シュート ジュニア ユース。 ジュニアユースセレクションナビ

神奈川サッカーBBS(掲示板)

シュート ジュニア ユース

中学校の部活ってどうなの? 中学校における「部活」は中体連(東京都中学校体育連盟)と呼ばれる連盟に属しています。 学校の先生が顧問や監督となることが多いので、 専門的な指導がなされるかという点は正直難しいと思います。 然しながら、中体連でも強豪校はあります。 2020年度高円宮杯U-15サッカーリーグ東京(通称:TリーグU15)では、2部相当であるT2リーグ(東京都でおおよそ120チーム程ある中で上位40チームに入るレベル)に以下チームがエントリーしています。 東海大菅生高等学校中等部(あきる野)• 暁星中学校(千代田区)• 多摩大目黒中学校(目黒区・練習場所はあざみ野)• 修徳中学校(葛飾区) 暁星中学校は2018年度高円宮杯U15全日本サッカー大会において、東京第一代表として関東大会にも出場しています。 高校は最近はぱっとしませんが、一昔前の暁星高校は都内有数の強豪校でした。 ジュニアユースってどうなの? ジュニアユースチームはJリーグの組織や民間企業、NPO法人、地域などが主体となって運営しいるチームです。 実績と経験のある専属の監督・コーチ(いわゆるプロコーチ)がおり、専門的な指導の下でしっかりとした育成と大きな成長が期待できます。 ジュニアユースの分類 ジュニアユースのカテゴリは大きく2つに分かれます。 J下部(Jリーグの下部組織)• 街クラブ いずれのジュニアユースもセレクション(場合によってはスカウトを経て)を受ける必要があるケースがほとんどであり、入るには相応のハードルがあります。 強いジュニアユースってどこなの? 東京都には概ね120程度のジュニアユースチームがあります。 その中でもいわゆる強豪と呼ばれるジュニアユースチームをチェックしていきましょう。 Jリーグの下部組織(通称:J下部) Jリーグの下部組織としてのジュニアユースチームです。 東京都並びに東京都近辺で名だたる小学生が集まってくるため、J下部は当然強いです。 J下部は東京都に4チームあります。 FC東京U-15深川、 FC東京U-15むさしはTリーグU15の上位リーグである「関東リーグ」に所属し続けています。 この2チームはこれまでの実績から東京都ジュニアユースの最上位チームと言って良いでしょう。 東京ヴェルディジュニアユースは2019年度はT1リーグU15に降格してしまいましたが、2020年度は主戦場である関東リーグで戦います。 町田ゼルビアジュニアユースはT1リーグU15が主戦場ですが、下の年代で実績をあげてきているので、近いうちに関東リーグにいくことは間違いなさそうです。 J下部に入るにはどうすればいいの? J下部のジュニアユースチームについては、一般のセレクションから入るのは難しいと考えて下さい。 それぞれJ下部組織の一環として、スペシャルクラススクールや小学生年代のジュニアチームがあるので、 少なくとも小学4年生から5年生に上がるタイミングでスペシャルクラスの スクールやジュニアチームに挑戦しておきたいところです。 スペシャルクラススクールや小学生年代のジュニアチームはいずれもかなり狭き門ですが、 まずはこのスクールやジュニアチームからジュニアユースに進級する昇格選手を決めていくので、これらに入ることがJ下部組織のジュニアユースに入る近道であることには違いありません。 そして、 通常低学年であればあるほど、これらのスクールやジュニアチームは入りやすい傾向にあります (当然、そのレベルに見合った技術等は必要です)。 以下は、ジュニアユースに近道であるスクール・ジュニアチームです。 三菱養和調布ジュニアユースは関東リーグ常連でしたが、ここ数年は東京都1部リーグであるT1リーグが主戦場です。 いずれのチームも専用の人工芝グラウンドがあり、スポンサーもしっかりしていることから活動環境は抜群に良いです。 これらのチームもジュニアチームまたはスクールに入っておくことが近道です。 三菱養和はまずはジュニアチームからジュニアユースへ昇格する選手を決め、次にスクール生限定の内部セレクションを実施し、最後に一般セレクションという順番でジュニアユース選手を決めていきます。 東京武蔵野シティU-15はジュニアチームとスクール生からの内部昇格のみとなり、外部からのセレクションによる採用はない模様です。 その他の強豪街クラブは? その他の街クラブでも関東リーグに所属している強豪チームが2つあります。 他にも強豪街クラブはあります。 T1リーグ常連の以下チームも強豪と言って良いでしょう。 セレクションの時期と練習会 ジュニアユースチームのセレクションは、概ね9月から始まるところが多いので、気になるチームは7月頃からホームページをチェックし、日程を随時チェックしましょう。 練習会 ジュニアユースチームのほとんどが、セレクションの前に練習会を実施しています。 この練習会は必ず参加した方が良いです。 公にはしていないと思いますが、 練習会で内定を出すチームもたくさんあります。 セレクション日が複数ある場合 セレクションが複数ある場合、大抵は1次セレクション、2次セレクションに分かれている場合が多いかと思います。 普通に考えれば1次セレクションが 全て終わってから2次セレクションへ進むと思いがちですが、いい選手は1次セレクションで内定が出ます。 従って1次セレクションに受かって喜んでいたら、その裏で内定を貰っている選手がいることも認識しておきましょう。 ウォーミングアップの後、複数チームを分かれて試合やミニゲームとなります。 テクニックはもちろんのこと、判断力やストロングポイントを見られます。 その他に50m走があると考えおきましょう。 足の速さは非常に重要な要素です。 セレクションで何名位合格するの? ジュニアユースは、スカウト・内部昇格・練習会・セレクションなど様々なルートで合格者が決まりますが、概ね合格人数は以下の通りです。 ジュニアユースの費用 実は費用が一番気になったりしますよね。 ジュニアユースのセレクション費用は無料のチームもありますが、有料の場合でも概ね1,000円から3,000円程度です。 めでたくジュニアユースに入団となると、 初期費用(ユニフォームやジャージ等)で10万円前後かかります。 月謝は1万円から1. 5万円程度が多いです。 その他遠征費や合宿費がありますので、 トータルして年間30万位かかると考えおいた方が良いでしょう。 ジュニアユースの練習時間 平日のうち3日間、土日2日の週5日が多いと思います。 平日は夜練習となるため、21時頃に練習が終わり、帰ってくるのが22時。 そこからお風呂、補食などで寝るのは毎日23時過ぎなんてことも。 従って、やはり1時間以上もかけて練習に通うのは、よほどのチームでない限り現実的ではないのではないでしょうか。 ちなみにJ下部のジュニアユースはここまで遅くないようです。 J下部ジュニアユースでは練習後に体を作るための食事も出ていると思います。 ジュニアユースの合格率 J下部ジュニアユースの場合、何百人と受けるので 合格率は「3%程度」です。 三菱養和や東京武蔵野シティも 「数%程度」だと思います。 一方、その他街クラブの場合、「ジュニアユースを希望するレベルの選手であること」を前提に、概ね 「30% 〜40% 前後」の合格率かと思います。 街クラブの場合は、ジュニア(小学生)チームでレギュラーを張っていた選手のうち、3人程度がジュニアユースチームに合格しているイメージです。 どうやって適正なチームを見つけるか? 選手の実力、通える地域から数チームを候補とし、その中で実際に試合をみて、選手にあったチームを見つけていきましょう。 以下は東京都のジュニアユースチーム一覧です。 特に気になったジュニアユースチームの U13の試合を見ることをおすすめします。 ホームページを見れば公式試合や練習試合の日程が掲載されていることが多いので、そこから情報を得て行きましょう。 試合を見れば選手のレベル感が分かりますし、チームカラーもわかります。 丁寧にビルドアップするチームもあれば、フィジカルとスピードを活かして縦に速いサッカーをするチームもあります。 特性を見極めて候補を絞っていきましょう。 ジュニアユースセレクションナビのまとめ• まずは部活なのか、ジュニアユースチームに行きたいのか決める。 J下部や三菱養和、東京武蔵野シティに行きたい場合は、小学5年生に上がるタイミングまでに、ジュニアチームかスペシャルクラススクールのセレクションを受ける。 その他のジュニアユースに行きたい場合は、1時間以内で通えるチームをピックアップし、実際に試合を見てみる。 希望チームのホームページを7月から随時チェックし、セレクションや練習会の日程を把握する。 練習会には必ず参加する。 複数回のセレクションがある場合、早めのセレクションを受ける。 費用は年間30万円程度。 進路はその後のサッカー人生に大きく影響します。 本記事が悔いのない進路選択の一助になれば幸甚です。

次の

『キャプテン翼 15

シュート ジュニア ユース

部活 or クラブチーム ? まずはここ。 中学校の 部活なのか クラブチームなのか。 最初の分岐点。 それぞれにメリット、デメリットがありますね。 部活とクラブの違い 1.費用 チームに払う月謝や年会費は断然クラブチームの方が掛かります。 部活ではほぼかからないという学校もあるでしょうが、クラブチームは私の知っている限りでは1万円から高いチームでは倍以上と聞いたことがあります。 また、練習着、移動着、ユニホーム等でこちらもクラブチームは結構かかります。 そして、クラブチームによっては海外遠征を行うチームも増えていますからこちらも要チェックです。 お金がないからうちは行きませんとはなかなか… まあ、海外遠征がなくても 3年間かかる費用は断然クラブチームの方が多いです。 2.練習日、練習時間 練習日はクラブチームも部活も週5程度が多いのではないでしょうか。 ただし、部活動に関してはスポーツ庁から平日1日以上、土日1日以上の休養日を設けるようなガイドラインが出されたりもしています。 よって、土日のどちらかが原則休みというチームもあるようです。 クラブチームはほぼ土日も活動しています。 また、練習時間は部活が授業終了後に学校で行うのに対して、 クラブチームは授業終了後ですが練習開始時間は夕方から夜にかけてで、必然的に練習終了時間は遅くなります。 要は帰宅する時間が遅くなるということですね。 3.テスト休み 上記の練習日とも関係しますがあえて別枠で記載します。 親としては気になるところですよね。 中学生たるもの、本業は勉強です。 今のご時世、サッカーが上手くて推薦がもらえるレベルでも一定の成績が必要な高校が多いです。 成績が足らず推薦をあきらめたという子もいますので… 部活ではもちろんテスト休みがありますが、クラブチームではあるチームとないチームで分かれます。 あっても休めない雰囲気のチームも… 4.レベル 参考ですが、昨年の中学生(3種)で一番大きな大会である全日本ユース選手権における出場チームでは、中学校での出場は青森県の青森山田中学のみ。 各地域、都道府県予選上位に来る中学校もあるようですが、クラブチームが上位を占めるのがほとんどです。 地域差がるのでそれぞれの地域協会HP等を調べると実績は分かると思います。 強豪高校における3種出身チームを見てもほとんどがクラブチームで占められているのが現状ですので、レベルとともに高校とのつながりもクラブに軍配が上がると思われます。 以上、それぞれを鑑みたうえで部活にするのかクラブにするのか決めましょう。 ちなみに、もう一つ、部活は学校を選ぶことが原則難しいと思いますが、クラブは通えさえすれば選択肢はあります。 チーム選びは慎重に行ってください。 クラブチームの選び方 ここからはクラブチームへの入団を決めたあとの動きを記載します。 いざ、クラブチームへの入団を決めたなら次はどのチームに入るかです。 おもなチェックポイント! 1.試合に出れるか? 自分のレベルにあったチームへの入団をお勧めします。 強豪クラブチームにギリギリ滑り込んで3年間試合に出れない子、います。 いますよ。 頑張って入団できたはいいが、やっぱり試合に出てなんぼです。 試合に出れる子、出れない子、差は広がっていきます。 また、チーム構成も影響します。 参考記事: 2.練習場までのみちのり、時間 3年間自分で通うわけですから重要ですね。 近くで見つけるのが良いと思います。 個人的には遠くても1時間程度でしょうか。 交通手段も確認してみて下さい。 3.チーム方針、サッカースタイル 参考記事: 自分の好きなサッカー、やりたいサッカーがあると思います。 実際に練習や試合を見に行ってみましょう。 OBや在籍選手から話が聞ければ尚いいですね。 4.試験休みの有無 先にも書いたように、試験前の休みが取れるかどうか。 練習して夜遅くに帰ってきて勉強するのは至難の業。 サッカー推薦を目指しても一定の成績が必要な高校がほとんどですし、是非勉強とサッカーを両立できる環境を求めたいところ。 5.費用(月謝、用具、遠征等) チームによって実はけっこう差があったりします。 毎月の月謝とともに入団時に揃える練習着やユニホームなどなど。 遠征や練習場までの交通費も確認してみましょう。 中学生から大人料金ですのでけっこうバカになりません。 6.海外遠征の有無 最近は海外遠征を行うチームも増えています。 夏休み等の休みを利用していくチームもあれば、学校を休んで行くチームもあり、様々です。 費用も普通にかかるチームや、チーム補助で少額で行けるチームとこちらも様々。 ただし、チーム補助はJ下部の一部でしょうか… 良い経験が出来るのは間違いなしです。 確認してみて下さい。 クラブチーム探し 自分なりのこだわり、チェックポイントを絞ったらクラブ探しです。 チームやスクールの担当コーチ、OB、チームメイト等からの情報を基に何チームかピックアップして情報収集です。 そして何よりも 自分の目で確認してみることを絶対におススメします! 候補チームの練習、試合を見に行く。 どのようなサッカーをやっているのか。 チームの雰囲気はどのような感じか。 ほとんどのクラブチームは練習会や体験会を行っていますので是非参加してみて下さい。 また、ジュニアユースチームに所属している子に直接いろいろ聞けるなら聞いてみましょう。 候補チームの子じゃなくても色々知っているはずです。 この時期はぜひとも耳をダンボに 笑 練習会とセレクション 入団にはセレクションがあるチームが大半。 ここをクリアしなければ希望のチームには入れない。 その前に練習会があるチームもありますので要チェックです。 練習会 練習会はジュニアユースのチームがセレクション前に 数回開催することが多い。 練習会とはいってもセレクション要素の多いチームもあります。 ですので、 軽い気持ちで参加するのはNG。 実際にチームの練習に混ざって行うこともあれば、練習会参加者のみで行うこともあります。 で、目に止まれば個人的にいついつもう一回練習来れる?もしくは 一発内定なんてこともあります。 うちの子も経験しましたが、あるチームでは練習会で落とされたなって思いました。 どんな練習をしているかや、チームの雰囲気をつかみたいだけのつもりで行くと面食らう場合もありますので、そこを確認したいのなら練習会ではなく純粋にチームが練習をしている時に確認しておくのも良いでしょう。 セレクション セレクションは早いところで 6月頃から始まり、遅いところでも年明けぐらいまででしょうか。 J下部や強豪クラブチームほど早い傾向があるようです。 スケジュールも早めに確認してみましょう。 また、セレクションもどのくらいの門戸が開かれているか確認してみましょう。 というのも、前述の練習会やスカウト活動によって大半を決めてしまうチームもあります。 チームにジュニア向けの選抜クラスのスクールなんかがあるとほんとに狭き門です。 スカウト、練習会、自チームのスクールメンバーでほぼ決まってしまうケースも。 ここまで情報がつかめれば後は受けるのみ。 万全のコンディションで頑張ってください! 参考記事:息子の体験談「」 J下部ジュニアユースに入るには どのような子がJ下部ジュニアユースに所属しているか Jクラブのホームページにはジュニアユース所属選手を紹介しているページがけっこうあります。 そこには前所属チーム(ジュニアチーム)を掲載しているクラブも多いです。 確認してみてください。 ジュニアチームを持っているクラブについては、 ジュニアからの 昇格選手が多いです。 また、ジュニアチームを持っていないクラブでもスクールの スペシャルクラスや 強化クラスに通っていた選手が多い。 そのほか、 スカウトや 一般セレクションで入ってくる選手がいますが若干名のところが多いと思います。 まとめると、• 下部チーム(ジュニア)からの昇格• スクール(スペシャル、強化等のセレクションクラス)から• 一般(スカウト及びセレクション) (例)全国で一番 Jクラブが多い神奈川県では ・横浜Fマリノス ジュニアチームからの昇格組とスクールのスペシャルクラス在籍者がほとんど。 そして一部に一般セレクション。 ・川崎フロンターレ ジュニアチームからの昇格組とスクールのエリートクラス在籍者がほとんど。 そして一部に一般セレクション。 ・湘南ベルマーレ ジュニアチームはありませんので、ほとんどはスクールの強化特待クラス、スペシャルクラス在籍者。 そして一部に一般セレクション。 ベルマーレは本体となる平塚チームとそのほかにEAST(藤沢)、小田原と3チームあります。 ・横浜FC ジュニアチームはありませんので、ほとんどはスクールの強化クラス、アドバンスクラス。 そして一部に一般セレクション。 横浜FCも本体と戸塚の2チームがあります。 ・YSCC ジュニアチームからの昇格組とスクール生が多いですが、上記4チームに比べれば一般セレクションもいます。 スカウトもあります。 チーム所属はしなくてもスクールに通うのがベター やっぱりメンバーを見る限りでは、ほんとに一般セレクション1発で受かる子はごく稀のような気がします。 下部チームに所属しなくても、行きたい J下部のスクールに通うのが近道です。 必ず引っかかる訳ではないですが、スクールである程度レベルも分かりますし、良くも悪くも何かしら見えてきます。 では、何かしら関わりが無いとダメなのかと言ったらそうではありません。 大きな大会になれば、必ずスカウトが会場には来ています。 某クラブは低学年の大会でも見に来てますよ。 そこで目に着けば声が掛かります。 スクールに通ってみないか? チームにこないか? そこからジュニアユースの道が開ける可能性もあります。 最近は昔に比べてスカウト活動は盛んになった気がしますね。 少子化の影響?俗にいう青田買いがけっこうあります。 とにかく、どこで誰が見ているか分かりません。 当たり前ですが、常に全力で頑張りましょう。 最後に 中学校、クラブチーム、どちらが優れていてどちらが良いということはありません。 親としてはサッカーが好きなら、全力で楽しくプレーしてほしいですね。 次のステージをどこでサッカーをするか、お子さんと一緒に悩んであげましょう。 決してセレクションに落ちても気にしないこと。

次の

シュートJrユースFC

シュート ジュニア ユース

サッカーをする以前に、1人の人間としての成長を促す。 ・誰にでも挨拶ができる。 ・友達を思いやる気持ちをもつ。 ・友達と協力する 協調性 ・サポートしてくれる親への感謝の気持ちをもつ。 ・人の意見を素直に受け入れる気持ちをもつ。 ・社会のルール、チームのルールを守る。 ・道具を大事に使う。 個人の技術・戦術を伸ばす。 ・基本技術の習得 蹴る・止める・運ぶ ・体幹・フィジカルの強さ 持久力・俊敏性・ジャンプ力 ・自分の個性を見つける・誰にも負けない絶対的な武器をつくる。 ・味方のプレースタイルを把握する、認める。 ・自分の考え、思いを声に出して要求出来る力を身につける。 ・状況に応じて良い判断が出来る力を養う。 ・イメージ、アイデアを多くもつ。 全力を尽くす習慣を身につける。 ・試合ではもちろん、練習からも、出し惜しみをしない。 ・最後まで諦めない気持ちをもつ。 ・苦しさや厳しさに立ち向かう強いメンタリティを養う。

次の