浄土真宗 仏壇。 浄土真宗の仏壇の処分方法と流れを僧侶が徹底解説。魂抜きやお性根抜きはどうするの?

仏壇の処分方法~費用相場・浄土真宗のルール・粗大ごみの扱いなど~

浄土真宗 仏壇

法事の時と日常では実は異なる部分があります。 お仏飯 ご飯 を御供えする時間、位置、理由など作法についても説明させて頂きたいと思います。 左右に華瓶 けびょう と呼ばれる器を一対、その真ん中に火舎香炉 かしゃごうろ を配置します。 個別の使い方 仏飯器 ぶっぱんき ご飯をお供えするための器です。 本願寺派では蓮の蕾 つぼみ の形に盛ったお仏飯 ご飯 を御本尊の前と両脇の親鸞聖人 右側 、蓮如上人 左側 の前にも御供えします。 ご飯は仏様やご先祖様が食べる為ではなく、この食を恵まれたことに感謝し恭敬の心でお供えします。 両脇の掛軸が名号 人物ではなくて文字 の場合はそこにはお供えせず、御本尊の前だけでけっこうです。 朝一番に焚いたご飯をまずお仏壇にお供えするのが本来ですが、朝にご飯を炊かないご家庭もあるかと思います。 そういう場合は時間帯を問わず、いつでもご飯を炊いた際に御供えしましょう。 お寺では御本尊の前には2つお供えしますが一般家庭ではスペースの都合上1つの場合が多いです。 いずれの場合もお供えし、お勤めしたり手を合わせたら、早めに下げて仏様からのお下がりとしておいしいうちに頂きましょう。 お仏供 おぶっく 、おぶくさん、ごはんさん、仏飯 ぶっぱん 等地方によって様々な呼び方があります。 他の宗派でいうところのお水の御供えを浄土真宗ではこのように行います。 華瓶を配置するスペースがない場合は省略される場合もあります。 その場合もコップや湯飲みなどではお水をお供えしません。 4つくらいのパーツに分かれますので動かす際には落とさないように注意して下さい。 こちらも省略される場合があります。 お仏壇中段の仏具の飾り方 お仏壇の中段、前卓 まえじょく という台の上の仏具の並べ方です。 左から花瓶 かひん 、香呂 こうろ 、蝋燭立 ろうそくたて です。 三つ揃って三具足といいます。 報恩講など大きな法要の際は花瓶と蝋燭立がそれぞれ一つずつ増えて五具足にしますが、平常時は基本三具足がよろしいでしょう。 季節に合わせた四季折々の花やお庭で育てているお花を生けてもよろしいですが、棘のある花や毒のある花は飾らないようにします。 また造花も用いません。 仏さまやご先祖様にお供えするのだからきれいな方を仏壇側へ向けなさいという意見がありますが、お花が私達のほうを向いているのは仏様から私達へのおはたらき お慈悲の心 がこちらに向けられていることを表しているので安心して綺麗なほうをこちらに向けましょう。 本数に決まりはありません。 木蝋ではなく日常は電気の蝋燭を立てる地域もありますので適宜調整してください。 普段は使わない仏具 打敷 うちしき と供笥 くげ は普段は使いませんのでしまっておいてください。 ご飯以外に何かお供えする場合、朱色の高杯 たかつき の上に盛りましょう。 仏具の向きに注意 仏具を配置する際、向きに決まりがありますので注意しましょう。 香炉、蝋燭立など足が三本ある仏具は一本が正面 私達の方向 を向くように並べます。 逆向きに配置しないように注意しましょう。 現代風の仏具でも三具足の配置は左から花瓶、香呂、蝋燭立の並び方は崩さないようにしましょう。 お位牌について また浄土真宗では本来お位牌は配置しませんが、もし繰り出し位牌などがある場合はご本尊の正面を避けてお仏壇の中段の右端か左端に設置します。 上の方に貼ってある写真をもう一度見て頂くと端っこの方に控えめに配置してあると思います。 浄土真宗本願寺派のお仏壇の飾り方、参考になれば幸いです。 関連ページ:はこちらをご覧ください。 お盆に向けてのお墓掃除 お墓のお掃除はいつもどうしてますか?周辺の古いお花を捨てて、雑草を抜い 浄土真宗のお盆何を用意しよう? 一般的なお盆とはご先祖様を追善供養するという考え方に基づいてい 法事の疑問 一周忌の次がなぜ三回忌なのか? 来週は祖父の三回忌か 祖父が亡くなってもう三年も 葬儀の際は親しき仲にも礼儀ありということで、電話だけで済まさず葬儀案内状と会葬礼状を出したいものです ペットのお葬式どうする?浄土真宗編 可愛がっていたペットともいつかは別れる時が訪れます。 動物と 真宗大谷派の三河別院へ行ってきました いつの間にか前回から1年くらい経過している別院巡り…今回 お坊さんを呼びたい でも困ったことに実家の宗派はわかるけど、地元を離れて久しいし現在はお寺とご お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあります。 お位牌をどういう順番に 法事の用意をするのはなかなか大変です。 お寺と日程の調整をして、会食をする会場の手配をして、返礼品を用 ペットの葬儀が終わったらどうすればいいか? 前回 浄土真宗式で行うペットの葬儀を紹介しましたが、こ.

次の

仏壇の処分方法~費用相場・浄土真宗のルール・粗大ごみの扱いなど~

浄土真宗 仏壇

本来は「金仏壇じゃなくちゃダメ」ってホント!? 浄土真宗の仏壇は、正式には「金仏壇」ということになっており、現代的なインテリアに合わせた家具調のモダン仏壇はあまり好ましくないとされています。 さらに、同じ浄土真宗の中でも大谷派と本願寺派で仏壇の仕様も微妙に作り分けられているのだとか…。 しかし、そうはいっても、一軒家ではなくマンション住まいを選ぶ方が多い現代の住宅事情では旧式の仏壇を置くのは物理的に難しいケースが多いわけですよね。 サイズもさることながら、デザインが部屋のコーディネートに合わない…。 それならいっそ仏壇を置くのは止めてしまおうかと、罰当たりなことを考える方も出てきてしまうわけです。 本質的には、実はNG! お寺の僧侶さんの見解を参考にすると、確かに、 「浄土真宗なのにモダン仏壇」というのは本質的にはNGなのだとか。 というのも、仏壇というのは「礼拝しやすいように、各本山の寺院の本堂を模してミニチュアにしたもの」だからです。 特に金仏壇は、阿弥陀仏の浄土=故人が旅立って行った先の「あの世」を表すものだと言われています。 ですから、やはり本来は、浄土真宗用には金仏壇を用意するのが望ましいということになりますよね。 ただ、そこで「じゃあ、仏壇を置くのはやめよう」と考えてしまうよりは、「モダン仏壇でも、部屋に置いて手を合わせよう」という気持ちが大事。 要するにモダン仏壇は一つの「妥協策」というわけですね。 大事なのは「形式」より、「心」と「行い」 確かに、浄土真宗のルールを忠実に守るのであれば、伝統的な金仏壇が望ましいでしょう。 ただ、 大事なのは形よりも心です。 ご本尊と三具足(花立・火立・香炉)さえ揃えて毎日手を合わせていれば、それがモダン仏壇だろうと関係ない! そのような柔軟な考え方も一般的になりつつあるようですね。 ちなみに、妥協策として、「上置きタイプの金仏壇を選ぶ」という方法もあります。 上置きタイプは、タンスなどの家具の上に置けるコンパクトサイズのモダン仏壇。 例えば「ひだまり仏壇」さんの『金仏壇・蒔絵入り鉄仙』は、14号とコンパクトでありながら鉄仙花の蒔絵が魅力的な存在感のある金仏壇です。

次の

仏壇はいらない?|無宗教・お墓・浄土真宗・納骨堂・仏壇・位牌|終活ねっと

浄土真宗 仏壇

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 日本の代表的な宗教として挙げられるのは神道、そして仏教です。 特に仏教は一般的に広く普及しているため、各家庭に仏壇が置かれている光景も珍しいことではありません。 しかし、近年では仏壇をいらないと感じている人が増えてきています。 今までは仏壇に手を合わせることが当たり前に行われてきたため、当然ながら仏壇も必須のものとされてきました。 そういった風習と真逆の考えが出てきたのは何故でしょうか。 他にも「仏壇がいらないではなく、置けない場合もあるのか」「仏壇を置かない場合、供養はどのようにすれば良いのか」など、疑問に感じることは沢山あることと思います。 今回の「終活ねっと」では、 仏壇はいらないという考え方について、 仏壇をいらないと考えている人が多いと先述しました。 しかし、そう考えるに至った理由は人によってさまざまです。 仏壇を置けない理由とは一体どんなものなのでしょうか。 部屋に置ける場所がない 理由として、部屋に 仏壇を置ける場所がない点が挙げられます。 例えば自宅が一軒家だった場合、部屋の数は多いので仏壇を置く場所を用意することは簡単に出来るでしょう。 しかし、中にはアパートやマンションのように、部屋数があまり多くない賃貸住宅に住んでいる人もいます。 一軒家と比較すると、当然ながら仏壇を置く場所も限られてきます。 仏壇以外に家具や家電製品など、所有している物が沢山あったとしても、日常生活に欠かせない物をどかすことは不可能です。 狭い場所に無理矢理置くことは出来るかもしれませんが、それで普段の生活に支障が出る可能性も考えられます。 仏壇を置きたくても、 置き場所が確保出来ないから諦める人は多いです。 以下の記事では仏壇の置き方について詳細に解説しています。 ご興味ありましたら、合わせてご覧ください。 信仰心がない 仏壇を置けない理由には 信仰心がないというのも大きいです。 先述したように、仏壇は仏教と深いつながりがあるため、仏教徒が仏壇を所有しているのはごく自然なことです。 しかし、仏教以外の 宗教を信仰していた場合、仏壇を置く必要性はありません。 例えば神道なら神棚、キリスト教なら祭壇というように、宗教によって家庭用の礼拝対象は異なるからです。 日本人の宗教観でよく言われるのが「元旦は神道、結婚式はキリスト教式、葬儀は仏教」というものです。 複数の宗教を受容している点から、信仰心が全くないというのは不正確ではないかと言われています。 ただ、 熱心な信者は少ないため、家が仏教でも仏壇に対する執着心は薄いのです。 大きいため邪魔になるためいらない 大きくて邪魔になるという理由で、仏壇はいらないという人もいます。 自宅が狭いと仏壇を置く場所を確保するのが難しいと先述しました。 その上、仏壇そのものが大きければさらに置く場所がなくなり、日常生活の妨げになることでしょう。 仏壇のサイズは色々ありますが、比較的大型の仏壇が多いです。 昔は仏壇は大きければ大きいほど良いという考えが一般的でした。 さらに広い部屋に 小型の仏壇を置くのは見栄えが悪い、供養対象の仏様に喜んでほしいなど、さまざまな理由から大型の仏壇が好まれていたのです。 しかし、ライフスタイルや価値観の変化、費用がかさむなどの理由で上記のような考えは減りつつあります。 無宗教の人が多いため 無宗教の人が多いことも仏壇を置かない理由の1つです。 仏壇が一般庶民に広く普及したのは、江戸時代にあったキリシタン禁制がきっかけです。 キリスト教を排除するため、キリシタン禁制に伴い、檀家制度が作られました。 檀家制度はお寺の檀家になることを強制するものであり、これを拒否したらキリスト教徒として処刑されることになります。 そのため、多くの人が仏教徒の証明として檀家になり、仏壇を置くご家庭が急増したのです。 しかし、 現代では自分の宗教を自分で選択出来る自由があるので、無宗教であっても問題ありません。 無宗教なので、部屋のインテリアに合わないからという理由だけで、置いていた仏壇を処分する場合もあります。 仏壇がない場合の供養 故人の供養だけが目的であれば、仏壇にこだわる必要はありません。 しかし、仏壇の代わりとして他にどんな供養方法があるのでしょうか。 永代供養のお墓 永代供養墓は ご遺族の代わりにお寺や霊園がご遺骨の管理・供養をすることです。 仏壇を部屋に置かなくてもお墓があるから問題ないという人はいます。 しかし、一般的なお墓の費用は高いため、お墓以外の供養を求める人も多いです。 その点、永代供養墓はお寺や霊園側でお墓を用意してくれますし、費用も一般的なお墓より安く済みます。 また、お墓の管理もやってくれるため、仏壇のように手入れをする必要もありません。 しかし、永代供養墓には個別墓と合祀墓があり、後者は他人のご遺骨と一緒に1つのお墓にまとめて埋葬します。 この場合、 後から個別にご遺骨を取り出すことは不可能です。 樹木葬 樹木葬は 樹木をお墓の代わりにして、その根元にご遺骨を埋葬し、供養することです。 樹木葬の種類は大きく分けて 都市型、ガーデニング型、里山型の3つあります。 都市型は公園型とも呼ばれ、 整備された敷地内に樹木を植え、その周りにご遺骨を埋葬します。 ガーデニング型は一言で表すなら手入れの行き届いた庭園です。 他の種類よりも敷地が狭い場合が多いため、 大きい樹木よりも数多くの植物を植えられている傾向が強いです。 里山型はご遺骨を埋葬する場所が文字通り 山の中という点が大きな特徴と言えるでしょう。 ただ、里山型の場合は都市部から離れているため、お参りに時間がかかります。 納骨堂 納骨堂はご遺骨を地面に埋葬するのではなく、 屋内に安置し、管理する場所です。 昔の納骨堂は、まだお墓を建てていない人がご遺骨を一時的に預ける場所という役割を持っていました。 しかし、現代ではお墓や仏壇として納骨堂を利用する人が増加しています。 納骨堂はご遺骨の管理を一任出来る上に費用もお墓より安いです。 さらに交通の便が良い場所にあるため、近ければ仕事帰りに気軽に立ち寄ることも出来ます。 納骨堂の種類には小さいタイプの仏壇式、四角形のお壇がずらりと並ぶ ロッカー式、タッチパネルで操作してご遺骨を移動させる 機械式、位牌に向かって合掌する 位牌式などがあります。 散骨 散骨はご遺骨を粉状に砕き、 自然の中へばら撒くという供養方法です。 散骨は宗教や宗派を問わないため、仏壇がいらない人だけでなく、無宗教の人などにもおすすめの方法と言えるでしょう。 死後は自然に還りたいという考えの元、生前に専門会社へ散骨の予約をする人もいます。 散骨の種類は 海洋散骨、山林散骨、空中散骨、宇宙葬などが挙げられます。 海洋散骨は船の上から海上、山林散骨は山の中、空中散骨はヘリから空中にばら撒きます。 宇宙葬はご遺骨をカプセルなどに入れ、ロケットに載せて飛ばします。 ただ、散骨後はご遺骨が残らないため、お参りをしたい人には向かない方法です。 浄土真宗の仏壇について 仏教には多くの宗派があります。 創価学会や曹洞宗など、 宗派によって仏壇に対する考え方は異なります。 浄土真宗の仏壇の場合、他の宗派とどのような違いがあるのでしょうか。 金仏壇を置く人が多い 浄土真宗では金仏壇を置く人が多いです。 浄土真宗における仏壇は、仏様である阿弥陀如来がいる極楽浄土を表現しています。 そのため、金箔などを使った荘厳なデザインの金仏壇を選ぶ人が多いのです。 しかし、時代の流れとともに価値観が変化し、費用や置く場所の問題で 唐木仏壇を購入する人も増えてきました。 位牌は置かない 浄土真宗では位牌を置かず、代わりに故人の法名を記入した過去帳を置きます。 そもそも位牌は故人の霊が宿るための依り代とされていますが、浄土真宗では亡くなったらすぐに仏様になるという考えなので霊の存在は認めていません。 したがって、 浄土真宗の仏壇は位牌を置かないことになっています。 以下の記事では浄土真宗における位牌の扱い方について解説しています。 よろしければこちらも合わせてご覧ください。 仏壇は小さなお寺を表現したもの、ご先祖様の供養と精神安定のために必要• 置き場所を確保ができない・仏教以外の宗教を信仰している・無宗教で仏壇自体に興味がない、などの理由がある• 仏壇がいらない場合、代わりの供養方法は4種類で、お寺や霊園がご遺骨の管理・供養をする永代供養墓・・樹木をお墓の代わりにする樹木葬・ご遺骨を屋内に安置して管理する納骨堂・ご遺骨を粉状にして自然の中へばら撒く散骨がある• 浄土真宗は極楽浄土を表現している金仏壇を置く人が多く、霊の存在を認めていないため、故人の霊の依り代である位牌は置かない 仏壇をいらないとする考え方は、個人的な事情や信仰心などから出てきたということが分かりました。 仏壇はいらないという主張は故人を蔑ろにしようとしている訳ではなく、仏壇だけにこだわる必要はないということです。 仏壇以外にも故人の供養方法の選択肢があるということは知っておいた方が良いでしょう。 「終活ねっと」では、他にも仏壇に関する記事を数多く掲載しています。 以下の記事でも仏壇の必要性について詳細に解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の