中学 受験 タブレット 教材。 【中学受験】タブレット学習を比較する”超”重要な3つのポイント

ネット塾比較

中学 受験 タブレット 教材

「うちの子も中学に入ったから、何か習い事をさせようかしら?」 「タブレット学習って、どこの教材がいいのかしら?」 と、中学生をお子さんにもつ方は、タブレット教材を検討しているのではないでしょうか?進研ゼミや、Z会など、様々な 有名教育企業から、タブレット教材が提供されておりますが、まずは大手5社の中から検討してみるのが良いでしょう。 筆者がその中でも、 強くおススメするのは「スタディアプリ」です。 費用がたった 月間980円にも関わらず、全国でも有名な講師の授業を動画で見れることは、継続のモチベーションにもつながるからです。 それでは本日は、中学生向けのタブレット教材5社を紹介いたします。 大手5社の有名タブレット教材比較 まずは、筆者がまとめた下記のタブレット教材の表をみてください。 大手5社のタブレット教材はそれぞれ特色が異なっています。 スタディアプリは動画で講師の授業を受けるのが中心であるのに対して、学研ゼミやスマイルゼミは、タブレット教材で問題をどんどん解いていく方式になっていますし、暗記問題の対策機能もあります。 また 完全にタブレットだけで問題ができるのはスマイルゼミだけで、進研ゼミやZ会タブレットは、紙とタブレットを両方使う方式になっていまし、スタディアプリもPDFの教材を印刷して使います。 それでは、1社1社、紹介していきます。 大学受験で有名な東進ハイスクールも、有名講師陣の面白い授業が売りのように、有名講師の授業が見ることができます。 筆者自身も体験がありますが、やはり全国でも有名な講師の授業は、惹きつけられるような独独の語り口で、 授業を飽きさせません。 授業自体が面白いから、断然集中力が持ちます。 どんな教材を使うにも、お子さんのやる気が一番大切な要素になりますから、面白い授業であれば、やる気も継続しやすくなります。 ただし 、スタディサプリは専用端末ではありません。 そのためLINEの通知がきたり、ゲームやインターネット、Youtubeなど、学習を妨げる要素がたくさんあります。 もし、子供にタブレットを与えて、スタディサプリの妨げになるようでしたら、下記のフィルター設定を使って、余計なアプリをさせないようにしましょう。 iPadやandroidタブレットのペアコントロールの設定: こういった設定をしなくても、勉強しかできないのが専用端末のメリットですから、スタディサプリを導入する場合は、この点をちゃんと考慮しましょう。 スタディサプリは、 14日間の無料体験ができるので、下記の公式ページから会員登録(無料)で試してから、決めてみてください。 しかし、タブレット教材も結局は、紙の教材をデジタル化しただけであり、大差はありません。 ただしハイブリッドスタイルでは、子供がどのくらい勉強しているか?などタブレット教材のため、 親が子供の学習状況を知ることができます。 難易度は「スタンダードコース」と「ハイレベル」があり、子供の学習レベルによって選択できます。 結論から言えば、地頭の良い子であれば、進研ゼミでもある程度の学習効果が得られますが、クラスや学年で上位を目指すには、塾に行かないと 進研ゼミだけでは厳しいでしょう。 また、進研ゼミは勉強の習慣がない子に、キャラクターを利用した教材などで、継続して勉強させる工夫がありますから、勉強にとっかかりやすい仕組みを作っていますが、もともと苦手な子が進研ゼミだけでは、なかなか勉強が得意にならないのが現実です。 やはり 進研ゼミは、それなりの子が、それなりに授業をついていくための教材と割り切るべきでしょう。 ちなみに興味がある場合は、最新の特典を下記 「進研ゼミの公式ホームページ」でチェックしてみてください。 このスマートドリルには、応用問題の機能はなく、応用問題は別途紙の教材で解くことになります。 アプリの名前にドリルとつくように、タブレット教材で反復練習を行うことで、学力を養うようにできています。 他にも、有料の体験イベントに参加して座禅やアート、自然と触れ合うなど、学研らしい取り組みに参加できたりします。 要は学研ゼミは、学習+体験が基本になっています。 タブレット学習に絞って、見解すると、スキマ時間にサクサク学べますが、 ぶっちゃけ3択の中から、適当に答えを選べば、いつかは問題も解けてしまうところが不安要素です。 しかし、とりあえず何かやらせておくというにはたった1000円ですし、良い教材かもしれません。 タブレット教材としての特徴は、まず ペンの感度が高く使いやすいため、英語や漢字の書き取りもスムーズに行うことができます。 そのため、進研ゼミのタブレットとは決定的に異なるのは、進研ゼミは紙と併用ですが、スマイルゼミはタブレット教材だけを使います。 勉強の習慣がない子が、使うと、1日あたり15分の勉強ができるようになっていますから、気軽にできるタブレットはおススメです。 しかし、 教材の内容は、「まーまーできる子」が使うと、力が発揮されるようで、定期テストが60点未満の子が使っても、わからない問題を聞くこともできませんから、力が発揮できない教材です。 ただし、 定期テスト対策や暗号カードは、なかなか良い機能で、タブレットに自分のテストの予定を入れると、2週間前から、テスト対策をはじめてくれます。 そして理科と社会は暗記カードを使えばかなり便利です。 学校の定期テストの平均が70点くらいの子には、スマイルゼミで、それ以下の場合は進研ゼミがおススメです。 実は紙もタブレット教材も問題は変わりがありません。 どちらの媒体を使うか?というだけでなので、あまりタブレット教材としての意味はありません。 進研ゼミとどちらにするか悩まれる方が多いですが、進研ゼミは、定期テストの点数があまりよくなかったり、勉強する習慣がない子が使うべき教材で、 Z会は、もともと勉強が得意な子に向いています。 つまりZ会の教材は応用問題に取り組みたいお子さんに向いているのです。 塾に行く予算が厳しいご家庭に質の高い学習をする方に支持されているのがZ会です。 下記のZ会の最新の 「Aeteria」というタブレットを使ったプログラムがおススメです。 下記の 公式サイトより資料請求してみてください。 【番外編】恥ずかしいけど小学生の算数からもう一度やりたい! 国語や、社会と違って、数学(算数)は一度基礎をつまずいてしまうと、やり直しがききません。 算数はロールプレイングゲームのようなもので、あるダンジョンをクリアしない限り、次のダンジョンには進めないのです。 ですから、もし算数からこっそりやり直したいというお子さんがいれば、 「RISU算数」が非常におススメのタブレット教材です。 なぜなら無学年生を採用しており、一人ひとりにあった問題が出題され、進み方も自由です。 しかも、最初のテストで「どこで算数がつまづいているのか?」が明確にわかり、そのつまづきが解消されるまで徹底的にフォローされる仕組みになっているからです。 RISU算数を使って、集中すれば小学生時代の算数は完璧に取り戻せるはずです。 動画の講師解説も非常に丁寧です。 RISU算数を初めて聞いたという方は、下記の公式ホームページをまずは見てみましょう。 中学生向けタブレット教材のまとめ 本日は中学生向けのタブレット教材を紹介いたしました。 まとめると下記のようになると思います。 受験はとにかくお金がかかりますが、月に980円のスタディアプリは、全国有名講師の授業が受け放題ですから、大変お得です。 ただし、勉強の習慣がない子には、進研ゼミやスマイルゼミの方が向いています。 あなたのお子さんに合わせて、タブレット教材を選んでみてくださいね。

次の

【中学受験】タブレット学習を比較する”超”重要な3つのポイント

中学 受験 タブレット 教材

RISU算数スタッフの回答 タブレット教材をうまく利用することで自宅での学習の効率を上げ、志望校合格に近づくことは可能です。 中学受験を突破する人には、 「レベルにあった問題で効率をよく実力を伸ばしている」、 「どんどん先取りする」、 「思考力をつける」という共通点があります。 これを実現できる環境が必ずしも塾にあるとは限りませんし、塾に通わなくてはいけないということもありません。 中学受験に勝つ人の共通項 1. 自分のレベルにあった問題で効率よく 2. できるならどんどん先取りする 3. 思考力を養う 1. 自分のレベルにあった問題で効率よく 受験で戦うライバルは皆しっかり時間をとって勉強してきます。 そのようなハイレベルな争いにおいて、 勝敗を分けるのは勉強の効率の良さです。 解いてきた問題数が同じであるならば、一問あたりでどれだけ学力を伸ばせるかが鍵になります。 効率的に学力を伸ばすには、易しすぎず、難しすぎず 自分の実力に1番あった問題を解くことが大切です。 RISU算数ではお子様ひとりひとりの学力についてデータをとります。 その データに基づいて各分野ごとの得意・苦手を把握し、お子様の実力に合った出題となるよう、個人に合わせて問題が変わり続けます。 そのため、難しすぎてついていけないことも、易しすぎて足踏みをすることもないのです。 塾に通ってみんなと同じ問題を解くよりも 効率よく実力を伸ばすことができるのです。 できるならどんどん先取りする 受験直前期には受験に特化した応用問題を解く訓練をします。 そのため、その前の段階である 基礎は早期に一通り終わらせておく必要があります。 特に 算数の基礎学習の場合、早期に終わらせておくことが大切です。 なぜなら直前期には理科や社会といった暗記物に時間を割くほうが点数の伸びがよく、算数は今までに培ってきた思考力を維持できる程度に問題を解くくらいが望ましいからです。 また、 受験でライバルとなるのは、同じ学校の同級生ではなく、日本全国の同年齢の人です。 もちろん理解が追い付かないのに焦って先取りするのは厳禁ですが、もしまだまだ先に進む余裕があるのであれば学校のペースに合わせる必要はありません。 RISU算数では、お子様の学力に合わせた出題をおこなっているため、難しすぎて勉強が嫌になることや易しすぎてつまらないと感じることがなくなります。 なおかつ 解き甲斐があり楽しい問題がつづくため、気が付くどんどん先に進んでいます。 実際、RISU算数利用者の平均学習速度は 学校の1. 7倍速になっています。 思考力を養う 受験で問われるのは学校で習うような単純な計算力や暗記量だけではありません。 「問題で問われているものは何か。 」をきちんと把握して、 論理的に考え抜いて答えを出す力が求められます。 この力は一朝一夕で身につくものではないため、なるべく 早期から意識して継続的に鍛えていく必要があります。 塾に通っているお子様の中にも、文章を読み取るのが苦手で問われていることを適切に把握できないお子様や、論理的に思考するのが苦手なお子様もいます。 RISU算数には、単純な計算問題だけでなく、 きちんと文章を読み取らなくては解けない問題や思考の整理をしなくては解けない問題がたくさん含まれています。 早期から思考力を身に着けていくことができるのです。 必ずしも塾が最適でない 塾での環境が必ずしも、「どんどん先取りができて、思考力に磨きをかけるような問題をたくさん解けて、すべての問題は自分の実力に合っている。 」ということはありません。 塾に通う利点は、ハイレベルな問題を解くことができ、わからないところの解説を受けられる点です。 一方、 皆が一律で同じ授業を受けるため、自分のペースで先取りができるわけではないですし、すべての問題が自分の実力にぴったりなわけではありません。 塾で解くようなハイレベルな問題に触れながら、 自分のペースで実力に合った問題を解き続けられる環境で勉強していくことが、中学受験突破において理想的な勉強法です。 「受験をするならば入塾をしなくてはいけない。 」とお考えの方も多いかもしれません。 しかし本当に大切なことは、 思考力を鍛えられる良質な問題を用いて勉強すること、自分に合ったレベルのものを解き、可能な限り先取りしていくことです。 そのために入塾することも一手段にはなりえますが、必ずしも低学年のうちから塾に通うことが最適とは限りません。 RISU算数は、 小学校低学年・中学年の受験を意識したお子様に最適な教材です。 RISU算数のようなタブレット教材を利用することで理想的な学習環境を実現し、受験対策が本格化する高学年に備えましょう。

次の

手続締切日・教材のお届け

中学 受験 タブレット 教材

RISU算数スタッフの回答 算数は繰り返し、勉強を積み重ねていくことが大切です。 計算ミスをしないために練習をする、復習を欠かさない、文章題や図形に慣れておくなど、地道な努力が必要です。 計算ミスをなくす 中学受験の算数はとても難しく、最後まで問題を解く時間がなくなってしまうということもあります。 計算力が不足していると、計算ミス、計算間違い、計算の遅さなどが原因で点数をとることが出来ません。 計算力を身につけるために、まずは毎日朝起きてから学校に行くまでの時間などを使って、15~20分程度計算問題を解くということをしていきましょう。 算数は全教科の中で、ケアレスミスをする確率が一番高い科目です。 例を挙げると、0と6を見間違えるということがあります。 途中式を書くために鉛筆を走らせていると、0を書いたつもりがパッと見が6になってしまうのが原因です。 計算問題をひたすら解いていくことでケアレスミスを減らし、無くすことができるので、毎日計算問題を解いていくことをおすすめします。 復習を最重要項目に 忘却曲線から学ぶ復習の必要性 一度問題を解いただけで、それを定着させるのは難しいです。 人間の脳は忘れやすく、一度覚えたことでも忘れていってしまうことがあります。 完全に定着させるために、復習は必要不可欠です。 最初に解いた時からスラスラとできた問題に関しては、復習の必要性はあまりありません。 しかし、 解くのに時間がかかった問題やわからなかった問題に関しては絶対に復習してください。 こういった問題を復習していなかった場合、 何ヶ月か後に同じ問題を見ても、解き方を忘れしてしまったり、解けません。 復習の目的 最終的な到達点としては、問題を見たらそれをスラスラ解ける状態にしておくことです。 復習は時間がかかるのでもったいないと思う方もいるかもしれませんが、それは間違えです。 同じ問題を解くたびにその問題の熟練度が上がり、同じような問題に取り組むスピードが上がっていくので、結果的に算数の学習の近道となります。 最初に解いたときから解けた問題に関しては、まぐれでない場合は復習を飛ばしても構いません。 5分考えて解法がなにもわからなかったら一度解説を見て、数日経ってから解いてみるといいです。 図形の問題をマスターする 図形の問題はトレーニングが必要です。 図形には様々な法則があり、 図形の問題というのは、法則の集合体です。 例えば、• 同位角• 対頂角• ピラミッド型の相似• N角形の内角の和 などの法則があります。 問題を解く上で、パターンに慣れていくことが必要です。 パターンを覚えたら、 テストの問題で「これはどのパターンなのか」ということがつかめるようになります。 図形はセンスのように思うかもしれませんが、まずはパターンを覚え、その次にひらめくかが重要です。 ひらめくためには、類題をたくさん解き、ひらめきやすくなる下準備が必要です。 RISU算数のタブレット教材には、中学受験に重要な図形問題がたくさん含まれています。 図形問題・文章問題を伸ばしたいお子様には大変お勧めの教材です。 早いうちから文章問題にたくさん触れ、図形問題を得意にしていきましょう。 文章題 文章題も様々なパターンがあります。 特殊算と呼ばれているものだけでも全部で20種類ほどあります。 いくつか例を挙げますと• つるかめ算• ニュートン算• 旅人算 などです。 このように、「普通の計算でやるような文章題」の他にも、特殊な計算を用いた文章が多々出題されます。 文章を読んだときに「その問題がどの計算を使うものなのか」ということを理解しないと、いくら計算方法だけわかっていても問題は解けません。 計算方法とそれを使った例題がどのようなものなのかというのを、セットで勉強し、それを覚えて、初めて力がつきます。 頭の中にある知識を実戦で使えるよう、「実戦用の勉強」を行っていくことで、算数の力が定着します。 RISU算数では低学年から文章題を多く解くことで、 考えるということを習慣化させ、論理的思考力を養うことを目指しています。 1年分の教材には、国語の教科書1冊分の文章量を盛り込んでいます。 低学年のうちから計算問題と同じように文章題も練習しておくことで、中学受験においていいスタートを切れるでしょう。

次の