ってます? ラーメンのタマゴ、半分とか、別注も少なくはないけど さすがに、チャーハンなら、半分だけ使うって無理ではないかい? 材料を切るのにかかる所要時間も分かってます? あのー、ラーメンもチャーハンも、自分で作ったこと、ありますよね??? 私は自分で作るとしても、チャーハンの方がすごく手間なんですが…。 高いと思うなら、注文しなきゃいいんじゃないかと思います…。 どうも最近、材料費しか想像できずに(しかもきちんとは推測できてないのに) 高い安い騒ぐ人が増えましたね。 ユーザーID: 7203083295• そんなにします? 他の方がレスされてるとおり、ラーメン等は他の事をしながら調理する事も可能だけど。 チャーハンは一心不乱に鍋振って 笑 一人の調理師さんが鍋に付っきりになりますし。 ラーメンでも他の料理でもそうだけど、一般の家でプロの味を出そうとするのは本当に手間が折れるけど。 チャーハンって、家で作ると面倒です・・ 美味しくする為には鍋を思いっきり振って、ご飯を鍋から浮かせるくらいじゃないとダメと聞きましたが 鍋でこねくり回す様に炒めてるだけでは、ご飯がべチャとしてしまって美味しく出来ないそうです けど家庭でそれやったら、浮いたご飯があらぬ方向に飛んで行って台所が汚れる 苦笑 そうやって考えると、美味しいチャーハンが食べられるなら700円払っても私は店で食べたいです。 不味かったら、その店に行かなきゃ良いだけですしね。 まあ嫌なら、700円代のチャーハンは頼まないのが一番ですね。 ユーザーID: 6247581024• 高いというか 米粒同士がベチャっとくっ付いていなくて、パラッ、フワッと仕上がっている。 口にいれた途端、これこれと納得するものです。 自分にはとてもパラッ、フワッと作るのは無理です。 まだ冷凍食品のチャーハンのほうが満足できますが、それでもお店のチャーハンが一番です。 秘訣はやはりコンロの火力の違いと、重い中華鍋を振って米を空中に飛ばし、満遍なく火に通しているからでしょう。 おいそれとは真似のできない技術と腕力だと思います。 何杯か並行できるラーメンと違って掛かりっきりにならなくてはなりませんし。 全く高いと感じたことはありません。 たかがチャーハン、されどチャーハン。 その価値がわからなければ、食べなければ良いのではありませんか。 お店も労が報われませんし。 ユーザーID: 7853078844• まさに力技で、自分では絶対出来ない味だし チャーハンも中華も店次第、料理人の腕次第です ユーザーID: 6707673183• だって.

次の

「焼き飯」「チャーハン」「ピラフ」の違いとは?

チャーハン 材料

のチャーハン。 インディカ米が使用されている や福建チャーハンが有名である。 生米を炒めてから煮るや炒めた生米を炊くが存在するが、それらとの混同も見られる。 のひとつとして分類されるが、を主食とする地域においては普遍的にみられる調理法であり、必ずしも中華料理の影響を受けているとは限らない。 では 焼きめしとも呼ばれるが、中華風の焼きめしのみをチャーハンと呼ぶと解釈される場合もある。 また類似の料理はとで広く見受けられる。 広東語の音表記は ツァウファンに近い。 食べる際に使う食器にもバリエーションがあり、日本ではレンゲ、中国では箸、またスプーンを使う所もある。 作り方の一例 [ ] 基本的に、・・・を用いる。 そのほか、、、、等の肉類、やなどの海産物 、やなどの、、などが使用される。 べたつかないように、水分の少ない米飯を使用する。 一般に粘り気の少ないが適していると言われる。 炒め油は、店で多く使用されるものはだが、家庭ではの使用頻度が高い。 調理法は、おおよそ以下の通りである。 まずネギやハムなど、具をみじん切りにし、これを十分に炒め、いったん皿に取る。 充分に熱したやに食用油を入れ、溶き卵を入れる。 卵は固まるに十分な、かつ火が通り過ぎない程度の時間で加熱する。 卵が完全に固まる寸前に米飯を入れて炒め、飯粒に卵の皮膜を作ることで油の吸収を防ぎ、ご飯がベタベタの団子状になるのを防ぐ場合もある。 卵は炒める前に白飯と混ぜ合わせる、卵だけをあらかじめ炒めておき、白飯を炒め始めた後で具材と一緒に混ぜ合わせる方法もある。 塩・胡椒、醤油等で味を調える。 炒めたみじん切り具材を鍋に入れて米飯と混ぜ合わせる。 盛り付けて完成。 炒める際にを混ぜるとに、やを加えるとなどの東南アジア風チャーハンに、主体で味付けするとになる。 粉末状のチャーハンの素や専用の調味料も市販されている。 家庭料理 [ ] 工夫次第で様々な食材を利用できることから、の残り物を活用できて、また短時間に手軽に作れるという理由から、としてもチャーハンの人気は高い。 家庭によって味付けが異なり、家庭の味ともされる。 中華料理店における調理では、火力が強い業務用と(いわゆるプロパンガス)などを使うが、一般家庭用のや型の古いなどでは、火力が弱い上に鍋を前後にゆすってご飯を混ぜる「振り鍋」ができない。 火力の弱いコンロでは振り鍋をすることによって鍋の温度も下がってしまうため、全く同じように調理することはできない。 家庭でおいしいチャーハンを作るためのレシピも多く、強火のコンロなどを使用したりさらに工夫することによるおいしいチャーハンの作り方がしばしば話題となる。 中華料理屋のメニューとして [ ] チャーハンの素「インスタント食品」 を使用したチャーハン調理の一例 、などで加熱するだけでできるのチャーハンが・などで売られている。 一部では飯粒にラードなどの食用油脂を噴霧して冷凍することで中華料理店並みのご飯のパラパラ感を実現し、「自家製チャーハンより美味しい」といわれるような商品まである。 これらでは、一食分が包装されたものも多く、などの軽食を提供する準では、業務用のものを利用する場合もある。 パッケージが市販品と比べ簡素化され、そのぶん安価である。 日本では粉末調味料と食材を一袋にした状インスタント食品の「 チャーハンの素」も発売されている。 これは炒り卵と米飯を油を引いたフライパンで炒めた後にこれをかけることで、「いかにもチャーハンらしい」見た目と味になるという物である。 その一方で、よりカップ内に湯を注いで乾燥米飯を戻す「」という商品が1970年代に、からは1980年代に同様のものをカップラーメンの付けあわせとした「ラーメンチャーハン」が販売されたことがある。 21世紀に入って、日清食品(GoFan、カップヌードルごはん)ほかで水を注いだ乾燥米飯を電子レンジで戻すカップ食品も提供されている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

チャーハンをパラパラにする方法!冷やご飯などで作れる4つのレシピ [毎日のお助けレシピ] All About

チャーハン 材料

中華料理の定番メニュー焼きめしこと「チャーハン(炒飯)」。 その名の通り、炒めた飯に味付けをする料理ですが、ご飯がべちゃっと固まってしまったり、ダマになってしまったり、意外と難しい料理でもあります。 今回は、そんな チャーハンの基本的な作り方と ご飯がパラパラになるコツを写真と動画でご紹介いたします。 美味しいチャーハンの3つのポイント 1.冷やご飯で作る 炊きたてのご飯には水分が多く含まれており、それがご飯同士がくっつく原因になります。 冷やご飯を電子レンジで1分~2分ほど加熱して、水分を飛ばし、ほぐれやすくしておくと、パラパラとしたチャーハンが作れます。 2.火加減は強火 強火で一気に火を通します。 家庭用コンロの強火はお店の強火とは何百度も差がありますが、出来るだけ高い温度で具材の水分をさっと飛ばせるとベストです。 テフロン加工のフライパンの場合は空炊きすると傷んでしまう場合がありますので、お気をつけください。 3.具材は少なめに 具材はネギ・チャーシュー・ニンジンなど3種類くらいがベストです。 具材が多いとその分、水分量も増えるので、ご飯がべたつきやすくなってしまうためです。 また具材に水気の多いものは、しっかりと水気を切ってから加えましょう。 基本のチャーハンの作り方 <材料( 1人分)> 卵 1個 油 大さじ1 冷やご飯 茶碗1杯分 お好きな具材 (ネギ、チャーシュー、ニンジン、タマネギなど) <下準備> ・卵は溶いておく ・入れる具材は先に炒めておく ・冷やご飯は電子レンジで1分~2分ほど加熱しておく <作り方> 1.フライパンを強火でよく加熱する。 水を一滴垂らしてすぐに蒸発するくらいに加熱します。 2.油を多めに入れて馴染ませ、溶き卵とご飯を順番に加えて手早く混ぜる。 溶き卵を入れると上記の写真のようになります。 すぐにご飯を加えて、空気を含ませながら、ご飯がつぶれないよう切るように混ぜましょう。 3.炒めておいた具材も加えて、木べらなどで切るように混ぜて行く。 ご飯が具材と卵としっかり混ざるように混ぜて行きます。 4.最後に塩、胡椒、醤油などで味付けをする。 パラパラチャーハンの作り方 憧れのパラパラチャーハンに近づくための、簡単な方法をご紹介。 一工夫するだけで、ご飯がくっつきにくくなりパラパラチャーハンが簡単に作れます。 正統法ではないので、本格チャーハンに比べて味は少し劣るかもしれませんが、お米がパラパラとするのは間違いないです。 1.卵とご飯を予め混ぜる とても有名な方法ですね。 卵とご飯を予めしっかりと混ぜ合せてから炒めることで、卵が米粒にコーティングされて、パラパラとした仕上がりになります。 卵の量が多かったり、しっかりと切るようにご飯を炒めて行かないと、 になってしまうので注意。 2.油をご飯に混ぜる ご飯に予め油を混ぜておくと、これも卵と同様に米粒に油がコーティングされて、パラパラとした仕上がりになります。 油分が多くなるので、卵を炒める時の油分を気持ち減らすなどして全体量を調節してください。 3.マヨネーズを混ぜる ご飯にマヨネーズを混ぜておくことで、油と卵により米粒がコーティングされて、パラパラになります。 さらにマヨネーズが炒められることで香ばしさが加わり、味に深みが生まれます。

次の