爬虫類 体表の様子。 TEXT3

爬虫類

爬虫類 体表の様子

モグラの身体検査 モグラの身体検査 location:uchinome. jpトップ>>>モグラの身体検査 モグラ・・・いつもは家の廻りの畑を掘り返し、その通路を野ネズミが走り回る嫌われ者です。 周辺の畑にも、モグラ除けと称するペットボトル風車があちこちに見られます。 先頃でしたが、ひょんな事から家の庭にモグラが転がっていました。 もちろんですが、背中をかじられて死んでいたモグラです。 以前のことですが、家にしょちゅう姿を見せる母ネコが自分の子ネコに与えるエサでしょうか、ハンティング訓練のためでしょうか、捕まえてきたことがありました。 今回も同じ母ネコで、生後四カ月ぐらいの子ネコに与えるために捕らえたと思います。 遊び疲れた子ネコからモグラを取り上げ、思いついたのがモグラの詳細観察でした。 背中がかなり食いちぎられていますので、ビニールの手袋をしてマクロレンズを使用しての撮影です。 こんな事でもなければ、モグラの体をじっくりと観察し撮影することは出来ません。 背中の様子を撮影すると画像としてはお見せできないので、正面と後ろからの限られた範囲での撮影です。 私にとっては新しい発見が数多くあり、モグラに感謝しています。 撮影を終えた後、近くにあるモグラの通路を掘り返し埋めておきました。 題して「モグラの身体検査と名付けて見ました。 トップの画像は、鋭い爪を持つ両手(前足)と、偶然ですが目のあるべき場所に土の粒がくつかり、愛嬌のある顔に見えています。 こんな間近から見たのは始めてのことでした。 前回ですが、野良の母ネコが捕らえてきたのが2006年9月のことでした。 この時は、ちびネコが三匹うろうろしていた頃で最初は何を咥えているのか分かりませんでした。 よく見たら死んだモグラで、ちびネコたちの格好のオモチャと言いますか、おっかなびっくりの様子が可愛らしく撮影したことを思い出します。 この時は夜だったので、モグラの詳細を観察する気持ちが生じないままに取り上げて埋めた記憶があります。 今思えば、どこにも傷がない状態できれいなモグラでした。 今回ノラネコが捕獲したモグラは、体長が14cm位ありました。 モグラ(土竜)は、トガリネズミ目・モグラ科に属する哺乳類の総称である。 形態・・・モグラはずんぐりとした胴体を持つ。 とがった鼻を持ち、眼は退化して小さく視力はほとんどない。 また、耳も外見からは見えない。 四肢は短く、前足の掌部は平たく大きくなり、鋭い爪がある。 これらは地下で穴を掘って暮らすための適応と考えられる。 また、前足は下ではなく横を向いているため、地上ではあまりうまく扱えない。 全身が細かい毛で覆われ、鼻先だけが露出している。 尾は短い棒状。 ここでは最初に、暗闇でミミズを見つける感覚器官である鼻の様子、次には捕らえたミミズを食べる口と歯の様子、確実ではありませんが耳と思われる場所、そして、最大の武器とも言える両手(前足)の様子を調べてみました。 死んでいるとは言え、モグラにはちょっと可哀想な気持ちになりましたが勘弁してもらいます。 偶然の事ですが、目があるだろうと思われる場所に小さな土粒がついていました。 これが可愛い目に見えるのです。 資料等で調べると、モグラには小さな目(1mm位)があり、皮下に埋まっているので発見は難しいとありました。 もちろんですが、暗黒の地中で生活していますので退化して、目としての機能はないと言います。 せっかくの機会ですから土に埋める前に、ここらあたりと思う場所の毛を除けてみたりもしましたが痕跡すら分かりません。 すっかり毛を剃ってやればあるいはとも思いましたが、そこまでは出来ませんでした。 モグラが地上で死んでいる例が時々見られる。 「太陽に当たって死んだ」とされ、モグラは日光に当たると死ぬと言われてきたが、それは誤りである。 モグラは普段地中に住み、地上はめったに出てこないため「太陽に当たって死んだ」と誤解されたのだろう。 実際にはモグラはしばしば昼間でも地上に現われるが、人間が気付かないだけである。 死んでいるのは、仲間との争いで地上に追い出されて餓死したものと考えられる。 鼻の様子・・・ 上半身を見ると白っぽく長い鼻が目立ちます。 これを大きくするとイノシシの鼻に似てきます。 鼻を裏返しにすると可愛い口が見えます。 鼻の穴をマクロ撮影で最接近すると、可愛い二つの鼻の穴が見え、中には土粒が入っていました。 鼻の先端部の大きさは5ミリぐらいあります。 体の上の方向から見ると、突き出ている鼻の表皮にしわのような模様がありました。 モグラは聴覚と臭覚が発達していると言います。 このことについてネット等で色々調べてみましたが、私には良く分かりませんでした。 口の様子・・・ あまりにも可愛い口だったので、死んで動かないことを良いことにし、ピンセットを入れて固く閉じていた口を開いてみました。 しかし、思わずぎょっとなった私です。 外観とは違い、中から出てきたのは両側の長い牙でした。 二本の牙の間にはきれいに揃った普通の歯が見えています。 テレビの見過ぎと言われそうですが、凶暴なエイリアンの口とそっくりです。 二本の牙でがっちりとくわえ込み、そして小さな歯でかみ砕くのでしょう。 所でモグラは何をエサにして食べているのでしょうか、ミミズ以外にも色々な物をエサにしている様です。 ネット資料から調べてみました。 地中に棲むミミズや昆虫の幼虫を主な食物としている。 モグラは非常な大食漢で、一日に体重の約四分の三の量を食べ、胃の中に12時間以上食物が無いと餓死してしまう。 また、日本環研株式会社顧問である大塚具明さんの書かれた「モグラの生態と知恵」に驚くべき事実が書かれてありました。 ここでさわりの部分をご紹介いたします。 モグラの生活の中で、一番苦労するのが地中での食餌量であります。 即ち、地中の餌には制限があり食料不足ということです。 しかも一日に体重の約3/4の量を食べると言われるほどの大食漢です。 地上行動のできない運命から、モグラが長い歴史の中から学習を経て進化した地上動物を捕食する方法は、坑道内からの仕掛けワナ作りです。 即ち、モグラが坑道内より地上に向けた穴をあけ、落としワナを開発したのであります。 これがモグラの「知恵と能力」の結晶で生まれた技術的な思想とでも言える高度なものであります。 地下約20cmの地中に直径約5cm、全長約百mの坑道を作り、地上に向けて坑道内より直径2〜3cmの穴を口吻を用いてあけた仕掛けワナを数百ヶ所作るのです。 続きは御覧下さい。 口の中を撮影しながら横から見ていたら、一カ所ですが毛のない部分がありました。 もしかしたら、ここが耳なのかなと思いました。 もちろん私の憶測ですが・・。 耳たぶもありませんが、モグラは250〜3500ヘルツの音に敏感に反応します。 前足の様子・・・ 改めて見る手(前足)の様子に驚きました。 小さなモグラの体からして、巨大で頑丈なパワーシャベル状の手でした。 ノギスを使い大きさを測ってみました。 体の付け根からの長さが22ミリ、手のひらの幅が18ミリ、鋭利な爪の長さが8ミリほどあります。 上段の画像は右手であり、左側が上から見た様子(手の甲)で右側が下から見た様子(手のひら)になります。 下段の画像は同様に左手の様子になります。 それにしても、体に不釣り合いなグローブの様な手と言うことになります。 このくらい大きな手になると、両手を地面につけての歩行は無理になり、平泳ぎのスタイルで地下のトンネルを移動することになります。 畑等で見られるモグラ塚の造られる場面を見たことがありませんが、どの位の早さで進むのか興味が出てきます。 モグラの巣穴の構造・・・ 巣は地下の2メートルぐらいのところにあるそうです。 大きな木の根元に作られるため、めったに発見されないのだそうです。 その本拠地から連絡道路を伝って本道を作っていて、これがエサ場への通り道となります。 このトンネルは地下15〜40センチのところに掘られ、長さも長いものでは200〜300メートルにもなります。 さらにこの本道から地表に近い地下10〜15センチのところに、エサ場トンネルが作られているということになります。 モグラ塚が見られるのもこの部分なのです。 この部分を1日に何回となく往復しながらエサを捕食しているのです。 撮影していて気がつきましたが、手のひらには指紋と言うよりもうろこ状の小さな切り込みが見えます。 このことについて資料を参照すると、次のように書かれてあります。 このモグラの形態は、爬虫類からやっとけものになったばかりの進化していない段階の哺乳類だということです。 生きた化石と呼ばれる点は、歯形に見られる特徴で、尖っていて臼状になっていない点だそうです。 また鳥類と同様に、爬虫類からの進化の名残が、手足のウロコとなって見られる点です。 モグラの形態から、進化の変化の痕跡を持っている動物とは知りませんでした。 新しい発見です・・・。 尻の方から見た様子・・・ あられもない姿で紹介しますが、しっぽの方から撮影してみました。 可愛い棍棒のようなしっぽと、普通の足があるだけです。 しっぽの下が生殖器か肛門部分だと思われます。 それにしても可愛い普通の足で、長さが20ミリ、幅が8ミリほどでした。 後ろ足は単に歩くだけの物ですから下の地面を向いて体を支えています。 この可愛いしっぽですが、これは体温の調節に役立っているとのことです。 モグラの赤ちゃんは、わずか1ヶ月ちょっとで巣離れをし、6ヶ月になる頃には巣を離れ単独で生活していくようです。 繁殖期は年1回であり、4頭しか産まれないのですから、ネズミとは違って畑に出没する全体数はごく限られていると言えそうです。 野ネズミは1回の出産で8頭が産まれ、年に6回もの繁殖期があるといいますから、モグラさんはおとなしい動物なのですよね。 始めてモグラを目のあたりにし、じっくりと観察して撮影しました。 発見したときは、親ネコにかじられて背中の筋肉がむき出しになっていたモグラでした。 もちろんですが死んでいますので、長時間放置しておけません。 ノギスを出して身体検査をしましたが、どうせならもっと詳細に調べれば良かったなと思います。 画像で見るモグラの実態は、今まで抱いていたモグラの固定概念を完全に壊すくらいの新しい発見がありました。 私の家の周囲にかなりのモグラがいると思っていたのですが、実際にはそれほどではない様です。 計算してみると、家の周辺にはたったの9匹位しか住めないと言うことになります。 地下深いところまで縦横無尽に通路を堀り、通路の各所にわなを作り巡回してエサを捕っていると言うこと、モグラも生きていくのが大変だなあと改めて思います。 どうやらにっくきモグラでなく、愛すべきモグラという事になりそうです。 次回ネコが捕まえてきたら、別の視点から掘り下げてみたいなと思います。

次の

モグラの身体検査

爬虫類 体表の様子

概要 [ ] に地上で生活を全うできる生物群として3億年前にから分かれてした爬虫類は急速に多様化した。 そして爬虫類は、その前にいた両生類に代わり世界を支配し始めた。 には、などが、からはが繁栄した。 一方、古生代半ばから中生代前半にかけて繁栄したの祖先である 哺乳類形爬虫類 は、その後の研究並びに分類方法の変更から、現在は爬虫類には含まれない。 現生種としては通常は類(類を含む)、類、類、を含み、とは含めない。 基本として体表は表皮の変形したでおおわれ、4本の脚と尾、乾燥に強い(有羊膜卵)などが特徴である。 またのによって発生するはやのような尿素ではなく、水に不溶であるに代謝し、とともにから排泄するものが多い。 これも乾燥に対する重要な適応の一つである。 ヘビや、を始めとする一部のトカゲのように脚がしているものやカメ類のように鱗と骨格が一体化し、甲となったものもある。 繁殖形態は卵生で、革質か石灰質の殻におおわれたを陸上に産む。 生まれた子供は親と同じ姿をしており、変態はしない。 ただし直接子供を産むの種もいる。 、オガサワラヤモリ、など、種が一部に存在する。 蛇の仲間は一般的に足が退化している。 多くはで、体温が外部温度に少なからず依存する。 昼行性の爬虫類の多くは等で体温を高めた上で活動を始める。 体温を保つのにエネルギーを費やす必要がないため、やに比べて食事の間隔は長い。 適度な水分さえあれば何も食べずに1ヶ月ほど生きることもある。 現生の爬虫類の中には、ウミガメの一部の成体などのように体温の変動幅がわずかな的体温調節を行うものもいる。 またやなどの絶滅種には内温性であったものが存在するのではないかと考えられている。 現生種はやを中心に、以外の全世界に分布する。 体長2cm、体重1g以下の Sphaerodactyus ariasae(ヤモリの一種)から、など体長10m、のように体重1トンを越える種もある。 多くは性であるが、大型類や類などのようにやのものも存在する。 Crocodylus porosus 系統分類の考え [ ] 爬虫類の取り扱いは、上の分類にしたがっている。 爬虫類の分類上の取り扱いには、難しい問題がある。 これは、生物の分類を「共通の祖先を持つグループごとの単位」()に分類していくべきであるとする考え方に対応して発生した。 地球の歴史の中で爬虫類の祖先を考えたり、現生種の遺伝子を分析しそれぞれの種がどのぐらい離れているか(遺伝的距離)を推定する研究から、爬虫類の一部のグループ(恐竜)からが分かれたことが明らかになってきている。 現生動物の系統 [ ] 下記は、爬虫類、鳥類、を含む「」をその系統で整理した例(参照)で、それに上の分類を対応させたものである。 この分類は一定しておらず、あくまでも一例であることに注意してほしい。 特にカメ類の位置には論争がある。 有羊膜類• 単弓類• 獣弓類• 哺乳類• 竜弓類• 爬虫類• 双弓類• 竜類(サウリア)• 鱗竜類• 有鱗類• ((と近縁説が有力)、 と近縁説が有力 を含む)• 主竜形類• 主竜類• 化石動物も含める [ ] 上の系統分類の考え方に、絶滅した、、などを含むと下記のようになる。 ただし、初期有羊膜類の分類・分岐については化石の産出が断片的であることもあいまってとの境界も含め非常に流動的であり、wikipediaでも様々な記述が見られる事に注意されたい。 おおよそ確定的なのは、以降の分類である。 - 哺乳類以外絶滅• 中竜類• - 絶滅• ミレレッタ類• 細脚類 - 絶滅• 類 - 絶滅• 鰭竜類 - 絶滅• 鱗竜類• プロラケルタ類 - 絶滅• リンコサウルス類 - 絶滅• トリロフォサウルス類• コリストデラ類• - 絶滅• 類 - 絶滅• 類 - 鳥類以外絶滅• 脚注 [ ] []• ネイチャー・ワークス地球科学館 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 爬虫類に関連する および があります。 (哺乳類型爬虫類)• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

ヒョウモントカゲモドキの飼育環境は?特徴や販売価格、餌、病気、脱皮など飼い方まとめ

爬虫類 体表の様子

陸上生活に適応した最初の脊椎動物群。 魚類と は 類の中間に位置する。 デボン紀末期に出現し,の後半に繁栄した。 初期の両生類は魚類に類似し,硬骨魚類のから生じたと考えられる。 は古生代末期に堅頭類から進化する。 化石種では堅頭類のイクチオステガ,,が代表的。 現生は無足目(アシナシイモリ),有尾目(イモリ,サンショウウオ類),無尾目(カエル類)の3目に分類される。 最大はの1. 2mで,は5〜20cmほどの小型。 体表には鱗がなく皮膚は裸出して,水を透過させる。 したがって体内の水分の消失を防ぐため,水辺やから離れることができない。 では肺呼吸を行うが,皮膚呼吸もでき,なかには肺を欠く種類もある。 卵は原則として水中に産みつけられ,幼生は水中で生活して変態を終わるまで鰓 えら 呼吸を行う。 約3000種が知られ,を除く世界各地に広く分布するが,熱帯地方にもっとも多い。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 脊椎 せきつい 動物門両生綱に属する動物。 カエル、サンショウウオ(イモリを含む)、アシナシイモリ類が含まれる。 [倉本 満] 系統・形態脊椎動物で最初に陸上生活を始め、爬虫 はちゅう 類さらに鳥類、哺乳 ほにゅう 類へと発展する基礎となった動物群として、進化史で重要な位置を占める。 両生類は硬骨魚類の総鰭 そうき 類に由来し、最古の両生類イクチオステガ Ichthyostegaは古生代デボン紀の地層に発見されている。 総鰭類は筋肉質のじょうぶな対鰭をもち、これが両生類の四肢となった。 また、うきぶくろが肺となり、えらにかわって陸上で空気呼吸を行うようになった。 石炭紀には多様なグループを生じ、なかには全長3メートルを超す大形種もいたが、中生代になると爬虫類が発展して両生類は衰退した。 現生の両生類は3目約3400種を含み、脊椎動物で最小の綱である。 現生の両生類は比較的小形で、体表は分泌腺 せん に富む皮膚に覆われ、鱗 うろこ や毛はない。 頭は平たく、魚類より少ない骨で構成される。 椎骨とは2個の後頭突起で接合する。 脳に新皮質はなく、大脳は小さい。 脳神経は10対で爬虫類の12対より少ない。 耳骨は1個。 二次口蓋 こうがい はない。 胴部に四肢があるが、有尾類の一部では退化し、無足類では欠如している。 横隔膜はない。 心臓は2心房1心室で、体循環と肺循環の分離は不完全。 赤血球は楕円 だえん 形で有核である。 肺の構造は簡単で、肺を欠く種もある。 変温性。 [倉本 満] 分布・生態南極大陸と北極圏の大部分を除く全世界に分布する。 移入種を除き、洋島にはいない。 体表が水を透過しやすいため、主として湿った場所で生活し、地上性、地中性、樹上性、水中性など、さまざまな生活様式がある。 海水にすむ種はいない。 原則として小形動物を食べる。 卵は小形でゼリー層に包まれ、卵殻はない。 胚膜 はいまく も形成されない。 一般に水中に産卵し、孵化 ふか した胚はえらを備えた幼生となって水中生活を送り、変態して成体となる。 幼生の形態は多くの点で成体と異なる。 この典型的な生活史のほか、湿った地上や樹上に産卵するものがあり、体内受精をする種では胚が母体内で発育して幼生または変態を終了した幼体となって産まれるものもある。 硬骨を獲得した硬骨魚綱の中の 亜綱 Crossopterygiiから分かれ,四肢と肺を獲得したAmphibiaはデボン紀から石炭紀への移行期,両生綱から分かれ羊膜を獲得したReptiliaは石炭紀後期,爬虫類の祖竜亜綱Archosauriaから分かれ羽毛を獲得したAvesはジュラ紀前期,同じく爬虫綱の単弓亜綱Synapsidaから分かれ毛と乳腺および3個の中耳小骨を獲得したMammaliaは三畳紀後期に現れている。 無顎綱,板皮綱,軟骨魚綱,および硬骨魚綱を合わせてPisces,残りのものを四足動物Tetrapodaの2上綱とすることがある。

次の