サンドロ トナーリ。 インテル、トナーリ獲得はバレッラ方式か。さらに若手も加える?

トナーリ獲得できなくても彼がいる ユヴェントスが信頼すべき“大黒柱”候補|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

サンドロ トナーリ

ブレシアに所属するイタリア代表MFは、いつの日か世界を代表する選手になりたいという意欲にあふれているようだ。 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2017-18シーズンにブレシアで頭角を現し、今季からセリエAに初挑戦しているトナーリ。 繊細なボールタッチで中盤を圧倒し、まだ20歳とは思えないプレーを披露。 今季はここまで23 試合に出場し1得点5アシストを記録している。 昨年10月には、飛び級でのイタリアA代表デビューも果たしており、その風貌とプレースタイルから同国のレジェンドであるアンドレア・ピルロを重ねるサポーターも多い。 ところがトナーリ本人は、以前から比較されることを拒否しており、今回のインタビューでも「似てない」と断言。 だが、いずれはピルロのような世界的なレベルに到達したいと考えているようだ。 「いいや、僕と彼は似ていない。 後継者になるつもりはないよ」 「そもそも僕は彼のようにミリ単位の精度を誇るロングボールは蹴れない。 羨ましいとは思ってるけどね」 「正しい犠牲を払えば、世界のトップに到達できるとわかっている」 「目標の半分も達成出来てないけど、達成出来るだけの力があると信じている」 トナーリは、今夏にもユベントスやインテルなどのビッグクラブに移籍するのではないかと言われている。 先日には、バルセロナからオファーを受け取ったとブレシアのマッシモ・チェリーノ会長が公にしており、移籍マーケットの開幕を前にして早くも争奪戦が行なわれている様子だ。 関連ニュース トレーニングの無断欠席で話題を呼んでいたブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが反論した。 バロテッリは、先週のトレーニングを胃腸炎と言う理由で欠席。 その後復帰しようとしたものの、今度は書類に不備があるとして練習参加をさせてもらえなかった。 契約の問題や新型コロナウイルスの検査を受けるかどうかの揉め事もあった中、ここに来て再びクラブと問題を起こしているバロテッリだが、自身のインスタグラムでトレーニングに関する憶測に対して反論。 その目で見にくるように訴えた。 「トレーニングをするかどうか尋ねるだけで十分だ」 「僕はトレーニングに行くつもりだ。 いつだってそこにいたので、十分な質問をしてもらいたい」 「確認したければ、ぜひ来てもらいたい。 僕は日曜日の午前、午後と2部練習を行う」 「ここに来て、自分の目で確かめて欲しい」 バロテッリは、トレーニング後の写真をインスタグラムに投稿しており、いらぬ憶測を立てて欲しくない様子。 現在セリエAで最下位のブレシアは、22日に再開初戦でフィオレンティーナと対戦する。 2020. 13 22:11 Sat トレーニングの無断欠勤が続いていたブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが門前払いを食らったようだ。 イギリス『ミラー』が伝えている。 昨夏、故郷ブレシアにフリーで加入したバロテッリは、ここまでのセリエAの19試合で5ゴールを記録。 ピッチ内ではまずまずの結果を残していたが、オフ・ザ・ピッチの問題行動は相変わらずだ。 新型コロナウイルス COVID-19 による長期中断を経て、今月中旬のセリエA再開に向けてチームが再始動した中、ここまで複数回に渡ってチーム練習を無断欠席。 その後、4日には自身の公式『インスタグラム』を通じて、練習欠席の理由が胃の問題からくる体調不良だと釈明したが、業を煮やしたマッシモ・チェリーノ会長は「彼の獲得は間違いだった」と契約解除もやぶさかではない意向を示していた。 そして9日、バロテッリは満を持して練習場へ。 しかし、警備員に施設への入場を阻まれ門前払い。 渋々踵を返し、自宅に戻ったようだ。 『ミラー』によると、バロテッリは前日夜にクラブにメールで翌日の出席を伝えていたが、関係者がメールに気づいたのは当日の朝のことで、バロテッリが練習参加に必要な健康診断書が用意できなかったという。 また、その場から立ち去る際にもクラブ関係者に「今は練習に参加したくない」と伝言を残した模様。 果たして去就はどうなるのだろうか。 イタリア『スカイ』は10日の練習で再び顔を出すだろうと伝えている。 pic. twitter. 09 21:31 Tue ブレシアがチーム練習を無断欠席し続けている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ 29 との契約解除に踏み切った模様だ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数イタリアメディアが報じている。 昨夏、故郷ブレシアにフリーで加入したバロテッリは、ここまでのセリエAの19試合で5ゴールを記録。 ピッチ内ではまずまずの結果を残していたが、オフ・ザ・ピッチの問題行動は相変わらず。 とりわけ、新型コロナウイルス COVID-19 による長期中断を経て、今月中旬のセリエA再開に向けてチームが再始動した中、ここまで複数回に渡ってチーム練習を無断欠席していた。 その後、4日には自身の公式『インスタグラム』を通じて、練習欠席の理由が胃の問題からくる体調不良だと釈明したが、先日に「彼の獲得は間違いだった」と語ったマッシモ・チェリーノ会長は、即時の契約解除に踏み切ったようだ。 バロテッリとブレシアの契約は2022年までとなっているが、ブレシアがセリエBに降格した場合は、契約が自動的に取り消される条項が盛り込まれていた。 そのため、シーズン終了を待たずしての一方的な契約解除は訴訟に発展する可能性がある。 2020. 06 18:15 Sat チームの練習を無断欠席しているブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが4日、自身のインスタグラムを更新し「まだ病気」と主張した。 バロテッリは5月26日に行われたチームの練習を無断欠席していたと報じられ、31日の練習も欠席していた。 そして3日の午前中に予定されていた練習を三度欠席していた。 バロテッリとブレシアの契約は2022年までとなっているが、ブレシアがセリエBに降格した場合は、契約が自動的に取り消される。 昇格組のブレシアはセリエAで苦しみ、中断前の時点で勝ち点16のリーグ最下位に位置。 残留ラインのジェノアとは勝ち点差「9」となっており、残留が厳しい状態だ。 契約解除を望まないバロテッリが無断欠席で抗議していると報じられているが、仮病ではなく本当に病気なのだろうか…。 2020. 05 08:00 Fri ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが再びチームの練習を欠席したようだ。 イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 バロテッリは5月26日に行われたチームの練習を無断欠席していたと報じられ、31日の練習も欠席していた。 31日の件については、本人が否定しているものの、クラブ側が不参加を認めているという状況だ。 渦中の人となっているバロテッリだが、3日の午前中に予定されていた練習を再び欠席した模様。 欠席の理由は、契約解除を望むブレシアとそれを望まないバロテッリで意見が対立しているからのようだ。 バロテッリとブレシアの契約は2022年までとなっているが、ブレシアがセリエBに降格した場合は、契約が自動的に取り消される。 昇格組のブレシアはセリエAで苦しみ、中断前の時点で勝ち点16のリーグ最下位に位置。 残留ラインのジェノアとは勝ち点差「9」となっており、残留が厳しい状態だ。 降格することを覚悟しているクラブとしては、少しでも早く契約解除を望んでいるようだが、シーズン再開前に内部での揉め事は避けたいところだろう。 2020. 04 15:25 Thu.

次の

サンドロ・トナーリの身長、体重の正しい数字は?同じ体格で活躍している選手は?

サンドロ トナーリ

サンドロ・トナーリ 写真提供: Gettyimages ブレシアのルイス・ディエゴ・ロペス監督は同クラブのイタリア代表MFサンドロ・トナーリを称賛している。 7日、イタリアメディア『コリエレ・デラ・セラ』が伝えている。 トナーリはかねてから「ピルロ2世」として注目を集めてきた次世代のイタリア代表MFだ。 そんなトナーリに対してはユベントスやインテル、バルセロナといった複数クラブが獲得に興味を示しており、今夏の移籍市場での去就が注目されている。 今シーズンはブレシアでセリエA、23試合に出場しているトナーリ。 これまで5アシストを記録しているものの、テーブルでは最下位に沈んでいる。 しかし、ブレシアのディエゴ・ロペス監督は、トナーリはどのクラブでも活躍できると感じているようだ。 ルイス・ディエゴ・ロペス 「彼に対しては多くの去就に関するうわさが流れているね。 けど、彼はただ単にサッカーを愛している若者だ。 彼のピッチ外でのことについてアドバイスすることはできないよ。 彼は選手としてまだまだ成長できるね。 彼はすべてを兼ね備えているが、より成長することはできる。 彼に限界はないんだ」 関連記事リンク(外部サイト).

次の

セリエAのトナーリ獲得レースはユーベがポールポジションも…

サンドロ トナーリ

簡単に失わないキープ力 ボールキープ力の高さも魅力の1つですね。 懐の深さを感じさせるキープを見せ、足元の技術も高いのでそう簡単にボールを失いません。 どちらかと言うとコンタクトを避け、 相手をいなすようなプレーが多いものの…決してフィジカルが足りないようにも見えません。 コンタクトの激しいセリエBでもまれてきただけに、 フィジカルも一定以上のものをもっているとみて良さそうですね。 計算出来る守備力 本人が 憧れの選手はガットゥーゾと語るように、 闘志を前面に出したディフェンスも持ち味です。 華麗なプレースタイルに似合わない、 泥臭い守備が出来る選手ですね。 先ほども紹介したように、フィジカルも弱いわけではないので守備もしっかりと計算出来ます。 この辺りは ピルロには無かった特徴と言えそうです。 ピッチでの立ち姿、プレーする姿がピルロそっくりなだけに(それと、ブレシアというのも)ピルロ2世と言われがちです。 しかしプレースタイル的には、絶好調だった時の リッカルド・モントリーヴォの方が近い印象。 典型的なレジスタでありつつ、万能型MFに近い現代タイプの選手とでも言いましょうか? サンドロ・トナーリの凄さがわかるプレー動画をどうぞ。

次の