型抜きクッキー ホットケーキミックス。 型抜きクッキーレシピ4選|子どもと一緒に作るのが楽しい!サクサク、美味しい型抜きクッキーのレシピを厳選!

ホットケーキミックスを使ったクッキーのレシピ・作り方12選!簡単に美味しく!

型抜きクッキー ホットケーキミックス

おいしくてかわいくてみんな大好き!普段のおやつに、季節のイベントを彩るデザートにと、幅広く活躍してくれるクッキーのアイディアを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたレシピの中から厳選しました。 ホットケーキミックスを活用した簡単レシピをはじめ、バターや卵不使用のアレルギー対応クッキー、キュートな型抜きクッキーなど、子供と一緒に作れるレシピも満載です。 簡単&人気!子どもが喜ぶクッキーレシピ 【1】アイシングクッキー かわいい型に抜いてアイシングでデコレーション!持ち寄りやおみやげにもピッタリ。 バターを泡立て器で混ぜ、砂糖、卵の順に加えて、そのつどよく混ぜる。 ふるった【A】を加えてゴムベラでさっくりと練らないように混ぜ、ひとまとめにする。 8割程度混ざったらラップに移して何度か折りたたむようになじませ、生地を均一にする。 ラップにしっかりと包み、冷蔵庫に2時間以上おく。 【2】台に打ち粉をして【1】を麺棒で4mm厚さにのばし(台がない場合はオーブンシートなどにはさんで均一にのばす)、好みの型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べる。 取り出して金網で完全に冷ます。 【4】アイシング:粉糖に卵白とレモン汁を少しずつ加えながらていねいに混ぜ、とろりとするまで濃度を調節する。 好みで食用色素をごく少量(竹串の先につける程度)入れて色をつけ、コルネ(オーブンシートを切って丸めたもの)に入れて上部を折り曲げ、コルネの先を切り落とし、飾りを絞る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 ふたりの女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 【2】柿のソフトクッキー 柿が美味しい季節にぜひトライして。 柿の甘みを生かしてまろやかに。 【2】ボウルにバターと残りの砂糖を合わせてすり混ぜ、溶いた卵を数回に分けて加える。 【3】【2】にふるった小麦粉と【1】を加えて混ぜ、ひとまとめにして円柱形に整える。 表面にグラニュー糖をまぶし、ラップに包んで冷凍庫で15分ほど冷やす。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2014年11月号 【3】ナッツとグラノーラ入りクッキー 麦などが原料のグラノーラは食物繊維もたっぷり!おなかにやさしくヘルシーで、満足感も。 グラノーラ、アーモンドスライス、薄力粉の順に加えてゴムベラでさっくりと滑らかになるまで手早く混ぜる。 【2】オーブンシートを敷いた天板の上に、【1】をスプーンですくって3cm大に20個のせ、スプーンの背で軽くつぶす。 【3】オーブンで15~17分、色づくまで焼く。 金網に取って完全に冷ます。 *焼きたてはやわらかいですが、冷めるとカリカリになります。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族 のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのよいレシピが人気。 ふたりの女の子のママ。 【2】【A】を加えて粉気がなくなるまで混ぜ、ラップに包んで冷蔵庫で2時間以上寝かせる。 【2】のラップを外して打ち粉(分量外のホットケーキミックス)を広げた台におき、手で練ってひとまとめにしたら、めん棒で3mmの厚さに伸ばしてパンプキン型で抜く。 底に焼き色がついてきたら裏返して5分ほど焼く。 教えてくれたのは 下迫綾美さん お菓子研究家。 人気の洋菓子店で7年間修業を積み、2008年に独立。 2010年より、少人数制のお菓子教室『Thinglike』を主宰。 おいしさはもちろん、かわいくて夢のあるデコレーションにも定評あり。 【2】一方のボウルにホットケーキミックスの半量を入れる。 もう一方には残りのホットケーキミックスを入れ、ココアパウダーを茶こしでふるい入れる。 【3】各ボウルをゴムベラでさっくりと混ぜ合わせ、ラップで包んで冷蔵庫で30分おく。 【4】それぞれ20等分(1個7gくらい)にする。 直径2cmの円形(ガイコツ用)、幅1. 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさ、楽しさにもこだわったオリジナル料理が人気。 キャラクターやモチーフデザインのセンスにも定評がある。 一男一女の母。 『めばえ』2017年10月号 【3】クリスマスパーティーにもぴったり! さくさくオーナメントクッキー カラフルなキャンディーを飾りにして。 【A】をふるって加え、ゴムべらで切るように混ぜる。 【2】【1】をラップでぴったりと包み、冷蔵庫に20分おく。 【3】キャンディーはそれぞれ袋に入れ、めん棒で叩いて細かく砕く。 【4】【2】をめん棒で厚さ5mmにのばし、好みの型で抜く。 【5】オーブンから取り出して、穴に【3】を詰め、オーブンに戻し、余熱で2分焼いてキャンディーを溶かす。 オ ーブンから取り出し、そのままキャンディーが固まるまで冷ます。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 本名・大井純子。 毎月200万アクセスを誇る人気ブロガーとして大ブレイク。 現在はメニュープランナーとして活躍。 夫と6歳の長女と3人家族。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログが人気。 なたね油を使って軽やかに。 普通のベーキングパウダーやサラダ油を使っても同じように作れます。 【2】別のボウルに【A】を入れてフォークでよく混ぜ、油を加えてさらに混ぜる。 【1】を加えひとつにまとまるまで混ぜる。 *米粉30gは小麦粉30gに替えられます。 教えてくれたのは 青木恭子さん 所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は雑誌やWEBなどで活躍。 『ベビーブック』2013年2月号 【2】キャベツクッキー 驚きの!キャベツを使ったクッキーレシピ。 こんがり炒めたキャベツが香ばしい。 【2】キャベツをせん切りにし、オリーブ油(少々)をひいたフライパンで茶色くなるまでじっくり炒め、塩をふってサッと炒め、冷ます(炒め上がり50g)。 【3】【A】をあわせてふるってボウルに入れ、オリーブ油(25g)を少しずつ加えながら混ぜる。 包丁で24枚に切る。 【4】オーブンの天板に【3】を並べ、25分焼く。 教えてくれたのは 柿沢安耶さん 世界初の野菜スイーツ専門店『』のオーナーパティシエ。 野菜などの素材を厳選し、「おいしくて、体にやさしいスイーツ」を提供。 食育活動にもいそしむ。 『ベビーブック』2011年9月号 卵なしのクッキーレシピ 【1】こねこねクッキー|子供と一緒に作ってみよう ただこねるだけで超簡単に作れます。 【2】小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ、【1】に加えてこねる。 【3】1. 5cm程度の丸形に丸める(生地がやわらかくなりすぎたら30分ほど、冷蔵庫で冷やす)。 粗熱がとれたら、混ぜ合わせたAをビニール袋などに入れてまぶす。 仕上げが不均一の場合は、お母さんが最後に調整してください。 サイズは多少、バラつきがあっても大丈夫。 子どもの成長に合わせ、お手伝いをさせるときの目安にしてください。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 今回は、次女の怜音(れいな)ちゃんにお手伝いしてもらいました。 『めばえ』2014年7月号 【2】ジャムサンドボタンクッキー 竹串で4つ穴のボタンを作ります。 【2】【1】に、合わせた【A】をふるい入れ、ゴムべらで押さえつけながらある程度まとめ、あとは手でひとつにまとめてラップに包み、冷蔵庫に30分おく(最初から手でまとめると生地がだれてしまう)。 【3】オーブンシートに【2】をのせ、ラップの上からめん棒で4mm厚さにのばし、4cm径の丸型で抜く。 オーブンシートを敷いた天板に並べ、竹串で4つまたは2つの穴をあける。 【5】ジャムを小さめのフライパンで煮詰めて、粗熱をとり、【4】でサンドする。 教えてくれたのは 青木恭子さん 所属。 2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌やWEBなどで活躍中。 『めばえ』2016年3月号.

次の

ホットケーキミックスを使ったクッキーのレシピ・作り方12選!簡単に美味しく!

型抜きクッキー ホットケーキミックス

メーカーにより異なってきますが、小麦粉を中心として、砂糖や食塩、植物油脂、ベーキングパウダーや乳化剤などを調合した粉末の材料で、上手くホットケーキが出来るように配合されています。 中には乳製品や卵入りの物もあり、勿論、メーカーによって味や特徴も違ってきます。 もちもちした触感の物、ふわふわのパンケーキが焼ける物、野菜や栄養バランスを調整したものが入っていたり、最近は多種多様のホットケーキミックスがあります。 ホットケーキミックスで気になる点 便利で簡単に使える一方、色々な添加物が入っていて気になる方も多いのではないでしょうか。 一時期、ベーキングパウダーに含まれるアルミニウム(ミョウバン)が問題になり、今ではホットケーキミックスのパッケージにも、「アルミフリー」という表示がされていることもあります。 現在ではほとんどがアルミフリーになっているようで、安心なものが多いです。 もちろん、アルミニウム以外も含めて完全無添加のものや低添加のホットケーキミックスも売られているので、お好みで選んでみてください。 アレルギー問題 もう1つの問題は、ホットケーキミックスに含まれる材料に、食物アレルギーの三大アレルギーと言われているものが多く含まれています。 筆者の子どもは、その三大アレルギーの小麦、卵、牛乳の食物アレルギーがあり、幼少期の際に一般的なホットケーキミックスは使えずにいましたが、代わりに卵不使用や米粉が主になっているもの、大豆中心のグルテンフリーのもの等、アレルギーに対応されたホットケーキミックスを使用していました。 最近ではさらに種類も増えてきていて、アレルギー持ちでも楽しむことが出来るようになってきています。 アレルギーの問題がない方でも、素材をお好みで使い分けても楽しめるのではないでしょうか。 大人の方にもアレルギーの方は多いので、成分表示はしっかりと確認してください。 少量混ざっているだけでも症状が出ることもあるので注意が必要です。 ホットケーキミックスを使ったクッキーの作り方 ホットケーキミックスを使ったお菓子作りにも、カップケーキや蒸しパン、ドーナツ、クレープなどが作れますが、その中でも簡単なクッキーの作り方を紹介していきます。 まずは、基本となるクッキー生地のレシピです。 <材料>• ホットケーキミックス 150g• ケーキ用マーガリン、もしくはバター(サラダ油でも代用可) 50g• 牛乳(水、豆乳等でも代用可) 大さじ1. 5~2• 砂糖(本記事ではてんさい糖を使用) 大さじ1• バニラエッセンス(なくてもOK) 適量 <作り方> 1. まずは耐熱用のボウルに、ケーキ用マーガリンと牛乳を入れて、混ぜやすいように600wで30秒ほど電子レンジで加熱します。 室温に戻して柔らかくしたものを使用しても構いませんが、溶かした方が時短になります。 サラダ油を使う場合は加熱の必要はありません。 1の中に砂糖とバニラエッセンスを入れて混ぜます。 2の中にホットケーキミックスを入れ、ヘラで切るように混ぜていきましょう。 ヘラである程度、粉っぽさが消えてきたら手でまとめていきます。 この際、サクサク感が失われることがあるので、こね過ぎないようにしてくださいね。 まとまったら冷蔵庫で15分ほど寝かせます。 打ち粉(薄力粉)をした台の上にクッキー生地を置いて、めん棒で伸ばし型抜きをします。 柔らかくなりすぎたら冷蔵庫でその都度、少し冷やしてください。 170度に予熱をしたオーブンで12~15分焼きます。 生地にココアパウダーを大さじ1~2を混ぜると、ココア生地が作れます。 半分はプレーン生地で、半分はココア生地という感じで分けて作ってもいいですね。 基本のクッキー生地の簡単アレンジレシピ ホットケーキミックスを使った基本のクッキー生地を、そのまま型抜きをして食べても充分美味しいのですが、これに少し手を加えると色々なクッキーが仕上がります。 ホットケーキミックスを使った感もなく、言われないと気付かないかもしれません。 ここでは、基本のクッキー生地からアレンジレシピを紹介します。 フロランタン 「フロランタンなんて難しい」と思われがちですが、意外と簡単なんです。 クッキー生地は基本の生地の材料のままか、上にキャラメルソースが乗るので、甘さを控えめにしたい場合は基本の生地を砂糖抜きにして作っておきましょう。 基本のクッキー生地• お好みのミックスナッツ 100g• キャラメルソースが流れ落ちてしまわないように、クッキングシートの四隅をホチキスで留めておきましょう。 生地を170度に予熱したオーブンで10分焼きます。 生地を焼いている間にキャラメルソースの準備をします。 焦げてしまわないように注意しながら、適度の固さまで煮詰めてください。 焼いたクッキー生地に、キャラメルソースを流し入れて均していきます。 180度に予熱したオーブンで10~15分焼きます。 焼きあがって粗熱が取れて、冷めてしまう前に包丁で切り分けてください。 基本のクッキー生地があれば、キャラメルソースを流し入れて焼いて切るだけなので、型抜きをする手間も省けて、おしゃれで美味しいスイーツが出来上がります。 ナッツもあるので、食べごたえがありますよ。 きな粉黒ごまクッキー 基本のクッキー生地に、きな粉と黒ごまをプラスしたアレンジレシピです。 きな粉の香ばしさと、黒ごまのアクセントでハマって食べ過ぎてしまうかもしれないきな粉黒ごまクッキー。 実はオーブンだけでなく、フライパンでも焼くことが出来るんです。 <材料>約5㎝ 20枚程度• ホットケーキミックス 150g• きな粉 大さじ2~3• ケーキ用マーガリン(バター) 50g• 牛乳 大さじ2• 砂糖(てんさい糖) 大さじ1• 黒ごま 大さじ1~1. 5 <作り方> 1. 基本のクッキー生地と同じく、ケーキ用マーガリンと牛乳を電子レンジで600wの30秒程加熱、砂糖を入れて混ぜておきます。 1にホットケーキミックスときな粉を入れてヘラで混ぜ、少し混ぜたら黒ごまを入れて混ぜて、手でまとめていきます。 ポロポロとまとまらないようであれば、牛乳を少しずつ足してみて調節してください。 その際には入れ過ぎには注意しましょう。 生地は寝かさず、手で伸ばして好きな形に整えます。 オーブンの場合は、クッキングシートを敷いた鉄板に並べ、170度で13分焼きます。 フライパンの場合は、フライパンに油を敷いてクッキー生地を並べ、フライ返しで生地を押さえながら弱火で裏表を色が付くまで焼いていきます。 完成写真はオーブンで焼いたものです。 オーブンの方は勝手に焼いてくれるので手間もかかりませんが、フライパンはオーブンがない方には気軽に試せる焼き方ですね。 お焼きの煎餅を作っている感覚かもしれません。 オーブンとフライパンとでは、食感も少し変わってくるので比べてみても楽しいですよ。 スノーボール あの、ホロホロとした口どけ食感のクッキーが、ホットケーキミックスでも作れます。 基本の作り方は同じですが、アーモンドプードルを使わない方法を紹介します。 最後に粉砂糖をまぶすので、フロランタン同様に砂糖は入れても抜いても構いません。 本記事は入れずに作っています。 <材料>約直径2cm 20個分• ホットケーキミックス 150g• ケーキ用マーガリン(バター)50g• 牛乳 大さじ1• バニラエッセンス 適量• 片栗粉 大さじ1• 仕上げの粉砂糖 適量 <作り方> 1. 基本のクッキー生地同様、ケーキ用マーガリンと牛乳を電子レンジで600wの30秒、加熱して溶かします。 1にバニラエッセンス、ホットケーキミックスと片栗粉を入れて、切るようにヘラで混ぜて手でまとめていきます。 2cmの丸になるように丸めていきます(冷蔵庫で寝かさなくて構いません)。 鉄板にクッキングシートを敷き、並べたら160度のオーブンで15~20分焼いてください。 焼き上がり、完全に冷めたらポリ袋に粉砂糖を入れ、クッキーを入れて塗していきます。 これはかなり簡単なので、小さいお子さんと一緒に作るのにもおすすめです。 塗す粉砂糖は、100均で溶けない粉砂糖も売っているため、お好みで選んでみてくださいね。 今回は粉砂糖にいちごパウダーを混ぜて、いちご味のスノーボールも作ってみました。 メロンパン風クッキー メロンパン風のクッキーは、あのメロンパンの様な味わいと、サクサクしたクッキーの食感を同時に楽しめます。 こちらは唯一、卵を入れていて少し材料の量が違いますが、作り方の基本は変わりません。 砂糖もお好みでどうぞ。 簡単に時短で作れてメロンパン風なものが食べられ、家族や友達に食べてもらうとリピートを希望されるクッキーです。 <材料>約5㎝ 12個分• ホットケーキミックス 200g• ケーキ用マーガリン(バター) 40g• 卵(Mサイズ) 1コ• バニラエッセンス 適量• 飾り用のグラニュー糖 適量 <作り方> 1. 卵を溶いておきます。 基本と同じく、ケーキ用マーガリンを電子レンジで600wの30秒、加熱します。 2にホットケーキミックス、1の溶き卵、バニラエッセンスを入れて、ヘラで混ぜて最後に手でまとめていきます。 15~30分、寝かせます(常温でも可ですが、暑い時期は冷蔵庫で)。 生地を丸い平らに形を整えて、ナイフでメロンパン風に切り込みを入れておきましょう。 グラニュー糖をまぶしておきます。 180度に予熱したオーブンで10~12分ほど焼いてください。 焼きたてはしっとりしていますが、冷えてくるとサクサク感が出てきます。 それぞれの好みですが、筆者は翌日に食べるのが味も落ち着いていて好みです。 最後に おすそ分けやプレゼントするにはおすすめのクッキーたちですが、賞味期限も気になるところです。 出来れば、季節にもよりますがなるべく早めに、長くても3~4日で食べてしまいましょう。 焼きあげてクッキーが冷めたら、シリカゲルを入れてジッパー付きの袋に入れて置いておくと湿気を防ぐことが出来ます。 そして、ホットケーキミックス使用の場合、焼く前の生地の冷凍は味が変わったりパサパサしてしまうためあまり向きません。 簡単に作れるので、その都度作るのがベストです。 ホットケーキミックスを使ったクッキーの作り方と、アレンジレシピを紹介していきました。 少しのアレンジでクッキーも様々なものが簡単に出来て、素材も選べれるのでお好みの素材を混ぜてみたり、自己流でアレンジをしていっても楽しいのではないでしょうか。 とにかく簡単なので、ちょっとした空き時間やおやつタイムの前などに作ってみてくださいね。 いつものおやつも豪華になって、気分も上がりますよ。

次の

幼稚園児の子供と作るホットケーキミックスの手作りおやつ14選!バレンタインにも!|子育てが変わるアドラー式コミュニケーション術

型抜きクッキー ホットケーキミックス

全部自分でやりたがる 子供とでも作りやすいもの• ホットケーキミックスで簡単に作れるもの• ホットケーキミックス以外に用意する材料が少なくて済むもの(できるだけ家庭にあるもので作れるもの)• 子供が喜ぶ見た目が華やかなもの• 味もちゃんと美味しいもの といった視点で、 ホットケーキミックスで簡単に子供と作ることができるおすすめの 手作りおやつレシピたちをセレクト。 バレンタインにも作れて、ママも子供も大好きなチョコレート味を中心に、 一品豪華おやつと 大量生産できるおやつに分けてご紹介します。 (ホットケーキミックスが切れてしまった!というママに向けて、ホットケーキミックスを使わないレシピも一部ご紹介しますね。 炊飯器のお釜をボウル代わりにして、材料を混ぜるだけなのに、炊飯器で作るケーキって結構おいしいんですよね。 どちらかというと、濃厚ブラウニーよりふんわりブラウニーになります。 「炊飯」ボタン1回では生焼けのことも多いので、 竹串を刺して焼け具合を確認しながら、何度か炊飯ボタンを追加して火を通してくださいね。 リビングのテーブルなど、できるだけ広い場所で作業する(なんなら床に新聞紙やレジャーシートを敷いてやるのもおすすめ)• 周りが汚れるのは最初から諦めて、思い切りやる!(最後に掃除機をかければ一発元通りです)• 子どもにもエプロンや、汚れてもいい服装にさせる。 できるだけシンプルな材料で作業の少ない、失敗しにくいレシピを選ぶ(この記事には、そんなレシピだけを集めました)• 生地を一部子供用に分けて、失敗してもいい分にする。 子供がそちらに熱中している間に、ママが残りの生地をささっと作業する。 上手に作ることより、子供の楽しそうな表情に注目する(グチャグチャでも「ま、いっか」と思えるかも!?)• 子供も意外といろいろできると信じてみる(1歳児でも意外といろいろ上手にやります) 「おいしいおやつをきれいに作る」ことより、「おやつ作りで子供と遊ぶ」と思うほうが、親子で楽しいクッキングタイムを過ごせます。 お菓子作りは、幼稚園児や未就園児だと、まだ不器用で見ていられなかったり、キッチンの汚れ方がひどかったりして、なかなか気が進まないですよね。 でも、 作っている間の楽しそうな笑顔も、 【誰かのためにお菓子を作りたい】という気持ちも、 年に1回くらい大事にしてあげたいなとも思います。 子育てに行き詰まった時、アドラー心理学の「勇気づけ」に出会い、子育てと自分の人生が変わりました。 日々、ママが自分のマインドを整えることが何より大事だと実感しています。 この経験を基に、現在 「子育てに疲れたママが、イライラせず心穏やかに過ごせるように」 「ママが、ママって楽しい!幸せ!と毎日を生き生きと過ごせるように」 「ママが、今のままですでに最高のママであると自信を持てるように」 という想いで、横浜とオンラインを中心に活動しています。 お子様連れ・同席、オンライン歓迎!.

次の