ロトム 型。 【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ウォッシュロトム

ロトム 型

特性は共通してふゆうだが、タイプ相性によってじめん技が効かないため、特性はあってないようなもの。 (みずびたしを受けてもじめん技が効かない、かたやぶりじしんを受けない等、些細な違いはある) また、FC時に習得する技も他のFCロトムが威力100超の大技を習得するのに対してエアスラッシュと軽装備。 第七世代ではZクリスタルの登場により、他ロトムとの火力差は更に広がってしまった。 一方でエアスラッシュはZワザ化しなくても使い勝手が良く、耐久型でも採用しやすいメリットがある。 でんじはとの相性も良い。 でんき・ひこうタイプとしてみるとトリックやおにびなど独自性の強い技がいくつかあり、 特性の差だけで同タイプのやの劣化になることはない。 エアスラッシュはやも覚えるが特攻で勝る。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 性能安定。 雨やZクリスタルとあわせて。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 スカーフなら怯みを狙える。 おにびやでんじはとあわせて。 スカーフなら怯みを狙える。 タスキ潰しなどへ。 相手の変化技に注意。 めざめるパワー - 60 100 - 4倍狙いで炎・氷など。 変化技 タイプ 命中 備考 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 同族では自身のみ。 でんじは 電 90 サポート用。 地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。 エアスラッシュと相性が良い。 トリック 超 100 メガネやスカーフとあわせて。 メガストーン・Zクリスタルには無効。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 ねらいのまとを地面タイプに押し付けてやれ! をでんじはで麻痺させたり、を10万ボルトで抜群を取れたり出来るぞ! あとは、を毒毒で弱らせたり、にいたみわけも出来るぞ! ねらいのまとのおかげで、めざぱ氷でなくとも地面とやりあえるのもメリットか さあ、みんなもねらいのまとを持たせたスピンロトムで、ランダムマッチに潜ろう! あれ…? これ……ネタ? ねらいのまとは、無効タイプがなくても普通に持てる。 あしからず。 残念ながらねらいのまとの使い勝手は他のロトムでも変わらない 浮遊で地面無効、トリック+電気 あえてスピンでやる理由を挙げるなら「エアスラより10万のほうが火力がある 電気が最大ウエポンになりやすい 」ことと、「地面相手にまひるみ出来る 岩技飛んでくるけど 」ことだけ。 対スピンロトム• 注意すべき点 他の電気・飛行と違いおにびやトリック等でトリッキーに動いてくる。 フォルムチェンジで習得するエアスラッシュも、威力は低いが命中率や追加効果は優秀。 こだわりスカーフを持たせたりでんじはと併用したりで行動不能を狙える強力な一致技に。 対策方法 他のFCロトムと違いかたやぶりじしんは通らないが、岩や氷の特殊技ならかなり楽に落とせる。 物理アタッカーで対処する場合はラムのみ持ちだと確実性が増す。 覚える技 レべルアップ 4th 5th 6th SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP - - 1 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 - - 1 じゅうでん - - でんき 変化 20 1 1 1 トリック - 100 エスパー 変化 10 1 1 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 1 1 1 でんじは - 90 でんき 変化 20 1 1 1 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30 1 1 1 あやしいひかり - 100 ゴースト 変化 10 8 8 8 さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 15 15 15 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 22 22 22 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 29 29 29 あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5 36 36 36 みがわり - - ノーマル 変化 10 - 43 43 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 - 50 50 たたりめ 65 100 ゴースト 特殊 10 43 57 57 じゅうでん - - でんき 変化 20 50 64 64 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ロトム 型

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 安定感を求めるならおくびょう スカーフ運用はひかえめも選択肢に入るが、最速ドラパルトや準速スカーフヒヒダルマを抜けなくなる。 これらのポケモンを見れるようになるおくびょうが無難。 先手のボルトチェンジが強力 最速スカーフであれば、多くのポケモンの先手を取れる。 ボルトチェンジを撃ち逃げして少しずつ負担をかけよう。 また、交代読みで地面タイプにハイドロポンプが決まれば、倒せなくても大ダメージを与えられる。 おにびとトリックも優秀 厄介な物理受けに、トリックでスカーフを押し付けるのも強力な選択肢だ。 もしくはおにびを採用し、相手の物理アタッカーの攻撃性能を下げるという手もある。 おにびを採用する際は、 交代かダイマックスでこだわりを解除する必要がある点に気をつけよう。 中途半端にSに振っても見れるポケモンが少なく、振り切るくらいならこだわり型の方が使いやすい。 優秀な耐性を活かして戦う 水ロトムは、 「かたやぶり」を考慮しなければ弱点が草タイプのみ。 チョッキを持つことで、多くの特殊アタッカーに対して強気に出られる。 不利対面ではボルトチェンジで撤退して、少しずつ負担をかけよう。 後出しは危険 チョッキ型は、素早さの低さがネック。 有利対面だからと言って後出しすると、立て直せない被害を受ける可能性が高い。 基本的に後攻になることを念頭に入れ、交代読みでの繰り出しを狙おう。 かたやぶりで突破も有効 「かたやぶり」であれば、地面タイプでも弱点を突けるようになる。 ただし、ドリュウズの場合は、 ハイドロポンプで大ダメージを受けてしまう点に注意。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】ヒートロトムの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ロトム 型

「トリック」によって耐久ポケモンに対しても役割を持てます。 「ボルトチェンジ」によって交代戦も有利に進められるため、パーティの潤滑油のようなポケモンになっています。 通りが良いのも魅力。 こだわりアイテムと相性が悪いが、相手の物理アタッカーを機能停止にできる。 10まんボルトとの選択肢。 威力重視なら10まんボルト、麻痺狙いならほうでん。 オボンのみによって低めなHPを補填しているため、何度も相手ポケモンに対して後出しが可能になります。 ウォッシュロトムの役割と立ち回り パーティの補完要員 ウォッシュロトムは種族値とタイプが優秀な上に、豊富な変化技を覚えます。 アタッカーとしても相手の攻撃を受ける役目としても優秀なため、採用率が非常に高いポケモンです。 ボルトチェンジで対面操作 ウォッシュロトムは攻撃しながら後続と交代できる「ボルトチェンジ」を覚えます。 ですので、対面操作 相手の行動に対して複数の回答を用意すること がしやすくパーティの潤滑油として重要なポケモンです。 ウォッシュロトムと相性の良いポケモン 相性補完がよくサイクルを回せるポケモン サイクル(相手に有利なポケモンに交代して回していくこと)を回せる「とんぼがえり」を覚えるポケモンと相性がいいです。 とんぼがえりは「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」と同様に、攻撃しながら後続と交代できるので、さらに有利対面を作りやすくなります。 ポケモン 説明 ・素早さが高いので先制で「とんぼがえり」を打って交代できる ・攻撃が高いためウォッシュロトムの後攻「ボルトチェンジ」で有利対面に出すと非常に強力 ・耐久力があるのでウォッシュロトムの先行「ボルトチェンジ」の交代先になれる ・「はねやすめ」によりHPを回復できる 表のポケモンは「とんぼがえり」を覚えます 能力を上げて戦うエースポケモン 自分の能力を上げて戦うポケモンと相性がいいです。 「ウォッシュロトム」の「おにび」や「トリック」によって相手ポケモンの機能を停止させたところに、エースポケモンに交代して戦います。 「ボルトチェンジ」や、交代際に「おにび」を撒くことで「きあいのタスキ」の発動を無効化し、よりエース級のポケモンで相手を倒しやすくなります。 ポケモン 説明 ・「わるだくみ」の特攻上昇と技範囲の広さでアタッカーとして優秀 ・タイプ一致の「ダイジェット」で素早さを上げられる ・特性「ばけのかわ」により「つるぎのまい」で攻撃を上げやすい ・「ウッドハンマー」がウォッシュロトムの苦手な「水・地面」複合タイプのポケモンに有効 ウォッシュロトムの対策 ボルトチェンジを無効化する 「ウォッシュロトム」の「ボルトチェンジ」を無効化することにより、ウォッシュロトムの役割をなくしてしまう方法が対策として最も有効です。 しかし、じめんタイプだと「ハイドロポンプ」で押されてしまいますので、水技を半減以下で受けられるポケモンがおすすめです。

次の