バファリン ルナ。 バファリン ルナの効果・用法・副作用

【痛み止め市販薬】噛んで服用できる「バファリンルナ」シリーズの違いと選び方

バファリン ルナ

これらの頭痛薬にどのような違いがあるのか調べてみました。 調べた項目は以下の通りです。 バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの主成分• バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの特徴• バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの副作用 バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの主成分 主成分比較表 バファリンA バファリンプレミアム バファリンルナi アスピリン 330mg 合成ヒドロタルサイト 100mg アセトアミノフェン 65mg イブプロフェン 65mg 無水カフェイン 40mg 乾燥水酸化アルミニウムゲル 35mg アリルイソプロピルアセチル尿素 30mg アセトアミノフェン 65mg イブプロフェン 65mg 無水カフェイン 40mg 乾燥水酸化アルミニウムゲル 35mg バファリンAはアスピリンと合成ヒドロタルサイトが主成分ですが、バファリンプレミアム・バファリンルナiはそれらの成分は含まれていません。 また、バファリンプレミアムはバファリンルナiとほぼ同じ成分ですが、アリルイソプロピルアセチル尿素が含まれています。 バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの特徴 バファリンA アスピリンで痛みを抑えます。 また、筋肉の緊張をほぐす効果もあり、肩こりや首こりなどの筋肉のコリからくる頭痛などにも効果が期待できます。 バファリンAプレミアム イブプロフェンはアスピリンよりも比較的強い解熱作用、鎮痛作用が期待できるため、バファリンAでは痛みが取れない方にオススメです。 アセトアミノフェンも含まれていますが、単体では効果が弱いため、イブプロフェンと混ぜることで、鎮痛作用をより高めています。 胃の荒れを抑える乾燥水酸化アルミニウムゲルが含まれていて、胃腸が弱い方にもオススメです。 アリルイソプロピルアセチル尿素は緊張や興奮を抑える効果がありますが、眠気が現れることがあります。 バファリンルナi バファリンプレミアムとほぼ同等の効果で、胃腸が弱い方にもおすすめです。 ただし、アリルイソプロピルアセチル尿素が含まれていないため、緊張や興奮を抑えることができませんが、眠くなることはありません。 バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの副作用 副作用の種類は バファリンAは 普通 バファリンプレミアムは 多め バファリンルナiは 多め です。 副作用に不安がある方は、頭痛薬は飲まないのがベストです。 そのためには、頭痛の発生自体をなくす(根本的に頭痛を治す)必要があります。

次の

バファリンルナiの効果・用法・副作用

バファリン ルナ

その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ・ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。 ・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。 ・中毒性表皮壊死症(ライエル症候群):高熱を伴って,発疹・発赤,火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。 ・肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。 ・腎障害:尿量が減り,全身のむくみ及びこれらに伴って息苦しさ,だるさ,悪心・嘔吐,血尿・蛋白尿等があらわれる。 ・無菌性髄膜炎:首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,悪心・嘔吐等の症状があらわれる。 (このような症状は,特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている。 (1)本剤による過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15歳未満の小児。 また、次のようなことはしてはいけないこととされています。 ご注意ください。 .本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の解熱鎮痛薬,かぜ薬,鎮静薬,乗物酔い薬 ・服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください (眠気があらわれることがあります。 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)授乳中の人。 (4)高齢者。 (5)本人又は家族がアレルギー体質の人。 (6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (7)次の診断を受けた人。 心臓病,腎臓病,肝臓病,全身性エリテマトーデス,混合性結合組織病 (8)次の病気にかかったことのある人。 ・服用時は飲酒しないこと.

次の

バファリンA・バファリンプレミアム・バファリンルナiの違い

バファリン ルナ

その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。 中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。 急性汎発性発疹性膿疱症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤,赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る,全身がだるい,食欲がない等が持続したり,急激に悪化する。 肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。 腎障害:発熱,発疹,尿量の減少,全身のむくみ,全身のだるさ,関節痛(節々が痛む),下痢等があらわれる。 間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。 無菌性髄膜炎:首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛,発熱,吐き気・嘔吐等の症状があらわれる(このような症状は,特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている。 ぜんそく:息をするときゼーゼー,ヒューヒューと鳴る,息苦しい等があらわれる。 再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。 無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他の解熱鎮痛薬,かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15才未満の小児。 (4)出産予定日12週以内の妊婦。 また、次のようなことはしてはいけないこととされています。 ご注意ください。 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)授乳中の人。 (4)高齢者。 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (6)次の診断を受けた人。 心臓病,腎臓病,肝臓病,全身性エリテマトーデス,混合性結合組織病 (7)次の病気にかかったことのある人。 胃・十二指腸潰瘍,潰瘍性大腸炎,クローン氏病 その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊婦又は妊娠していると思われる人、授乳中の人は医師、薬剤師などに相談してください。 また、15歳未満の小児、出産予定日12週以内の妊婦の人は使用しないでください。 ・服用前後は飲酒しないでください.

次の