コスメ ティーク ダブル。 湘南美容外科でクイックコスメティーク・ダブルを受けた結果【裁判傍聴記】失敗 2ch 5ch

湘南美容外科でクイックコスメティーク法を受けた結果【裁判傍聴記】失敗 2ch 5ch

コスメ ティーク ダブル

メイク有り• Before• After (閉眼)• After (開眼) もともと線の薄い二重だったお客様の術後1週間のメイク有り無しのお写真です。 ぱっちり二重になられ、グッと魅力的な目元になり、大変喜んでいただけました。 施術名:クイックコスメティーク・ダブル 施術の説明:特殊な糸の結び方で、まぶた表面に針を通す事がないため傷をつけずに二重を作れる施術法です。 施術の副作用(リスク):だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、目がゴロゴロする、二重幅に左右差があると感じる、希望の二重幅と異なると感じる、眉が下がることによる二重幅の変化、ラインが消失する、ラインの乱れ、違和感を感じるなどを生じることがあります。 施術の価格:両目299,560円 大阪梅田院院長 横谷医師が、第102回日本美容外科学会 JSAS にて【クイックコスメティーク法完全経結膜的埋没法重瞼術1700例の検討】を発表し、経験数の多いドクターにおけるクイックコスメティーク法の腫れなさ、十分な持続力、合併症の少なさによる高い満足度が示されました。 さらに、論文が日本美容外科学会誌に掲載されました。 POINT. 2 術直後からメイクが可能! まぶたの表面に傷ができないので、術直後からメイクが可能です。 POINT. 3 糸の結び目が出ず傷もないため 目を閉じたときに自然な印象に。 通常の埋没法では、点留めの数だけ糸玉が表面化するリスクがありますが、クイックコスメティーク・ダブル法では表面に針を通さないので、糸玉のリスクがありません。 クイックコスメティーク法、クイックコスメティーク・ダブル法は、表に全く傷が付かず、結び目が気にならない、当日からお化粧が可能、また腫れも最小限、持ちもいい という特徴を持つ、医学的には経結膜的埋没法重瞼術(二重術)と言う画期的な埋没法です。 クイックコスメティーク・ダブル法は、更に強度を2倍にする事で、持ちも最高レベルになっています。 周りの人に極力ばれたくない方、ダウンタイムがなかなか取れない方、埋没法が初めてで不安な方、また、以前埋没法を受けられて、その時腫れてもうトライしたくない、と言う方にも安心して受けて頂く事が出来ます。 スタッフ・家族にも勧められる最高品質の埋没法を、是非御検討下さい。 大阪梅田院院長 横谷 仁彦 医師 様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています 湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

次の

最近、クイックコスメティークの抜糸が増えています

コスメ ティーク ダブル

最近、クイックコスメティークの抜糸が増えています。 クイックコスメティークは、手術を行うクリニックでも、他院埋没法の抜糸を行うクリニックでもまぶたの表側から抜糸を行うことがほとんどです。 まぶたの裏側から抜糸を行うのは、おそらく目白ポセンシアクリニックくらいだと思います。 そのため、クイックコスメティークの抜糸の依頼が多いのだと思われます。 ただし、手術をして時間が経てば経つほどまぶたの裏からの抜糸は難しくなります。 なるべく早い時期の抜糸をお勧めしています。 クイックコスメティークが出始めた頃は、私も依頼があれば手さぐりでまぶたの裏側から抜糸を行いました。 まぶたの表面から糸を取るのは簡単ですが、まぶたの裏側から手術を行っているのだから、理論的にはまぶたの裏側から糸が取れないはずはありません。 手術して時間が経ってないと、手術の痕跡が残っています。 その痕跡を手掛かりにどういう手術が行われ、どうしたら患者様が抱えている問題を解決できるかを考えていきます。 当院に早く来られれば来られるほど前回の手術の痕跡がはっきり残っているので手がかりが多くなるのです。 埋没法の抜糸を含め、他院修正は推理小説のようなもので、現在の状況からいかに推理をしていくかが大切になります。 先日、半年前に行ったクリックコスメティークの抜糸を依頼されました。 半年前の抜糸を裏側から取るのは難しいのですが、簡単に取れました。 これまでたくさんクイックコスメティークの抜糸を行ってきたので、自分もとうとうクイックコスメティークの抜糸を極めたかと少し天狗になりました。 しかし、神様は私に慢心を許してくれないようです。 慢心するような状態になると、よく反省するような出来事が起きます。 昨日はクイックコスメティークの抜糸が2件ありました。 1ヶ月近く前にクイックコスメティークの手術を受け、その後手術を受けたクリニックで抜糸を行いました。 片側は糸が見つかりましたが、もう片側は糸が見つかりませんでした。 その見つからなかった糸をまぶたの裏側から抜糸して欲しいとのことでした。 すでに手術した二重のラインがなくなっています。 嫌な予感がしました。 まぶたの裏側から探しますが、糸はまったく見つかりませんでした。 恐らく前回の手術で糸は見つからなかったが、手術操作で糸を切ってしまっています。 そのため、二重のラインがなくなっているのです。 糸は切れて裏側からなくなっているので、この状態ではどれだけ糸を探しても裏側からは見つかりません。 まぶたの表面からは糸らしき痕跡があるので、おそらくそれをたどっていけば小さな穴から抜糸できるはずです。 ご本人に表側から小さな穴を開けて抜糸させて欲しいと伝えましたが、まぶたの表側に傷をつけたくないからクイックコスメティークの手術を受けたのであり、まぶたの表側には絶対傷をつけたくないとのことでした。 ふたりの先生から糸を探してもらってみつからなかったのだからそれで諦めるとのことでした。 そのすぐあと、またクイックコスメティークの抜糸の依頼がありました。 昨日手術を受けたとのことで、術後1日目、今度は楽勝とたかをくくりました。 ところが裏側の痕跡も分からなくなっているし、いくら探しても糸が見つかりません。 30分以上糸を探しましたがどうしても見つからずギブアップしました。 患者様にまぶたの裏から探して見つからないので表側から抜糸をさせて欲しいと伝え、わずか1分もかけずに小さな穴から抜糸に成功しました。 おそらく今回は糸は表面近くで縫われ、裏側の表面には糸が来ないような縫い方で手術が行われているはずです。 これはそのクリニックのスタンダードなやり方ではありませんが、いろんなクセがあるドクターがいるので仕方ありません。 このように前回の術者によって必ずしも簡単に裏側から取れないことをあらためて痛感させられた1日となりました。 当院のクイックコスメティークの手術費用は決して安くありませんが、このようにまぶたの裏から探し、それでも見つからなければ表側からも探すなど、なるべくまぶたの表面を傷つけないようにしながら、かなり手間のかかる方法で行っているため、どうしても費用は高くなります。 それをご理解の上、手術を申し込まれますようによろしくお願いいたします。

次の

プチ整形するぞ⑦(最終回)|モニター1ヶ月後撮影と感想(クイックコスメティーク・ダブル)

コスメ ティーク ダブル

まず初めに麻酔をするのですが、二重埋没法の場合は、【笑気麻酔】と施術箇所に注射する【局所麻酔】の2種類になります。 笑気麻酔を行って意識がぼやけてきてから瞼の裏側に局所麻酔の注射するので、さほど痛みを感じることはありません。 ここから施術をスタートします。 さらにクイックコスメティーク・ダブル法は湘南美容クリニック独自の方法で、まぶたの裏側(結膜側)から糸を挿入して二重を作っていくので、瞼の表面には一切傷が残らないのが特徴です。 また、ダブルの名称通り糸を2本(ダブル)使用して二重を作りますので、強度が高く取れにくいのも特徴の1つです。 通常は片目を先にまとめて2本糸をかけ終えてから逆の目の施術に移るのですが、私の場合は1本ずつ両目に糸をかけて、デザイン通りの理想の二重幅になっているかを確認してから2本目をかけるという施術法を行っております。 そうすることで、ご希望のデザインと違う二重幅になるリスクや体への負担を極力減らしながら、理想の二重を作成することが可能です。 施術時間は15分程度、ダウンタイムも2~3日程度軽い腫れぼったさがある程度で、大きな腫れや痛みはほとんどありません。 瞼に傷がないため、術直後からメイクも可能なほど手軽に受けられる施術となっています。 施術後の仕上がりはいかがですか? A4. 左右不揃いの二重幅も改善され、ラインも目頭から綺麗に立ち上がり左右対称の幅の広い綺麗な二重に生まれ変わりました。 今回の様に、二重の施術は必ずしも一重や奥二重の方達が受けるのではなく、左右非対称の改善や目の開きの改善、さらには幅や形の変更などでお受けになる方も多くいらっしゃいます。 また、二重術を行う上で最も大切なのが、技術力とデザイン力です。 お悩みの方それぞれの理想と実際に作ることが可能な二重幅を考慮しながら、ベストな二重をデザインして施術することは、審美眼がとても重要になってきます。 私は、二重に関する審美眼と技術力には絶対の自信を持っておりますので、二重でお悩みの方は、お気軽にご相談にいらして頂ければと思います。 左右不揃いの二重を埋没法「クイックコスメティーク・ダブル法」で 左右同じ自然で理想の二重まぶたに!.

次の