麻生区 ハザードマップ。 神奈川県川崎市麻生区万福寺のハザードマップ【地震・洪水・土砂災害】

土砂災害警戒マップ配布へ

麻生区 ハザードマップ

災害に強く、資産価値の高い不動産物件を効率よく探すには?! 記録的大雨や地震、津波、洪水、土砂災害など、日本に住む限り自然災害がついてまわります。 居住用物件を購入する際は、必ずハザードマップを確認しましょう。 また、不動産会社にも災害に強い土地や物件を意識的に探してもらうことは、安心な暮らしをする上で非常に重要です。 物件や土地のプロである不動産会社を利用することにより、災害に強く、資産価値の高い物件情報を効率よく複数集めることが出来ます。 タウンライフでは、非公開物件に加えて物件提案書やマイホームのスペシャルガイドも貰うことができ、地震や水害などの自然災害に強い物件探しをサポートしてくれます。 大手ハウスメーカーでご検討中の方は、専用サイトもあります。 災害に強く資産価値の高い土地探しから、間取り、資金計画まで無料で複数の大手ハウスメーカーが提案してくれます。 地震や水害に強い土地探しもサポートしてくれますので是非ご活用下さい。 と並行して、安心して住める物件探しにお役立てください。 ハザードマップのURLがリンク切れで閲覧できない場合 ハザードマップが最新版に改定されてURLが変更になり、閲覧できない場合がございます。 その場合はお手数ですが、からご連絡ください。 迅速に最新のハザードマップに変更させて頂きます。 都道府県• 282• 1,705• 2,130• 6,283• 3,463• 931•

次の

川崎市の自然災害のリスクは?各種ハザードマップをチェック

麻生区 ハザードマップ

文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には、ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイズを変更してください。 色の変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27(2015)年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 これまでの洪水ハザードマップは河川整備において基本となる降雨量を想定した浸水区域や浸水深を明示しておりましたが、水防法改正を受け、想定し得る最大規模の降雨量を想定した浸水区域、浸水深、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸侵食)に更新しています。 (これまで) 多摩川 2日間の総雨量457mm(200年に1回程度の確率) 鶴見川 2日間の総雨量405mm(150年に1回程度の確率) (これから) 多摩川 2日間の総雨量588mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 鶴見川 2日間の総雨量792mm (1000年に1回程度発生する可能性のある降雨量を上回る設定) 洪水ハザードマップ.

次の

新百合ヶ丘近くの麻生区の土砂災害ハザードマップ(川崎市提供)

麻生区 ハザードマップ

川崎市は、土砂災害防止法に基づいて神奈川県が警戒区域に指定した区域を示したハザードマップを7月下旬から配布する。 区別にまとめられ、集中豪雨などで崖崩れが起きやすい区域を示した。 市民の避難体制の整備や災害に対する意識啓発を図りたい考え。 資料によると、2000年から09年までの10年間で、神奈川県内で発生した土砂災害は793件。 1149件の新潟県に次いで全国の都道府県の中で2番目に多い。 同法は、土砂災害の恐れのある区域に関する危険の周知を図り、開発行為の制限や建築物の構造を規制するのが目的。 都道府県知事が、急傾斜地の崩壊や土石流、地滑りの恐れがある区域を「土砂災害警戒区域」に指定し、市町村長が情報伝達や警戒避難体制の整備を図るものとしている。 そのため、川崎市ではハザードマップづくりに着手。 今月6日の川崎市議会まちづくり委員会で完成したマップ(案)が報告された。 市内で711区域 市内で警戒区域に指定されたのは711区域。 丘陵地に囲まれた北部ほど多く、麻生区が最も多い282区域。 警戒区域が数カ所に集中した他区に比べ、麻生区は区全域に散在するという傾向が見られた。 警戒区域は、南部ほど少なく、川崎区の指定区域はなかった。 警戒区域に指定された区域では、自力避難が困難な高齢者や障害者などの災害時要救護者が利用する施設に対して警戒避難の伝達方法を定める方針。 区域内の宅地や建物を売買する時は宅地建物取引業者に対して説明を義務づけた。 ハザードマップはB1サイズ。 警戒区域を示しているほか、災害時要救護者関連施設や防災関係機関、救急医療機関の位置を落とし込んでいる。

次の