ペラグラ 脳症。 ビタミンB3(ナイアシン)が多い食品一覧|主に肉・魚介類

KEGG DISEASE: ペラグラ

ペラグラ 脳症

「ウェルニッケ脳症」という病気は、身近にこの病気になったことがある人がいたり、自分自身がなったというわけでなければ、聞いたことがないという人も多いでしょう。 このウェルニッケ脳症は、ビタミンB1が欠乏することで引き起こされる病気ですが、アルコールとも深い関わりがあるのです。 ここでは、ウェルニッケ脳症とアルコール依存症について考えてみましょう。 ウェルニッケ脳症とは 冒頭のとおり、ウェルニッケ脳症とはビタミンB1(チアミン)が不足することによって起こる病気です。 具体的にどんな生活をしているとビタミンB1が欠乏し、ウェルニッケ脳症になるのかというと、インスタント食品だけを食べ続けて栄養が偏っているときや、胃の全摘手術のあと、そして継続的な多量飲酒が原因となります。 具体的にどんな症状があるのかというと、意識障害・運動障害・眼球運動障害といったものです。 意識障害では、注意力散漫になったり、傾眠の症状から、昏睡状態まで重症度によって異なります。 運動障害では、ふらついたり、うまく歩けなくなったりします。 眼球運動障害では、内斜視や眼球の震えなどが起こります。 治療はビタミンB1の投与により行います。 治療が遅れると、コルサコフ症候群という認知症のような症状のある後遺症が残ってしまうこともあります。 ウェルニッケ脳症とアルコール依存症 前述のとおり、ウェルニッケ脳症になる原因の1つには継続的な多量飲酒があります。 つまり、アルコール依存症の人は、ウェルニッケ脳症にかかりやすい状態なのです。 アルコールを分解するときには、ビタミンB1が大量に消費されるため、常に飲酒をしていると、例え食事でビタミンB1を取っていたとしても、アルコール分解に使われるので足りなくなってしまうのです。 アルコール依存症の人に、上記のウェルニッケ脳症の症状が出た場合、すぐに治療を受けさせなければなりません。 放っておくと、アルコール性認知症とも考えられるコルサコフ症候群になってしまう可能性が非常に高いからです。

次の

アルコール性ペラグラ脳症

ペラグラ 脳症

ビタミンB3とも呼ばれるナイアシンは 不足すると皮膚炎や神経症状、 ペラグラなどを引き起こします。 ペラグラとは代謝内分泌疾患の一種で 必須アミノ酸のトリプトファンが 不足することでも起きます。 ナイアシンは体内で トリプトファンから作られる物質でもある ペラグラの症状は多岐にわたります。 日光にあたると左右対称の赤い発疹が出現し やがてその部分は茶色のうろこ状になる。 光線過敏症 続いて 消化管全てに悪影響が及びます。 消化管とは食べ物の消化に関する器官の総称で 口周りはヒリヒリ感、口内炎、口舌炎、 喉や食道にもヒリヒリ感がでる。 他には吐き気や便秘、下痢の症状などが出ます。 そして脳にも影響が出ます。 脳機能低下により幻覚、錯乱、 記憶・見当識の喪失などがでる。 その他の症状では疲労感や不眠が起こることも。 そして肝心の不足しやすい人ですが まず有名なのがとうもろこしを主食としている場合です。 とうもろこしはナイアシンの含有量が少ないので ペラグラは主にメキシコ人に多いそうです。 日本人の場合はそのケースより アルコールが問題となるでしょう。 アルコールは肝臓に運ばれた後 アセトアルデヒドという毒素に変わりますが ナイアシンはそれを分解する際に 多く必要になるからです。 そして鉄やビタミンB2・B6が 不足してもペラグラのリスクをあげるので 無理なダイエットも当然危険である。 こう見ると髪にも少なからず 関係しているように感じます。 消化管にダメージがあるということは 栄養の吸収にもよくないでしょうし 炎症やお酒の飲みすぎは 余計なエネルギーを使うことになります。 一見育毛に関係ないようでも 全ては繋がっているのだと思います。 これまで何回かに渡って リアップシリーズをひとつひとつ 考察してきたわけですが 正直う~ん…と思う部分が多かったです。 ポイント... カテゴリー• 180• 229• 172• 6 アーカイブ•

次の

アルコール性ニューロパシー:原因、効果および治療

ペラグラ 脳症

ビタミンB3とも呼ばれるナイアシンは 不足すると皮膚炎や神経症状、 ペラグラなどを引き起こします。 ペラグラとは代謝内分泌疾患の一種で 必須アミノ酸のトリプトファンが 不足することでも起きます。 ナイアシンは体内で トリプトファンから作られる物質でもある ペラグラの症状は多岐にわたります。 日光にあたると左右対称の赤い発疹が出現し やがてその部分は茶色のうろこ状になる。 光線過敏症 続いて 消化管全てに悪影響が及びます。 消化管とは食べ物の消化に関する器官の総称で 口周りはヒリヒリ感、口内炎、口舌炎、 喉や食道にもヒリヒリ感がでる。 他には吐き気や便秘、下痢の症状などが出ます。 そして脳にも影響が出ます。 脳機能低下により幻覚、錯乱、 記憶・見当識の喪失などがでる。 その他の症状では疲労感や不眠が起こることも。 そして肝心の不足しやすい人ですが まず有名なのがとうもろこしを主食としている場合です。 とうもろこしはナイアシンの含有量が少ないので ペラグラは主にメキシコ人に多いそうです。 日本人の場合はそのケースより アルコールが問題となるでしょう。 アルコールは肝臓に運ばれた後 アセトアルデヒドという毒素に変わりますが ナイアシンはそれを分解する際に 多く必要になるからです。 そして鉄やビタミンB2・B6が 不足してもペラグラのリスクをあげるので 無理なダイエットも当然危険である。 こう見ると髪にも少なからず 関係しているように感じます。 消化管にダメージがあるということは 栄養の吸収にもよくないでしょうし 炎症やお酒の飲みすぎは 余計なエネルギーを使うことになります。 一見育毛に関係ないようでも 全ては繋がっているのだと思います。 これまで何回かに渡って リアップシリーズをひとつひとつ 考察してきたわけですが 正直う~ん…と思う部分が多かったです。 ポイント... カテゴリー• 180• 229• 172• 6 アーカイブ•

次の