うんこ ちゃん 家具 屋。 世界一〝クソ〟な家具屋で見た夢

「ウンコちゃんの家具屋さん」のトラックに遭遇しました

うんこ ちゃん 家具 屋

一人暮らし 2018. 16 2020. 08 SAGAT さがやん 名前強すぎ。 大阪でオシャレで安いインテリア探すなら、ウンコちゃんの家具屋さんがおすすめ。 新生活や模様替えで新しい家具が欲しい。 そういう時、あまり予算に余裕がない人は大抵「IKEA」や「ニトリ」に行きがち。 ですよね? たしかにこの二つの店舗、実際めちゃコスパのいい家具を多く揃えていて、ぼくも今までかなりお世話になっています。 しかしどうしても無難になってしまうので、人に見える空間くらいは少し違うものにしたい、そんな風に考える、 遅れてきた思春期。 そして向かったのが、大阪の 「ウンコちゃんの家具屋さん」でした。 どんな名前やねん、と思わず突っ込まずにはいられないのですが、知り合いがこの家具屋でめちゃオシャレなベンチをかなり安く購入したのを聞いて、ずっと気になっていたのです。 そして今回、のを機に、ついに足を運ぶことに。 結果、一気にファンになってしまったので全力で紹介させてください。 目次から読む• ぼくが行ったのは、八尾本店。 一度見たら忘れられないこのビジュアル、たまりません。 ぶっ飛びすぎてる名前の理由は、業界用語。 なんでも関西の家具業界では、 キズのついたB級品やアウトレットに出るような展示品などを「ウンコちゃん」と呼んでいたそうな。 店内VTRより そういった家具の専門店として2002年に創業されてから、大阪では知る人ぞ知る人気家具屋さんのポジションを確立したみたいです。 アウトレット家具ばかり取り揃えているのでそのお値段も、クオリティに対してめちゃ良心的。 大阪人 あと元インテリアデザイン専攻 としては、ワクワクが止まりませんでした。 安いのにオシャレな品揃え 実際に並んだ家具たちは安いからといって質が悪いものなんてことは全くなく、むしろなんでこれがその値段!?なんてものばかり。 デザインはウッドを基調とした西海岸風のアメリカンなものが多く、男心をくすぐるラインナップがずらり。 ソファやテーブル、ベッドフレームに雑貨など、基本的なものはだいたいなんでも揃います。 その品揃えと価格を見れば、人気が高いのも納得。 平日のお昼間にも関わらず、ぼく以外にも数組のお客さんが家具を物色していました。 ウンコに対するこだわりがすごい ウンコちゃんという冠をつけて営業しているだけあって、店内に散りばめられたウンコがすごい。 字面もすごい 人気商品にもウンコ。 無料のうちわもウンコ。 しかもオマージュ ニトリもウンコ。 奥までたくさんあるよ!ブリッ! 陽 気すぎる。 接客も超いい そんなテンション高い店の店員さんたちも皆、満面の笑顔で「こんにちは〜!」と挨拶。 しかし、家具を眺めている時にあちらから話しかけてくることはなく、こちらが質問するとすごく丁寧に対応してくれる。 ぼく、これを勝手にユニクロスタイルと呼んでいるのですが、家具でも服でも、最初から店員さんにオススメを押し付けられるのではなく、ある程度自分で吟味した後、改めて自分のセレクトが正しさやオススメの組み合わせを店員さんに尋ねて判断したいんですよね。 ウンコちゃんの店員さんはどれだけウロついててもずっと笑顔で挨拶するだけで、話しかけたらこれでもかと言わんくらいに対応してくれるので、安心して色んな質問をすることができました。 配送も丁寧かつスピーディー 結局対応してくれた店員さんがすごく丁寧かつ優しかったのもあって• ソファ• ローテーブル• ダイニングテーブルセット• 全身鏡 を購入してしまいました。 当日は、前の配送先を出るタイミングで連絡をしてくれたおかげで無駄に待つこともなく、家具の設置自体もとてもスムーズ。 玄関廊下をソファが通れないというハプニングがありましたが 実は最初からあちらには懸念されてて、ぼくがいけると言ってしまったのですが…汗 、結局ベランダから吊るして入れるという緊急対応をしてもらうことで事なきを得ました! 追加で2000円かかっちゃったけど 持ってきてくれたスタッフさんもすごくフレンドリーで、家具を使う上で色々とアドバイスをくれたりしたのも嬉しかったなぁ〜。 関西で家具買うなら、一度足を運ぶ価値あり というわけではじめての「 ウンコちゃんの家具屋さん」だったのですが、総合的にとても満足度の高い家具購入体験でした。 次に家具を買うことがあったら、真っ先にここに行くだろうし、人にも勧めるなぁ。 ちなみに、今回の買い物でスタンプカードが一枚まるまる埋まって3000円分になったので、近々またすぐに行こうかと思います。 そんな感じで。

次の

ニトリよりもIKEAよりもウンコ!「ウンコちゃんの家具屋さん」八尾本店に行ってみた

うんこ ちゃん 家具 屋

ウンコちゃんの家具屋さん・八尾本店 ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店は、大阪中央環状線沿い、近畿道の八尾インターと東大阪南インターの中間付近にあります。 私もときどき通る道ですが、大型トラックがビュンビュン走る片側3車線の道の、しかも側道沿いということで、今までその存在にまったく気づきませんでした。 あまりにも奇抜なネーミングなので、てっきり老舗のタンス屋が代替わりしてこんなことになったのかと思いきや、運営元の木楽家本舗は2006年の設立でまだ新しい店。 大阪の家具業界では展示品やB級家具のことを「ウンコちゃん」と呼んでいたことからこういうネーミングになったそうですけど、まあ確かに、口の悪い友人などはよく「お前、ウンコやな」などと言うことがありますね(笑) 大阪人が「ウンコ」と言うときは決して見下しているのではなく、親しみの気持ちを込めてそう言うのです。 ニトリよりも安くIKEAよりもマトモ! 店に入ると、巨大なサイ「クサイくん」がお出迎え。 その奥にはビッシリとソファーやダイニングセット、食器棚などが並んでいます。 2階も同様に、ベッドやチェストなどがビッシリ。 2段重ねも当たり前です。 価格はなるほど、プロの目から見ても安いです。 ほとんどは九州・大川のもので、典型的な安物家具店の売場です。 しかし、チョイスがなかなか良いです。 安けりゃ良いっていうわけではなく、ぎりぎり許せる範囲の見た目のものを選んで仕入れているという印象です。 価格は ニトリよりも安い価格帯を扱っていると思います。 たとえば整理タンスであれば、ニトリなら4万円台を中心に据えているところが、ウンコちゃんは1~2万円台という感じ。 でも決してニトリよりも単純に安いというわけではなく、見た目は重視するけれども引出しを開けてみればまあそんなもんかなというグレードです。 価格帯だけで言えばむしろIKEAのほうが近いと言えるかもしれません。 でもIKEAの場合は基本的に全部組立式じゃないですか。 一方でウンコちゃんは曲がりなりにも大川の国産品ですから完成品です。 当然、IKEAの家具よりも耐久性が高いと言えます。 実は、ニトリよりも安いグレードで、IKEAと違ってマトモな完成品を扱うというだけでは、ウンコちゃんのビジネスモデルは成り立ちません。 その方法では、単価が安いので大量に仕入れてたくさん売らなくてはならないからです。 しかし、ウンコちゃんの店頭を見る限り、そんな風には見えません。 じゃあどうしてこのビジネスモデルで成り立っているかと言うと、 IKEAのように基本的にお持ち帰りを前提としているからです。 家具の配送コストは通常、1件あたり6,000円程度というのが相場です。 それをお客さんのほうでお金ではなく労力で負担してもらうことで、オシャレでそれなりの耐久性があって安い家具を実現しているんだと思います。 ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店の近くには、大阪でもっとも学生数が多い近畿大学もあります。 学生の住むワンルームではなかなか家具を置くのは難しいとは思いますけど、客層としてはピッタリなんじゃないでしょうか。 パレットハウスジャパンの家具が素敵! 出典:PALLET HOUSE JAPAN ウンコちゃんの家具屋さんで扱われているのは大川産の安物家具だけではありません。 ヴィンテージ風というか、インダストリアル系というか、男前インテリアっぽい家具も別コーナーで置かれています。 これらはそこそこのお値段ですけれども、モノの割りには安いです。 数は多くないものの、ダブルデイなんかが好きな人には最高なんじゃないかと思いますね。 なかでも思わず見入ってしまったのが パレットハウスジャパンというメーカーの商品です。 流通倉庫などで使われる木製パレットを再利用して作られた家具なんですけど、これが驚くほどマトモなのです。 ハッキリ言って私はこういうエコっぽい家具はキライなんですよ。 だいたい家具の素人が作るので、値段だけ高くてそれこそウンコ以下のものばかりだからです。 ところがパレットジャパンの作る家具は明らかにプロの手によるものなのです。 構造は当然のことながら、木製パレットとは言え、ちゃんと木の使い方を分かっているのです。 オフィスに戻ってから調べてみたところ、なるほど納得しました。 パレットハウスジャパンは、ウンコちゃんの家具屋さんの創業者で現社長の叔父さんが代表を務めるメーカーなのです。 きっと現社長に家具の目利きを仕込んだのもこの方なんでしょう。 ともあれ、パレットハウスジャパンの家具は、家具好きな人、エコ好きな人、そうでない人にとっても必見ですよ~。 これはマジで見とれてしまいます。 いやー、ウンコちゃんの家具屋さん、想像以上に面白かったです。 社長を見つけたら色々お話をうかがってみたかったですし、パレットハウスジャパンにも一度伺ってみたいなーと思いました。 ウンコちゃんの家具屋さんは八尾本店のほかに、ブリブリ門真店もあるそうです。

次の

ウンコちゃんの家具屋さん ブリブリ門真店

うんこ ちゃん 家具 屋

ウンコちゃんの家具屋さん・八尾本店 ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店は、大阪中央環状線沿い、近畿道の八尾インターと東大阪南インターの中間付近にあります。 私もときどき通る道ですが、大型トラックがビュンビュン走る片側3車線の道の、しかも側道沿いということで、今までその存在にまったく気づきませんでした。 あまりにも奇抜なネーミングなので、てっきり老舗のタンス屋が代替わりしてこんなことになったのかと思いきや、運営元の木楽家本舗は2006年の設立でまだ新しい店。 大阪の家具業界では展示品やB級家具のことを「ウンコちゃん」と呼んでいたことからこういうネーミングになったそうですけど、まあ確かに、口の悪い友人などはよく「お前、ウンコやな」などと言うことがありますね(笑) 大阪人が「ウンコ」と言うときは決して見下しているのではなく、親しみの気持ちを込めてそう言うのです。 ニトリよりも安くIKEAよりもマトモ! 店に入ると、巨大なサイ「クサイくん」がお出迎え。 その奥にはビッシリとソファーやダイニングセット、食器棚などが並んでいます。 2階も同様に、ベッドやチェストなどがビッシリ。 2段重ねも当たり前です。 価格はなるほど、プロの目から見ても安いです。 ほとんどは九州・大川のもので、典型的な安物家具店の売場です。 しかし、チョイスがなかなか良いです。 安けりゃ良いっていうわけではなく、ぎりぎり許せる範囲の見た目のものを選んで仕入れているという印象です。 価格は ニトリよりも安い価格帯を扱っていると思います。 たとえば整理タンスであれば、ニトリなら4万円台を中心に据えているところが、ウンコちゃんは1~2万円台という感じ。 でも決してニトリよりも単純に安いというわけではなく、見た目は重視するけれども引出しを開けてみればまあそんなもんかなというグレードです。 価格帯だけで言えばむしろIKEAのほうが近いと言えるかもしれません。 でもIKEAの場合は基本的に全部組立式じゃないですか。 一方でウンコちゃんは曲がりなりにも大川の国産品ですから完成品です。 当然、IKEAの家具よりも耐久性が高いと言えます。 実は、ニトリよりも安いグレードで、IKEAと違ってマトモな完成品を扱うというだけでは、ウンコちゃんのビジネスモデルは成り立ちません。 その方法では、単価が安いので大量に仕入れてたくさん売らなくてはならないからです。 しかし、ウンコちゃんの店頭を見る限り、そんな風には見えません。 じゃあどうしてこのビジネスモデルで成り立っているかと言うと、 IKEAのように基本的にお持ち帰りを前提としているからです。 家具の配送コストは通常、1件あたり6,000円程度というのが相場です。 それをお客さんのほうでお金ではなく労力で負担してもらうことで、オシャレでそれなりの耐久性があって安い家具を実現しているんだと思います。 ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店の近くには、大阪でもっとも学生数が多い近畿大学もあります。 学生の住むワンルームではなかなか家具を置くのは難しいとは思いますけど、客層としてはピッタリなんじゃないでしょうか。 パレットハウスジャパンの家具が素敵! 出典:PALLET HOUSE JAPAN ウンコちゃんの家具屋さんで扱われているのは大川産の安物家具だけではありません。 ヴィンテージ風というか、インダストリアル系というか、男前インテリアっぽい家具も別コーナーで置かれています。 これらはそこそこのお値段ですけれども、モノの割りには安いです。 数は多くないものの、ダブルデイなんかが好きな人には最高なんじゃないかと思いますね。 なかでも思わず見入ってしまったのが パレットハウスジャパンというメーカーの商品です。 流通倉庫などで使われる木製パレットを再利用して作られた家具なんですけど、これが驚くほどマトモなのです。 ハッキリ言って私はこういうエコっぽい家具はキライなんですよ。 だいたい家具の素人が作るので、値段だけ高くてそれこそウンコ以下のものばかりだからです。 ところがパレットジャパンの作る家具は明らかにプロの手によるものなのです。 構造は当然のことながら、木製パレットとは言え、ちゃんと木の使い方を分かっているのです。 オフィスに戻ってから調べてみたところ、なるほど納得しました。 パレットハウスジャパンは、ウンコちゃんの家具屋さんの創業者で現社長の叔父さんが代表を務めるメーカーなのです。 きっと現社長に家具の目利きを仕込んだのもこの方なんでしょう。 ともあれ、パレットハウスジャパンの家具は、家具好きな人、エコ好きな人、そうでない人にとっても必見ですよ~。 これはマジで見とれてしまいます。 いやー、ウンコちゃんの家具屋さん、想像以上に面白かったです。 社長を見つけたら色々お話をうかがってみたかったですし、パレットハウスジャパンにも一度伺ってみたいなーと思いました。 ウンコちゃんの家具屋さんは八尾本店のほかに、ブリブリ門真店もあるそうです。

次の