ダイエット 水 生理中。 【超簡単】ダイエット中に水を飲むのが効果的な3つの理由

生理とダイエットの正しい関係&生理中でも痩せる方法!

ダイエット 水 生理中

生理中ってダイエットに向いてるの? 女性の子宮には、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期と呼ばれる4つの臭気があります。 体の中で妊娠に向けての準備のために起こる現象ですが、それぞれの期に合わせて女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えたり減ったりしているのです。 妊娠の準備を始める卵胞期に急に増えるエストロゲンは、皮膚のコラーゲン合成を促進し、骨密度を高めたり、血管年齢も若返らせ、女性らしさが増大します。 この 卵胞期から排卵期に適度な運動を行うと、女性らしい健康的な肉体を作ることができ、ダイエットに最適な期間です。 それに対して生理の始まる1週間前から整理中は、プロゲステロンが増えてきて、水分や栄養素を体の中に溜め込み出すので、いつもより食欲も増して痩せにくい時期になります。 生理中は痩せにくい状態なのですが、デトックスが始まる時期でもあるので、その期間を上手に乗り切れば痩せやすい状態へ持っていくことができます。 痩せやすい時期ってあるの? 生理前から、生理中は、食欲が増し、特に甘いものをどか食いしてしまいたくなる時期でもあるので、そこで本能に任せて食べてしまうと体重が増えてしまいます。 一時的に増えても、生理が終われば自然と元の体重に戻る人が多く、生理前後で2〜3kgの増減をする人も珍しくありません。 つまり、痩せやすい時期は、生理が終わってからの2週間。 生理前から生理中、体内に栄養を蓄えようとする時期に体重を横ばいでキープできたら、生理が終わった後そこから痩せやすくなるので、体重を減らすことができます。 つまり、 生理前、生理中、イライラしやすい時期ですが、そこをどう過ごすかがダイエットの鍵です。 本能のまま、甘いものを食べ過ぎてはダメってことね 生理中はどうやって過ごす?運動はしていい? 生理前から生理中にかけての約2週間は、体に水分と栄養を溜め込む時期で痩せにくい時期です。 この期間は体重が増えやすくなるので、その存在を知らなければダイエットで挫折しやすい時期。 この期間は体重が増えやすいことを自覚し、キープできればいいと思って体重が減らないことを気にせず頑張りましょう。 むくみが出やすい時期なので、お風呂は湯船に浸かってしっかり体を温め、入浴後は足先から心臓に向かってマッサージを行って。 むくみは放っておくと冷えにつながり、セルライト化しやすいので、むくみを減らす努力は惜しまずに。 また水を溜め込みやすい塩分も控えましょう。 甘いものを食べたくなる時期ですが、空腹時に急激に血糖値を上げる白砂糖の摂取は控えて、 鉄分補給にもなるレーズンやプルーンなどのドライフルーツを食べるのがオススメです。 体重を増やさないようにと、食事量を減らしてしまうとストレスになるのでカロリーの少ない食事で上手に乗り切りましょう。 冷たいものを食べると体を冷やして血流を悪くし、生理痛をひどくしたりしてしまうので気をつけて。 カフェインやタバコも血流を悪くするので、控えたほうがいいですね。 生理前は便秘になる人も多いと思いますが、便秘は体重が本当に減らない原因なので、いつもより気がけて水分をとったり食物繊維の多いものを食べたり、運動をするなどして排泄に気を使って。 排便コントロールがうまくいくと、生理が始まってからスルスルと体重が落ちることを実感するのではないでしょうか。 むくむからといって水分を控える方がいますが、それは間違い。 水分が足りないと体が水を溜め込もうとして余計にむくみますので、こまめな水分補給で1日2000mlぐらい摂取できるように気をつけて。 氷水を飲むと冷えますので、50度くらいに温めた白湯がベスト。 白湯を飲むと内臓の働きも良くなりますので、より代謝も上がってダイエット効果が高まります。 ハードな運動でなければ、生理中でも気にせず運動しましょう。 まとめ 私たち女性の体の中は、4週間の生理周期のリズムに支配されています。 2週間が太りやすく、2週間が痩せやすい時期です。 ダイエットをする場合はこの自分のリズムをよく理解しておかないと、体重の増減に振り回されてしまいます。 「こんなに頑張っているのに痩せない!」「また甘いものを食べてしまった!」と自分を責める前に、自分の体の状態がどうなのか今一度体の声を聞いてみましょう。 生理周期を把握すると、生活のリズムも整い、イライラも軽減されます。 痩せにくい時期は痩せやすい時期に向かって準備して、痩せやすい時期になったら波に乗って体重を落としていきましょう! はら やばみ 1972年生まれの47歳。 20歳と18歳の2児の母。 39歳の時離婚。 現在シングルマザーで大学生と高校生を子育て中。 30代後半から太り始め、妊娠時代と同じ体重になったため、別居中にこのままではダメだ!綺麗になって、すっきり離婚しよう!と決意し、半年で8Kgのダイエットに成功。 すっきり身軽になって、旦那も断捨離。 そのままキープして楽しく暮らしていたのだが、2016年の熊本地震にあい、避難生活を続けている時あっという間に太り始め、そのまま体重が減らないまま食べてもないのに太るサイクルに突入。 ダイエット前の体重に戻ってしまう。 色々今まで成功した我流ダイエット法を試すもむなしく撃沈。 年齢相応の正しいダイエットで、健康と美貌を取り戻すべく奮闘中。 1年間続けてきた結果、お陰様でついにマイナス10kgのダイエットに成功! 会う人会う人に「痩せましたね!」「色っぽさが増してます!」と言われるように。 目標体重もすんなり通過してさらにマイナス2kgです! すっかり20代の頃の体重プラス体型に。

次の

生理中のダイエットに最適な運動や食事はコレ!飲み物なら豆乳? │ ダイエットノートBIZ

ダイエット 水 生理中

~目次~• 【極端なダイエットには気をつけて!】 生理中の極端なダイエットは控えるべきです。 それは生理を止めてしまうことにもなりかねない大変危険な行為!例えば短期集中型の極端な食事制限ダイエットや極端な運動によるダイエットなど短期的なダイエットはこの時期には不向きだと言えるでしょう。 その極端さが心身ともに疲れや大きなストレスを抱える恐れがあり、この疲れやストレスが原因で生理にまで影響を与えてしまう場合があるのです。 ただでさえ生理時の女性の多くは、イライラとしがちでストレスをため込みやすい傾向にありますよね。 そんな期間にさらなる負荷を与えるということは、健康バランスの面から見ても健康的であるとは言えません。 ですからダイエットをする際には、ご自分の生理時期を考えながらその期間にぶつからないよう短期的なプランを組むか、あるいは初めから無理のない中長期的なのんびりとしたプランを立てることで、ダイエット中に生理期間が重なったとしても、止めることなくマイペースなダイエットが出来るんではないでしょうか。 いずれの場合でも生理を念頭に置きながらのダイエットを行なうことで、より安全性の高いダイエットとなることは間違いなさそうです! スポンサーリンク 【事実、生理中のダイエットに意味はあるのかな?】 よく生理中はダイエットを続けても意味がないという見解を耳にします。 しかし実際には本当にそうなのでしょうか?事実、生理中の体は代謝が落ちてしまうため痩せにくくなるということは本当です。 それは生理によってより太りやすい体へと変化するということ。 ですが、生理になったからといってダイエットを生理期間が終わるまで休むということはオススメしません。 なぜなら生理中にも痩せるために出来ることはあるのですから。 生理期間には個人差がありますが、一般的には約1週間程度。 その期間に出来ること、それは例えば生理後に向けたダイエットプランへの準備期間としませんか? 【生理中のダイエット正しい食事編】 通常のダイエット時にはある程度の食事制限や管理を行なうことは当たり前のこと。 置き換えダイエットなどで一気に体重を落とすなんて方もいらっしゃることでしょう。 しかし生理中はそんな極端なダイエットは体への負担も考慮して行なわないことがベストです。 痩せにくい上にむくみやすい状態が生理中の体にはおこっていますから、置き換えダイエットのような極端なダイエット法は避けてください。 生理中のダイエット時には、通常よりもさらに気を使った栄養バランスが求められます。 その中でも野菜を使ったメニューを中心とし、献立を考えることで生理時でも体重の増加を抑えることが出来るでしょう。 また生理の際に不足しがちな「鉄分」や「カルシウム」などもしっかりと食べ補ってください。 代謝が落ちている状態ですので、体重の減少を考えるよりも増加させないという考え方にシフトして欲しい期間です! 【生理中のダイエット正しい運動編】 生理中の過度な運動は上記でも触れましたストイックな食事制限同様、気を付けなければいけない部分があります。 それは体へ多くの負担をかけてしまうと共に疲れやストレスから生理が止まってしまう恐れがあるから。 しかし体を動かすことを禁止にする必要性はありません。 例えば走ったり、筋トレを行なうなど体に負荷のかかるであろう運動は避け、ヨガなどゆったりのんびりと体を動かせるものであるならば大いに行ってください。 ヨガの他にも負担の少ないウォーキングなどもオススメですよ。 【お水の役割とは】 どんなダイエットの時でも水分を取るということはとても大切なことです。 特に生理中にダイエットを行なう際にはぜひこまめな水分補給を行なっていただきたい。 一部の人には水分でさえも控えて痩せたいという考えの方もいらっしゃるかと思われます。 しかしそれはとても危険なこと。 こまめな水分補給をすることで代謝を上げ、老廃物を外へと押し出す力が湧いてくるのです。 あるいは汗や尿となり、体の外へと押し出されますから安心して水分をお取りください。 生理期間中、水を飲んでも太ると感じた場合、それは生理時だけの期間限定な変化であると考え焦らないこと。 どんなお水でもかまいませんが、特に「ミネラルウォーター」は生理中のダイエットには最適な飲み物であると言えるでしょう。 その役割は体内のバランスを上手く保ってくれるベストアイテムとなるのではないでしょうか。 【生理中ダイエットについてのまとめ】 いかがでしたか?生理中なのに今すぐダイエットがしたい!ダイエット中に生理になってしまったなど、生理中のダイエットのあり方については慎重にならなくてはいけません。 その安全性に十分注意をしながらのダイエットとしてくださいね。

次の

炭酸水ダイエットで効果的に痩せるやり方!デメリットは何?

ダイエット 水 生理中

目次 [開く]• ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つ。 エストロゲンは妊娠の準備を整えたり、女性らしい体を作ったり、髪や肌のツヤ、心の安定にも関わります。 さらには代謝をよくするなどの役割を持っていて、排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。 プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、妊娠に備えて栄養や水分を体内に備蓄する役割があります。 大人ニキビ、皮膚の老化、イライラしたりやる気がでない、生理中にむくみの原因となると言われているホルモンはこれなんです。 生理周期のホルモンに合わせてダイエットするのが体重増加を抑える秘訣 生理周期と痩せやすさの関係性からわかる通り、ホルモンバランスによって体重にも影響が。 痩せやすいときと痩せづらいときがあるので、生理周期でどういう関係性があるのか見ていきましょう。 生理前 黄体後期 この時は体重の増加は気にしなくて大丈夫! 生理前は余計なものをため込みやすく、便秘やむくみなどが起きやすいです。 また、女性ホルモンが分泌され食欲が暴走しがちに。 誰でも体重が減りにくくなるので、1kg程増えても当然の時期です。 生理が終われば自然と水分代謝もよくなり体重も戻るので、この時期の体重の増加は気にしなくても大丈夫です! 食欲が増したり肌荒れしたりしても、生理周期を理解して仕方ないことなのだと割り切れれば、苦になりません。 私はむくみ予防や過食だけは気をつけるように意識しています。 生理中 月経期 この時は体重が落ちにくい時期 体が重くお腹も痛くて、とてもつらい時期。 基礎体温が下がり、体も冷えやすくなります。 そんな生理中は体重が落ちにくい時期でもあるので、食事制限や無理な運動は逆にストレスとなってしまいます。 無理に運動せず、リラックスして過ごすのが正解! むくみの解消となる軽い運動や、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。 生理中のおすすめの過ごし方 また、食事もなるべく暖かい飲み物や汁物を食べるようにして、体を温めましょうね! 私は、お風呂につかってまったり過ごし、お風呂上がりは『WELEDA(ヴェレダ) アルニカマッサージオイル』を使って、むくみをとる軽いリンパマッサージを行っています。 この時期の運動にぴったりなのはランニングなどの有酸素運動。 また、有酸素運動をするだけでなく脂肪が燃えやすい体になることも大事ですので、姿勢を正して骨盤と背骨の位置を整えましょう。 体幹トレーニングを行うのもおすすめです。 私はいつもよりも重点的に絞りたい部分は筋トレをしたり、食事制限も始めます。 脂肪を燃焼しやすくするためにお風呂上がりにストレッチをプラス。 生理後の運動で痩せた分をキープするように、栄養バランスの整った食事をして、激しすぎない軽い運動をしましょう。 もっと痩せたい! と思っていても過度なストレッチは避けて生理後に行っていたダイエットメニューを自分のペースに変えて引き続き行いましょう。 過度なダイエットをしなくても、ストイックに毎日運動しなくても、自分の体内リズムを理解して生活するだけで楽しくラクに痩せやすい体作りができますよ。 生理周期がよくわからないって方でも、生理周期を記録してくれるアプリなどで管理すれば問題ありません。 生理周期を理解して、体重を落としやすい時期をしっかり見極める 体重が落としやすい時期、落ちづらい時期を理解するためには生理周期を知っておくことが重要です。 生理を記録するアプリでおすすめなのは「ルナルナ」。 こんな風に生理周期によって体重が増加してしまう時期やダイエットにおすすめな時期などを教えてくれるし、お肌のコンディションも教えてくれるのでその時々によって適切なケアを心掛けることができます。 手軽に生理開始日と終了日を記録するだけで分かるので、面倒な手間がかかりません。 生理周期をもとに、自分の体のコンディションを把握して、無理せずダイエットしてみてくださいね! 「ストレスはダイエットの敵」ともいわれるように、悩みは禁物。 生理中に体重が増えてしまっても「そういう時期なんだ」と割り切ることも大切です。 食欲増加はヘルシーなものでカバーして! 生理中は妊娠初期と同じで、食欲がいつもよりも増加する傾向にあります。 食べても食べても満たされない……! そんなことを感じたことはないでしょうか? また、この時期にダイエットを意識し過ぎて、ストレスを蓄積させるのも禁物。 肌荒れやPMSの悪化につながります。 そんな悪循環を防ぐためにも、生理中はヘルシーフードを取り入れてストレスフリーな生活を心がけるように工夫しましょう。 ウォーキングで体も心もリフレッシュ! 生理中はなんとなく体がだるくなるもの。 生理痛などがひどい方は尚更アクティブに行動できなくなってしまいますよね。 いつもジムに通っているけど、今日はいいや……そんな後ろ向きな気持ちが出てきて、どうしても家でゴロゴロしがちに……。 いつもの運動量よりも少なくなるので、うまくカロリー消費が行われません。 だからこそいつもの日常にちょいウォーキングをプラスしてみて。 出勤、登校時に一駅分歩く、コンビニまで散歩に出てみる、など本当にちょっとした心がけウォーキングでOK。 お散歩時間を作って心と体をリフレッシュしてみて。 生理中の体重増加を防ぐポイント3. 胃腸をいたわる生活を心がけて 生理中、もしくは生理前になるとお腹の調子がよくない! お腹を壊してしまったり、便秘を繰り返している……そんな方も多いのではないでしょうか。 実はこれホルモンが体に影響しているせいなのです。 胃腸が弱り気味になっているので、普段の生活よりも体をいたわった食生活を心がけるようにしましょう。 また、常温のお水をいつもよりたくさん飲んで、体の巡りを循環させデトックスするのもおすすめの方法です!.

次の