キムタク 映画 ホテル。 映画「マスカレードホテル」 ロケ地(撮影場所)!CORTESIA TOKYO(コルテシア東京)はロイヤルパークホテル?【マスホテ・木村拓哉(キムタク)・長澤まさみ】

映画『マスカレード・ホテル』木村拓哉さんが身に付けている腕時計は?

キムタク 映画 ホテル

解説 東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。 都内で3件の殺人事件が発生した。 現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。 警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。 犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。 ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。 「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。 ・東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズの第1弾を原作としています。 ・監督は、鈴木雅之さん。 ドラマでは「古畑任三郎」や「ショムニ」「ロングバケーション」「HERO」などの監督であり、映画では「プリンセストヨトミ」「本能寺ホテル」のメガホンをとってらっしゃいます。 [物語] ・ホテルという多種多様な人々が訪れる空間で行われる警察捜査という設定は、全ての人が疑わしく見えて最後まで「誰が犯人なのか」と引き込まれてみることができました。 [演出] ・刑事がホテルマンとして成長していく姿や、フロントクロークが刑事の事情を理解し、協力していこうとする姿。 それら登場人物がヒューマンドラマ的に一歩ずつ成長していく姿を「画」で言葉のように説明してくれる演出はとにかく分かり易かったです。 人によっては好き嫌いが分かれるでしょうが、エンターテインメント映画としては、これくらいの分かり易さがあってよいと思いました。 ・最終的に犯人と対峙できる理由、も言葉では一切説明しませんが「画」でしっかり魅せてくれます。 この辺も見所の一つだと思いました。 [演技・配役] ・とにかくキャストが豪華。 偏りのない豪華さが、観飽きない一つの要因になっているのではないでしょうか。 [全体] ・「全ては言わない。 でも物語と画で魅せることで観客に理解させる」こんなスタンスの演出でした。 文学的な映画では、観終わった後に観客自身が考えて結論を出さなければなりませんが、この作品はそこまでの不明点は出さずに、主人公たちの成長やミステリーの伏線を魅せてくれるので、分かり易いミステリーエンターテインメントになっています。 その「見易さ」と犯人は誰か?! という「ミステリーとしての面白さ」が相まって、最後まで楽しく引き込まれる作品でした。 ありがとうございました。 映画 ミステリー ミステリー映画 東野圭吾 鈴木雅之監督 木村拓哉 長澤まさみ ミステリーエンターテイメント ヒューマンドラマ 豪華キャスト 全体3. 5 物語4. 0 演出3. 6 演技3. 5 配役4. 0 映像3. 5 音楽3. 3 総合:70点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:70点 ) 物語は宿泊施設のことかと思いきや警察が乗り込んできて、これは犯罪映画なのだとわかる。 それなのにさんざん宿泊施設の客とのいざこざとの話と刑事と受付係のやり取りを延々と見せられ続けた後では、犯罪の事はもうどうでもよくなった。 最終的には中盤までの話のいくつかが伏線で犯罪と繋がってくるのがわかるがそれまでが長いし、急に殺人事件の話に切り替えられてもすでにそれには興味を失いつつあったので、犯罪の謎解きをじっくりと考えようと思わなくなっていた。 話の筋は通っていたようだが強引さもあり、宿泊施設の営業の話の合間に途切れ途切れに出てくる犯罪の説明がどうにもとってつけたようで、実はこれはテレビドラマですでに犯罪捜査がある程度進んでいる状態の続きの映画作品なのかと疑ったくらい。 接客から犯罪の話への転換が急すぎるように感じてついていけない。 これならば犯罪とは関係が無い無駄な接客の話を削った方が良い。 曲そのものが悪いのではないが、場面が変わるたびに重厚な管弦楽の同じ音楽が同じように冒頭から流れるのは、音楽の使い方が下手だと思う。 長澤まさみは受付係らしさが出ていたが、木村拓哉はここでも刑事というより木村拓哉役を演じていた。 松たか子は重要な役回りなのに、何歳の設定なのかよくわからないちぐはぐな役柄だった。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

木村拓哉の映画2019!マスカレードホテルの評判はおおこけ?興行収入を予想!

キムタク 映画 ホテル

【ストーリー】 ベストセラー作家・東野圭吾の同名ミステリーを木村拓哉と長澤まさみの主演で実写映画化。 新たな殺人の犯行現場として予告された一流ホテルを舞台に、連続殺人事件を解明すべく潜入捜査に乗り出したエリート刑事と、その教育係を務める一流ホテルマンのヒロインが、互いに衝突を繰り返しながらも次第に事件の核心へと迫っていくさまを描く。 都内で起こった3件の殺人事件。 すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介はホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。 警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。 そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美。 お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。 そんな中、事件は急展開を迎える。 追い込まれていく警察とホテル。 果たして、仮面=マスカレードを被った犯人の正体とは!? 【スタッフ】• 監督:鈴木雅之• 脚本:岡田道尚• 撮影:江原祥二 【キャスト】• 木村拓哉• 長澤まさみ• 小日向文世• 梶原善• 泉澤祐希 【情報】• 製作:日本• 上映時間:133分• 公開日:2019年1月18日.

次の

映画マスカレード・ホテルのキャスト一覧!あらすじネタバレは?

キムタク 映画 ホテル

最終更新日:2018年11月20日 映画「マスカレード・ホテル」東野圭吾の原作 キムタクと長澤まさみが共演 SMAP解散で注目の集まるキムタクの新たな映画が2019年1月18日に公開です。 まず、「マスカレード・ホテル」のあらすじを一言でまとめます。 予告殺人を防ぐためホテルに潜入した男刑事とフロント従業員の女との衝突と共闘 原作は現代で有数の人気作家の東野圭吾の小説。 大人気作家でいくつもの作品が実写化されている東野圭吾の原作で、キムタクと長澤まさみが出演するため注目が高まっています。 監督は木村拓哉主演の人気シリーズ「HERO」と同じく鈴木雅之です。 目次・マスカレード・ホテル ・ ・ ・ ・ ・ あらすじ、予告殺人を防ぐため刑事がホテルのフロントに潜入 警視庁は連続して起きた3件の予告殺人事件に手を焼いていた。 さらなる殺人事件を防ぐため数名の捜査員がホテルのスタッフとして配備された。 捜査一課の刑事・新田浩介は帰国子女で英語ができるため、ホテルのフロントスタッフとして慣れない仕事に就く。 犯罪事件を防ぐため新田はつねに疑いの目で人を見てしまう。 ただ、ホテルのフロントは客をもてなすのが第一の仕事だ。 丁寧な接客を心がけるホテルのフロントスタッフの山岸尚美は客を疑ってばかりの新田とたびたび衝突する。 刑事の新田とホテルのスタッフの山岸が奇妙な客たちと相対していくうち、捜査本部が厳戒体制を敷いた特別な1日が始まる。 キャスト、木村拓哉に長澤まさみ 松たか子に菜々緒 この週末はたくさんのお客様にご来館頂き、当ホテルは賑わいを見せておりました。 公開まで 本日であと2ヶ月となりましたね。 お披露目は少し先となりますが 週明け何かが…あるかもしれません。 はっきりと言えず申し訳ありません また明日、当ホテルでお待ちしています。 — ホテル コルテシア東京【公式】 hotelcortesia 新田 浩介 — 木村拓哉 警視庁捜査一課の警部補。 帰国子女で語学が堪能でホテルのフロントスタッフに潜入する。 やってくる客の誰もが殺人犯ではないかと疑う。 山岸 尚美 — 長澤まさみ ホテル・コルテシア東京のフロントクラーク。 徹底したプロ意識で丁寧な接客に定評がある。 ひねくれ者の新田とホテルの現場でたびたび衝突する。 ・刑事 小日向文世、梶原善、泉澤祐希、篠井英介、渡部篤郎 ・ホテルマン 石川恋、東根作寿英、鶴見辰吾、石橋凌 ・ホテルを訪れる素性の知れない宿泊客 濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子 Wikiwikiメモ、立場の違う刑事の男と女のフロントが対立 ・原作では立場の違う男と女、ホテルで客を疑いながら働く刑事と客を快適にさせようとするホテルの従業員とのかけ合いが魅力の一つ ・タイトルのマスカレードは英語で仮面舞踏会の意味 ・原作で東野圭吾の取材に協力したホテルは日本橋のロイヤルパークホテル ・キムタクの映画出演が目立ってきており2017年には「」、2018年には嵐の二宮和也と共演する「」が控えている 公式ツイッター 数多くの拡散、失礼いたしました。 本日はマスコミの皆様に向けての 完成報告会見でございました。 たくさんのお客様に 本日のご様子が少しでも伝われば幸いでございます。 詳しいレポートは後日公開予定です。 『マスカレード・ホテル』 2019年1月18日 FRI オープン — ホテル コルテシア東京【公式】 hotelcortesia 概要とスタッフ 映画公開日:2019年1月18日 公式サイト: ツイッター公式アカウント: 監督:鈴木雅之 脚本:岡田道尚 プロデューサー:上原寿一 映画撮影期間:2017年10月7日~11月中旬 映画発表日:2017年10月12日 原作:東野圭吾 原作発売日:2011年9月9日(集英社).

次の