マーガレット ミード。 マーガレット=ミード

【子どもへの教育の名言】何を考えるか、ではなく、どうやって考えるか≪マーガレット・ミード≫

マーガレット ミード

アメリカの文化人類学者の マーガレット・ミードは 「 未来とは、今である。 」という名言を残しています。 この短い言葉の中に、未来の真実が隠されています。 そう、未来とは今の行動の積み重ねで決定されるのです。 逆に未来の自分をイメージして、未来から時間を遡ると今やることが見えてきます。 氏は夢をジグソーパズルに喩えて 「今」は小さなジグソーパズルだと書いています。 これは、とても素敵な表現ですね。 夢や目標をジグソーパズルにたとえると、 毎日の小さな積み重ねはパズルのピースのようなものです。 ( 葉山直樹) 点と点を繋ぐように、日々のジグソーパズルを積み重ねていくこと そして、今という時間を大切にすることで、未来は明るくなるのです。 毎日の積み重ねが、 会社と自宅との往復だけだと面白いわけがありません。 人生がつまらないと思ったときに、私は変化することに決めました。 普段の生活を書き出して、面白くない理由を考えてみたのです。 8年前に私は自分の日常を徹底的にチェックしてみました。 私の平日は会社と飲み屋の往復で、目標や夢がない人生でした。 飲み屋で仲間と話しているその瞬間は楽しかったのですが そこからは何も生まれないシャボン玉のような刹那的な時間でした。 すぐ消える楽しさを追い求めるだけでは、未来は変わりません。 私はを決めて、時間を読書やアウトプットに費やすようにしたのです。 その後を経て、自分の夢や目標をリストに書き出すようになりました。 不思議なことに、そこから、夢が次から次に叶い始めたのです。 そうなのです! になるのです。 脳に刺激を与えることで、多くの情報が目に入り始めます。 赤い車を考えると、町中で急に赤い車が目につくように 夢を書き出すとその関連情報が自分に引き寄せられてくるのです。 今まで気づかなかったチャンスが目に飛び込んでくるのです。 ここから、私の行動が変わりました。 やりたいことをメモやブログに書き、そのことについて思考し始めたのです。 何が重要かは、後からわかってくると思い、いろいろな人に会うようになりました。 毎日、ランチタイムや夜の時間を活用して、ソーシャリアルな仲間との時間をつくり出し 彼らの夢や目標、課題を聞き出すうちに それを繋ぐことで面白いことが運ばれるようになったのです。 過去に話した内容が、今の私のプロデュース業にとても役に立っています。 一つ具体例を上げれば、ソーシャルおじさんズというコミュニティのおかげで 私の人生がとても面白くなりました。 ソーシャルおじさんズのメンバーとの何気ない会話が 私のジグソーパズルの一つになり それを積み重ねることで、私の未来を変え始めたのです。 彼らと出会えたおかげで、新しいプロジェクトがどんどん生まれています。 昨年の春ぐらいから考えていた新しい電子書籍のシリーズも おじさんズのメンバーとの何気ない会話がヒントになってスタートしました。 正に 未来は今生まれるのです。 過去の多くの情報や人を結びつけることで 私は という 電子書籍のレーベルをスタートできたのです。 今月はさんとの共著の と さんとの の二冊をリリースしました。 二人のおじさんの素敵な体験を、ぜひお楽しみください。 ソーシャルメディアを活用したパーソナルブランディングや起業法が ここから短時間で学べます。 普通のおじさんのノウハウですから、誰でも簡単に真似できると思います。 今後、毎月2冊のペースで をリリース予定です。 ぜひ、応援よろしくお願いします。 また、 では、執筆者も募集しています。 私と一緒に出版の夢を叶えませんか!! 今日もお読みいただき、ありがとうございました。 photo credit: via.

次の

マーガレット=ミード

マーガレット ミード

デレク・フリーマンによる「検証」 デレク・フリーマンによる「検証」 Examination of Derek Freeman on Margaret Mead's , 1928. loc. html 解説: しかしながら、当時のサモアもそれ以前のサモア も、思春期の女性は決して性的放逸におかれていたとはいえないという指摘がデレク・フリーマン()によって1980年代になされた。 フリーマン自身の回顧によると、す でに彼は1960年代の中頃から、ミードの記述の誤りに気づき、彼女との文通によってすでにその事実を指摘していたという。 しかし、生前のミードは、それ が1925-1926年当時のマヌア諸島の特殊状況であるとして、フリーマンの指摘を決して受け入れることはなかった。 は1978年に77歳の誕生日を1ヶ月残し生涯を閉じた。 ミードは、すでに死んでこの世にいなかったので、ミードの立場を擁護する人たちがフリーマンの議論に反論をした。 この ミード擁護派の主張とフリーマンの間で行われたやりとりは、今日では「ミード<対>フリーマン論争」と呼ばれている。 ここでの最大の問題は、サモアの思春期の少女たちの姿を性的に奔放であるとミードが過度に単純化して提示したことにあるが、なぜそのようなことがおこっ たのか、について考えることが、ここではもっと重要である。 この問題に答えようとしたフリーマンの『サモアの思春期』批判は多岐にわたっているが、ここで は主要なつぎの三点の疑惑を確認しておこう。 (1)ミードの調査が、ボアズの影響を受けつつ、サモアの社会環境によって少女たちの気質は性的に奔放になるように決定されているという理論に整合する ように彼女が民族誌の記述を修正したのではないかという疑惑。 つまり のミ ス。 つまり単純な 資 料解釈のミス。 (3)ミードの調査における重要なインフォーマント (=調査情報の提供者)であったミードと同世代のファアプアとフォフォアという少女たちが1926年3月に2つの島に調査旅行に出かけた際に、彼女たちが 「サモア特有の」性的冗談を言ってミードをからかったにもかかわらず、ミードはそれを真に受けてサモ アの性的放逸の確信を得てしまった。 つまり騙されたために事実を誤解したという疑惑。 これは ミード自身が完全に責任を負うことができないミスである。 ここでのフリーマンの批判は(1)と(2)の疑惑に焦点がおかれていた。 翌1988年5月に彼女へのインタビューが映 像記録さ れ、1989年暮れに米国人類学会誌『アメリカン・アンソロポロジスト』にその発言の記事が収載にされるにいたった。 「彼女(=ミード)が『(サモアの少女は夜になると)どこにいくの?』と聞くので、私たちは 『夜は外出するのよ』と答え、彼女が『誰と?』と聞いたの。 そ して、あなた(=インタビュアー)のお母さんのフォフォアと私はお互いにつねって示し合わせて言ったわ、『私たちは男の子と夜を過ごすのよ、そう、男の子 とね!』。 彼女は真剣になったようだけど、私は冗談を言っただけよ。 あなたも知っているようにサモアの少女は冗談を言うときは恐ろしく嘘つきになるのよ。 だけどマーガレットは私たちのでっちあげを本当として受け入れたようだったわ」。 その後フリーマンは(三)の疑惑をより具体的に明ら かにすべく、ミードのサモアにおける日記や未公開の原稿資料などを調べ、ほとんど一日ごとの行動を再 現した。 この 「悪ふざけ」 (hoaxing)には、冗談で人をかつぐという意味が込められており、具体的には2 人のサモアの少女の性的な冗談をそこに居合わせた同年代のミードが、よく確かめもせずにそのまま鵜呑みにしたことを指している。 フリーマンによる検証は微 に入り細を穿つものであるが、これほどまでにミードの最初のフィールドワークを念入りに検討したものはない。 もっとも、 フリーマンの実証主義づくめのミードの「嘘」の暴露のやり方にまったく問題がないとはいえない。 ファアプアのインタビューがビデオカメラに収 録され、またサモア語のテキストも適切に英語に翻訳されたとしても、今度はファアプアがカメラを前に、私たちに冗談を言っていないという確証はどこにも得 られないからだ。 ミードの話が伝聞による誤りであり、映像機械による記録が正確とい うのは、人間の真実について主張するにはあまりにもナイーブすぎる見解 だろう。 人に話を聞き、事実を確かめ、さらに質問する人類学のと いう活動は、善意悪意に関係なく常にそのような現地の人たちの「嘘」に よって担がれる可能性を秘めている。 それどころかフィールドワークにおいて現地の人に騙される経験を通して、人類学者は「真実」というものの不可思議で捕 らえどころのない経験の深みの中に入っていくことがしばしばある。 人類学における真実と嘘というのは、単なる真偽問題に還元されるテーマではなく、十分に 「考えるに価する問題」なのである。 リンク• The fateful hoaxing of Margaret Mead: A historical analysis of her Samoan research. Boulder: Westview Press その他の情報 Copyright Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2015-2017.

次の

【第13回】ジェンダー概論

マーガレット ミード

アメリカの文化人類学者の マーガレット・ミードは 「 未来とは、今である。 」という名言を残しています。 この短い言葉の中に、未来の真実が隠されています。 そう、未来とは今の行動の積み重ねで決定されるのです。 逆に未来の自分をイメージして、未来から時間を遡ると今やることが見えてきます。 氏は夢をジグソーパズルに喩えて 「今」は小さなジグソーパズルだと書いています。 これは、とても素敵な表現ですね。 夢や目標をジグソーパズルにたとえると、 毎日の小さな積み重ねはパズルのピースのようなものです。 ( 葉山直樹) 点と点を繋ぐように、日々のジグソーパズルを積み重ねていくこと そして、今という時間を大切にすることで、未来は明るくなるのです。 毎日の積み重ねが、 会社と自宅との往復だけだと面白いわけがありません。 人生がつまらないと思ったときに、私は変化することに決めました。 普段の生活を書き出して、面白くない理由を考えてみたのです。 8年前に私は自分の日常を徹底的にチェックしてみました。 私の平日は会社と飲み屋の往復で、目標や夢がない人生でした。 飲み屋で仲間と話しているその瞬間は楽しかったのですが そこからは何も生まれないシャボン玉のような刹那的な時間でした。 すぐ消える楽しさを追い求めるだけでは、未来は変わりません。 私はを決めて、時間を読書やアウトプットに費やすようにしたのです。 その後を経て、自分の夢や目標をリストに書き出すようになりました。 不思議なことに、そこから、夢が次から次に叶い始めたのです。 そうなのです! になるのです。 脳に刺激を与えることで、多くの情報が目に入り始めます。 赤い車を考えると、町中で急に赤い車が目につくように 夢を書き出すとその関連情報が自分に引き寄せられてくるのです。 今まで気づかなかったチャンスが目に飛び込んでくるのです。 ここから、私の行動が変わりました。 やりたいことをメモやブログに書き、そのことについて思考し始めたのです。 何が重要かは、後からわかってくると思い、いろいろな人に会うようになりました。 毎日、ランチタイムや夜の時間を活用して、ソーシャリアルな仲間との時間をつくり出し 彼らの夢や目標、課題を聞き出すうちに それを繋ぐことで面白いことが運ばれるようになったのです。 過去に話した内容が、今の私のプロデュース業にとても役に立っています。 一つ具体例を上げれば、ソーシャルおじさんズというコミュニティのおかげで 私の人生がとても面白くなりました。 ソーシャルおじさんズのメンバーとの何気ない会話が 私のジグソーパズルの一つになり それを積み重ねることで、私の未来を変え始めたのです。 彼らと出会えたおかげで、新しいプロジェクトがどんどん生まれています。 昨年の春ぐらいから考えていた新しい電子書籍のシリーズも おじさんズのメンバーとの何気ない会話がヒントになってスタートしました。 正に 未来は今生まれるのです。 過去の多くの情報や人を結びつけることで 私は という 電子書籍のレーベルをスタートできたのです。 今月はさんとの共著の と さんとの の二冊をリリースしました。 二人のおじさんの素敵な体験を、ぜひお楽しみください。 ソーシャルメディアを活用したパーソナルブランディングや起業法が ここから短時間で学べます。 普通のおじさんのノウハウですから、誰でも簡単に真似できると思います。 今後、毎月2冊のペースで をリリース予定です。 ぜひ、応援よろしくお願いします。 また、 では、執筆者も募集しています。 私と一緒に出版の夢を叶えませんか!! 今日もお読みいただき、ありがとうございました。 photo credit: via.

次の