ハカ 歌詞。 【感動】ニュージーランド代表『ハカ(haka)』の歌詞と日本語訳・動画付き

畏敬に満ちたハカに迫る

ハカ 歌詞

『ハカ』とはニュージーランドに住むマオリ族が、戦いの前や和平を結ぶ際に一族の誇りを持って躍っていた踊りのことです。 リズムに合わせて足を踏んで体を叩き、舌を出すなどして踊ります。 ハカは戦いの前に、自らを鼓舞し、自分たちの力や部族の結束を相手に誇示するために踊られていました。 日本で言えば、合戦前の「鬨(とき)の声」、英語では「ウォークライ(War Cry)」に当たるものとされます。 現在では、ラグビーの ニュージーランド代表(通称オールブラックス)が試合前に踊ることで知られており、1905年から続く試合前の儀式となっています。 しかし、実はラグビーだけではなく、野球やサッカー、ホッケーやバスケットボールなど、ニュージーランド代表が何らかのスポーツで闘う時に踊られています。 ハカの意味とは? 試合前に踊るハカには 相手チームを威嚇するだけでなく、相手チームへの敬意を表する意味があります。 対戦相手に敬意を表するというのは、スポーツマンシップや日本の武士道などとも通じるところがありますね。 ただ、相手への敬意を込めているとはいえ、オールブラックスの巨漢が大声で歌い踊るのは迫力満点。 客席で見ているだけでも興奮してしまうくらいですから、目の前でそれを受ける相手チームへのプレッシャーは相当なものでしょう。 ちなみに、 ハカをリード(先導)する選手はマオリ族の血を引く選手が行うことが慣例ですが、サモア系移民のタナ・ウマガがリードをするなどいくつかの特例もあります。 オールブラックスが試合前に踊るハカの種類は2つ 実はオールブラックスが躍るハカは1種類だけでなく2種類あります。 「カマテ」と 「カパ・オ・パンゴ」です。 「カマテ」は1905年から踊られてきたハカで、「カパ・オ・パンゴ」は2005年の南アフリカ戦で披露された新しいハカです。 練習試合や重要度の低い試合では「カマテ」が踊られることが多く、大会の決勝や敗戦したことがある因縁の相手と対戦する時には「カパ・オ・パンゴ」が踊られることが多いようです。 「カパ・オ・パンゴ」の最後には親指で首を切る動作があり、絶対に相手を倒すという強い意気込みが感じ取れます。 ちなみに「相手の首をとる」という意味ではなく、 「自らの首をかけても相手を倒す」という意味が込められています。 以下で、それぞれの動画と歌詞と和訳を掲載していますので、ぜひ、迫力あるハカをご覧ください。 「カマテ(Ka Mate)」の動画・歌詞と和訳 ラグビーW杯2011年 vs日本戦での「カマテ」 Taringa Whakaraong! (よく聞け!) Kia rite! Kia rite! (準備しろ!) Kia mau hi! (強く握れ!) Ringa ringa pakia! (手を叩け!) Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki! (強く足を踏み鳴らせ!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を) Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が) Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!) A upane! ka upane! (一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!) A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!) Whiti te ra! (昇れ! ) 「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の動画・歌詞と和訳 2017年 vsウェールズ戦での「カパオパンゴ」 Taringa Whakarongo! (よく聞け!) Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau! (準備して並べ!) Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau! (オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!) Hi aue ii! (今だ!) Ko Aotearoa e ngunguru nei! (鳴動する我らの国よ!) Au, au aue ha! (今こそ、我が奮起する時!) Ko Kapa O Pango e ngunguru nei! (それこそが我らをオールブラックスたらしめる!) Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!) I ahaha! (輝く時だ!) Ka tu te ihiihi(我々が支配し) Ka tu te wanawana(その優位は偉大なる勝利となり) Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi! (敬われ高く掲げられる) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) 試合前だけじゃない!色々なシーンで踊られるハカ動画集 ハカは元々戦いの前に相手を威嚇する戦士の踊りでしたが、相手への敬意や感謝の意味を含むということから、現在では様々な場面で踊られています。 ニュー・ジーランドでは結婚式やお葬式、来賓に敬意を示す場合にも踊られることがあり、このような場面で踊られるハカは男性だけでなく女性も踊ることがあります。 ちなみにハカに対して敬意があり意味を理解しているならば、マオリ族だけでなく誰でも踊ることが許されています。 ラグビーの試合前に踊られるハカのように激しくないハカもあるので、チャンスがあれば一度踊ってみるものいいかもしれません。 以下で、ラグビーの試合前以外の様々なシーンで踊られたハカの動画をご紹介します。 元ラグビーNZ代表のスター「ジョナ・ロムー」に捧げるハカ ラグビー界の世界的な英雄をたたえたハカ.

次の

ラグビーサモア代表のシヴァタウの歌詞がかっこいい!マヌ・サモアの意味は?

ハカ 歌詞

1904年、ルアトキ()を訪問したランフリー総督訪問団を歓迎しハカを舞うマオリ族の男女(1904年3月撮影) 本来はマオリ族の戦士が、戦いの前に手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。 現在ではや海外からの渡航者を歓迎する舞として披露されるほか、(オールブラックス)が国際試合前に舞う民族舞踊として有名である。 ニュージーランドでは一般的な民族舞踊であり、相手に対する敬意や感謝の意を表する舞として披露される。 結婚式、卒業式、開会式、歓迎式典、スポーツの試合など、いろいろな場面で目にする機会が多い。 死者の御霊を供養し哀悼の意を表す形として、葬儀でハカを舞うこともある。 英語では、 を含めて一般的に または war cry(ウォークライ、闘いの雄叫び、日本語では「の声」 と呼ぶ。 日本でも、 ウォークライと呼ばれていたが、2019年現在では原語どおりの ハカが一般的になっている。 オールブラックスのハカ [ ] 対戦のハカ(2006年) 伝承によると(オールブラックス)のハカ、はにンガティトア部族長の ()が踊ったものである。 テ・ラウパラハは敵に追われて、地下の食料庫に逃げ込み隠れていた。 這い出してみると目の前に人がおり、殺されると観念したが、幸運なことにテ・ラウパラハと親しい部族の長であった。 救出された喜びと感謝の気持ちを込めて踊ったものがカマテである。 のイギリス遠征の際にオールブラックスが戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後代表チームに受け継がれることとなる。 ハカを先導するリードは伝統的にの血筋を引く選手が行っている。 ただし、系移民である元オールブラックスのは、偉大なオールブラックスキャプテンとして迎えられ、特例として2004年からリードを任された。 ウマガの後、伝統的な慣例が守られない時期もあったが、(2011年から2013年)、リアム・メッサム[元ニュージーランド・マオリ(現)キャプテン]がリードを務めている。 また、は ()、は、は ()と、パシフィック・アイランドのチームにもそれぞれのウォークライがあり、3か国選抜チームのにも独自のウォークライがある。 では、オールブラックスのハカの最中に、興奮した対戦相手のトンガ代表が対抗してシピタウを行い「ハカ・バトル」として話題となった。 試合前の取り決めでは、互いを尊重してオールブラックスのハカが終わってからトンガがシピタウを行うとしていたが、試合前の異様な盛り上がりとオールブラックスのハカにトンガ代表が刺激されハカ合戦に発展した。 2005年8月28日、の対戦において、新しいハカ、カパ・オ・パンゴ( Kapa o Pango)が突如披露された。 このハカは、終幕に首を切るようなジェスチャーが含まれ問題視されたが、オールブラックスから「相手の首を切る挑発的な意味ではなく、自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」との趣旨の説明があるなど議論が重ねられ、現在首を切るジェスチャーが維持されている。 オールブラックスのハカは非常に洗練されたパフォーマンスとして知られているが、一昔前まではまったく練習していない選手がいたり、練習していても切れのないものであった。 現在では試合前日にハカの練習を行っていて、洗練されたパフォーマンスを維持している。 カマテの歌詞: カ マテ! カ マテ! カ オラ! カ オラ! カ マテ! カ マテ! カ オラ! カ オラ! ア ウパネ! ア フパネ! ア ウパネ! フィティ テ ラ! カマテの意味: 死ぬ! 生きる! 生きる! (以上を2回繰り返し) 見よ、この勇気ある者を。 ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる! 一歩はしごを上へ! さらに一歩上へ! 一歩はしごを上へ! そして最後の一歩! そして外へ一歩! 太陽の光の中へ! 立ち上がれ! 他のスポーツでのハカ [ ] は、の地区予選で試合前に行った。 (ダイヤモンドブラックス)は、国際大会デビュー戦となる予選初戦の戦の試合前にハカを踊った。 その他、(オールホワイツ)・ Football Ferns 、(ブラック・スティックス)、(アイス・ブラックス)、(トール・ブラックス)も試合前にハカを舞うことがある。 日本でのハカ [ ] 日本ではにの栄養ドリンク「DX」のテレビCMで、「DX ウォークライ」という名称で、(後にバージョンも追加)らがスーツ姿でハカを踊っていた。 語句は日本語風にした「頑張って、頑張って、仕事(遊び)! 」となっている。 のオープニングでも選手たちがハカを踊るシーンがある。 劇中では大木大助 松村雄基 がメンバーに教えた。 [ ] 、「虫よけキンチョール」のテレビCMは、玄関先で掃き掃除をしているに、蚊の被り物を着用したマオリ族風の男性数人がハカを踊りながら襲いかかり、三津五郎を持ち上げてどこかへ連れ去るという内容だった。 [ ] 、が制作した「」用テレビCMで、のダンスチームとハカダンスチームがダンスバトルを行うテレビコマーシャルを放送。 このハカについてマオリ族から「伝統的なハカを正しく伝えていない」と否定的な意見が寄せられた。 また、黒いシャツを着た男性ダンスグループの服装がオールブラックスのユニフォームと類似していることから「商標権の侵害に当たる可能性がある」と、オールブラックスのユニフォームを管理するニュージーランドラグビー協会(NZRU)からも内容を問題視する警告が寄せられた。 が歌う「乙女受験戦争」の冒頭でハカをイメージさせるものを行っていて、歌詞は既述のグロンサンDX同様に「がんばって、がんばって、受験(遠征、青春 etc. )」となっている。 なお、リードはイメージカラー赤を担当するが取っている。 [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ]• - (投稿日: 2006年10月30日)• 2020年4月29日閲覧。 English. ニュージーランド・ヘラルド紙. 2010年2月14日. 2020年4月29日閲覧。 2010年2月15日. 2010年2月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年9月13日閲覧。 English. stuff. 2010年2月22日. stuff. nz 2020年4月29日閲覧。 English. ディリー・テレグラフ. 2010年2月22日. 2020年4月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (ニュージーランド政府観光局公式サイト)• (旅行クチコミ動画「Live! (英語)• NationalTrust. org (英語)• NZ-Maori. com (英語)• (英語)• AllBlacks. com (英語)• - (投稿日: 2006年5月31日、).

次の

ニュージーランドラグビーのハカの意味と歌詞は?踊る国は他にも!|やふやふ!

ハカ 歌詞

Contents• ニュージーランドラグビーのハカの意味は?なんで試合前に踊るの? そもそもハカと何なのでしょうか? ハカとはわざわざラグビーのために生まれたわけではありません。 元々は ニュージーランドの先住民であるマオリ族が踊っていた踊りです。 踊りというと宴会で披露するような陽気なものを思い浮かべるかもしれませんが、ハカを見たことがある人はそんな陽気な印象を持たないでしょう。 動画を見れば分かると思いますが、とても力強くて荒々しさを感じます。 そう、これは 相手を威嚇する踊りなのです! マオリ族の戦士が闘いの前に、手を叩いたり足を踏み鳴らして自分たちの力を誇示する踊りであります。 目を見開いたり、舌を大きく突き出したり、武器を振り回したりすることで相手を威嚇します。 相手を威嚇するのと同時に戦士たちの 士気を高めることもできます。 ハカを踊ることで戦の神に呼びかけているとマオリ族は信じているので、ハカを踊ることで勇気と力が湧いてくるのです。 英語でハカのことを「 War Cry」と呼ぶこともあります。 日本語だと「戦闘の雄叫び」ですね。 この言葉が示すように ハカは戦闘前の踊りなのです。 ハカは闘いの前に踊るだけじゃない ここまで説明してきたように相手への威嚇と士気を高める、戦いの前の踊りであるハカですが、実は闘いの前以外での場面でもハカを踊ることがあります。 それは、 歓迎の挨拶や 葬儀の時などの場面です。 結婚式でもハカが踊られることもあります。 同じハカといっても戦闘前に踊るハカとは違いますよ! ハカにはいくつも種類があり、葬儀の時には「 別れを偲ぶハカ」、結婚式などの祝いの席では「 目上の人に対して尊敬の意を込めるハカ」が踊られます。 ニュージーランドラグビーのハカの歌詞は?日本語訳を紹介! では、ラグビーの試合前に踊られるハカはどんな歌詞なのでしょうか?ハカの歌詞の日本語訳を紹介しますね! といってもタグビー前に踊られるハカにもたくさんの種類があります。 ニュージーランドのスーパーラグビーの各チームオリジナルのハカを持っていますので全てを紹介するのは無理です…。 ということで、やはりハカと言えばニュージーランド代表の オールブラックス!オールブラックスのハカの歌詞を紹介します! オールブラックスにはハカが2種類あります。 それは「 カマテ(Ka Mate)」と「 カパオパンゴ(Kapa O Pango)」です。 もともとは「カマテ」一つでした。 ですが、一時期ハカの存在意義が問われ、ハカを試合前に披露すべきか議論になったときがありました。 その際に、オールブラックスの意味を再確認するために、新しくつくられたのが「カパオパンゴ」です。 カパオパンゴが作られたのが2005年なので結構新しいです。 基本的に試合前にはこの二つのどちらかが披露されます。 使い分けは、決勝やリベンジマッチなどの特に重要な試合前は「カパオパンゴ」、それ以外の試合は「カマテ」とされています。 「カマテ(Ka Mate)」の歌詞と意味 Taringa Whakaraong! (よく聞け!) Kia rite! Kia rite! (準備しろ!) Kia mau hi! (強く握れ!) Ringa ringa pakia! (手を叩け!) Waewae takahia kia kino nei hoki Kia Kino hei hoki! (強く足を踏み鳴らせ!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!) Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!) Tenei te tangata puhuruhuru (見よ、この勇気ある者を) Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が) Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!) A upane! ka upane! (一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!) A upane, ka upane (そして最後の一歩、そして外へ一歩!) Whiti te ra! (昇れ! ) この歌詞を見るとラグビーと直接は関係なさそうに思えますね。 毛深い男とかでてくるし。 それもそのはずで、このハカは元々あったハカの一部を切り取ったもので、ラグビーのために作られたものではありません。 カマテ全体の歌詞は記事にはできないような刺激的な表現が使われているそうです。 カマテは元々 マオリ人のテ・ラウパラハという人が、敵の部族から命を狙われて辛うじて逃げたときに、まだ生きていることに感謝して作られたものだと言われています。 自分の命をかけた戦いのことについて書かれたものなので、歌詞も刺激的なものになってしまったのでしょう。 「カパオパンゴ(Kapa O Pango)」の歌詞と意味 Taringa Whakarongo! (よく聞け!) Kia Rite! Kia Rite! Kia Mau! (準備して並べ!) Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau! (オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!) Hi aue ii! (今だ!) Ko Aotearoa e ngunguru nei! (鳴動する我らの国よ!) Au, au aue ha! (今こそ、我が奮起する時!) Ko Kapa O Pango e ngunguru nei! (それこそが我らをオールブラックスたらしめる!) Au, au, aue ha! (今こそが その時だ!) I ahaha! (輝く時だ!) Ka tu te ihiihi (我々が支配し) Ka tu te wanawana (その優位は偉大なる勝利となり) Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi! (敬われ高く掲げられる) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa O Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) Ponga ra! (シルバーファーン!) Kapa o Pango, aue hi! (我々はオールブラックス!) カパオパンゴはオールブラックス用に作られただけあって、オールブラックスという単語もしっかり入っていますね。 シルバーファーンとはニュージーランドの象徴とも言われるシダ植物で、オールブラックスのエンブレムにも使われています。 スポンサーリンク 試合前に踊る国はニュージーランドだけじゃない! ラグビーの試合前に踊るのはニュージーランドだけだと思っていませんか? 実はニュージーランド以外にも試合前に踊る国があるんです! その国は、 トンガ、 サモア、 フィジー!それに加えて、トンガ・サモア・フィジーの3か国選抜チーム「パシフィックアイランダーズ」でも踊られています。 全て南太平洋に住む部族の人たちですね。 「ハカ」と呼ばれているのはニュージーランドだけのことで、他の国では違う名称で呼ばれています。 トンガは「シピ・タウ」 サモアは「シヴァ・タウ」 フィジーは「シビ」 と呼ばれています。 2019年は日本でワールドカップが開かれますから、オールブラックスと他の国との踊りはどう違うのかを比較してみると面白いかもしれません。 スポンサーリンク.

次の