香典返し 郵送。 香典返しを郵送する際の注意点とマナー

香典返しに添える:礼状の書き方、礼状の文例、礼状のテンプレート

香典返し 郵送

ご了承ください。 本来、香典返しは「四十九日を過ぎてから、手渡しでお贈りする」のが基本でしたが、時代の流れもあり、手渡しが難しい場合は 郵送や宅配便などでお贈りすることも一般的になってきました。 では、郵送する場合は、どのようなことに気をつけた方が良いのでしょうか。 まず、香典返しを郵送する場合は、感謝の気持ちを表すために 必ず「お礼状」を添えましょう。 「お礼状」には、無事に四十九日法要が済んだことや、郵送で贈ったことへのお詫びの言葉を入れておきましょう。 また、贈る日時にも気をつけましょう。 香典返しは、感謝の気持ちを伝える贈り物ですが、不祝儀に関わることなので、贈り先にお祝い事がある日や年始早々などは避け、届く日時にも注意して贈りましょう。 最近のネットショップなどは、送料無料のサービスや包装・挨拶状などの無料サービスが充実しているところもあるので、そういったところで購入するのも賢い方法です。 ハーモニックの公式サイトでは、 日本全国送料無料のほか、包装紙や挨拶状、奉書や手提げ袋の無料サービス、また仏事専用の注文書もございますので、品物以外にお金をかけたくない方やお店に買いに行く暇がない方など、ネットショップで香典返しの購入を検討されている場合は、当店でご購入してはいかがでしょうか? ・ ・ 香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。 法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では香典返しを贈る時期や金額の目安について解説します。 故人に関する弔事がとどこおりなく終了したら、その報告と会葬などでお世話になったお礼に、挨拶状を添えて香典返しを贈るのが一般的です。 この記事では、香典返しの「挨拶状の書き方」をご紹介します。 香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼の気持ちを伝えるために贈るものです。 きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。 この記事では、香典返しの「品物」として定番となっているものや避けたほうがよいものをご紹介します。 香典返しを送る際の掛け紙 のし紙 や、水引、表書きなどのマナーをご紹介。 掛け紙をのし紙の違いや、選び方、宗教別の水引の紹介なども掲載しています。 香典返しは、お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼として贈るものです。 法要の準備や進行で慌ただしくしている中で、お悔やみいただいた方への御礼のマナーについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では香典返しを贈る時期について解説します。 「香典返し」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「香典返し」も紹介します。

次の

香典 郵送での送り方、封筒や料金、タイミングなどについて

香典返し 郵送

Sponsored Link 急なお悔やみごとで、 通夜やお葬式に行けない時、どうしたらいいのでしょう。 遠方の親戚や友人の家族など、 香典を送りたいけれど。 香典や手紙を送るのに、決まりごとはあるのでしょうか。 手紙の文章は、どのようにして書けば 良いのでしょうか。 そこで、今回は 香典を郵送するときの手紙の書き方や、マナーについて下記の順番で調べてみました。 手紙の文例も参考にしてくださいね。 ・香典の郵送方法は? ・香典を郵送する手紙や封筒のデザインは? ・香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 ・香典の手紙を書くとき注意することって? ・香典を郵送するタイミングは? Sponsored Link 香典の郵送方法は? お悔やみ事の場合、 シンプルで落ち着いたデザインの便せんや封筒を使いましょう。 基本的には便せんは、白無地のものでが良いのでしょう。 色のついた封筒を使うなら、 明るい色は避け、グレー・すみれ色・深緑色などにしてくださいね。 文房具の専門店に行くと、不祝儀用の送り状や、手紙セットの種類が豊富にあるので、香典袋を用意するときに一緒に購入しておくのもいいですね。 ペンで書いてもいい? 普段慣れていないと、墨で書くのは難しいですよね。 筆でなくても、 万年筆や黒のボールペンでも大丈夫です。 親しい間柄でも、カラーペンや色鉛筆を使うのはやめておきましょう。 手書きがいいの? 字を書くのが苦手な人もいるかと思います。 下手だと思っていても、やっぱり 手書きの方が相手の家族への伝わり方が違いますよね。 縦書きの便せんに、お悔やみの言葉を手書きで書きましょう。 不幸が重ならないよう、 手紙は一枚で収まるようにしてくださいね。 ハガキは? 基本的に、ハガキは 親しい間柄で他の人に見られてもいい内容の時に使います。 会社や目上の人に送るときは、きちんと封筒に入れてくださいね。 正式な手紙や、相手が非公開にしたい内容などは、封をするのがマナーです。 気をつけましょう。 Sponsored Link 香典を郵送するときの手紙の書き方例文。 郵送する手紙を書くときに共通するのは、 葬儀に出席できないことへのお詫びと、 遺族への励ましの言葉です。 長々と思い出を書くと、遺族の悲しみがよみがえるかもしれません。 お悔やみの言葉は、 簡潔にまとめるのがいいのでしょう。 ご遺族の皆さまをはじめ、社員の皆さまのご心痛お察しいたします。 本来であれば、すぐに弔問にお伺いするべきですが、遠路ままならず、略式ながら書中にてのお悔やみを申し上げるしだいでございます。 心ばかりのお香典ですが、同封しております。 御霊前にお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 香典の手紙を書くとき注意することって? 手紙の文中に、 忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 例えば、 「死んで」 「滅ぶ」「生存」「生きていた」などの、 直接、死を連想してしまうような言葉です。 「お元気な頃」「ご生前は」など、言葉を間接的な柔らかい言い回しにしましょうね。 ほかには、 「またまた・次々・重ね重ね・追って」なども使わないよう注意してください。 不幸が重ならないよう、文中でも配慮しましょう。 お返し不要を伝えたい場合は? お香典のお返し不要を相手に気を使わせずに、伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。 書く場所は手紙に直接ではなく、 香典の裏側や 封筒の住所の横に記載します。 文例 「誠に勝手ながら、お返しなどの配慮は遠慮させていただきたくお願い申し上げます」 「誠に勝手ながら、返礼は辞退申し上げます」 と、書いてくださいね。 会社によってはお返しは受け取らない決まりの所もありますが、辞退の旨を伝えるための文は書いておきましょう。 香典を郵送するタイミングは? 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに送りましょう。 初七日までに着くようにしてくださいね。 連絡を受けるのが遅くなり過ぎてしまったときは、速達を使うといいと思います。 文面にも決まった書き方がありましたね。 故人との思い出が深いと、ついつい手紙にも感情がこもって長くなってしまいそうですが、シンプルにお悔やみの言葉を伝えてくださいね。 四十九日が終わり、片付けなど家族が落ち着いた頃に、電話や訪問をすると良いと思います。 訃報を受けたら、 できるだけ早めに香典と手紙の用意をするよう心がけましょうね。 よくあることではありませんが、正しいマナーを覚えておいて、突然のお悔やみ事にも大人の対応をするようにしましょう。

次の

香典返しと共にお送りするお礼は、こんな文でしめやかに

香典返し 郵送

香典・香典お返しとは|ギフト通販なら郵便局のギフトストア 香典って何? 香典とは、通夜や葬儀の際、線香や花を供える代わりに死者の霊前に供えるものです。 昔は実際にお線香や香木、花などを香典として渡していましたが、現代では、不祝儀用の水引を結んだのし袋に包んだ現金を渡すのが一般的です。 また、不幸というのは誰にでも突然起こるものです。 そのため、香典には突然の不幸への出費に対しての助け合いという意味もあります。 香典は通夜もしくは葬儀のどちらかに持参します。 金額には相場がありますが、故人との関係の深さによって香典をいくら用意するかは変わります。 もしも急な不幸でどうしても通夜や葬儀に出席できないという場合は、弔電を打ち、香典はお悔やみの言葉を書いた手紙を添えて現金書留で送るのが一般的です。 香典袋の表書きは故人の宗教によって違いますが、「御霊前」であれば、どんな宗教の表書きにも使える上、通夜でも葬儀でも使えます。 事前に個人の宗教を確認できない場合は「御霊前」を使いましょう。 香典返しは必要 香典返しは、四十九日の忌明け法要が終わった後、法要が無事に終わった報告と香典のお礼を兼ねて贈るものです。 香典返しは、一般的に四十九日の当日から1ヶ月以内に挨拶状を添えて送ります。 香典返しのギフトの選び方は様々ですが、香典返しはお礼の気持ちを込めて贈るものですので、できるだけお返しするのが常識です。 もともと、香典は霊前にお供えするものであり、今までお返しは必要ないという考え方でしたが、香典の内容が線香や花から現金に変わり、お返しとしてお礼をする風習に変わりました。 香典返しの風習はもともと仏教だけのもので、神式やキリスト教では香典返しを行いませんでしたが、現在では仏式に合わせて香典返しを行うのが一般的になってきました。 最近では、四十九日を待たずできるだけ早く香典返しをしたいという考えから、当日返しをする場合も増えてきました。 当日返しを行った場合は、四十九日後の香典返しは必要ありません。 ただし、葬儀の当日にお返しするハンカチなどの会葬御礼品は、あくまでも葬儀に来てくれたお礼であって、香典に対するお礼ではないため、香典返しは別に必要になります。 また、身内の葬儀に対して会社や所属団体から香典を頂く事があります。 この場合、相手の規模が大きければ、総務部などが形式的に贈ってくることがほとんどですので、香典返しは必要ありません。 しかし、中小企業の場合や親しい方から香典を頂いた場合は、やはり香典返しは必要です。 会社などからの香典に関しては、社員一人一人にお返しをするのではなく、社長宛てにお礼をするのが一般的です。 香典返しのマナーを教えて! 香典返しはもらった香典の金額の半額を目安にお返しする「半返し」がマナーとされています。 香典の相場も決まっているので、カタログなどで香典を選ぶ際には5,000円、3,000円など、ギフトが予算別に分かれている場合がほとんどです。 ただし、親族や身内に高額の香典を頂いた場合は、半返しが必ずしも必要というわけではありません。 高額の香典を頂く場合、ほとんどが相手からの故人や葬家への気持ちが込められています。 そのため、きっちり半返しするのではなく、ありがたくお気持ちを頂いて、30,000円から50,000円程度のお返しを贈れば十分とされています。 香典返しは邪魔にならないものが一番ですが、かさばらないからといって商品券を香典返しとして贈るのは避けた方が無難です。 商品券や金券は使い勝手が良く便利なのですが、実際の金額が額面でわかってしまうので、スマートではありません。 香典返しには、持ち帰るのにかさばらず、個人で好きな品物を選べるカタログギフトが人気です。

次の