今治タオル 外国人。 東急ハンズ×今治タオル。激安フェイスタオルの使い心地を試してみた。

外国人が喜ぶプレゼント「今治タオル」(英語学習おまけ付き)

今治タオル 外国人

海外から日本にタオルが入ってきたのは明治5年、タオルを自国で作り始めたのは明治13年(1880年)頃と言われています。 しかし、そのころの今治はまだ「綿」を作っているだけの地域。 今治地域では江戸時代から綿培が始まっていたといわれていますが、タオルを日本で作り始めても、今治はタオル作りはしていません。 原料となる綿作りを頑張っていました。 そんな綿作りも、明治に入って他の地域で廉価な綿も出てくると一度衰退してしまいます。 そこで「今治綿業の父」と呼ばれる矢野七三郎が苦心と努力を重ね、片面だけ毛羽立たせた丈夫で暖かい綿織物「伊予ネル」を考案し、 繊維産業は再興していきます。 そして日本にタオルが入ってきて20年ほどたった明治27年、阿部平助が綿ネル機械を改造してタオルの製造を開始するとようやく「今治タオルの歴史」が始まるのです。 明治43年に麓常三郎によりタオルを同時に二列織る機械が考案されると、一気に生産性が上がり今治のタオル産業は活気ついてきます。 その後はジャガード織を取り入れたり、タオルに柄をつけるなど、今治のタオル生産技術とともにタオル産業も発展していき、地場産業として深く根付いていきました。 それでも、やはり時代が進むと廉価なタオルが出始め、安物に押されて今治タオルは力を落としていきます。 そんな中、今治タオルの品質の高さに衝撃を受けた佐藤可士和が、今治タオルの良さを広めたい、これは世界的にも素晴らしいタオルだと、今治タオルの再生プロジェクトを始めました。 これが赤地に白い円と本線のブランドロゴマークがついた"今治タオルブランド"の始まりです。 今では世界最高クラスの品質の今治タオルに世界から認められ、日本を代表する産地ブランドにまでなりました。 その中でも今治タオルブランド商品の特徴とも言えるのが、吸水力をテストする5秒ルール。 タオルが水中に沈み始めるまでに要する時間は5秒以内。 「洗わなくても使い始めから水を吸うタオル」と定めています。 すぐ沈むということは水分を素早く吸収するということ。 手を洗ったり、スポーツをして汗をかいたり、お風呂上りに体を拭いたり・・・どんなシチュエーションでもやさしい肌触りの今治タオルブランドの商品は、サッと水分を吸収してくれます。 今治タオルメーカーおすすめ3選 今治タオルを支え続けるメーカー 今治にあるタオルメーカーの多くは今治タオルブランド認定を取り、品質を落とさず製品を作り続けています。 一言で「タオル」と言っても、メーカーそれぞれ特徴があり、デザインや品質織り方など千差万別。 中でも人気の今治タオルメーカーからおすすめ3選をご紹介します。 七福タオル 今治タオルは「使い始めから水を吸うタオル」です。 ですので、「汗がすごいのに、タオル忘れちゃった! どうしようすぐ使いたい」という 時でも、今治タオルならお店で購入してすぐ使うことができます。 一般的なタオルは糊がついている状態なので、すぐに水は吸いません。 ちょっとベターッとした感触がしますよね。 なので緊急時にとても助かるタオルですが、それ以外の場合でしたら今治タオルであっても、購入後一度洗ってください。 これは吸水力を上げるためではなく、タオルを作る工程の間でついてしまった細かいホコリを取り除くため。 洗わなくても使えますが、気持ちよく使うために洗ってから使いましょう。 たっぷりの水で単独で洗う.

次の

NHK報道で不買運動に発展。炎上する今治タオルにみるコンプラ、ブランド管理の難しさ

今治タオル 外国人

実習生制度の事を分かり易く書いています。 この記事を見れば大体のあらまし、流れは分かると思います。 愛媛県は経済特区として優遇されている事実 愛媛県東予地域は外国人研修生受入れ特区として他の地域とは違い研修生受け入れ枠が優遇されている地域です。 外国人研修生受入れ促進に力を入れていた地域だと判断ができると思います。 そこで、1つの疑問が出てくるのです。 技能実習生の職種にはタオル製造はない 今回の今治タオルの記事や情報を見たり聞いたりしていると単純な疑問は沸いてきました。 (タオル製造にという職種に技能実習生の受け入れが可能なのか?) 実際、NHKの番組では普段はタオルを製造させているのですが、何かしらの調査が入った時には服を作るように社長が指示をしていました。 今治市は外国人研修生受け入れ特区として研修生受け入れに力を入れていると思うのですが、単純にタオル製造工場にベトナム人実習生がいないタオル工場があるのか?と疑問に思います。 ただ、タオル地を使って服等のアイテムを製造している工場もある訳でして、その辺りの選別は難しいのかもしれません。 じゃないと申請した所で認可はおりないですから。 しかし、実はこういった事はよくある話なのです。 調査の時に対応ができるように、プレス作業を行っていた場所の横のスペースにミシンを並べて対応をしていたそうです。 入管も1社1社立ち入りの調査は物理的にできない訳で、書類に整合性があれば許可するしかないのでしょう。 そこの工場も今回と同じく、長時間労働と賃金未払いで問題になりました。 問題があるのは今回の今治タオル工場の1社だけの問題なのか? 恐らく1社だけではないと思われます。 今頃、戦々恐々としているタオル工場もあると思いますし、第一次受け入れ団体である組合も大変な事になっているでしょう。 実際、組合は受け入れ企業に調査に入る事が義務付けられています。 確か、監査と訪問指導といった名目だったと記憶しています。 そして、機構にその企業やベトナム人実習生に何かしら問題があったのか?無かったのか?問題があればどのような改善を指導したのか?といった内容を報告します。 そして、組合がベトナム人実習生と面談し困った事等ないのか聞き取りもするように指導もされています。 何も無かったはずなのに大問題が発生した。 となると、組合の管理能力が問われる事にはなるでしょうし、組合全体で不正をしていたとなれば組合自体に処分が下されると思います。 問題が起こった企業が政治家にもみ消しを依頼した。 企業の社会保険の加入は義務付けされているはずなのに、とある地域の入管では国民保険でも在留資格が下りた等々。 あくまでも噂話です。 そして相当、昔の話も入っています。 機構が動くと大変な事になる 機構が調査に乗り出しているそうなので、全容はかなり掴まれると思われます。 機構には報告徴収、改善命令、事業停止命令、許可の取消しといった指導監督ができる権限を持っています。 会社には反論できる書類がないでしょうからね。 「無くなった。 処分した。 」 では通用しないのです。 今回の事案では恐らく賃金未払い分を速やかに支払いを済ます事と数年間の新たな実習生の受け入れができなくなるのでしょう。 180時間の残業が何か月あってそれがどれだけ認められるかは検討がつきませんが、下手をすると1千万以上の賃金未払いが出てくるかもしれません。 この罰則は重いか軽いかは今回のような被害者が入院をされている事案では言いようがないです。 まとめ ベトナム人実習生の件はできるだけ、公平な目で書こうとは思っています。 今回もベトナム人実習生達の支援者や支援団体についても書こうと思いましたが今回の事案は、あまりにも酷い事案であり、倒られて病院で入院されているベトナム人実習生もおられるので書きません。 と言うより書けません。 それに、今もなお入院されているベトナム人実習生の事を思うと何ともやるせない気持ちになります。 そして、愛媛県でも真面目に取り組まれている所にとっては風評被害等で迷惑を被っている工場も多いでしょう。 しかし、コンプライアンスを守らないといけないと考えている工場も多いです。 AIやロボットでは変わりにはできないのです。 人の目や手の感覚を使ってでしかできない業種にベトナム人実習生達が多く来ていると思います。 ロボットなら、スピード調整のひねりを上げれば生産のスピードは上げられるでしょう。 でも人間には無理です。 年々上がり続ける最低賃金、社会保険料の会社負担、残業時間の短縮、有給休暇の義務化。 かといって、仕事の単価は上がっていない。 上げてくれと頼めば、 「いいですよ。 別に安く作ってくれる所で作りますよ。 」 と脅しをかけられる。 そして結局しわ寄せが来る所は弱い立場の所。 今回の事案でメディアは何処の商品を作っているのか、きちんと放送すべきでは?と思います。 コンプライアンスを守れとは言うけれど、末端の企業だけでは無理な話です。 過去にも同じような事が多々あったにも関わらず、今回も同じような事が起きました。 これからも起こる事案だと思います。 今回の事案が今治のタオル工場1社だけの問題なのか?確かにそのタオル工場が悪い事は事実なのですが、問題の根は深いと思います。 スポンサードリンク.

次の

今治タオル組合、NHK「実習生ブラック工場」が下請け企業であることを明らかに「責任を重く受け止め」

今治タオル 外国人

無関係の企業まで中傷される事態に 「ノーナレ」はその名の通り、いっさいナレーションがなく、登場する人たちの会話などで構成されています。 6月の放送では、ベトナムから来た技能実習生たちが、窓のない寮で生活し、縫製工場で長時間タオルを縫う状況を取り上げました。 工場の場所について今治地域という直接的な表現はありませんでしたが、映像や登場人物の言葉から、今治地域にある縫製工場と推測される内容でした。 番組に映り込んでいた、関係のない企業がSNSで中傷されてしまう事態にもなりました。 2006年、大企業や大学のブランディングを手掛ける佐藤可士和氏がブランディング・プロデューサーに就き、再生プロジェクトが始まりました。 吸水性を保証するために、タオル片を水に浮かべた時に5秒以内に水に沈み始めるルールなど厳しい品質基準をつくり、今治タオルのブランド力を高めてきたのです。 「ジャパンブランド」として海外でも知名度が高く、東京・南青山にある今治タオルのショップには、多くの外国人観光客が訪れます。 法令違反の過半数が繊維業という実情 ノーナレの放送を受け、地元のタオルメーカー104社でつくる今治タオル工業組合は、ベトナム人技能実習生に長時間労働させたとされる会社が、組合員の企業が縫製を委託していた企業であることを認めました。 同組合は「技能実習生の労働環境の改善を最優先に考えた対策を進める」との声明を出し、実習制度について研修会を開くなど、産地を挙げて改善に取り組む構えです。 組合の担当者は「他の日本の繊維産地と同じで、今治地域も人手不足に陥っています」と、実習生に頼らなければならない厳しい状況を説明します。 法務省によると、2017年に外国人技能実習生に対する長時間労働や賃金不払いなどの法令違反とされた183件のうち、「繊維・衣服関係」は94件と過半数を占めています。 繊維産業を所管する経済産業省は事態を重く見て、2018年3月、業界団体などと「繊維産業技能実習事業協議会」を立ち上げ、改善に乗り出しました。 協議会では、技能実習生の労働実態を調べるためのアンケートや、サプライチェーン全体で情報を共有する取り組みを進めています。

次の