カスタム オーダー メイド 藻 消し。 カスタムオーダーメイド3D2改造wiki

CM3D2 MODの導入等 もちもち3D

カスタム オーダー メイド 藻 消し

カスタムメイド3D2(以下CM3D2)、カスタムオーダーメイド3D2(以下COM3D2)共に、様々なが有志によって作られています。 エディット拡張やゲームプレイ拡張、中には本来はできないことをやっちゃうようなものも。 もちろん、その中にはSS撮影で役立つようなものもあります。 が、「一体どれがSS撮影に使えるのか?」「説明見てもどういうことができるのか、いまいち分からない」という方も、特に初心者にはいるのではないのでしょうか。 大丈夫、僕も分からないの多いです。 というわけで、よく使う・使ったことがあるを簡易的にですが紹介できたらと思ってこの記事を書いてます。 お力になれれば幸いです。 始めに と、記事に行く前に注意事項を。 当然のことではありますが、 これらのは非公式のものですので、導入した場合に何らかの問題が発生した場合、公式では対処できません。 また、 各作者様に迷惑をかける行為は絶対にしないようにしてください。 それと、 本体のバージョンアップに伴ってこれらのが起動しなくなるのは普通のことなので、そのことで公式に迷惑をかける行為もやめましょう。 また、記事内では各へのリンクは貼っていないので、各自で検索するか、もちもち3D様のツール・まとめの記事を参照してください。 ちなみに、これらの導入の前提となる『しばりす』導入についてはできている前提で書かせていただいています。 あらかじめご了承ください。 どう考えても長くなるので過去記事を参照してください。 ちなみに公式のスタジオモードではなく、こちらを使うメリットとしては、• 公式アイテムもMODも単品で呼び出すことが可能• 表情を更に細かく調整できる• エディット画面からそのまま撮影できる• 操作や呼び出し時にいちいちパネルを呼び出す必要がない など、主に利便性の向上がメインで、特に撮影に慣れてきてからはかなりありがたいだと感じることができるとは思います。 個人的には普段使いする分には複数メイド撮影をお勧めしますが、今後も嫁イドグランプリが開かれる場合はスタジオモードオンリーでしょうし、指の操作などはスタジオモードのが便利だと感じているので、別に好みで選んでいいと思います。 (ちなみに、 『嫁イドアワー』は複数メイド撮影でも現状問題ないです。 『嫁イドグランプリ』とはまた別なので、参加する意思のある方は一応ご注意を) SceneCapture. が、 カメラ変更やMOD呼び出しなどの機能も持っているため、もし複数メイド撮影ではなく公式のスタジオモードを使う場合は利用するのもいいでしょう。 先述のPostEffectで使える機能は全て使えるため、ほぼ上位互換と言っていいかもしれませんが、• PostEffectとは微妙にエフェクトのかかり方が違う• 複数メイド撮影との併用を想定してないようなので、お互いの機能の無効化が起きたりする 点がありますので、好みの方を使うか、あるいは両方とも使うかするといいのではないでしょうか。 特に複数メイド撮影と併用する場合は、 デフォルトの起動キーが複数メイド撮影でよく使うキーなので、変更はほぼ必須だと思っていいです。 ちなみに画像はCOM3D2版なので、CM3D2版はもっと機能が多いです。 デフォルトの起動キーはP(変更可能)ですので、お好きなキーを当てるといいでしょう。 ただ単にを置くだけでなく、 こんな風に円柱にしたり、 PS機能で桜吹雪を作ったりなどもできます。 この画像では動いてませんが、APNGを使うこともできます。 注意点としては、• デフォルトでいくつか入っているとはいえ、使うは自分で作るか見つけてくるかする必要がある• 性質上、どうしても重くなってしまう• ものによっては後付けで付けた方が楽 と言ったところでしょうか。 吹き出しや擬音は個人的には後から付けた方が楽だと思っていますが、この辺りは個人の感覚によるところが多いので、やりやすい方法を見つけてみましょう。 AlwaysColorChangeEx. Plugin エディットパーツの色や透過などをゲームを起動しながら調整できるようになるです。 起動はF12キー。 こちらもメインは撮影以外で、変更したものを出力できたりもしますが、使いこなせると表現の幅が一気に広がるので、撮影に慣れてきたら使うようにするといいかもしれません。 自分は未だに使いこなせないので、肌のテカリの表現くらいしか使えてないです…… また、 テクスチャの変更も可能なので、このように撮影時にMODの背景を変更できたりなどもします。 もちろん、以外のテクスチャ変更も可能です。 変更するテクスチャは、かファイルである必要はあります。 本当に色々な可能性があるだと思うので、使いこなせるようにがんばりたいですね。 これら単体では撮影にそこまで関連しないのですが、 組み合わせると画像のようにご主人様のモーションをメイドにさせることができます。 男がやってる? 気にするな! やり方はXtMasterSlave内のマニュアルにもありますが、• VibeYourMaidの設定画面から男モデルの表示を行う• Ctrl+Mキーを押してこのを表示し、サブメイドを呼び出す• Masterに「男No. 0」、Slaveにサブメイドを指定して「Master-Slaveリンク」を押す• VibeYourMaidのUnzip機能で夜伽コマンドを行う• 位置などを調整したら、男モデルを透明度スライダーで完全に透明にする(お好みでVibeYourMaidの設定画面から、複数メイドの同期設定で音声や表情同期をONに)• Marking. Plugin・Custom. Nyou. COM3D2のみとしてますが、同機能持ちの自体はCM3D2でもあったと思われます。 ただ、現バージョンで動くかどうかが未確認なので、その辺りはご了承ください。 YASDMinus. Pluginとか いわゆる藻消しです。 色々あるのでこれは画像省略で。 まあ、アソコが描き込まれた肌使う場合、公式の藻が強すぎるからほぼ必須と言っていいでしょう。 これ使ったSSを外部公開する場合、自分で藻をかけ直すなり黒塗り修正するなりは必ずするようにしてください。 終わりに かなり大雑把な紹介になってしまいましたが、とりあえず自分が思いつく限りのものを上げたつもりです。 「これら全部を使いこなさいとダメなのか……」というわけではありません。 というか、自分も使いこなせてません。 必要なものを必要な時に使う、それでいいのだと思います。 ここでいうことではないかもしれませんが、 SS撮影はの使いこなしや撮術を競っているわけではありません。 ただ、 それらを知っていると表現の幅が広がるというのが重要なのだと思っています。 というわけで、色々試してみて「難しいから今回はいいや」とか「これ使えばこういうことできるのでは?」となってくれればうれしいと思います。 それでは、最後に全ての作者様、今回の撮影で使わせていただいたMODの製作者様、また以前に撮影のことでアドをくださった皆様への感謝の言葉で閉じさせていただきます。 ありがとうございました。 (「こういう使い方もあるよ」「これ抜けてない?」などがあれば、教えてくださると幸いです) kasumikan3.

次の

プラグイン

カスタム オーダー メイド 藻 消し

藻消には様々な方法があります。 Model. vac Motion. Xls. vacを書き換える• ゲーム実行ファイル CM3D. exe をバイナリエディタ等で書き換え バイブのモザイクも消える• メモリエディタを使ってリアルタイムに改造する ここではModel. vacを書き換える方法とXls. vacを書き換える方法の2方法を紹介します。 Model. vac Motion. ゲーム実行ファイル CM3D. exe をバイナリエディタ等で書き換える 上の2つを同時にした場合エラーでゲームができなくなるので注意 CM3D. 48 1. 46 1. vacのCRCチェック回避パッチと一緒に使う人はの方を参照。 CM3D. 18-1. 12-1. スーパーコピーブランド激安通販専門店! 世界一流のスーパーコピーブランド時計、バッグ、財布、アクセサリ最新入荷! ブランドコピー、ブランド偽物、ルイヴィトンコピー、 ロレックスコピー、シャネルコピー、グッチコピー、エルメスコピー、 ボッテガ? ヴェネタコピー、 バーバリーコピー、ミュウミュウコピー、トリーバーチコピー、バレンシアガコピー、ディオールコピー、ブルガリコピー、ブラダコピー、 ドルチェ&ガッバーナコピー、オメガコピー、フランク ミュラーコピー、gagaコピー。 私達は長年の実体商店の販売経験を持って、先進とプロの技術を持って、 高品質のスーパーコピー時計づくりに 取り組んでいます。 最高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、 ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中 商品の数量は多い、品質はよい。 海外直営店直接買い付け 商品の数量は多い、品質はよい. 海外直営店直接買い付け! 商品は全てよい材料と優れた品質で作ります。 高質な製品を驚きの低価格で提供して,安心、迅速、確実にお客様の手元にお届け致します。 ぜひご来店くださいませ。

次の

カスタムオーダーメイド3D2攻略wiki

カスタム オーダー メイド 藻 消し

SS撮影の際に多くの方がお世話になっているであろう、複数メイド撮影。 自分含めて、もはやこれなしでやってられないって人もいるであろうこのですが、逆に色々出来過ぎてどれを使えばいいのかよくわからないという初心者もいるのではないでしょうか。 というわけで、 そういう方は使い方のtxt読もう自分が普段よく使う機能を大雑把にですが言っていきたいと思います。 基本的な部分は変わっていないので、この解説はそのまま通用すると思われます。 また、追加された新機能はCOM3D2専用となるので、本来の項目とは別項目でとりあえず書いておきます。 本来の項目に移すかは、利便性次第とさせてください。 複数メイド撮影の起動方法 ここからやる必要あるのか? と思うけど、まあ一応。 複数メイド撮影の起動方法ですが、2つの方法があります。 スケジュール画面でF7を押すか、 エディット画面でF7を押すかです。 で、基本的には エディット画面から複数メイド撮影を起動した方が便利だと思っています。 理由としては、• 衣装や髪形などをすぐにいじれる• いじりやすいので差分撮影等がやりやすい• エディット画面でしか起動できない他のと併用できる と言ったところです。 まあこの辺りは、PCスペックとかの都合もあるかもしれない(ないかもしれない)ので、好きな方を使えばいいと思います。 ~追記~ エディット画面から複数メイド撮影を起動した場合、 VIEWボタンを押してエディット欄を消すことをオススメします。 単純に見やすくするためなのと、 ここのボタンがCANCELになるので、誤ってエディット画面から抜けることがなくなりやすくなります。 「せっかくいい感じになったのに、セーブする前に抜けてしまった!」となってしまっては笑えないので、手間でなければやる癖をつけた方がいいでしょう。 ~追記ここまで~ ex. 呼び出したメイドのエディット エディット画面に入ったときに選択したメイド以外の衣装や髪形変更等は、操作タブのここにチェックを入れてから行う必要があります。 このとき、AUTO CAMERAがONになっていると、エディット対象のメイドにカメラが向かうので、上手く使えばカメラ移動の手間が省けたりとかもします。 また、 プリセットからの変更は対象が1番目のメイドに強制的になる点には注意してください。 ~追記~ この欄のチェックを付けたり外したりで、 衣服の着脱やスカートのめくり、パンツのずらしを簡単に行えます。 着せる方はともかく、脱がすだけの差分撮りなどにも利用しやすいです。 やはり差分撮りや、 ポーズを付けるときにもキーを一回押すだけで分かりやすくできる(と思う)ので、積極的に使っていきたいです。 そして、 スカート固定にチェックを入れると、現在のスカートの形を固定することができます。 スカートの動かし方自体は、脚をなんかこう上手く使ってください。 解除方法は普通にチェックを外すだけです。 ~追記ここまで~ 2. メイドの移動の仕方 さて、いよいよ本題です。 メイドの移動方法は、 キーボードのZキーを押しながらマウスをドラッグして動かす方法と、 各メイドに割り振られた番号を押しながらキーボードで動かす方法の2種類あります。 マウスでの移動は、基本的に直感で動かせるのが最大のメリットです。 Zキーを押しながら、メイドをドラッグするだけでその方向に動いてくれます。 楽しい。 たまに動かないときがありますが、そういうときはクリックした場所が悪いことが多いです。 もしくは、 環境タブのメイドのところにチェックを入れて、ボックスを出してそこをクリックするようにしてもいいかもしれません。 また、移動だけではなく、• Shiftキーも同時に押すことで回転• Ctrlキーも同時に押すことで上下に移動 させることも可能です。 便利なので、覚えておきましょう。 一方のキーボードでの移動ですが、こちらは大きく移動させるときに非常に便利です。 操作方法は、動かしたいメイドの番号のキーを押しながら、キーボードのIJKLで平行移動、0(ゼロ)とPで上下移動、UとO(オー)で回転します。 I……画面奥方向• J……画面左方向• K……画面手前方向• L……画面右方向• 0……画面上方向• P……画面下方向• U・O……回る といった感じです。 また、Shiftを同時に押しながらで移動速度を上げることもできます。 現在の位置から遠くに動かす場合は、キーボード操作で一度目的の場所付近まで動かした方が明らかに便利なので、使い分けていきましょう。 そして重要なこととして、 マウスでもキーボードでも、他の呼び出した大道具やMODを動かすときも同じ操作方法ということです。 キーボード操作の際に、動かしたい対象によって対応キーが変わったりはしますが、IKJL0PUOでの移動はそのままです。 非常によく使う操作なので、忘れないようにしたいところです。 (別にデフォポーズからいきなりIKいじり始めてもいい) このように、ボーンにチェックを入れると青い球体と立方体が表示されます。 球体の部分をドラッグするとその部分を、立方体部分をドラッグすると体全体を動かしたり傾けたりできます。 また、 Shiftキーを押しながら左右にドラッグで、回転できる部分の回転ができます。 Spaceキーを押すと指のボーンが表示され、動かすことができます。 ~追記~ ちなみに こちらから手の形を18種類ほど指定することができます。 ここで手の形をある程度決めてから、指のボーンをいじるようにするとやりやすいと思います。 クリックすると色が変わるので、そのままドラッグすれば、その軸を回転させることが可能です。 一応の注意点としては、(公式ポーズからいじる場合は)肘・膝を動かす際は青い軸のみをいじるようにすることでしょうか。 その方向以外に曲がらない(はず)なので…… (いいポーズの為に、リアルだと骨折してようが気にしないのも有効な手なので、囚われすぎるのもよくないですが) また、一応キーボードでのIK操作も可能です。 Altを押しながらで最後にクリックした場所の手首・足首、Spaceを押しながらで首のIK操作ができることは、覚えておくと微調整時に役立つかもしれません。 キーボードで動く方向自体は、回転含めてメイドを動かすときと一緒です。 (もっと色々操作方法あるけど、さすがにreadme見た方が早い) それと、この部分にチェックを入れることで、 カメラ目線を解除し、スライダーの範囲で顔の方向を動かすことができます。 この際に目も動くので、いい具合に調整しましょう。 ~追記~ ちなみにポーズのリセットは、 画像のところにある「解除」のところのチェックを外すか、 メイドの番号を押しながらSpaceキーを押すことでできます。 自分は操作が楽なのでキーボード操作でリセットすることが多いですが、防止の為に解除のチェックを外すのでも全然いいでしょう。 お好きな方をどうぞ。 ~追記ここまで~ まとめると、• ボーンを表示して、青い部分をドラッグして動かす• Shiftキーを押しながらドラッグでその部分を回転できる• Spaceキーを押しながらで、指を動かせる。 カメラ目線を解除して、顔の方向や視線を動かすことも• キーボードでの操作も可能。 微調整にどうぞ• まあ、なんだかんだで直感で割と動かせるとは思います。 始めのうちは思うとおりに行かないかもしれませんが、慣れていきましょう。 表情の変え方 先の二つの項目が長すぎますが、ここから先は(多分)簡単なのでがんばってください。 もちろん、デフォからいきなりいじるのもOKです。 注意点としては、目や口はスライダーの調整次第でなんか酷いことになってしまったりするので、まあ上手くやってくださいくらいでしょうか。 逆にこうした仕様? を利用するのもありかもしれませんね。 また、エディット画面から複数メイド撮影を起動すると、画面サイズによっては頬染めのところとかが見切れてしまうことがあります。 そうなった場合は、詳細のチェックを外すか画面サイズを変えれば解決です。 他のところで見切れた場合も、同じような方法で大体解決できるので、覚えておくといいでしょう。 ちなみに、何気に細かい表情設定は公式撮影モードではできないので、複数メイド撮影を使う大きなメリットの一つであると言えます。 背景の変更方法 ここをいじれば変更できます。 当たり前ですが、 追加パックなどに入っている背景はそれらを購入しないと使用できません。 またメイドの移動方法でちょっと触れましたが、 背景を動かすときはYキーを押しながらメイドの移動と同じ要領で移動させるのが楽だと思います。 一応、環境タブで背景にチェックを入れると立方体が表示され、こちらもメイドと同じ要領でマウスドラッグで移動させることができます。 ちょっと面倒なのと、背景は大きく動かすことが多いと思われるので、個人的にはキーボードの操作に慣れた方がいいとは思います。 それと、「MODで背景導入したんだけど、ここに表示されないよ???」って方もいらっしゃるかもしれませんが、MODの背景は次項目の「アイテムの呼び出し」の方から呼び出すことになります。 こちらはマウスでの移動しかできないので、大きく動かす場合はがんばってください。 アイテムの呼び出し方 大きく分けて、 ハタキや箒、鍋や湯気などの公式のアイテムを呼び出す機能と MODを含めた衣装やアクセサリなどのアイテムを呼び出す機能の二つがあります。 まず、メイドに持たせるアイテムの場合は、操作タブのここから選択すればOKです。 持つ場所が被ってない限りは、同時に持つことも可能だと思います(多分) 次に、環境タブのこちらから選択することで、ソファーや鍋などの大道具や、湯気や星といったエフェクトも呼び出すことができます。 ポーズ固定ですが、ブを呼び出したりもできるので、色々と呼んでみるといいでしょう。 また、環境2タブのここから、メイドが本来手に持つ用のアイテムや小さい公式背景を呼び出したりもできます。 そして、環境2にあるこの部分が「衣装やアクセサリなどのアイテム」を呼び出す機能です。 この機能のおかげで、 いちいち他のメイドを呼び出してアイテムを付けて、更にメイドを消すMODと併用したりなどといった手間を省くことができます。 当然、公式の撮影モードにはこの機能はないので、利便性の面で複数メイド撮影を使う大きなメリットの一つになってます。 MODの背景もこちら機能で呼び出すことができます。 ただそのままだと、元の背景と干渉するので、画像のように 照明設定の単色をチェックして背景を単色にするか、 背景を大きく動かして画面外の何もない空間まで移動させるかする必要があります。 ……逆に言うと、アイディア次第では元の背景と組み合わせたりとか、背景MOD同士を組み合わせたりできるわけです。 こちらも、色々と試してみるといいでしょう。 ちなみにアイテムの動かし方や傾け方等は、メイドのときと一緒です。 (マウス操作のみ) また、 傾きや大きさはそれぞれのキーを押しながらダブルクリックでリセットできます。 呼び出したアイテムを消すときは、Dキーを押すと現れる赤い立方体をクリックです。 誤操作にはお気をつけて。 照明設定の変更方法 基本的にはこのように、 環境タブから使いたい照明を選んで、スライダーで調整していくという形になります。 スポット、ポイント、単色のデフォルトはこんな感じ。 通常照明も含めて、これらは併用することが可能なので、組み合わせも上手く使っていきましょう。 また、スポット照明を選択するとボックスが表示されます。 これもメイドと同じようにマウスドラッグで動かすことができるので、同じように操作して調整するといいでしょう。 そして、 ブルーム・深度ブラー・光学ブラー・フォグの4つのそれぞれデフォルトでの設定です。 これらはまあ、各々いじりながらいい感じに調整するしかないので、がんばってくださいとしか言えないですね…… とりあえず言えることは、 機能があるからと言って無理に使う必要はないということですね。 実際、自分はフォグ機能はあまり多用していません。 撮りたいSSの雰囲気に合うような調整をしていくといいでしょう。 シーン保存の方法 F8キー、もしくは環境タブのシーン管理をクリックで、シーン保存のパネルを呼び出すことができます。 後は保存でシーン保存、読込でシーン読込が可能です。 マウスオーバーでサムネが表示されるので、どれがどのデータなのかはわかりやすくなっております。 急なクラッシュなどあるかもしれないので、区切り区切りで保存していってもいいと思われます。 ちなみに、デフォルトで100までセーブできますが、設定を変えることで10単位で増やすことが可能です。 あんまり増やし過ぎても重くなりますが、足りないという方はreadme見て弄ってみてください。 また、ここに 環境のみを保存することも可能です。 配置したMOD等も保存されるので、環境のみ流用したいなどというときにおすすめです。 この状態で、 Altを離してZを押したまま、別のボックス(この場合はハンバーグ)をドラッグすると…… このように、 オブジェクトを2つ同時に動かすことができました。 試してないので断言できませんが、メイドや背景、MOD等もボックス表示しているなら同時に動かせると思います。 3つ以上の複数選択も恐らく可能でしょう。 ちなみに、 Zを離すと全体の選択状態が解除されます。 非常に便利な機能だと思われるので、上手く使っていきたいところです。 終わりに というわけで、自分なりの複数メイド撮影の使い方でした。 本当は軽く解説するつもりだったのに、思った以上に長くなってしまって申し訳ないです。 ただ、 それだけ複数メイド撮影がSS撮影にとって非常に高い有用性を持っているということでもあるので、使い方が分かるだけでもずいぶん違ってくるんじゃないかなーって思います。 いきなり全部使いこなす必要もありませんし、やはりできるようになるというのは楽しいことなので、この記事を読んで「SS撮影やってみっか!」ってなってくれれば幸いです。 ~追記ここまで~ それでは、最後に複数メイド撮影の作者様と今回の撮影で使用させていただいたMOD製作者様へのお礼の言葉で終わらせていただきます。 ありがとうございました。 問題があれば削除します。 あと追記がどこまでか一応分かりやすくした。 ご指摘くださった汚っちゃん様、ありがとうございました! (「なにいってだこいつ」とか「ちょっとこれ抜けてんよ~」ってのがあったら、かコメント欄にどうぞ) kasumikan3.

次の