気 滅 の 刃。 鬼滅の刃ウエハース2ラインナップとシークレットは?画像で前作と比較紹介!

『鬼滅の刃』の死後の世界が気になるマン!

気 滅 の 刃

『鬼滅の刃』179話:兄を想い弟を想い うわっ!まじか! ヤりやがった…。 けっこう重要人物がバンバン逝くことに定評のある『鬼滅の刃』だけど、それは兄(姉)とか先輩格が若輩者に託して逝くって思ってただけに、炭治郎の同期の不死川玄弥と柱とはいえ14歳の時透無一郎の死は衝撃が走ったわい。 玄弥の死に至るまでの過程、無一郎の死後の世界のやり取りがすこぶる泣けました。 2人とも満身ボロボロで、凄惨と言ってもいいような状態なのに、見事に2人の満足感と至福感を描いてるからヤバイ。 なんて荘厳なシーンなんだろう。 まるで「フランダースの犬」のラストシーンのような感動がありました。 『鬼滅の刃』の死後の世界って何なんだろ 現世に現れる死者 66話 『鬼滅の刃』は故人が登場することがけっこうあるのですが、大きく分けて2つの種類があります。 一つは「あの世(?)」で登場する故人。 このケースは重要キャラが死んだ後や死にそうになった時に現れます。 もしくは死んだキャラがそのままあの世でやり取りしたり。 もう一つは現世に現れる故人である。 炭治郎の母や弟妹、錆兎と真菰、煉獄さんのお母さん、胡蝶カナエ、猗窩座が人間だった時の奥さん…等。 ただの深層意識なのか、現世に現れていたのか。 後者なら、 まだ成仏してなかったからという解釈も出来るので気になるマン。 錆兎と真菰、煉獄さんの母なんて深層真理とかいレベルでなく、 普通に現世に現れてたからね。 現世に現れる故人ってのは成仏してない(できてない)って意味なのだろうか。 猗窩座(狛治)の奥さんなんて現世に留まって死ぬの待ってた節すらありますからね。 154話 「もうやめにしましょう」「向こうに行きましょう」ってずーっと現世で成仏せずに旦那が死ぬの待ってたかのような言い回しでした。 現世に現れる故人は成仏せずに留まってるように見える。 そういう意味で捉えると、煉獄さんのお母さんは旦那(最終決戦には参戦してる先代の炎柱)が死ぬのを現世で待ってるような気もしてくる。 もしくは成仏してても現世に干渉できたか。 また、死ぬと「現世」とは別に「真っ黒な世界」がある。 そこが天国と地獄にも行っておらず、まだ成仏してない境目? 「この世」と「あの世」の間? 163話 あ、やっと死にました?良かった。 これで私も安心して成仏できます。 『鬼滅の刃』では死後に真っ暗な世界がある様子。 上弦の弐(童磨)や上弦の陸(妓夫太郎と堕姫)の死後に描かれていました。 そこでしのぶちゃんは「これで私も安心して成仏できます」と意味深なこと言ってました。 死んだのにまだ成仏してなかったんだ。 現世ではないけど成仏する前の世界って感じでしょうか。 しのぶちゃんはこの真っ暗な世界で童磨が息絶えるの待ってました。 やっと忌々しい姉の敵が死んだので成仏できると。 この 真っ暗な世界は「天国」と「地獄」の境目に別れることが伺えます。 童磨なんてしのぶちゃんを「俺と一緒に地獄へ行かない?」ってナンパして振られてましたし。 妓夫太郎は妹の堕姫を(おそらく)天国へ行かせようとしていました。 97話 俺はこっとに行くから、お前は反対の方、明るい方へ行け 妓夫太郎と堕姫の兄妹の死後の真っ暗な世界のやり取りから察するに、「明るい方」というのが天国なのでしょうか。 妹を天国へ行かせようとしたが兄妹揃って一緒に地獄へ向かって行ったのはグッとくるものがありました。 死後の成仏前に「真っ暗な世界」があり、そこが天国と地獄の境目になってる。 この漫画に地獄の描写は今の所ないけど、明るいところって(多分)天国の描写はけっこうあります。 よく分からん死後の世界? 146話 我妻善逸が死にかけた時に見た世界。 川の向こう側にいた育手の師匠。 川を渡ろうとしても渡れなかったので三途の川だったのかもしれません。 暗闇世界から見える(と思われる)光の方角にあるのか、三途川の川に落ちたら地獄行きなのかは定かではありません。 非常に珍しい形で、現世ではない場面で故人と会話できたシーンでもある。 善逸は生死の境を彷徨っていた時に見たので、別に死んだわけでないのでちょっとこの場面が引っかかります。 死んだら「真っ暗な世界」で地獄と天国へ分岐するように見えただけにね。 善逸が見た育手のじいちゃんとの世界はなんだったんだろ。 「三途の川」でいいのか。 これは「真っ暗な世界」の前なの?後なの? 明るい世界(天国?)へ 142話 しのぶちゃんは生きてる内に実姉のカナエさんに叱咤激励されてるシーンが散見できます。 童磨戦では「泣くことは許しません」「立ちなさい」「倒すと決めたら倒しなさい」「勝つと決めたら勝ちなさい」「しのぶならちゃんとやれる」「頑張って」と現世に現れました。 カナエさんは成仏することなく現世に留まっていたのかは定かではありませんが、シノブちゃんが「真っ暗な世界」で童磨とやり取りし「成仏できる」の後に、 姉妹揃って成仏したような感動的なシーンがありました。 しのぶちゃんとカナエさん カナエさんは成仏することなくしのぶちゃんを見守り、しのぶちゃんは「真っ暗な世界」で童磨が息絶えるまで成仏せず待ってた。 カナヲちゃんの頭ナデナデした後に成仏と。 で、姉妹揃って仲良く手を繋いで同時に成仏して天国へ行ったように見える。 そこでは両親とも再会してました。 親はとっくに成仏して天国で待ってたと。 ちなみに天国と思わしき場所は桜が満開でした。 そういう解釈すると、時透無一郎は天国で有一郎と再会したのかなあ。 桜でなくイチョウの葉が散る場面でしたけど。 同じ天国なのかにゃ。 兄弟の再会 無一郎もまた成仏できて天国にいた双子の兄と会ったと。 この後、胡蝶姉妹が両親と再会したように、時透兄弟も両親と再会できたのだろうか…。 私気になります! そんなこんなで『鬼滅の刃』の故人は死んだ後も成仏することなく「現世にいる地縛霊みたいに留まる」「成仏前に真っ暗闇で天国と地獄の境目」「成仏して天国(地獄)で幸せそうに過ごす」(三途の川?)って3つ(4つ)がある。 これから逝った不死川玄弥はどうなるんじゃろ? 不死川玄弥死す 先に逝ってしまった弟。 死後のアレコレは一切なく、生きたままの涙腺を刺激するお別れである。 もう間違いなく兄の不死川玄弥も遠からず逝くでしょう。 死んだ玄弥はこの世に留まる地縛霊みたいに兄とやり取りするのか、成仏前の「真っ暗な世界」で待ってるのか、一足先に天国(?)に行ってるのか気になります。 ・現世にいて現れる故人 ・真っ暗な世界で成仏してない故人 ・成仏して天国(地獄)で過ごす もうクライマックス(むしろ死後の世界があるので続けられそうでもあるが)の『鬼滅の刃』、これから情け容赦無くバンバン死にそうなので、死んだ後にキャラがどこに立ってるかというのも面白い見方かもね。

次の

鬼滅の刃 最終話(205話)の結末は?ネタバレ!炭治郎や禰豆子が気になる!

気 滅 の 刃

『鬼滅の刃』179話:兄を想い弟を想い うわっ!まじか! ヤりやがった…。 けっこう重要人物がバンバン逝くことに定評のある『鬼滅の刃』だけど、それは兄(姉)とか先輩格が若輩者に託して逝くって思ってただけに、炭治郎の同期の不死川玄弥と柱とはいえ14歳の時透無一郎の死は衝撃が走ったわい。 玄弥の死に至るまでの過程、無一郎の死後の世界のやり取りがすこぶる泣けました。 2人とも満身ボロボロで、凄惨と言ってもいいような状態なのに、見事に2人の満足感と至福感を描いてるからヤバイ。 なんて荘厳なシーンなんだろう。 まるで「フランダースの犬」のラストシーンのような感動がありました。 『鬼滅の刃』の死後の世界って何なんだろ 現世に現れる死者 66話 『鬼滅の刃』は故人が登場することがけっこうあるのですが、大きく分けて2つの種類があります。 一つは「あの世(?)」で登場する故人。 このケースは重要キャラが死んだ後や死にそうになった時に現れます。 もしくは死んだキャラがそのままあの世でやり取りしたり。 もう一つは現世に現れる故人である。 炭治郎の母や弟妹、錆兎と真菰、煉獄さんのお母さん、胡蝶カナエ、猗窩座が人間だった時の奥さん…等。 ただの深層意識なのか、現世に現れていたのか。 後者なら、 まだ成仏してなかったからという解釈も出来るので気になるマン。 錆兎と真菰、煉獄さんの母なんて深層真理とかいレベルでなく、 普通に現世に現れてたからね。 現世に現れる故人ってのは成仏してない(できてない)って意味なのだろうか。 猗窩座(狛治)の奥さんなんて現世に留まって死ぬの待ってた節すらありますからね。 154話 「もうやめにしましょう」「向こうに行きましょう」ってずーっと現世で成仏せずに旦那が死ぬの待ってたかのような言い回しでした。 現世に現れる故人は成仏せずに留まってるように見える。 そういう意味で捉えると、煉獄さんのお母さんは旦那(最終決戦には参戦してる先代の炎柱)が死ぬのを現世で待ってるような気もしてくる。 もしくは成仏してても現世に干渉できたか。 また、死ぬと「現世」とは別に「真っ黒な世界」がある。 そこが天国と地獄にも行っておらず、まだ成仏してない境目? 「この世」と「あの世」の間? 163話 あ、やっと死にました?良かった。 これで私も安心して成仏できます。 『鬼滅の刃』では死後に真っ暗な世界がある様子。 上弦の弐(童磨)や上弦の陸(妓夫太郎と堕姫)の死後に描かれていました。 そこでしのぶちゃんは「これで私も安心して成仏できます」と意味深なこと言ってました。 死んだのにまだ成仏してなかったんだ。 現世ではないけど成仏する前の世界って感じでしょうか。 しのぶちゃんはこの真っ暗な世界で童磨が息絶えるの待ってました。 やっと忌々しい姉の敵が死んだので成仏できると。 この 真っ暗な世界は「天国」と「地獄」の境目に別れることが伺えます。 童磨なんてしのぶちゃんを「俺と一緒に地獄へ行かない?」ってナンパして振られてましたし。 妓夫太郎は妹の堕姫を(おそらく)天国へ行かせようとしていました。 97話 俺はこっとに行くから、お前は反対の方、明るい方へ行け 妓夫太郎と堕姫の兄妹の死後の真っ暗な世界のやり取りから察するに、「明るい方」というのが天国なのでしょうか。 妹を天国へ行かせようとしたが兄妹揃って一緒に地獄へ向かって行ったのはグッとくるものがありました。 死後の成仏前に「真っ暗な世界」があり、そこが天国と地獄の境目になってる。 この漫画に地獄の描写は今の所ないけど、明るいところって(多分)天国の描写はけっこうあります。 よく分からん死後の世界? 146話 我妻善逸が死にかけた時に見た世界。 川の向こう側にいた育手の師匠。 川を渡ろうとしても渡れなかったので三途の川だったのかもしれません。 暗闇世界から見える(と思われる)光の方角にあるのか、三途川の川に落ちたら地獄行きなのかは定かではありません。 非常に珍しい形で、現世ではない場面で故人と会話できたシーンでもある。 善逸は生死の境を彷徨っていた時に見たので、別に死んだわけでないのでちょっとこの場面が引っかかります。 死んだら「真っ暗な世界」で地獄と天国へ分岐するように見えただけにね。 善逸が見た育手のじいちゃんとの世界はなんだったんだろ。 「三途の川」でいいのか。 これは「真っ暗な世界」の前なの?後なの? 明るい世界(天国?)へ 142話 しのぶちゃんは生きてる内に実姉のカナエさんに叱咤激励されてるシーンが散見できます。 童磨戦では「泣くことは許しません」「立ちなさい」「倒すと決めたら倒しなさい」「勝つと決めたら勝ちなさい」「しのぶならちゃんとやれる」「頑張って」と現世に現れました。 カナエさんは成仏することなく現世に留まっていたのかは定かではありませんが、シノブちゃんが「真っ暗な世界」で童磨とやり取りし「成仏できる」の後に、 姉妹揃って成仏したような感動的なシーンがありました。 しのぶちゃんとカナエさん カナエさんは成仏することなくしのぶちゃんを見守り、しのぶちゃんは「真っ暗な世界」で童磨が息絶えるまで成仏せず待ってた。 カナヲちゃんの頭ナデナデした後に成仏と。 で、姉妹揃って仲良く手を繋いで同時に成仏して天国へ行ったように見える。 そこでは両親とも再会してました。 親はとっくに成仏して天国で待ってたと。 ちなみに天国と思わしき場所は桜が満開でした。 そういう解釈すると、時透無一郎は天国で有一郎と再会したのかなあ。 桜でなくイチョウの葉が散る場面でしたけど。 同じ天国なのかにゃ。 兄弟の再会 無一郎もまた成仏できて天国にいた双子の兄と会ったと。 この後、胡蝶姉妹が両親と再会したように、時透兄弟も両親と再会できたのだろうか…。 私気になります! そんなこんなで『鬼滅の刃』の故人は死んだ後も成仏することなく「現世にいる地縛霊みたいに留まる」「成仏前に真っ暗闇で天国と地獄の境目」「成仏して天国(地獄)で幸せそうに過ごす」(三途の川?)って3つ(4つ)がある。 これから逝った不死川玄弥はどうなるんじゃろ? 不死川玄弥死す 先に逝ってしまった弟。 死後のアレコレは一切なく、生きたままの涙腺を刺激するお別れである。 もう間違いなく兄の不死川玄弥も遠からず逝くでしょう。 死んだ玄弥はこの世に留まる地縛霊みたいに兄とやり取りするのか、成仏前の「真っ暗な世界」で待ってるのか、一足先に天国(?)に行ってるのか気になります。 ・現世にいて現れる故人 ・真っ暗な世界で成仏してない故人 ・成仏して天国(地獄)で過ごす もうクライマックス(むしろ死後の世界があるので続けられそうでもあるが)の『鬼滅の刃』、これから情け容赦無くバンバン死にそうなので、死んだ後にキャラがどこに立ってるかというのも面白い見方かもね。

次の

一番くじ鬼滅の刃~弐~は予約できる?予約方法や価格は?

気 滅 の 刃

「鬼滅の刃」最終回 205話 の結末は? 鬼のいない世界 鬼殺隊のおかげで、鬼がいない世界が戻ってきました。 平和を取り戻した日本は、 凄まじく発展し、寿命を迎える人が多い世になりました。 鬼殺隊員たちのその後 生き残った鬼殺隊員たちのその後と、最期について語られています。 炭治郎 終戦の9年後、カナヲと共に死去• 禰豆子 終戦の55年後死去• カナヲ 炭治郎と結婚。 二人の子供と幸せに暮らす 終戦の9年後、炭治郎と死去• 鱗滝左近次 終戦の半年後に死去• 煉獄槇寿郎 終戦の3年後に死去• 宇髄天元 死ぬ間際、弟からの謝罪を受け和解できた 終戦の25年後に死去• 不死川実弥 生前は妻と暮らす 終戦の5年後に死去• 富岡義勇 終戦後は鱗滝と暮らしていた 鱗滝の死後4年後に死去• 伊之助 いつの間にか、炭治郎の家から出て蝶屋敷に住んだ その後、アオイと結婚して幸せな生活を送った 終戦の37年後死去• 善逸 激しいアプローチにより、禰豆子と結婚が叶う しかし子供はできなかった 終戦の29年後死去• 愈史郎 心の中で炭治郎への感謝を唱えながら 茶々丸と太陽に焼かれて亡くなる 幸せな現代 そして長い年月が過ぎ、舞台は現代へ。 平和な現代の様子が描かれていた。 現代には、炭治郎たちの子孫たちや、 鬼殺隊の面々の転生後のようなキャラクターが幸せに暮らしていた。 転生後のキャラクターたちには、 鬼殺隊だった頃の姿が映し出されていた。 最後に 巻末には、吾峠呼世晴先生から、 読者への感謝を伝えるコメントがありました。 親子でハマっている鬼滅の刃。 作者が女性と知って確かにちょっと驚いたけど、キメツ学園をオッサンが描いてる姿を見るとゾッとするので、女性でホッとしたけどな。 — のこ nokonoko3212 「鬼滅の刃」が終わりました 内容はネタバレになるので書けませんが ここまで盛り上がった作品も稀かと思います。 やはりアニメの出来の良さが一番かと思います もちろん原作ありきなのですが、 映像美と演出に夢中になりました アニメはこれからも続くでしょうから楽しみですね — ぴり@おじぎり pirikaradayo 大正時代を生きた炭次郎と仲間達が、現代を生きる子孫に輪廻転生した姿を描いたのが鬼滅最終話。 炭次郎との約束通り生き続けている愈史郎は、何を思い珠世を描くのか。 お疲れ様でした。 — もりりゅー moriryu89.

次の