モノタロウ cm。 モノタロウなど便利な通販サイトを比較

(株)MonotaRO【3064】:株式/株価

モノタロウ cm

(出典:プレスリリース) モノタロウは、兵庫県に本社を置く事業者向け工業用間接資材の通信販売会社である。 2015年にはテレビCMの放映などでメディアへの露出も増えており、目覚しい成長と株価の伸びに注目した人も多いことだろう。 モノタロウの販売商品は多岐にわたり、製造業・工場業・自動車整備業などの中小企業が中心顧客となっている。 取扱商品は900万点を超え、2015年5月からは医療・介護用品の取り扱いも開始。 登録会員数は177万口座を突破した。 急成長を遂げているモノタロウ。 2015年度決算によると、売上高は約556億円(前年比26. 2%増)、純利益は約47億円(前年比65. 9%増)と2014年に打ち出した計画通り、順調に推移している。 驚くべきは、ROE(株主資本利益率:出資に対する利益率)は30%を超えていることだ。 株式投資の際には12~15%以上が望ましいとされるROEにおいて、30%超は非常に優れた数値で、競合企業とROEを比較してみると、アスクルが6. 8%、トラスコ中山が8. 3%、ミスミグループが11. 5%となっている。 モノタロウがいかに効率よく利益を上げているかが分かる。 モノタロウでは、ITを使った購買プラットフォームを構築することで、これまでの間接資材調達の形を変えてきた。 創業当時から、日本ではほとんど利用されていなかったプログラミング言語「Python」に着目。 ユーザー向けのECサイト「monotaro. com」から、顧客管理、商品管理、在庫管理、受発注などの基幹システムまで、ほぼすべての領域においてPythonで構築されている。 このため会社全体の正社員のうち、2割以上(約230人のうち50人以上)がIT部門である。 2015年4月に入社した新入社員も、30%がIT部門に配属されるなど、エンジニアを積極的に採用している。 Pythonのユーザーカンファレンス「PyCon JP 2015」にも協賛するモノタロウ。 最近の大きな取り組みとしては、お客様が商品をバスケットに投入した後の注文画面から注文完了までのステップ数の削減や、類似商品を一覧から効率よく絞り込む機能の追加などを行った。 小規模な開発を含めれば、月に約10件以上はWebサイトの機能改善を行っているという。 テレビCMによるマスへの認知度向上は会員増に結びついたのか 売上を伸ばすためには顧客数の獲得が必須となるため、戦略的なプロモーション施策が重要になる。 モノタロウは、オンラインとオフラインの両面からプロモーションを盛んに行っている。 オンラインでは、インターネット広告の出稿と検索エンジン最適化(SEO)を軸とした宣伝を盛んに行なった。 また、スマートフォンからのトラフィックに対応するため、スマートフォンアプリも提供している。 オフラインで特筆すべきは、テレビやラジオでCMを放送してプロモーション活動を行ったことである。 放映エリアは2015年を通して徐々に拡大し、最終的には一部地域を除いて日本全国での放映となった。 もちろん、それ以外にもFAX・Eメール・郵送チラシによるDM、カタログ発刊などによっても宣伝活動を展開した。 これらの宣伝が功を奏して認知度が順調に向上している。 月間新規獲得口座数の推移を見ると、2014年の平均が24. 3万口座であったのに対し、2015年では平均32. 45万口座へと増加。 なお、2015年の1Q平均は30. 2万口座、2Q平均は31. 6万口座、3Q平均は34. 0万口座、4Q平均は34. 0万口座と増加していることからも、1年を通して宣伝効果がはっきり表れてきたことが分かる。 また、オンラインとオフライン両面からの宣伝活動の結果、現在受注方法の約90%はオンラインでの受注となっている。 10年以上前の2003年はオンラインの受注が30%以下、FAXの受注が約70%を占めていたというから大きな変化だ。

次の

(株)MonotaRO【3064】:株式/株価

モノタロウ cm

モノタロウとアスクルを比較 モノタロウ 特徴(はじめに):工場用品がメインで多く揃い、納期も早く現場中心の品揃えが特徴です。 メイン商品:建設現場や工事現場、工場などで使用する特殊な工具などが豊富 品揃え:モノタロウは1700万点ととても豊富、現場で使う消耗品などは何でも揃っています。 モノタロウでもオフィス用品や介護用品も扱っていますが、品揃え的には少ないです。 強み:モノタロウは15時までの注文で当日配達も可能で、巨大倉庫にはたくさんの工具類が揃っています。 現場で必要なものが敏速に届くというのが大きな特徴だといえます。 お得:キャンペーンやクーポンのサービスあり 送料:3500円以上で送料無料 公式ページ アスクル 特徴(はじめに):オフィス系用品がメインで多く揃い、納期も早く事務系の方にはありがたい品揃えが特徴です。 総合紹介:オフィス内で使う事務用品や、文房具、日用品がメイン。 品揃え:545万点とオフィス用品満載。 工具類や医療用品・介護用品なども扱っていますが、オフィス用品通販というイメージが強いです。 強み:基本的に頼んだ翌日に届くことが多いですが、当日発送も可能です。 商品を詳しく見てみると、オフィスで使う物は事務用品、文房具だけではなくなんでもあります。 その他:通販サイトをはじめるまでは、オフィスにカタログを置いて注文を受けるというスタイルでした。 オフィス用制服や飲食店・食品工場ユニフォームなども豊富です。 お得:ポイントサービスあり 送料:1000円以上で 送料無料 公式ページ 「モノタロウ」と「アスクル」の特徴を紹介 モノタロウ モノタロウは兵庫県に本社を持つ会社で、事業者向け通販事業を行っています。 また、一般の人が購入できる、個人向けのサイトである、IHC. MonotaROも運営しています。 製造・工事・自動車整備部品や工事現場、建築現場などで使用する工具や部品などの消耗品を購入できるサイトがモノタロウです。 モノタロウの取り扱い商品は1,700万点以上と国内最大級です。 工具版の大手のネットショッピングサイトと言えばわかりやすいでしょうか。 モノタロウは創業15年と新しい会社なのですが、右肩上がりに売り上げが伸びており今後ますます成長すると思われる勢いのある会社です。 モノタロウのメリットは、さまざまな商品やサイズなども多く揃っていること。 表示も細かく、商品の比較もしやすいことです。 モノタロウのサイトに会員登録することによって、過去の注文履歴から再購入が敏速に行えます。 当日出荷が可能なのは15時までの受付となっています。 一度の注文で3,000円以上購入すると、送料が無料になるサービスを行っています。 支払い方法はクレジットカード支払い・代引き・自動引き落としを選ぶことができます。 口座引き落としと定期振り込みの場合は、モノタロウは1か月分まとめての支払いが可能です。 クレジットカード支払いの場合は、モノタロウは領収書をWEB上で発行することもできます。 モノタロウはポイントなどのサービスは行っていませんが、キャンペーンやクーポンでお得な買い物ができるサービスを行っています。 アスクル 東京都江東区に本社があり、オフィス用品、文房具用品、医療・介護用品などを取り扱う通販サイトを運営している会社です。 法人向けのサービスが「アスクルインターネットショッピング」です。 そして個人向けサービスは、「LOHACO」といいます。 以前は、オフィス専用にカタログ通販をしていたことから、現在も事務用品や文房具などオフィスで使用する商品の品ぞろえが豊富です。 18時までの注文は当日配達が可能で、一度の注文で1,000円以上なら送料が無料になるサービスを提供しています。 また会員登録(年会費無料)することで、購入金額100円ごとに1ポイントたまり、商品購入の際に利用することができるポイントサービスもあります。 間違えた商品を注文してしまった場合でも、365日いつでも返品が可能です。 支払い方法は、口座振り込み・ゆうちょ銀行やコンビニでの支払い・銀行口座引き落としがあります。 納期は1か月まとめての支払いになります。 モノタロウとアスクルを比較まとめ いかがでしたでしょうか?モノタロウなど通販サイトを比較しました。 それぞれ特色があり上手に使い分けるのがベストです。 工場や工事現場などで利用するアイテムなどはモノタロウが強く、オフィス用品はアスクルが強いのでそれぞれの特色を理解し利用しましょう!.

次の

MonotaRO

モノタロウ cm

作業工具等がお買得価格で購入できる通販サイト 「モノタロウ」をご存知でしょうか? 取扱商品1700万点という豊富なラインナップに加え、プライベートブランドも含めた高品質なアイテムが安価で販売されているとあって、多くの利用者を抱えているんですよ^^ ホームセンターに並んでいるようなアイテムが、気軽に・安く手に入るということですね。 ところがその「利用方法」に関して、多くの消費者から素朴な疑問が寄せられています。 monotaro. 個人向けと法人向けのストアでは、とりあえず「売っている商品の内容」が違います。 前者がホームセンターとかなり似通った品ぞろえで運営されているのに対し、後者においては主に工場等で使用する備品・消耗品の類が扱われているんです。 また、「決済方法」も異なりますね。 法人向けではコンビニ決済が可能となっているのですが、個人向けストアでは代引きと先払いしか取り扱われていません。 そして最大の違いは、ズバリ「値段」です。 法人向けサイトの方が、若干安い価格設定になっているんですよ! 曜日ごとの日替わりセールなども実施されていますから、うまく買い物をすれば通常価格の20パーセントオフ程度で買い物することが可能となり、かなりの節約が見込めます。 3,000円以上は送料が無料なので、まとめ買いにも適しており、消費者の立場からするととても魅力的に映りますよね。 これだけのメリットが法人向けストアにあるのですから、「私だって、そちらを利用したい!」という個人が増えることも、ごくごく自然な流れではないでしょうか? スポンサーリンク? ご利用ガイドと実情には乖離がある!? さて、事業者向けサイトのご利用ガイドをチェックしたところ、という記事が目に留まりました。 そこには 「今ご確認いただいておりますサイトは、事業者様専用サイトでございます。 そのため一般消費者様の場合は、ご利用いただけません。 」とはっきり明記されており、個人向けのストアへ誘導する案内までありましたね。 当然ながら運営者サイドは、個人・法人のすみわけをしっかり行ってほしい様子です。 しかしながら、ガイドの内容と現実の状況には少々乖離があるようで、 ・個人だけど、知らないままに事業者向けサイトで買い物してた^^; ・一応、事業者向けサイトの方も利用自体は問題なくできるよ ・事業者向けサイトっていっても、1個単位の商品が多いんだよね。 モノタロウとしても、個人が利用してくることは想定済なんじゃない? といった口コミが散見されました。 実情としては、ガチガチのルールやペナルティが課せられているわけでなく、需要に合わせて事業者向けを利用する一個人も多いということみたいです^^; スポンサーリンク?

次の