ハイキュー 影山 声優。 「ハイキュー!!」試合中に声を荒げる影山に日向は…第7話先行カット

ハイキュー!!影山飛雄の名言がかっこいい!プロフィールや声優は誰?

ハイキュー 影山 声優

アニメでは髪の色は真っ黒とされています。 身長は高めの187. 9cmで部内でも上位の身長を誇っています。 学校ではよく飲むヨーグルトを自販機で買っており、お気に入りの様子です。 好物はポークカレー温卵のせという男子高校せいらしいガッツリとしたメニューを好んでいます。 合宿の際も日向翔陽と張り合って食べていたりするところを見ても食事の量も多めなようです。 最近の悩みは動物に嫌われている様な気がするという何とも可愛い悩みです。 影山飛雄は目つきが鋭いため、動物も怖がってしまうのかもしれません。 一見クールに見える影山飛雄ですが、動物のことを気にするなど根は優しい性格です。 バレーに関しては、自分には勿論厳しいですが仲間にも厳しい一面もあります。 何かこれは違うということがあれば先輩だろうと物怖じせずに言ってしまいます。 しかし、それはチームを強くしたい、勝ち進みたいという気持ちの表れでもあるので、烏野高校のメンバーはそれぞれの受け止め方で影山飛雄の言葉を受け入れてくれています。 元々はバレーも自分1人で何でもやれればいいのにと自分勝手な考えを持っていた影山飛雄ですが、烏野高校に入学してからはチームメイトからの信頼や居心地が何かを変えたのか、自分から積極的にチームメイトに自分のトスはどうだったかなどコミュニケーションを取りにいくようになりました。 バレーに関してはサインもすぐ覚えられたり、セッターとして誰にどの位置でトスを上げるかなど頭の回転が速いですが、普通の学校のテストになると赤点になったりとバレー以外には興味がないのでしょう。 せっかくの東京での合同合宿も補修になってしまい日向翔陽と共に補修を受けてから合宿に参加しています。 試合の際に見た日向翔陽のずば抜けた身体能力とセンス、勝利への執念に感動していました。 恐らく影山飛雄がチームメイトに求めていたものだったのでしょう。 しかし、そんな良い物を持っていながら環境故に生かしきれていないことに怒りを覚えてる様子でした。 その後2人は烏野高校で再会しますが最初は凄く仲が悪く一緒にに部から締め出されたりしていました。 日向翔陽と共に練習していくうちに、日向翔陽の純粋で素直な性格と、影山飛雄が感動も覚えた身体能力を自分のトスで生かそうと決め、後に強豪校からも警戒される変人速攻を生み出します。 最初は影山飛雄にとって日向翔陽は嫌な存在だったのですが、一緒に練習したり試合をしていくうちにいつの間にか、相棒のような存在になっていたのです。 機械のように正確なトスと高い動体視力、そして勝利への執念によってブロックに捕まらないために早い攻撃を好むようになります。 それを中学校時代のチームメイトにも自分についてくるよう強要し始めてしまい、チームメイトからつけられたコート上の王様という呼び名が広まっていきました。 他校からすればその技術故の異名なのだと思われていたのですが、実際は皮肉によってつけられたものだったのです。 意味が違うということが他校にも知られたのは中学校最後の試合です。 いつものように早さに囚われた影山飛雄はチームメイトが早さについてこれないことに怒りを覚えながらプレーをしていたのですが、ついに影山飛雄の上げたトスをチームメイトに無視され誰も影山飛雄についてこなくなりました。 しまいにはベンチに下げられてしまいました。 この試合を見ていた他校の生徒もコート上の王様がどういう意味なのか理解しました。 後に月島蛍にも嫌味として言われています。 この出来事は影山飛雄にとってトラウマになり日向翔陽と出会ったことによって克服していきました。 影山飛雄の声優 影山飛雄の声は、石川界人さんです。 プロ・フィットに所属し、東京都生まれの声優さんです。 代表作はアニメでは、2014年~2016年「テラフォーマーズ」のマルコス・エリングラッド・ガルシア、2016年~2020年「僕のヒーローアカデミア」の飯田天哉、2019年「ダンベル何キロ持てる?」の街雄鳴造があります。 ゲーム作品では、「殺し屋とストロベリー」のイズナ、「ウインドボーイズ!」の辻玲音があります。 他にも映画の吹き替えやラジオなど幅広く活躍しています。 影山飛雄の名セリフ・名シーン ここでは、影山飛雄の名台詞や名シーンについて解説させていただきます。 「スパイカーの前の壁を切り開く、その為のセッターだ」.

次の

【ハイキュー!!】の声優まとめ

ハイキュー 影山 声優

TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』より、2月21日(金)から放送開始される第7話「返還」のあらすじと先行カットが到着した。 TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』キービジュアル 原作は、古舘春一が「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載し、コミックス累計3,500万部突破を誇る次世代王道スポーツコミック。 主人公・日向翔陽と影山飛雄をはじめとする烏野高校男子バレー部のメンバーが、日本一を目指して成長していく姿が描かれる。 第7話では、引き続き伊達工業高校との練習試合が続くが、烏野は伊達工の県内トップレベルのブロックに苦戦。 TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第7話「返還」先行カット その中で、影山がなかなか攻撃を決められないスパイカーに声を荒げる。 日向はそんな影山に対して……。 TVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第7話「返還」先行カット TVアニメ『ハイキュー!! TVアニメ『ハイキュー!! 第2クールは7月より放送開始。 <STAFF> 原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中) 監督:佐藤雅子 副監督:石川真理子 シリーズ構成:岸本卓 キャラクターデザイン:岸田隆宏 プロップデザイン:米川麻衣 総作画監督:小林祐 アクション作画監督:高橋英樹 美術監督・設定:立田一郎[スタジオ風雅] 色彩設計:佐藤真由美 色彩設計補佐:有澤法子 撮影監督:中田祐美子 撮影監督補佐:福井千耀 3D:岩崎浩平[V-sign] 2Dワークス:濱中亜希子 特殊効果:星美弥子 編集:植松淳一 音響監督:菊田浩巳 音楽:林ゆうき・橘麻美 制作:Production I. G <CAST> 日向 翔陽…村瀬 歩 影山 飛雄…石川 界人 澤村 大地…日野 聡 菅原 孝支…入野 自由 田中 龍之介…林 勇 東峰 旭…細谷 佳正 西谷 夕…岡本 信彦 月島 蛍…内山 昂輝 山口 忠…斉藤 壮馬 縁下 力…増田 俊樹 清水 潔子…名塚 佳織 谷地 仁花…諸星 すみれ 武田 一鉄…神谷 浩史 烏養 繋心…江川 央生 星海 光来…花江夏樹 宮 侑…宮野真守 (C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 」製作委員会・MBS 《宮崎二郎》.

次の

『ハイキュー!! TO THE TOP』稲荷崎高校の新キャストは、株元英彰さん、野島健児さん、島﨑信長さんに決定

ハイキュー 影山 声優

大人気漫画『ハイキュー!! 』には、二人の主人公がいます。 一人は、小さな体であるにも関わらず俊敏性とジャンプ力を生かして超速攻を決める日向翔陽。 もう一人は、日向の相棒としての役割を担う天才セッター・影山飛雄です。 天才すぎるがゆえにチームメイトとの関係に苦しんだ「コート上の王様」影山の今後について考察! 『ハイキュー!! 』もう一人の主人公・影山飛雄 まずは漫画『ハイキュー!! 』のもう一人の主人公・影山飛雄のプロフィールについておさえておきましょう。 天才セッター・影山飛雄 影山飛雄は、物語の中で天才セッターとして描かれ、日向とともに変人速攻など数々の神技的攻撃を生み出し、2017年8月現在既刊27巻の段階では1年生ながら春高の全国大会にて正セッターとして1回戦を突破しています。 セッターとしての能力はユースレベルですが、その他ブロック・スパイク・サーブどれをとってもレベルが高く、ハイスペックぶりを披露しています。 烏野高校で日向とともに全国の舞台に立った影山ですが、北川第一中学時代には天才と呼ばれながらも、バレーに対してストイックすぎる姿勢やハイスペックすぎる能力ゆえに、チームメイトとの間に大きな壁が生まれてしまい「コート上の王様」という異名をとります。 「コート上の王様」という異名は、中学時代のある事件をきっかけに他校の生徒も知るところとなり、影山本人にとってもこの事件が大きな心の傷となりました。 バレーの技術もバレーへの情熱も誰にも負けない影山ですが、人とのコミュニケーションは苦手で、物語の中でもその部分が大きくクローズアップされます。 対人面での不安を払しょくし、いかに大きく飛躍できるかが今後の課題です。 アニメ版声優=石川界人 努力の人! 漫画『ハイキュー!! 』は、アニメ化されており、2014年に1期が、2015年に2期が放映されています。 そのアニメ版で声優を務めたのは、2012年の声優デビュー以来、破竹の勢いで進化を続ける石川界人! 石川界人は、アニメ『ハイキュー!! 』の中でも影山のイメージそのままとの呼び声高く、また、日向との掛け合いも絶妙で面白いと高評価!ストイックなほどに役について勉強をするタイプの声優で、その点ではまさに影山飛雄のストイックさそのままかも。 他に、アニメ『境界のRINNE』の主人公・六道りんね役など数多くのアニメで大きな役を演じています。 天才セッター・影山飛雄のスペックと魅力 天才セッター・影山飛雄。 一体どのぐらい天才に描かれているのか…まずは、影山のスペックを洗っておきましょう。 影山の能力の高さはやはりトスにあらわれます。 2巻第8話の「頂の景色」では、日向とのコンビで変人速攻を見事に決めます。 この段階で日向は、影山と比べバレーの技術は実に稚拙でした。 ジャンプ力や俊敏性といったものは人より勝っているものの、レシーブ力やサーブ力はほぼ皆無。 肝心のスパイクもまだ上手に打てないというレベルでした。 その日向にスパイクを打たせるため、影山が編み出したのが 「お前はただブロックのいないところにMaxの高さと速さで跳ぶ。 そんで全力スイングだ」「俺のトスは見なくていい。 ボールには合わせなくていい」 出典:漫画『ハイキュー!! 』2巻 第8話「頂の景色」より引用 というもの。 つまり、ジャンプし目をつぶってフルスイングする日向の手元ドンピシャに影山はトスを上げる能力があるということです。 『ハイキュー!! 』発表当時、この変人速攻はかなり話題となりました。 みんなが気になったのは、「実際、変人速攻は可能なのか?」ということ。 作者の古舘春一は、なるべく実際のバレーに近いプレーを描こうとしていますが、日向&影山の変人速攻は、古舘の脚色が入っているようです。 やはり目をつぶってフルスイングするところにボールをドンピシャに持っていくというのは、神のみぞ成し得る技なのかも。

次の