古希 祝い方。 古希(古稀)とは?意味や由来、祝い方、プレゼントにおすすめの花を知ろう

古希祝いにはTシャツを贈ろう!70歳の長寿祝いに選ばれるおすすめのTシャツやポロシャツご紹介!

古希 祝い方

古希とは? 古希は古来中国の長寿を祝う習慣がもととなっています。 中国の儒教には、年長者を敬う思想がありました。 奈良時代に日本に伝えられ、室町時代に入った頃 長寿を祝うお祝いの一つとして「還暦」とともに「古希」も定着しました。 「古希」という名前は、中国・唐時代の詩人・杜甫の 「曲江詩」という漢詩に由来しています。 この詩の一節 「人生七十古來稀(人生を 70 歳まで生きるというのは非常に稀なことだ)」 がもとになって名付けられているのです。 昔は漢詩の通り「古稀」と表記されていましたが 現在は常用漢字の関係で「 古希」と表記されています。 70 歳と聞くと、現代日本ではそれほど珍しいこととは 思えないかもしれません。 しかし杜甫が生きた時代では、とても貴重なことでした。 杜甫も享年 58 歳で亡くなっています。 古希が一般庶民にも祝われるようになったのは 世の中が安定して平均寿命が延びた江戸時代の頃からです。 時代の移り変わりとともに、古希を祝える人が増えたのは 喜ばしいことなのかもしれません。 古希の祝い方やプレゼントの決め方を解説! 古希のお祝い方法に特別な決まりはありません。 漢詩由来の名前が付けられていることも影響しているのか 地域に根づいた独特の風習もほとんどないと言えます。 還暦の赤いちゃんちゃんこと異なり、 古希では高貴な色である 紫色の物を贈るのが一般的です。 現代日本では、還暦を迎えてもまだまだ現役と感じる人が多く 古希の祝いを経てはじめて自分の長寿を実感するという方も 少なくありません。 家族だけでなく親戚や知り合いを呼んで、いつもより豪華に 誕生日を祝ってあげるイメージを持つと喜ばれやすいでしょう。 プレゼントは、基本的に紫色の物を贈ることが基本とされていますが 強くこだわらなくても良いとされています。 名入りのグラスやメッセージ付きのお酒やお花、 T シャツなどの 衣類の人気が高いです。 紫色の物を贈る時は、普段の生活でも使えるようにラベンダー色など 色の薄い紫を選ぶと良いでしょう。 しまいこんでしまうより、飾ったり使用したりする物の方が 喜ばれる傾向にあります。 物だけでなく、一緒に食事をしたり、旅行に行くなど 共有できる時間を贈るという選択肢もあります。 一緒の時間を共有することで、古希のお祝いがより特別な日になります。 遠方に住んでいて会いに行けない場合は、自筆のメッセージ付き プレゼントを贈ると良いでしょう。 古希祝いのメッセージ文例 基本的に身内で祝うことが多い古希は、あまり堅苦しくならず 自由に気持ちを表すメッセージが好まれます。 長寿を祝う気持ちと、これまでの感謝を伝えてあげましょう。 可能ならば自筆である方が喜んでもらえる確率が高まります。 子どもや孫からのメッセージを活用する手法もオススメです。 文例 1 古希おめでとう。 いつも元気をもらっています。 ありがとう! これからも健康に気を付けて長生きしてくださいね。 文例 2 古希おめでとうございます。 いつも若々しい元気な姿に励まされています。 これからも 100 歳目指して長生きしてください。 文例 3 お誕生日おめでとう! これからも変わらず元気で活躍してね! 応援しています。 身内以外にお祝いのメッセージを贈る時は、一般的な形式に沿っていれば大丈夫です。 文例 4 〇〇様 つつがなく古希を迎えられましたこと、心よりお祝い申し上げます。 今後とも変わらずのご健勝ご多幸をお祈りいたしております。 古希のお祝いの注意点 長寿をお祝いする古希ですが お年寄り扱いしてしまうことは避けましょう。 70 歳はセカンドライフを謳歌している年です。 過度にお年寄りと意識させてしまうものは むしろ不愉快な思いをさせてしまいかねません。 これまでの長寿と、これからのさらなる活躍を応援する気持ちを込めて メッセージやお祝いの品を選ぶことが大切です。 不安がある時は、まわりの人がどんなお祝いをしたかリサーチしてみるのも 良いでしょう。 お店の方に相談してみるという手法もあります。 古希を迎える人に取っては人生で 1 度きりのことですが 古希のプレゼントなどを扱っているお店からすれば これまでにもたくさんのお客様とやり取りしてきた経験があります。 対象となる人の好みを伝え、ピッタリの物を選ぶなど 配慮してあげると良いでしょう。 まとめ 古希は人生の節目の一つです。 長寿をお祝いする気持ちを言葉やプレゼントで伝えましょう。 まだまだ現役世代ですので、セカンドライフを楽しむことを 応援する気持ちを伝えるのも素敵ですね。

次の

【古希】70歳のお祝い♪気持ちを伝えるおすすめプレゼント10選

古希 祝い方

古希祝いの贈り物の選び方 70歳は古希と呼ばれ、長寿のお祝いをする年齢です。 昔は70歳ともなると長寿という扱いでしたが、今では男女とも寿命が80歳前後にまで延びていますので、70歳ですとまだまだ元気な人が多いです。 それでも無事に70歳を迎えられたことへの感謝や、これからの健康とさらなる長寿を願って古希のお祝いをすることは、人生の節目において大切なことなのではないでしょうか。 とはいえ、お祝いといえば贈り物がつきものですが、古希のお祝いとなるとどのようなものを贈ればいいのか悩む方も多いでしょう。 70歳ともなればまだまだ現役の方もいらっしゃいますが、 大半の方は会社を退職しておられます。 ですので贈り物を考える時に、 古希の方のライフスタイルを考慮する必要があるでしょう。 古希祝いの贈り物に選ばれるものの傾向としては、日頃から実用的に使えるものや趣味に関するものなどが挙げられます。 古希の方がどういったライフスタイルを送られているのか、事前にリサーチしてプレゼントを選びましょう。 ライフスタイル別おすすめの贈り物 古希の方の好みを事前にリサーチして贈り物を選べば、驚きと共にきっと喜んでもらえるはずです。 70歳だからといって、勝手なイメージで 年寄り臭いものを選ぶのは、気分を害される場合もありますので避けた方がいいでしょう。 ここでは、ライフスタイル別の古希祝いに贈りたいおすすめの贈り物をご紹介します。 仕事をされている場合 現代では、若々しい古希世代の方が多く、第一線でご活躍されている方も多くいらっしゃいます。 古希を迎える方が仕事をされている場合であれば、 日常的に使えるものがおすすめです。 たとえばビジネスに使えるバッグや財布、時計などで、男性ならネクタイやネクタイピン、女性ならスカーフや化粧ポーチなどはいかがでしょうか。 通勤に電車やバスを使われる方も多いので、高級感のあるレザーのパスケースや、名入れのパスケースを贈るのもおすすめです。 どれも仕事をされている方であれば使うことが多い物であり、 自然に手を伸ばしてもらいやすいでしょう。 古希の方に好みのブランドやいつも愛用しているブランドがある場合もありますので、持ち物の状況を事前にチェックしておきましょう。 日常的に使えるものを贈る場合には、 一緒に花束や手紙などを贈ると気持ちが伝わりやすく喜んでもらえるでしょう。 退職されている場合 古希を迎える方がリタイアされている場合でしたら、 これから自分の時間を楽しんでもらいやすいアイテムを贈るのがおすすめです。 まず、 趣味に関するものがおすすめ。 ゴルフを楽しんでいる方ならゴルフウェアもいいですし、釣りを楽しんでいる方にはフィッシング用のグローブやサングラスを贈ると喜ばれるでしょう。 近年では趣味に関するアイテムに名入れをして贈ることができる商品も多いので、記念品としても贈りたい場合には検討してみましょう。 旅行好きな人もたくさんいますので、 温泉旅行のチケットなどを贈っても喜ばれます。 また、お酒を日頃から楽しんでいる方であれば、名入れのお酒とグラスのセットのプレゼントというのも素敵です。 仕事をされている場合も退職されている場合も、 本人の好みに合ったものや使いやすいものを中心に選ぶのがおすすめです。 入院されている場合 古希の世代の方皆さんがアクティブに活動されているとは限りません。 70歳の古希を迎えられる際、体調などによっては入院されている方もいらっしゃいます。 古希の方が入院されている場合には、病院でも使えるカーディガンやフォトフレームなどの贈り物がおすすめです。 カーディガンは 紫色が基調となったものやデザインの一部として使われているものを選ぶと縁起の良さを感じられます。 また、フォトフレームを贈る場合には、メッセージが入った名入れの物に家族やお孫さんの写真を入れて贈ると喜ばれます。 お花が好きな古希の方には、華やかなプリザーブドフラワーが添えられたフォトフレームもおすすめです。 健康状態に合わせたプレゼントを贈ることも古希祝いでは大切になってきますので、古希の方が今どのような生活を送られているのかをリサーチしておきましょう。 家族での食事も立派な贈り物 品物でなくとも、 家族で食事をすることも立派な贈り物です。 離れて暮らす子や孫が集まって、古希の方を囲んで賑やかにお祝いをするのは、最高に幸せなひと時となるのではないでしょうか。 子どもの成長は早いですから、孫との時間を大切にしたいと考えている方も多いはずです。 古希のお祝いにお孫さんが来てくれたら、さぞ喜ばれることでしょう。 食事はお家で古希の方の好物を手作りされてもいいですが、デリバリーやケータリングを利用するのも便利です。 お祝いの特別感を演出するならレストランや料亭などを利用するのもお勧めです。 やはりいつもと違う空間で食事をするのは、お祝いムードが高まります。 お店によってはケーキや花束などの特典が付いた長寿祝いプランがありますので、そういったところを利用するのもいいでしょう。 小さなお子さんも一緒なら、個室を利用された方が他のお客さんを気にせず食事ができますので、 お店選びの際に予め個室が使えるかどうかを調べます。 そして予約の時に古希祝いでの利用をお店側に伝えておくと、いろいろと配慮してもらえることもあります。 古希祝いには出来るだけ家族全員が集まって、楽しく思い出に残る食事会にしたいですね。 古希祝いに避けたい贈り物 家族からの温かみのある贈り物はうれしいもの。 ただ、古希祝いにふさわしくない贈り物もありますので、選ぶ際には注意が必要です。 ここでは、古希祝いに避けたいアイテムをいくつかご紹介しますので、プレゼントを選ぶ際に参考にしてみてくださいね。 年齢を感じさせるアイテム まず挙げられるのが、 老眼鏡や杖、補聴器など年齢を意識させるようなアイテム。 これからも若々しく元気でいてほしいと伝える場面で、 年齢を感じさせるアイテムはふさわしくありませんので避けましょう。 もしも本人が欲しいと言っている場合には、お祝いの場面以外で贈るようにしましょう。 苦や死を連想させるアイテム 次に、 「苦」や「死」を連想させるアイテムもふさわしくありません。 例えば、「苦」「死」が両方入った櫛、首から落ちるを連想する椿の花、故人の顔にかける白い布を連想させる白い無地のハンカチ、香典返しに使われることが多いお茶などが挙げられます。 また、数字の9や4も「苦」や「死」を連想しやすいので、メッセージを贈る際には使用を控えるようにしましょう。 また、お花を贈る際には仏花に使われる輪菊や小菊、不祝儀に向いた青と白、紫と白のような組み合わせなども避けた方が良いでしょう。

次の

古希お祝いの言葉|#話術.com

古希 祝い方

そもそも古希祝いとは? 古希祝いはどんなお祝いか知っているでしょうか?古希は、数え年の70歳の長寿をお祝いするイベントです。 中国の唐の詩人である社甫の詩に「人生七十古來稀」の一節に由来しています。 昔は70歳まで生きることが稀なことであったのです。 しかし昨今は70歳以上の方も増え、見た目も若々しくなっています。 また長寿のお祝いには、それぞれテーマカラーがあります。 60歳の還暦は赤ですが、70歳のテーマカラーは紫です。 古希祝いにおすすめなのは、テーマカラーとなっている紫色のプレゼントを贈るのが一般的となっています。 これまでの感謝やこれからの健康と長生きを祝う気持ちを込めて紫色のプレゼントを贈りましょう。 古希祝いにTシャツがおすすめな理由は? 古希のお祝いは、実用的なものや身につけるものが人気となっています。 普段身につけるものとしてTシャツはいかがでしょうか。 Tシャツは若い方が着るイメージがあり、Tシャツをプレゼントにすれば「いつまでも若々しくいてね」というメッセージにもつながります。 Tシャツにはさまざまなデザインのものが揃っていますので、プレゼントする際にも相手の方に合わせて選ぶのがおすすめです。 色はテーマカラーの紫色でプレゼントするのが最適です。 また古希のお祝いとして、メッセージやイラスト、名前を簡単にプリントすることも可能なので、人気のプレゼントとなっています。 特別なプレゼントとして、オリジナルシャツを贈ることで、おじいちゃん、おばあちゃんが笑顔になったり離れている家族が集まったり、古希のお祝いが家族によっても良い機会となることでしょう。 また、レストランやお祝いの席でTシャツやポロシャツなどを着てもらい、家族で一緒に写真を撮ることで良い記念となるでしょう。 古希祝いに贈るTシャツの選び方は? 古希祝いにTシャツをプレゼントする場合は、どんなところに気をつければ良いのでしょうか。 ここでは古希祝いにプレゼントするTシャツの選び方のポイントについてご紹介していきます。 趣味に関するデザインを選ぶ 趣味を知っていれば、それに関連したデザインのTシャツを贈ると喜ばれます。 ゴルフやテニスなスポーツをしている方には、そのユニフォームの風なデザインのものがおすすめです。 また釣りやお花など趣味に合わせたデザインにすると良いでしょう。 他にも名入れやメッセージを入れることで特別感が出ます。 Tシャツのネックラインに気をつける Tシャツは、デザインや形などさまざまな種類があります。 男性・女性によっても形によって印象が変わります。 ネックラインはどんな形が良いのか事前にリサーチしておきましょう。 クルーネックは丸い襟ぐりなので、カジュアル感が強い印象です。 またV字に開いているVネックは、シャープな印象を相手に与えるため、顔が丸い方にはおすすめのデザインです。 クルーネックよりも首元がすっきり見えるのがUの字に開いているUネック。 贈る方の印象やどんなデザインを普段着ているかで選ぶ基準も変わってきます。 女性の場合は年齢がわかるようなデザインは控える 古希祝いに女性へTシャツを贈る場合は、年齢がわかるようなデザインは控える方がおすすめです。 女性はいつまでも若々しく見られたいという方が多いので、70歳や古希だとわかるようなデザインはできるだけ避けましょう。 色味を紫やおしゃれな淡い紫色などにして、英字を使用すれば年齢もあまり分からずプレゼントしやすくなります。 相手の方に心から喜んでもらえるようちょっとした配慮も大切です。 オリジナル性のあるものや人気ブランドで選ぶ オリジナル感のあるもは、特別感も出て古希のお祝いとして素敵なプレゼントです。 名前だけでなくメッセージを入れるこで素敵なプレゼントになるでしょう。 またお気に入りのブランドがあれば、そのTシャツなどをプレゼントするのも良いでしょう。 おしゃれな方であれば、洋服にこだわりを持っている方も多いので、お気に入りのブランドのTシャツやポロシャツをプレゼントを贈るよ良いでしょう。 古希祝いのTシャツの価格や相場はどのぐらい? 古希祝いのTシャツの価格はどのぐらいでしょうか?Tシャツ自体は手頃な価格のプレゼントとしても喜ばれています。 Tシャツギフトとしては、低価格なもので 2,000円〜6,000円程度です。 また好みのブランド物のTシャツやポロシャツを贈る場合は、 8,000円~1,5000円程度です。 古希祝いの方との関係性によっても予算が変わってきますので、予算に合わせたプレゼントを選びましょう。 また古希は、長寿祝いという特別なイベントなので、Tシャツやポロシャツだけではお祝いには物足りないこともあります。 その場合は他にもプレゼントを用意して、Tシャツとセットにしてプレゼントするのが良いでしょう。 古希祝いにおすすめのTシャツギフト 古希祝いにぴったりのおしゃれなTシャツをご紹介します。 6オンスの生地は、よれず透けない、長持ちする古希にぴったりのパープルのTシャツです。 さくらのデザインでローマ字で名前が入ります。 Tシャツやタオル、マグカップがセットになったプレゼントです。 Tシャツとタオルは、6パターンのデザインから選ぶことができ、名入れもできます。 オリジナルのTシャツを作ることができます。 Tシャツのカラーは11種類から、文字のカラーやデザインもそれぞれ選ぶことができます。 こちらの記事もおすすめ 古希祝いのプレゼントにブランドポロシャツが喜ばれる理由は? ポロシャツは、襟付きなのでTシャツよりもきちんとした印象を与え、1枚でもサマになるため、両親や祖父母世代にはぴったりのアイテムです。 またパンツやスカートなどにも合わせやすいので、着回しもしやすいのでおすすめです。 普段ポロシャツを愛用している方には、Tシャツよりもポロシャツを古希祝いとしてプレゼントすると喜ばれるでしょう。 ポロシャツは胸元にロゴが入っているものが多く、好きなブランドのワンポイントが入っているものをプレゼントするのがおすすめです。 古希祝いにおすすめのブランドのポロシャツとは ここからは、古希祝いにぴったりのブランドのポロシャツをご紹介します。 ラルフローレン 1868年創業のアメリカで人気のブランドです。 流行にとらわれないトラディショナルなデザインがアクセントとなっており、若い方だけでなく年配の方にも人気があり、幅広い年だから信頼されているブランドです。 ポロシャツはデザインやカラーバリエーションも豊富で、古希のプレゼントに喜ばれることでしょう。 アーノルドパーマー・タイムレス カラフルな傘のマークが目印のアーノルドパーマー・タイムレスは、日本生まれのブランドです。 メンズやレディース、キッズまでと幅広く展開していおり、程よいカジュアルさが好きな方におすすめです。 メンズだけでなくレディースが充実しているので古希のお祝いとしておじいちゃん、おばあちゃんのペアのプレゼントとしても良いでしょう。 フレッドペリー 1952年にイギリスで創業したフレッドペリーのブランドは、テニスプレイヤーだったフレデリック・ジョンペリー氏によって設立されました。 テニスブランドから現在はカジュアルウエアのブランドとして男女問わずに人気となっています。 ポロシャツは定番アイテムの一つで、胸元にある上品なロゴは、どんなコーディネートにも似合うのでプレゼントに最適です。 バーバリー 1856年でイギリスで誕生したバーバリーは、歴史のあるブランドとして世界中で人気となっています。 バーバリーチェックは馴染みがあるのではないでしょうか。 いつもよりちょっと上質なポロシャツを贈りたい時、おしゃれにこだわりのある方におすすめのブランドです。 上品で上質な生地ですので、フォーマルな場面でも活躍することでしょう。 古希祝いにおすすめのポロシャツギフト 古希祝いにぴったりのおしゃれなポロシャツをご紹介します。 デザインが4種類あり、名入れもできます。 古希祝いにおすすめのポロシャツです。 吸水速乾、UVカット、消臭機能がついている多機能なシャツで長く愛用できます。 スポーツが好きな方におすすめのポロシャツです。 古希祝いする方の好きなスポーツのデザインを選び、名前を入れてプレゼントしましょう。 古希祝いに最適な紫色のポロシャツです。 親しい方を招いて盛大に招いてプレゼントしましょう。 背番号のようなデザインがおしゃれです。

次の