メット ライフ ドル スマート。 確定利回り3%の正体|メットライフ生命のドル建終身保険ドルスマートを徹底検証!デメリットは?|サラリーマンが老後資金2000万円貯めるブログ

メットライフ生命のドル建て終身保険についてわかりやすく解説!

メット ライフ ドル スマート

そうなんだ。 シミュレーションしてみようか。 毎月8万円を10年間、年利3. 60米ドル (約 9,691,228円) 9,600,000円 資産総額 91,475. 32米ドル (約 9,879,334円) 11,179,314円 収益率 1. ちょっと整理してみようか。 掛け捨て保険と貯金の組み合わせも考えてみたよ。 目的に応じた選択肢• 教育や老後の資金など、将来確実に使うことが分かっているお金は、貯金や投資で準備するべきです。 使い始めるまでの期間が短ければ貯金で準備をしましょう。 長ければ投資で準備をすることもできます。 初心者が資産の運用をするのであれば、インデックス投資がオススメです。 つみたてNISAも活用すれば、よりお得に資産運用ができます。

次の

メットライフ生命のドルスマートについて。

メット ライフ ドル スマート

メットライフ生命のドルスマートについて。 普通預金に預けている資金を、貯金代わりとしてメットライフ生命のドルスマート(米ドル建て)という保険に全期前納で預けようかと悩んでいます。 払込期間は10年ですが、返戻金が払込金額を上回るまで据え置くつもりです。 米ドル建てだと、最低金利だった場合で11年目に預けた金額を上回るようになるそうです。 ただし、その時のレートが108円を割ると円にするとマイナスになるそうです。 米ドル建てだと、今日16時現在でレートが112. 5円のようなのですが、今が申込むタイミングとして良いのかどうかをアドバイス頂きたいです。 死亡保障は正直不要なのて、貯金代わりに保険を選択するのは間違いではないのだろうかと思ったりはするのですが、何度も時間を作って下さったFPさん(10社ほどの保険会社の取扱いかあるようです)に申し訳ないので何かに加入してあげたいという気持ちもあります。 もし、申し訳ない気持ちを優先するとしたら他におすすめの保険はありますでしょうか? わかりにくい文章で申し訳ございませんが、アドバイスを頂けたら有難いです。 よろしくお願い致します。 保険を販売していないFPです。 >今が申込むタイミングとして良いのかどうか 為替のプロでも予測は難しいです。 株価の予想と同じで、外れることもよくあります。 ですので、このカテゴリーの回答者もなかなか回答がしづらいのではと思います。 私は外貨預金や外貨MMF、外国債券などを購入して10年近くになりますが、私の感覚的な意見で言いますと、今は申し込むタイミングとしては、悪くはないが、決して良いとも言えないと思います(正直、分かりませんが、余裕資金の一部で外貨を購入しても悪くないと思います)。 でも、ご質問者様はドルスマートを一時払いではなく、全期前納での考えられていますよね?一時払いであれば、タイミングは非常に重要だと思いますが、全期前納(10年払い)では、今の為替レートにそこまで拘る必要はないのかなと思います。 ちなみにですが、 現在112円の米ドル/円の為替レートですが、 過去30年の比較で、1987年は144円、1997年は120円、2007年は117円と、今は円高水準にあります。 過去10年の比較で、2007年は117円、2008年は103円、2009年は93円、2010年は87円、2011年は79円、2012円は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は121円、2016年は108円と、今は円安水準にあります。 >>>申し訳ない気持ちを優先するとしたら他におすすめの保険はありますでしょうか? 死亡保障がなく、純粋な積み立てであれば、年金保険の方がよいと思います。 死亡保障に回るお金がほとんどないため、運用効率はよくなりますし、元本割れの期間も短くすることができるかもしれません。 商品例としては、 ・外貨建て年金保険(マニュライフ生命)…年金保険控除を受けられます。 ・変額個人年金保険(ソニー生命)…外国資産を外国債や外国株の投資信託といった形で保有します。 ご質問者様は、営業マンに情が移られていて、非常に人間らしくて私は好きです。 そういう商品の選び方もありだと思います。 私は一つの視点をお伝えいたします。 今回のドルスマートでどのくらいの保険金(最低3万ドル)の契約を組まれるか分かりませんが、ご質問者様のこの商品の決め手はなんでしょう。 死亡保障ではないので、貯蓄性、担当者のサービス、担当者への情の3つだと思います。 貯蓄性に関しては、上記の他の保険や他の金融商品の方が高い可能性があります。 (例えばネット銀行で買付為替手数料が無料のキャンペーンの時に外貨預金をするとその日のうちに、元本を上回ることは可能性としてあります。 保険が元本を回収するのに11年かかる可能性があるのに、外貨預金ではそれは1日です。 もちろん20年、30年と超長期で考えると、保険での運用は強かったりしますが) 貯蓄性が重要な決め手ではないとしたら、担当者のサービスや担当者への情がこの商品への有力な後押しとなっていると思います。 投資信託や外貨預金であれば、手数料は開示されていますが、保険はまだまだ手数料の開示が進んでいません。 どのくらいの契約をされるか分かりませんが、FPに手数料が15~20万入ると知ったら、この商品への評価はどう変わりますか。 FPのサービスやFPへの情がそれを上回る価値があると思われたら、この商品はご質問者様にとって悪くない商品だと思います。 ただ、サービスはそれに見合う価値がなくて、情だけでこの商品への加入を決めようとすることは、300万の車があって、装備とかアフターフォローサービスを考えると300万の価値は到底ないんだけど、車の販売員が非常に熱心で、親切に案内してきたから、それに決めるということと似たようなことだと思います。 正解は一つではありません。 商品の購入の仕方は人それぞれです。 ご質問者様にとって、結果的に何がベストになるのかは私も分かりません。 ご質問者様の最終的な判断を尊重したいと私は思います。

次の

金融機関窓口取扱プラン|ドルスマート(p400)|メットライフ生命

メット ライフ ドル スマート

積立利率とは、積立金(将来の保険金をお支払いするために、保険料の中から積み立てる部分)に付利する利率のことをいいます(保険料に付利する利率ではありません)。 積立利率は毎月1日に設定されます。 設定された積立利率は、1ヵ月間、積立金に付利し、積立金を増加させます。 契約後も積立利率は毎月見直されますので、保険期間中一定ではありません。 お払込みいただいた保険料から、契約の締結・維持に必要な費用を差し引いた金額が、積立金として将来の保険金などのお支払いにそなえて積み立てられます。 また、積立金からは、死亡・高度障害保障などのための費用などが毎月差し引かれます。 そのため、積立金が積立利率でそのまま複利運用されるものではありません( 積立利率は実質利回りを示すものではありません)。 毎月の積立利率は、他の保険と区分経理された当保険の資産の前々月の運用実績から、資産運用のための運営費率、積立金を最低保証するための保証費率、その他費用を差し引いた利率です。 積立利率は、年3. 00%の最低保証はUSドル建の場合であり、円で最低保証するものではありません。 表示の期間に適用される積立利率です。

次の