アンイシュワルダ 頭破壊 大剣。 【アイスボーン】ストーリークリア後のおすすめ大剣装備を紹介!

【アイスボーン】アンイシュワルダの弱点と攻略

アンイシュワルダ 頭破壊 大剣

マップ 初期エリア 寝床エリア 淵源の孤島 - - アンイシュワルダの対策 装備・アイテムの事前準備 氷属性が弱点! アン・イシュワルダに最も有効なのは氷属性。 膨大な体力を持つので、氷属性の武器を使って効率よくダメージを与えよう。 破壊王があるとなおよし アン・イシュワルダは、 外殻を複数部位破壊することで第2形態へ移行する。 第1、2形態でクエスト時間は共有なので、素早く第2形態に進めるために破壊王を発動させて挑もう。 モドリ玉があると便利 淵源の孤島は、 エリア移動でキャンプに戻ることができない。 アイテムの補充などのためにモドリ玉を持っていくと良いだろう。 また、アンイシュワルダの即死攻撃は予備動作が大きいため、モドリ玉で回避することも可能。 対策おすすめスキル 道具 詳細 ミツムシ寄せのお香 強力な攻撃を受けてしまったあとのリカバリーが効く。 ミツムシど根性で1度力尽きても生き返ることが可能 起き攻めに注意。 まもりの大盾 大盾カカシが注意を引いてくれるため攻撃のスキが生まれやすい。 ぶんどり刀 地啼龍素材を追加で集めやすい。 攻略に慣れた人向け。 頭部2段階破壊のコツ 地啼龍の慈眼殻が入手できる アンイシュワルダの頭を2段階破壊することで、レア素材の地啼龍の慈眼殻を入手できる。 剥ぎ取りと通常報酬からは出現せず、頭部剥ぎ取りか頭部破壊報酬からしか出ない。 スキル「破壊王」を付けよう 「破壊王」は、部位破壊をしやすくなるスキル。 Lv3発動で最大1. 3倍の蓄積ダメージを与える事ができる。 第2形態の頭2段破壊にも貢献できるのでおすすめだ! ダウンを取ろう 落石や乗り攻撃、部位破壊でダウンを取ろう。 また、アンイシュワルダが落とす「粘着石」をスリンガーで頭に付けてから攻撃すれば、どの武器種でもスタンでダウンが取れる。 クラッチアクションで傷をつけよう クラッチアクションで頭に傷をつければ、ダメージが通りやすくなる。 傷をつけてからダウンを取ればより大ダメージを与えられる。 頭だけを攻撃しよう 他の部位を攻撃しすぎると頭を破壊する前に倒しきってしまう。 地啼龍の慈眼殻を狙う場合は、 隙を見て攻撃し確実に頭だけを狙って攻撃しよう。 アンイシュワルダ第1形態の攻略方法 主な攻撃パターン 翼叩きつけ 大きな翼を叩きつける攻撃。 部位破壊が進むほど速く、連続で行われる。 潜航 翼と僅かな胴体部分を残し、地面に潜航して突進する。 動きは遅いが範囲が広い。 突進 翼を地面に立て、押し潰すように突進する。 往復があるため注意。 ジャンプ 飛び上がり、体で踏みつける攻撃。 予備動作、発生共に遅いが巨体ゆえにとっさの回避は困難。 最初は顔と胴体を狙う 第1形態は動きこそ鈍重だが、体全体が非常に硬い。 初めは顔と胴体しかまともにダメージを与えられないので、剣士の場合はクラッチクローで攻撃しよう。 ダメージが格段に通りやすくなるので部位破壊も進めやすい。 傷ついた箇所は黄色に変わるので見分けやすい。 潜航中は攻撃チャンス 潜航中は胴体が地面に接するため、剣士の強力な攻撃も当てやすくなる。 スタンの取れるハンマーなどは積極的に攻撃を加えていこう!連続攻撃は無いためダメージ覚悟で一気にダメージを与えよう。 突進は翼の間を抜けよう 第1形態で被弾の可能性が高い翼を突き立てて移動する突進攻撃。 突進は、大きく回り込むことで避けられるが、当たる部分が大きいので攻撃のスキを突かれると避けにくい。 翼には若干の隙間があるので、間に合わない場合はくぐるように避けよう。 外殻を部位破壊する ダメージを与えていると、 顔と胴体を中心に外殻が部位破壊されていく。 破壊が進むと身軽になり攻撃が激しくなるが、脚などにも攻撃が通るようになる。 破壊しきると、演出が入り第2形態へ移行する仕様。 落石を狙おう 淵源の孤島には、落石可能な箇所が存在する。 ただし、他マップの落石と違い、スリンガーで落とすことができない。 落石場所の近くにモンスターを誘導して、スリンガーのぶっ飛ばしで対象の場所にぶつけよう。 2回まで落石可能 落石ポイントは1箇所のみだが、同じ場所で2回落石ができる。 一気に複数の部位破壊ができるので、確実に2回成功させよう。 アンイシュワルダ第2形態の攻略方法 危険な攻撃 片翼攻撃 左右どちらか片方の翼を地面に突き立て、自身に向けてひっかくように攻撃。 翼を突き立てる際に視線が向くので、逆方向に移動して回避しよう。 収束型振動波 巨体が後退する勢いで、直線上にソニックブラストを発射する。 放射中後退しつつ頭に向かって収束するため、頭付近にいる場合は巻き込まれないよう注意しよう。 固定型振動波 立ち上がり細いソニックブラストを、網目状に発射する。 放射前に攻撃範囲が見えるので、焦らず回避しよう。 追い込み振動波 細いソニックブラストを前方に網目状に発射した後、自身の方に向かって追い込むように照準を移動させる。 腹の下に逃げるか、緊急回避 ダイブ を連続で使用して回避しよう。 追尾型振動波 ひっかき攻撃などの後に追撃のようにプレイヤーに向かってソニックブラストを放つ。 攻撃範囲は狭いが、攻撃後のスキを埋めるように使ってくるので、攻撃チャンスだと思っても気を抜かないようにしよう。 液状化大爆発 身体を起こして翼を突き刺した後、至る所の地面を液状化させ爆発させる。 固い地面の上にいれば当たらない。 即死級攻撃 地面に潜った後エリア端から出てきて大玉を作る。 その後作った大玉をマップの真ん中に投げつける攻撃。 フィールドの端に行き距離を取ろう。 追尾式地面爆発 前方に翼を突き立てた後、ハンターの下の地面を液状化し爆発させる。 爆発は3回起こり、毎回直前にハンターがいた場所を追尾するように爆発させる。 両翼攻撃 両方の翼を地面に突き立て、自身に向かって同時にひっかくように攻撃する。 頭の近くにいると挟まれて避けにくいので、アンイシュワルダの後ろ脚の方向に回避しよう。 咆哮 ダメージ判定を持つ咆哮。 近距離では吹き飛ばし効果も持つ。 即死級攻撃に注意 地面に潜ったら即死攻撃の合図。 巨大な玉を投げつけ、超大爆発を起こす。 この攻撃はマップの端にいれば当たらない。 範囲外まで逃げられない場合は、転身の装衣やモドリ玉で回避しよう。 即死級攻撃はガード不可! この即死級攻撃はガード不可能。 ガード強化を発動していてもガードできないという特殊仕様なので、必ず範囲外まで逃げよう。 玉投げつけ後は止まらないこと アンイシュワルダの玉を投げる即死攻撃後は、大量の砂埃で視界が遮られてしまう。 砂埃の向こうからソニックブラスト等の攻撃をしてくることが多々ある。 そのため、 マップ端に逃げるだけでなく視界がひらけるまで動き続けよう。 眼が開いたらもうひと頑張り アンイシュワルダの第2形態は、初め眼を閉じている。 ただし、一定以上ダメージを与えると眼が開く。 眼が開いたら攻撃の種類も増えるので、気を引き締めて討伐まで頑張ろう! 頭部は2回破壊可能 アンイシュワルダ第2形態の頭部は、2回破壊できる。 2回目の破壊時に、頭部の一部が剥がれ落ち、2回の剥ぎ取りが可能になる。 この頭部から、レア素材である「地啼龍の慈眼殻」が手に入る。 攻撃終わりのスキを見極めよう アンイシュワルダが攻撃した後は、若干だがスキが生まれる。 ソニックブラスト後に頭の落ちてくる位置などを覚えておくと効率的に攻撃が通しやすくなる。 ぶっ飛ばしが狙える フィールドには石ころが落ちており、ぶっ飛ばしに使える。 ぶっとばしは相手の攻撃中でも可能なので、ソニックブラストなどのスキが大きい攻撃中に狙っていこう。 落石場所は3箇所 アンイシュワルダが第2形態形態になると、3箇所落石場所が出現する。 マップの罠アイコン参照 ただし、アンイシュワルダの攻撃が落石場所に当たると、強制的に落石が起こる。 攻撃範囲が広く誘導するのも危険。 近くに来たら狙う程度で考えよう。 ソニックブラストはガードせず回避 各ソニックブラスト攻撃は多段ヒットするため、 ガードではスタミナが足りず耐えきれない。 ガードは使わずに、回避行動などで距離をとって対応しよう。 ランス、ガンランスなどの動きが遅い武器種には非常に有効なテクニック。 ガ強で防げる攻撃と防げない攻撃 防げる攻撃 振動波攻撃全般 防げない攻撃 即死級攻撃 出現するクエスト一覧.

次の

【MHWアイスボーン】地啼龍の慈眼殻の入手方法と使い道

アンイシュワルダ 頭破壊 大剣

ラスボス用大剣装備紹介 イヴェルカーナ4部位+ダマスクの抜刀大剣装備です。 慣れていないとタメ攻撃を当てる機会が少ないので、集中は外しています。 咆哮はそれほど頻回にしないので耳栓は不要。 一撃のダメージを高めるため超会心を使用していますが、なくてもOKです。 その他採用スキル 水場・深雪適応1 沼渡珠で発動可能。 レベルは1で十分です。 これが無いと砂場で機動力が低下するので難易度がかなり上昇してしまいます。 体力増強3 一撃が重いのであればかなり安心して戦えます。 慣れると無くても大丈夫ですが、基本的にはあった方がいいと思います。 気絶耐性 ラスボスの攻撃は気絶値が高いのか、2発くらえばすぐに気絶してしまいます。 慣れていないと気絶からのキャンプ送りが頻繁に起こるので、気絶無効にすればかなり安心して戦うことができます。 慣れれば外してもOKです。 早食い ボス戦に少しなれて気絶することが少なくなれば、早食いの方が便利な場面も多いです。 武器 イヴェルカーナの大剣がボスに有効な氷属性で、攻撃力も高いのでオススメです。 装衣 転生の装衣 体力の装衣 を交代で装着するのがおすすめです。 必須持ち込みアイテム 回復薬G、秘薬調合分 必ずショートカットに調合するものを登録しておきましょう。 慣れないうちは秘薬で回復するようにすれば、回復中に攻撃されるパターンも減らすことができます。 モドリ玉 これを持っていくのと持っていかないのでは 難易度が大きく変わります。 回復薬切れ、切れ味減少、ピンチの時など様々な場面で使用できます。 モドリ玉で戻ったらかならずモドリ玉を補充するようにしておきましょう。 スポンサーリンク 第一形態攻略 開幕 ムービー終了と同時に咆哮が確定できます。 クラッチクロー後は頭部や胸部を中心に抜刀斬りメインで攻撃します。 落石 マップ上の!マークが出ている壁に向かって、ぶっ飛ばしを行うと、 落石+長時間ダウンが可能なので有利に攻略できます。 落石のポイントは壁が黄色くなっているところです。 スリンガー弾を手に入れたら、壁の前でボスが来るまで待機し、ラスボスが近づいたらL2+〇で頭に張り付いて、R2ボタンでスリンガー弾を発射すれば壁に向かって吹っ飛んでくれます。 落石は同じ場所で2回可能なので、 必ず2回行いましょう。 第一形態で落石をしないと、第二形態で落石のポイントが無くなるので注意が必要です。 第二形態攻略 第二形態は正面から攻撃するのは危険なので、基本的に ラスボスの横 左右どちらでもOK が基本ポジションです。 上の画像のように、なるべくボスの攻撃が認識できる位置取りをします。 必ずラスボスの攻撃を待ち、その隙に攻撃をしましょう。 第二形態の攻撃パターンを解説 前方に太いビーム 両触手を前に構えて太いビームを撃ちます。 中距離でボスの前にいるとよく行う攻撃。 ガード不可。 ボスの攻撃で吹っ飛んだ後にされる事が多いので、この技でキャンプ送りにされるパターンも多いと思います。 吹っ飛んだ後は起き上がりを遅らせると回避できたりします。 かわせれば隙だらけなので、クラッチクローや抜刀斬りが可能です。 中距離へ複数ビーム こちらも中距離でボスの前にいるとしやすい攻撃。 近距離でも後ろに移動してから行なうことが多い。 基本ビームはガード不可。 立ち上がると同時にビームの発射位置が予告されるので、避けるように移動しましょう。 慌てて回避してしまうと当たる事が多いので、落ち着いて範囲外へ逃げる様にします。 隙が大きいですがボスが立ち上がっている時間も長いです。 降りてくる腕に抜刀斬りor溜め斬りかクラッチクロー攻撃を行いましょう。 手前から奥へ複数ビーム 立ち上がった後すぐに、ラスボスの手前に複数ビームが発生後し奥へと広がる攻撃です。 見てからはかわしにくい攻撃なので、なるべくボスのサイドへ張り付く様にしましょう。 避けた後は隙が大きいのでクラッチクロー攻撃や腕への抜刀斬りをしましょう。 奥から手前へ複数ビーム 一瞬立ち上がり、四つん這いの体勢で奥へビームを発射し、手前へとビームが戻ってきます。 触手で顔の前を引っ掻き ラスボスが振り向いた時に顔の前にいるとよく行う攻撃。 後ろに下がってから顔の前をなぎ払うので引っかかりやすい。 触手で横から内へ引っ掻き ラスボスのサイドに位置どっていると、よく使用してくる攻撃です。 腕の位置からでも足元か頭に向かってコロリン2回で範囲外へかわせます。 欲張って攻撃しているとくらいやすいので、近接はこの攻撃を喰らわないように立ち回るのがポイントです。 避けた後は足か腕に抜刀斬りで。 最悪ガードで凌ぐ様にしましょう。 近接だとよくされる攻撃ですが、あまり食らわないと思います。 隙も小さいので、単発ビームに引っかからないように腕に抜刀斬りで離脱しましょう。 横から腕へ攻撃していると、よく行う攻撃。 慣れていないと腕の叩きつけの後に攻撃しようとして引っかかる事が多いので注意します。 両触手で挟み込み 顔の前を触手で挟むような攻撃。 サイドへ位置どっていると比較的使用機会の少ない攻撃。 モーションが見えたらお腹側にコロリンで回避して仕切り直ししましょう。 触手を地面に突き刺し、地面液状化 終盤になると使用する事が多い攻撃で、触手を地面に突き刺したら要注意。 攻撃すると地面の噴き出しでダメージを食らうことが多いので、攻撃は諦めて回避に専念しましょう。 ボスの対面の壁際にいれば元気玉は喰らいませんが、その後のビームなどで事故る可能があります。 対処に自信がなければモドリ玉で体力回復、切れ味とアイテム補充を行いましょう。 まとめ ・モドリ玉は絶対に持っていく。 ・水場・深雪適応1を発動させていると機動力が低くならないのでおすすめ。 ・第一形態はスリンガー弾を取って、クラッチクローから落石を2回狙う。 ・第二形態はボスの行動を回避してから腕か足に抜刀斬りorクラッチクロー攻撃を中心にする。 ・腕の部位破壊で大ダウンするので、大ダウン中は顔面に溜め斬りを狙う。 イヴェルカーナ4部位装備だと抜刀斬りメインでも20分程度でクリアできます。 欲張らずに 抜刀斬りとクラッチクロー攻撃を中心に立ち回りましょう。 頭の2段階破壊をしようとすると難易度が高くなります。 1段階破壊でも地啼龍の慈眼鱗は出現するので、まずはクリアする事を目標としましょう。

次の

【MHWアイスボーン】地啼龍の慈眼殻の入手方法と使い道

アンイシュワルダ 頭破壊 大剣

【操作方法】• 【考察】• 【回線エラー対策】• アンイシュワルダ 第二形態の立ち回り 第二形態になってからが本線でアンイシュワルダの動きが早くなり、全くの別物として考えた方がいいです。 使ってくる技も大ダメージを受けることが多かった・・。 立ち回りは隙を見て、頭部への攻撃を狙いつつ下腹部を狙ってると安全だったりします。 大技を放ってる時は隙だらけなので、下腹部を陣取って溜め攻撃など大技を狙うタイミングとしています、 それぞれの技に対しての注意点を書くね! ソニックブラスト ソニブラ 対策 網目状の透明の拡散ビームがアカムのソニックブラストに似てる事からソニブラと呼んでるよw ソニブラが放たれた時にアンイシュワルダの外に居ると大変危険なので、下腹部に居た方が標的になりづらいよ。 万が一、真下から外れてる時にソニブラが来たら「もどり玉」を使って立て直すのが安全策。 即死攻撃の対策 アンイシュワルダの即死攻撃のモーションとしては地中に潜る動作を始めたら要注意!!! 外側へ向けて地震が起きて地面が隆起してくるので緊急回避で避けるのが大事です。 ガードする場合、体力が削られて結果即死に繋がるので危険だと思います。 この即死攻撃に対して対策ができてないユーザーが居るとクエスト失敗に終わるのでマルチプレイよりもソロプレイの方がある意味クリア率としては高い気がしてる。 アンイシュワルダの弱点【モンハンワールド アイスボーン 】 時間内に討伐をさせるという大枠を考えると攻撃力よりも弱点を突くことが近道ではあります。 ちなみに頭部破壊は二段階あるよ 頭部破壊の二段階まで完了すると一部が入手可能+剥ぎ取りができます。

次の