ハッキング ラボ の 作り方。 download.pocketinformant.com: ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習 eBook: IPUSIRON: Kindleストア

パソコンがハッキングされているかを調べる方法: 11 ステップ (画像あり)

ハッキング ラボ の 作り方

住所はバレる の技をここに来た人だけに伝授しようと思う。 住所はわないというのは嘘だ!! 我々は簡単にやってう。 県とか市までわないとか、そういうのはタダがやり方を知らないで嘘のを流しているだけ。 本当は住所は登録されているんだ。 それを参照するには高度ながいるけれど、いまは簡単にできる技がある。 使う ?そんな用のは使わない。 の だ。 にも種類があるけれど、まあなんだだ。 使う 黒い画面のやつ。 だとンプト?っていうの? 僕ら裏のは『端末』って呼んでいるんだ。 を打つ 高度に洗練されたは文字を書くだけで、をに動かせることができる。 みたいにパチパチパチーと沢山打たない。 じゃないよね。 んど数行だけで済ませる。 まるでが一撃で仕留めるみたいにね。 そう、銃で打って殺す。 そんなところを『打つ』と僕ら裏のは言うんだ。 実際の まず、のをとってくる。 そして、黒い画面『端末』にのを使う。 203. 113. 203. 113. の部分にはのを入れるんだ。 これは分かりくするため、不幸な誰かのをに載せただけだ。 やった人はもうわかったよな。 住所、氏名、番号、なんか名とか、 これでもかというほどのを手に入れることができる。 これは上で登録されている内容を引っ張ってくる禁断の には無い。 そんなな用につけるわけ無いだろ? じゃあな。 追記 新しいの書いたよ.

次の

WordやExcelファイルにペイロードをバインドする方法

ハッキング ラボ の 作り方

常時使える攻撃実験環境で セキュリティを追究する 【ハッキング・ラボとは】 本書では、物理的な環境にとらわれず ハッキング実験ができる環境、すなわち 「ハッキング・ラボ」を作り上げます。 セキュリティについて理解するには、 攻撃について学ぶのが近道です。 攻撃実験は仮想環境で行うので、 安心して実践的な学習ができます。 (翔泳社の会員登録が必要です。 一般的な計算だと既に8刷に到達してるそうです。 私のまわりのエンジニア達にも話題がのぼっているほどだ。 まず初めに、この本を読んだ時に衝撃が走った。 IPUSIRON氏の手掛けた本の中でも懇親の一撃ともいえる本に思えたからだ。 より多くのハッカーを日本に生み出し、セキュリティに特化した存在を効率よく増やすための取り組みに感じる。 遺憾ながらWizard Bibleが閉鎖されてしまったが、その反動からかよくここまでの手取り足取りの構成を作り上げたものだと感心せざるを得ない。 Twitter上でもハッキングラボは賑わいを見せており、有志達による攻略や報告も多くサポートページが日々更新されているので困った時に見てほしい。 出版社に問い合わせる手間も省け、すぐに問題解決ができる可能性も高い。 本書のことで著者に直接質問を投げても親切丁寧に答えてくれる。 まさに、みんなで作っている本という存在に変化を遂げている一冊となった。 4000円ちょっとするが、むしろ安いくらい。 PC1台で完結できる内容がほとんどをしめており、余計な出費もなくリーズナブル。 そのうえ攻撃方法の数々を学習できる。 環境を構築する際、WindowsやLinuxを入れるのでいろんなOSに触れられる。 構築したOS同士を接続して攻撃役・やられ役を体験できる。 画像が多いので読みやすく、ハッキング初心者でも敷居が低くて入りやすい。 824ページもあるが、ほとんどのページに画像が取り込まれているので、文字ばかりに偏っていない。 半分くらいは画像なんじゃないの?というほどに読みやすい。 本書を舐めるように学習することでハッカーへの近道になることは明白である。 詳細はこんな感じ。 1部 環境構築 お手持ちのWindows10にVirtualBoxをインストールしてハッキングの訓練場を作る作業。 1部で構築したローカルOS群に対して本当にハッキングをする(この時点で読者はハッカーに片足を突っ込んでいるw)。 使用OSはkaliというペネトレーションテスト用Linux。 実際に現場でも使用されている攻撃特化型OS。 これが主役となる。 攻撃対象はWindows7と10。 各種Linuxで作られた攻撃学習サーバー数種。 多くの攻撃はもちろん、攻撃ツールの使い方、wiresharkによる通信解析、データベース侵入・操作、暗号解析によるパスクラック。 シェルを書き、SQLを書き、ストレスがたまらないほどの行のプログラムを書く。 2部でかなりの力がつくはず。 サーバーハッキングはここを徹底的に学習してほしい。 ハッキングの醍醐味に出会えるはずだ。 3部 サイフに少しの余裕があるなら、物理的に環境を増やしていくのもアリ。 この章ではラズパイを使ってKaliを動かしたりする。 ここまでくると、現場に出てもついていけるのではないだろうか。 あれこれ迷っている時間があるならこれを片手に、さっさと始めたほうがハッカーになれる未来も近いと思うよ? 環境構築から実習を手取り足取り教えてくれる。 自分には「半分くらい知ってるけど、このコマンドは知らなかった」「理屈は知ってるけど実践したことはなかった」ということが多く良かった。 ただ紙面の都合上か、そこまで詳しく理屈の解説をされてるわけでなく「まず体験してみる」感が強いので、ネットワークやlinux等の基礎知識は必要で、対象のレベル感がよく分からない。 セキュリティやハッカーにひかれて基礎を勉強した人がタイトルを見て買うならちょうどいいのかも。 あと、これは仕方ないが、発刊から時間が経つ程にソフトバージョンが変わって、本とのズレが出てくる。 発刊から10ヶ月程度だが、いくつかのツールはインストール方法が変わっていたり。 この辺も完全初学者には厳しいと思う。 以下にあてはまる方にはうってつけの本かと思います。 ・Windows、Linuxの基本的な操作ができる ・仮想環境の基礎的な知識を持っている ・ネットワーク、プログラミングにアレルギーがない ・セキュリティを勉強したいけど何から初めていいかわからない ・実際に手を動かして知識を深めたい 私はネットワークインフラエンジニアとして5年間働いた後、セキュリティ関係の会社に転職することを決めたのですが、まさに何から初めたら良いかという状態でした。 そこでセキュリティ関係の技術本を探していたところ「ハッキング・ラボのつくりかた」と出会い、自宅のPCで仮想環境を構築しハッキングを実際に行えることを知りました。 実際にやってみると、やはり勉強して聞いたことがある脆弱性や攻撃に対する理解が段違いに深まりました。 今まではふんわりと理解したつもりでいたものが、いざ擬似攻撃をしてみようと思ってもどういう仕組みで行われていたのか全く理解できていなかったことに気付かされます。 「SQL インジェクション」なんてまさにそうです。 また本書では様々なツールを使用しており、それらを知ることができる点も良いと思います。 ツールの存在を知っているかどうかで業務のプラスになります。 ただ、ツールを使っていると根幹部分がブラックボックスになってしまい理解が深まらない恐れもあると思います。 そのツールが何をやっているかを理解した上で使用することが大切だと感じました。 最後に、本書の最も良い点は「初心者への配慮、丁寧さ」「サポート」だと感じます。 ハッキングに直接関係ない環境構築部分もかなり丁寧に書かれており、初心者を置いてけぼりにしない配慮が随所に感じられました。 また、FAQサイトも充実しており日々更新されています。 更にTwitterでも有識者によるアドバイスがさかんに行われており、著者からのレスポンスもかなり早くかなり助けられました。 kdry's blog というブログで日々の進捗を記録しているのでこちらも参考にしていただければと思います。

次の

目次:ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習/IPUSIRON

ハッキング ラボ の 作り方

中国テンセント(Tencent)のセキュリティー研究チームが、トヨタ自動車のレクサス「NX300」のハッキングに成功した( 図1)。 近距離無線経由で、ボディー関連部品を遠隔操作できるものだ。 トヨタは車載OS「Linux」の管理者権限を奪われるなど、かなり厳しい脆弱(ぜいじゃく)性を突かれた。 セキュリティー開発に力を注ぐトヨタだが、一朝一夕に技術をものにできない厳しい現実に直面する。 自動車セキュリティーの専門家である日本シノプシスの岡デニス健五氏が、テンセントの資料を分析する。 (日経クロステック編集部) テンセントの「キーン・セキュリティー・ラボ(Keen Security Lab)」が、2017年モデルのNX300に「ホワイト(善意に基づく)ハッキング」を実行し、その概要を2020年3月末に公表した 1)。 まずは近距離無線「Bluetooth」に関連した脆弱性を利用して、カーナビの電子制御ユニット(ECU)を攻撃した。 次に車載ネットワーク「CAN(Controller Area Network)」を通じて、カーナビECUからボディーECUに不正メッセージを送信。 ボディー系部品の遠隔操作に成功した。 どの部品を操作したのかは明かしていない。 [画像のクリックで拡大表示] トヨタは脆弱性の存在を認めて、対策したソフトウエアを開発したと発表した 2)。 さらに「今回の脆弱性を突いた遠隔操作は、極めて困難で実現性は限定的である」と主張し、「走る・曲がる・止まる」という安全の根幹に影響しないという。 なお日本で販売した車両に脆弱性はない。 以降で順に説明するが、確かに手順は複雑である。 通信プロトコルやECUのファームウエアなど多岐にわたる領域の分析に加えて、リバースエンジニアリングを駆使している。 攻撃を成功させるまでに、数カ月はかかったのではないだろうか。 ただし手順が判明した後に攻撃ツールを用意してしまえば、専門的な知識やスキルがない第三者にも比較的簡単に攻撃できると思えた。 一般に車両ごとに特有の対策を採っておくと(例えば固有の暗号鍵の導入など)、手順が分かっても他の車両に簡単に適用できなくなる。 最初に狙ったのはカーナビECU テンセントは1つの脆弱性(Vulnerability)と3つの弱点(Weakness)をNX300で発見して、ボディー系部品の遠隔操作に成功した( 表)。 音楽再生やカーナビ閲覧の「AVNユニット」に1つの脆弱性と2つの弱点、ボディーECUに残る1つの弱点がある。

次の