意見を上げる。 会社での評価を上げる「改善提案ネタの事例」と「提案書の書き方」

会議の質を上げるファシリテーション6つのポイント

意見を上げる

A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた) Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー この表現は日本語として成立しないものと思います。 「明日休暇を頂きたく」で終わる言い方、書き方は、相手を馬鹿にしたものではないでしょうか。 時代劇などでも「ま、きょうのところは、ひとつお見逃し頂きたく」と頭を下げながら言うシーンがあります。 これは、この言葉の後にある「候」や「よろしくお願いします」は省く代わりに、頭を下げるという動作で伝えているのです。 メールなどの文章で、この丁寧さを表現する「候」や、「よろしくお願いします」を省略したしまった中途半端な表現は、受取った人から見れば「失礼そのもの」「嫌な表現」なのではないでしょうか。 決して標準的なものではありませんし、この使い方が市民権を得ることのないよう祈るばかりです。

次の

会議の質を上げるファシリテーション6つのポイント

意見を上げる

Contents• レポートで何を書いたらいいか分からなくなる人の特徴は? Original update by: レポートを書くのが苦手、億劫という人の多くが 「何を書いていいか分からない」といいます。 また、 せっかく書き始めても途中で「何かいたらいいか分からなくなった」というパターンもあります。 どうしてこのような現象が起こるのかというと、答えは簡単です。 テーマを決めていないからです。 なんとなく思いついたことを、書き始めてみてもいつかはネタが尽きます。 作文と違ってレポートの場合は、 順序よく論理づけて書いていかなければなりません。 それなのに思いつきや勢いで書きだしてしまったら、文章校正も乱れてしまいますし、内容にもまとまりがありません。 その結果、「何を書いたらいいか分からない」となってしまうのです。 レポートを書くためには、その前の準備が大切です。 その準備の一環として、 「テーマを決める」という点があります。 テーマを決めることで、レポートを書きながら少しずつ方向がずれてしまう場合に、修正ができるのです。 テーマはいわゆるレポートの軸です。 この軸が定まらないうちに書き始めれば、文章は宛てのない方向へと進んでしまいます。 最後まで筋の通った文章を書くためにも、まずはテーマを決めましょう。 テーマの作り方とは? テーマと言っても いくつもテーマがあるのは、テーマが決まっていないのと同じです。 レポートは テーマひとつについて詳しく深く書いていくのが基本です。 ではテーマはどうやって決めるのが良いのでしょうか。 「テーマを決めてレポートを書きなさい」と、レポートを書く始まりは 出題から始まります。 テーマに悩む場合は、まず 出題者に興味があること、知りたい事などを聞いてみましょう。 直接聞かなくても、普段の会話の中にもヒントが隠されています。 その為には 出題者とのコミュニケーションが大切になりますね。 何気ない会話の中の方が、本当に興味のあること、最近ハマっていることなどが浮き彫りになりやすいです。 是非、距離を近づけてみましょう。 出題者からヒントを得られない場合は、自分でテーマを考えていかなければなりません。 テーマを探す為に、 本を読んだり、インターネットを使って調べたり、様々な リサーチを行うと思います。 その際に感じたことや疑問に思ったこと、興味を持ったことをテーマにしてみましょう。 1つの疑問から深く掘り下げていくと、案外大きな世界が広がる可能性があります。 レポートの書き方とは? Original update by: レポートの書き方についてみていきましょう。 レポートを完成させるための流れは、ある程度決まっています。 テーマを決めた後がスタートです。 このリサーチをどのくらい行うかで、レポートの内容も濃くなりますし、文章もたくさん書けます。 調べる方法は後で書いていきますが、 ポイントは1つの場所だけでリサーチしないことです。 様々な角度から様々な方法でリサーチするのが、身のあるレポートになりまる秘訣です。 これまでに調べた内容を見直して、いらないものは削り、必要なものを残しましょう。 そこに 自分の考えや疑問を加えてまとめていきます。 何故そう思ったのか、自分の考えに対する 理由づけも必要です。 レポートの場合、あらかた構成と型が決まっています。 その構成と型にに当てはめて書いていくと、比較的楽に書くことができます。 引用ばかりにならないように注意しましょう。 リサーチの仕方とは? レポートはあなたの空想や想像の世界を書くものではありません。 書きたいことについての知識を増やし、 事実を知ることで、あなたの 考えや疑問をまとめていきます。 リサーチには 書籍を読む、新聞を読む、インターネットで調べるなどの方法があります。 気を付けて欲しいのは どれか一つに偏らないことです。 書籍の場合、図書館にある本だけでは、内容が古い可能性があります。 本屋に行って関連する最新の書籍を数冊は読んでおきたいところです。 インターネットで調べる場合は、 1つの内容を鵜呑みにしないことです。 インターネット上には様々な人が自由に考えや意見を発信しています。 そこには正しい意見もあれば、間違った意見もあります。 中には事実ではない、書いた人の頭の中を文章にしているだけのものもあります。 間違った情報でレポートを書くのはおすすめできません。 必ず複数のサイトを見たり、文章を読んで、正しいことを見極めるようにしましょう。 関連の書籍や文章を読んでいて、印象に残ったこと、疑問、感銘を受けたことなど、心が動いたら メモを取るようにしましょう。 先に読んで後でまとめてメモにする方法もありますが、多くの場合忘れてしまいます。 そしてそのメモを見返して、 感銘を受けたこと、疑問に思ったことについて、更に調べていきます。 するとテーマに沿って深く知ることに繋がるので、より深みのあるレポートが書けるようになります。 まとめて自分の考えを書き出す ひととおりリサーチが済んだら、調べた内容を 見直して整理しましょう。 その中には自分の疑問や考えをまとめたものもあるでしょう。 レポートが苦手な人はリサーチした先の文章を引用することが多くなってしまいます。 中には丸々コピーしてしまう人がいますが、それではレポートになりません。 多少の引用は問題ないですが、 大切なのは自分の考えや主張をまとめることです。 あなたがこのテーマについて、 どう感じたのか、何を思ったのかを 自分の言葉で書くのです。 主張を書く場合は、 理由が必要です。 1つの主張に1つの理由が必要になるので、理由についても更にリサーチします。 理由が薄い主張は読む相手に何も訴えかけません。 理由は調べた結果と、自分の考えを混ぜて書けると更に良いでしょう。 レポートの書き方とは? レポートを書く時は構成と型にはめてかくのが一般的です。 レポートの構成は以下の3つがポイントです。 序論…レポートを書く目的。 このテーマにした理由。 本論…調べた内容、考察、理由などを書くメイン。 結論…本論で書いたことを簡単にまとめる。 聞いたことがある人も多いでしょう。 この 構成を使うことで、誰でも順序良く文章を組み立てることが可能になります。 次にレポートの 構成の型です。 この型が掛ければ、最低限必要なことは網羅できます。 慣れてきたら文章に肉付けしていくと、更によいものになるでしょう。 一文で分かりやすくまとめると良いでしょう。 退屈な文章にならないように、共感できるような問いかけをしましょう。 最後の結論につながるための文章になります。 レポートをサクサク書くためのコツとは? レポートを書くなら、できればサクサクと終わらせたいですよね。 長引けば長引くほどに、書くのが嫌になってしまいます。 レポートをサクサク書くためのコツは、 各アクションに集中することです。 悪い例をあげると、調べながら、レポートを書きながら、見直しをするといった書き方です。 悪い例では「調べる」「書く」「見直す」を一度にやろうとしています。 これでは、 なかなか最後まで行きつかず、時間ばかりが経過してしまいますよね。 調べる時は調べることに集中してください。 書く時はとりあえず、最後まで書ききることを意識しましょう。 そしてすべて書き終わったら見直して、誤字脱字、おかしな表現を見直していきます。 人は一度に複数のことをやると、集中力を消費していきます。 それでは効率が悪いので、1つ1つのアクションに集中していきましょう。 また見直す段階で、 文章が無駄に長くなっていないか注意しましょう。 もっと簡潔にまとめられないか、を念頭におきながら見直していきます。 更に 図表にすることが可能であれば、図表の方が見やすいです。 最初から最後まで 文字だけのレポートと比べると、読みやすさは一目瞭然ですね。 書いている側も文字ばかりより、図表が入ることで気持ちを切り替えることができます。 集中と工夫でサクサク書いてしまいましょう。 レポートの例 最後にレポートの例を見ていきましょう。 感想 セミナーの感想、本の感想、映画の感想など、感想をレポートでまとめることもよくあります。 感想と言われているのに、本や映画のあらすじを書いてしまう人は多いです。 もちろん内容を要約して書くことは必要です。 しかし 見たもの、聞いたものをそのまま書くのはレポートとは呼べません。 感想をレポートにするなら、やはり欠かせないのは あなたがどう感じたかを書くことです。 素直にどんな感情が生まれたのか、どういう気持ちになったのかを表現しましょう。 さらに 「どうしてそう感じたのか」が書けると、レポートに深みが出ます。 自分の過去の体験と重ねたり、影響を受けたことを題材に書くのも面白いでしょう。 企画・計画 企画や計画をレポートにする時は、 いかに相手に分かりやすく書けるかがポイントです。 そのためには、目的・誰がやるのか・どこでやるのか・スケジュール・どのようにやるのかを明確にすることです。 そして 何故その企画・計画を行う必要があるのかまで考えておく必要があります。 ただこれがやりたい、という主張だけでは、多くの人の心を動かすことはできません。 その企画・計画が実現性があるのか、その根拠は…といった風に、 下調べをしっかりして書いていくことが大切です。 調査レポート 調査レポートはその名の通り、テーマに対して調査をした結果をまとめたレポートです。 この場合は 読み手が最も知りたい 「結論」から書いていくのが基本です。 結論を出しておいて、そうなった 根拠や理由を、疑問点を交えながら書いていきます。 必要であれば理由を 裏付ける数字や 添付資料も必要です。 誰が見てもすぐに結論が分かり、一目で理解できて簡潔にまとめられているのが理想です。 伝わりにくい場合は、 図表やグラフなどを活用すると、伝わりやすくなります。 まとめ いかがでしたか? レポートを書く上でまず、決めなければならないのは テーマです。 テーマはそのレポートの軸になるので、方向性がブレないようにするためにも必須です。 テーマが決まったら、そのテーマについて 徹底的に調べたり、知識を入れていきましょう。 そうやって 集めたデータの中からポイントをまとめて書いていけば内容の濃いレポートができます。 文字ばかりのレポートは読む側も飽きてしまうので、 可能なところは図表をいれたり、イラストをいれても良いですね。 レポートの構成の型を参考に、少しずつ慣れていきましょう。

次の

目上の人に意見や問題をあげることを?

意見を上げる

毎日の中でメモを取って「今日はこのために時間がかかった」「こんな作業が面倒だ」「もっとこんなものがあれば効率的にできるのに」「これは不要ではないか」など、様々なネタ探しをしてメモを取っておくことが大事です。 今やっていることに疑問を持つことが大切で、効率などをいつも考えながらネタを探しておくことがおすすめです。 この作業を何時間かかって効率的だったのか、もっと違う方法があったのか、作業自体を変える必要があるのかなど常に効率を考えて仕事をすることが必要と言えます。 きっと急に改善提案と言われてもネタが思い浮かばない人が多いと思いますが、常日頃から何か困ったり、解決したいことがあればメモを取っておくことが一番重要ではないでしょうか。 業務の改善提案をした場合に、それがどれだけわかりやすく効果があるものとして見てもらえるかどうかも重要です。 業務改善の記入の仕方を工夫して改善による効果をよりアピールします。 現在の問題点を具体的に細かく列記し、何がどう改善されるのか、できるだけ具体的に見える効果をアピールする必要があります。 そして改善を実施していく中でもきちんと実施できているのか、そのチェック方法についても書いておきます。 提案のしっぱなしにならないように改善のチェックができるようにしておくことも大事です。 こうしていろいろな工夫をすることで有意義な改善提案として会社から評価され、実際に改善の効果もあがってくるようになりますので頑張ってみませんか。

次の