初手ラプラス。 【剣盾ダブル】殴れる滅び【S2瞬間1位】

【ポケモン剣盾】襷ドラパルト+積み(作成者:るどるふ)【構築記事】

初手ラプラス

ヴァーパッドです。 今回使用した構築を紹介します。 【構築経緯】 現環境最強のであるドラパルトを始めさまざまなックスエースを機能停止にできる「こうこうのしっぽ」を持ったオーロンゲに着目するところからスタート。 次にオーロンゲのサポートから詰めの起点にできるアッキピクシーを入れ、電気の一貫を切りに強めの襷枠としてを採用。 初手に呼びやすい、、などを機能停止にしつつキッスなどにも隙を見せない強力なこちらの初手要因としてラムのみを持った鬼火電磁波両採用のドラパルトを採用した。 残りの2枠は、シーズン中盤流行ったナット入りの雨展開などに強い型破りの珠、その補完としてチョッキ水やチョッキ、チョッキを採用したり、火力を押し付けられる鉢巻きと珠を採用するなど色々試行錯誤したが、最終的には高火力で受けを誘い狩りしやすく対面性能も高い珠持ちのキョダイ、初手ののキョックスで場荒らししたあとに相手のックスのターン数を枯らしながら火力を向上できるチイラ持ちのを採用した。 ちなみに恩恵はほぼ受けないがキョックス個体を使用している。 それでもオーロンゲやドラパルトのサポートからの展開はかなり強力だった。 高確率でミラーの同速勝負を呼んでしまうため要注意。 技構成は、じしん、がんせきふうじ、までは確定だが、残り1枠はやなども検討の余地はアリ。 相手の状態異常技の一貫を切りつつ鬼火や電磁波などで場荒らしできるほか、ダイドラグーン、ダイホロウ、ダイウォールなどのックス技も優秀なので隠れックスエースとしても活躍してくれた。 電磁波は相手のSや行動回数を奪うだけでなく、相手が本来試合の展開上、ックスを切る予定だったであろうにックスを切らせない 渋らせる こともできたので非常に重宝した。 3ターンしかないックスターンをいかに使うかが重要。 キョダイセンリツでピクシーのサポートもできるほか、ドラパルトの対面性能を飛躍的に向上できたり非常に優秀なだった。 ただ素の火力だけは信用できないので、性格を意地っ張りにするなどの検討の余地はある。 【レンタルパーティ】 【選出】 試合展開上、先にックスを切るパターンと後にックスを切るパターンの大きく二つに分けられる。 展開を間違えるとラス1にサポートロンゲだけが残される事があるので立ち回りは要注意。 【結果】 ここまで読んでいただきありがとうございました! 追記 ドラパルトのD実数値に表記ミスがあったため修正。

次の

【剣盾シーズン5シングル最終8位】ロンゲ厨パ

初手ラプラス

こんにちは、いかみりんです! シーズン5では最終21位を獲得することが出来ました。 今回はS5で使った構築を紹介しようと思います。 構築経緯 いつも通りを使いたかったので個人的に相性がいいと思っているアーマーガアの並びを軸にスタート。 やといったが重かったのでおおよその型を完封できるモスノウ、この構築の初手に出てきやすいパッチラゴンや、ガラルに対し対面で安定して勝てる襷を採用しました。 パーティ紹介 生意気 特性 かわりもの 技:へんしん いつものスカーフ。 積みアタッカーに対しての切り返し要員だったが全人類上手くなりすぎていてこのを通すのがきついと感じることが多かった。 だがこのがいるだけで積みの抑制ができたり、選出を歪ませることができるのでその点に関してはめちゃくちゃ偉かった。 最近はどのも型が多様化してきたこともあり初手に出して型判別してから裏に引く動きができるのでそこも強かったです。 モスノウ あつぞこブーツ 控えめ H252 B4 C4 D148 S100 特性 こおりのりんぷん 技: ・1舞で最速80族抜き 炎技のない特殊全般受け 環境に水、 、が多いと感じ使ってみたが想像の100倍強かった。 ガラル きあいのたすき 陽気 H4 A252 S252 特性 ごりむちゅう 技:つららおとし ばかぢから じしん とんぼがえり 受け回すのがきついと感じた時は大体初手に投げてた。 一度使って頂ければ分かると思いますが対面性能はかなり高いです。 がいる関係上、鉢巻読みされることが多い印象だったが襷で何度も返り討ちにしてました。 、意識でほのおのパンチを入れても良かったかもしれないです。 アーマーガア オボンのみ 腕白 H108 A140 B252 D4 特性 ミラーアーマー 技 ボディプレス てっぺき はねやすめ ・耐久無振りをダイスチルで確一 ・が4余ってますがアーマーガアに対して下からボディプレス打ちたかったのでSは無振り 前期構築記事漁ってたらこの調整のアーマーガア見つけたのでパクりました。 入りにも強気に投げられるのは偉かったです。 特筆することは特にないが無難に強かったです。 くろいヘドロ 穏やか H252 B124 C4 D116 S12 特性 さいせいりょく 技 ねっとう どくどく みがわり ドラパルトの型判別のしやすい穏やか型。 感覚として今期凄くこのが動きにくいと感じたので、あくびや絡みのサイクルに有利とるために身代わりを採用しました。 対応範囲は狭まりましたがこれらの構築には勝てるようになったのでこれで間違ってなかったと思います。 たべのこし 生意気 最遅 H252 B4 D252 特性 ゃく 技 ねっとう ド忘れ で水技受けることがあまりなく、トリックから悪巧みエースに繋がれるのが嫌だったので特性はゃく。 S3からこの型使ってるが裏にいればド忘れと悪巧みの積み合いを積極的に仕掛けられた。 多分1番選出してたと思う。 きつい• 挑発アーマーガア とを一緒に選出してないときついです。 珠ドラパルト 受けが成立しないので相手の動きを正確に読まないとすぐ詰みます。 つのドリル モスノウに当たった時点でほぼ負けです。 鉢巻ウオノラゴン がよびみずじゃないのでエラガミの一貫が半端ないです。 他にもいたと思うけどパッと思いついたのはこんな所です。 あとがき S1以来目立つ結果を残すことができなかったがS5では最終21位と満足のいく結果をだせてよかったです。 これは個人的な感想ですがS3、4に比べ受け構築が凄く動きやすかった印象があります。 切断バグが横行し、モチベの維持が難しいところもありますが今後も最終1桁、ないしは1位目指して頑張ろうと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました! 質問などあれば @ikamirimpoke まで ikamirim.

次の

剣盾 S7 最終15位 ゴリラプラス|huyuno|note

初手ラプラス

1 はじめに 皆さん、初めまして。 と申します。 S6お疲れ様でした。 今期は、目標としていた最終2桁には到底及びませんでしたが、反省の意味も含め、構築記事として、形に残したいと思います。 拙い文章ですが、最後まで見ていただけると嬉しいです。 以下常体。 2 構築経緯 初手からを切るのではなく、なるべく後発から相手が受け切ることのできない火力を押し付けることをコンセプトとした。 そこで、持続的に超火力を出すことのできる球を構築の軸とした。 次に、対面性能が高く、の苦手な水タイプの相手をすることのできるを採用した。 ここで、受けに対する崩しと欠伸の一環を切るために、ラム持ちキッスを採用した。 さらに、襷枠として、カウンターを絡めて、切り返し要員ともなり得るエースバーンを起用した。 ここまでで、素早さが高いが少ないことに加え、壁の貫通やのターンを枯らせる使い慣れたスカーフドラパルトを採用した。 最後に、や欠伸に対して、強めな身代わりを採用して構築の完成とした。 3 個体解説 ドラパルト 拘りスカーフ 特性:すり抜け 性格:無邪気 163-161 168 -96 4 -131 84 -85-213 252 ドラゴンアロー 大文字 鬼火 呪い S1の流用個体。 ダイジェットを積んだ相手の上からターンを枯らしたり、処理できる点が偉かった。 その反面、起点にされないように、技選択は慎重に行った。 微妙にAが足りていないことが何度かあったので、Aに振り切った方が強い気がした。 補助技は、ダイウォールとしての役割が主であり、最終日付近は鬼火で使っていたが、あまり打つ機会は無かった。 突撃チョッキ 特性:貯水 性格:控えめ 237 252 -94-100-148 236 -115-83 20 調整意図 S:S12振り抜き 泡沫のアリア 氷の礫 幅広い範囲に打ち合うために、Bではなく、Hにを割いた。 Sは、前期の上位の方に見られた12振りを抜けるまで振った。 技構成は、メインウエポンの泡沫とフリドラは確定で、受けに打つ、襷やドラパルトに対面から勝つために、氷の礫を採用した。 対面性能が高い点を生かして、今期は、初手に投げることが多かったが、後続のでをする展開を考えて、ックスは温存する場面が多かった。 無断転載なので、問題があれば削除します。 大文字 悪巧み 受けに対する駒としての役割だけでなく、凡庸性を高めたかったので、耐久に振ったを採用した。 出す機会はあまり多くは無かったが、出した試合はそこそこ活躍してくれた。 素早さ関係が曖昧な時は、基本的にダイジェットを積まないと、抜けていないと思って行動していた。 命の球 性格:意地っ張り 161 4 -118 252 -97-x-97-130 252 飛び跳ねる 電光石火 構築の核。 基本的に出すことのできる構築には積極的に投げていた。 球持ち電光石火は、先制技なのに、並程度の耐久なら半分近く削れる。 また、考慮されることが殆どなく、そのおかげで拾えた試合も何試合かあった。 一方、はダイアースでゴリ押すことができるが、アーマーガアに対する有効打がないため、裏でケアすることを心がけた。 この技のおかげで、easy winを貰えることもあり、強かった。 ただ、命中不安な点が難点だが、採用する価値は十分あると感じた。 環境に襷持ちのエースバーンが少ない点も追い風で、不意のカウンターを決めることができ、気持ち良かった。 思っていたよりも使いやすく、キンシで相手のターンを枯らしたりもできたので、便利だった。 対面は、前期よりヘビボン地割れの型が少なく、予想以上に安定しないことが多かった。 ゴースト技を影打ちしか持たないアッキに勝てる可能性がある点も意外と偉い。 4 おわりに 今期は、ホームでレートが可視化されたこともあり、久しぶりにモチベーションが高いシーズンでした。 ですが、目標である最終2桁にはまだまだ遠いと感じました。 しばらくは、忙しくなるので、潜れないかもしれませんが、次潜れる時は環境がガラリと変わっていると思うので、楽しみながら、最終2桁を目標にまた頑張りたいです。 最後に、対戦してくださった方々、ここまで読んでくれた皆様、ありがとうございました。

次の