サヤインゲン 病気。 サヤインゲンの病気・害虫 登録のある農薬

インゲンの病気?先月から育てているインゲン豆の葉が昨日から縮れて...

サヤインゲン 病気

インゲンはつる性のあるものと、つる性がないものがあり、それぞれ下記のような特徴があります。 種を入手するときには、つる性の有無をよく確認しておきましょう。 つるあり種:支柱をたてたり、誘引する手間がかかるが、収穫期が長くて、収穫量も比較的多い。 つるなし種:支柱がいらず栽培の手間がかからないが、収穫量が少ない。 インゲンの育て方:栽培する場所 インゲンは適度な日当たりと、風通しの良い場所を好みます。 陽性植物ですので、1日6時間以上の日照が適正です。 日陰では育たないので注意しましょう。 インゲンの栽培に適した鉢・プランターの大きさ インゲンを鉢やプランターで育てるときは、深型のものを選ぶようにしましょう。 インゲンは根群を深く張らせるので、浅型のものだと長期の栽培が難しいです。 インゲンの育て方:水やり 鉢・プランター栽培のインゲン 鉢植えやプランターでインゲンを育てるときは、用土の配合を赤玉土小粒6:腐葉土3:バーミキュライト1の比率で用意するといいでしょう。 そこへ苦土石灰を用土10Lに対して20gほど混ぜておきます。 種まきや植え付けは、土がなじむまで1週間時間をとってください。 地植え栽培のインゲン 地植えでインゲンを育てるときは、種まきの2週間前までに弱酸性の土壌にしておきましょう。 苦土石灰を1㎡につき100gほどまいて耕しておきます。 その1週間後、堆肥を1㎡につき2〜3kg、化成肥料を150gまいて、よく耕しておきましょう。 インゲンの栽培に適した畝立て インゲンの栽培に適した畝は、高さ20〜25cm、幅はつるあり種は100cmで一条、つるなし種は80cmで2条が目安です。 インゲンは過湿に弱いので、畝を高めにつくって、排水性をよくしておきます。 インゲンの育て方:種まき インゲンの種まきの時期 インゲンの種まきの時期は春まきと夏まきの、年2回種まきの適期があります。 春巻きは4〜5月、夏まきは7月中旬〜下旬に行うようにしましょう。 発芽温度は20度ほどです。 インゲンの種まきの手順 インゲンの種まきは、ポットまき、直まきが可能です。 9cmポット、もしくは直径7cm、深さ3cm程度の穴をつくり、そこへ種を3〜4粒重ならないようにまいていきます。 2cmほど土をかぶせたら、軽く手で押さえて、土が軽く締める程度に水やりをします。 株間隔はつるあり種は30〜40cm、つるなし種は25cmほどとるようにしましょう。 インゲンの種まき後の管理 インゲンは、種まき直後も過湿を嫌います。 土が湿りすぎていると、種自体が腐ってしまうので、水やりは少なめに、若干土が締める程度を保ちながら、日陰で管理しましょう。 種まきから発芽までの日数は、だいたい1週間ほどです。 インゲンの肥料は、収穫までに二回追肥として行います。 1回目の追肥は種まきからおよそ1ヶ月後ほどの、開花始めに施肥します。 2回目は開花から10〜15日後ほどの収穫始めに施肥します。 追肥の量は、1㎡に対して30gほど、もしくは一株にたいして5gほどの化成肥料を、株まわりにまいて、土と軽く混ぜ合わせたら、土寄せをしておきます。 インゲンの育て方:収穫 サヤインゲンの収穫のタイミングは、開花から10〜15日間です。 早々に収穫するほうが、甘みもありサヤも柔らかいので美味しいです。 収穫が遅れると、サヤが硬くなっていくので注意してください。 なお、つるあり種は30〜60日間は収穫が可能ですが、つるなし種は10〜15日間と比較的収穫期間が短いです。 インゲンの育て方:注意する害虫・病気 インゲンは、梅雨時期や雨が長期間つづくと、過湿状態が原因で、炭そ病やサビ病を発症します。 薬剤で防除したり、混み合った葉を切り取って、風通しをよく保ちましょう。 また生育初期はアブラムシ、ハダニがわきやすいので、葉の裏側をよくみたり、葉水をして防除に努めましょう。 インゲンってどんな栄養の野菜? サヤインゲンはたんぱく質、炭水化物、ビタミンKが豊富に含まれています。 とくに、たんぱく質の構成に必要なアミノ酸スコアが73と高く、良質なたんぱく質といえます。 インゲンの花言葉 インゲン豆は白いささやかな花をつけますが、その花言葉には「豊かさ」「喜びの訪れ」「必ず来る幸福」などがつけられています。 収穫量の多さから豊かさなどがつけられたと言われていますが、どれも縁起のよい花言葉で、家庭菜園におすすめです。 インゲンの育て方のコツを抑えよう!.

次の

インゲンマメに発生する病気の種類と症状

サヤインゲン 病気

いんげんモザイク病の可能性があります。 に、説明、写真が記載されているので、参考にしてください。 アブラムシによるものが多く、アブラムシがついていませんか? 対応策では、農薬使用(何を使えば判りませんが、) 米 酢 [効果]ウドンコ病、モザイク病、フハイ病、ナンブ病 葉の細胞が強くなり病害虫に強くなる。 土中に染み込むと根が太るので養分の吸い上げがよくなり、活力がつく。 [使い方]葉面にしたたるくらいの散布 小松菜、ほうれんそう、春菊のような軟弱野菜には、50倍に薄めた液を5日おきに2回かける。 キャベツ、白菜などには収穫の20日前頃に25倍の濃い液を葉面散布すると、ナンブ病などの腐敗が少なくなる。 根菜類には25倍液を収穫前や、気温が10度以下に下がる越冬前に散布する。 大根の葉面散布は、夏大根ではナンブ病が少なくなり、越冬大根は寒さに強くなる。 [作り方]種類は米の醸造酢に限ります。 食酢20mlに水1リットル=50倍液 (食酢40mlに水1リットル=25倍液)石鹸5グラムを振り混ぜる。 牛 乳 [効果]アブラムシ、ダニ類 [使い方]午前中の葉が乾いているときに葉面散布。 牛乳が乾燥するときの縮む力でアブラムシが圧縮され窒息死する。 薄めないでそのまま散布します。 賞味期限の過ぎた牛乳でも効果は同じ。 散布したからといって、すぐに効果があるわけではありませんが、農薬に頼り切るよりはいいと思っています。

次の

インゲンマメに発生する病気の種類と症状

サヤインゲン 病気

いんげんモザイク病の可能性があります。 に、説明、写真が記載されているので、参考にしてください。 アブラムシによるものが多く、アブラムシがついていませんか? 対応策では、農薬使用(何を使えば判りませんが、) 米 酢 [効果]ウドンコ病、モザイク病、フハイ病、ナンブ病 葉の細胞が強くなり病害虫に強くなる。 土中に染み込むと根が太るので養分の吸い上げがよくなり、活力がつく。 [使い方]葉面にしたたるくらいの散布 小松菜、ほうれんそう、春菊のような軟弱野菜には、50倍に薄めた液を5日おきに2回かける。 キャベツ、白菜などには収穫の20日前頃に25倍の濃い液を葉面散布すると、ナンブ病などの腐敗が少なくなる。 根菜類には25倍液を収穫前や、気温が10度以下に下がる越冬前に散布する。 大根の葉面散布は、夏大根ではナンブ病が少なくなり、越冬大根は寒さに強くなる。 [作り方]種類は米の醸造酢に限ります。 食酢20mlに水1リットル=50倍液 (食酢40mlに水1リットル=25倍液)石鹸5グラムを振り混ぜる。 牛 乳 [効果]アブラムシ、ダニ類 [使い方]午前中の葉が乾いているときに葉面散布。 牛乳が乾燥するときの縮む力でアブラムシが圧縮され窒息死する。 薄めないでそのまま散布します。 賞味期限の過ぎた牛乳でも効果は同じ。 散布したからといって、すぐに効果があるわけではありませんが、農薬に頼り切るよりはいいと思っています。

次の