クリップ ボックス プラス 保存 できない。 Clipboxオフィシャルサイト

【Clipboxの小ワザ】パソコンを使用してファイルをバックアップする方法(機種変更の仕方)

クリップ ボックス プラス 保存 できない

だって、おかしくないですか?新しいバージョンをインストールした直後に「前のは消さないで!」というのは…。 何か香ばしい匂いが漂ってきましたね。 この画面上はもはや Clipboxの範疇外ですので、保存はおろか、Clipbox内のアクションは何一つできません。 この方法・結果としては? 保存はできない、という結果に…。 バイバイYouTube。 」と表示され、ダウンロードへと進むことができました。 このブックマークを行ってもダウンロードなどはなにも起こらずアプリの機能の一つである 「ブックマーク機能」にこのWebページのURLが保存されるのみ、ということです。 この方法・結果としては?? 結果、ダウンロードは出来ません。 『サイト側で頻繁に仕様変更が発生』 …ん?言い訳として苦しすぎますね。 何故かと言うと、 権利者からの申し立てで旧Clipboxはストア削除。 Music FMや Clipboxのような ユーザー側の利用形態に著作権を犯すリスクが高いアプリの場合、関連する 著作権保持者からひっきりなしに侵害通達の連絡が来ます。 (来ているはず) おそらくそれは今まで躱していたのが躱せなくなった状況と推測します。 旧バージョンは引き続きダウンロード可能なのか? これも旧バージョンをお使いの皆様にはかなり気になる情報かと思います。 たまたま当方の端末に旧バージョンが消されず残っておりましたので、 YouTubeからのダウンロードを自分がアップした動画を使って試してみました。 結論としては 旧バージョンは引き続きダウンロードが出来る模様。 それに対して、 新バージョンではやはりどうあがいてもYouTubeの動画はダウンロードできない模様です。 完全違法でそのうち逮捕されますけどね。 しかもそれを提供している(していた)=著作権違反を助長していたのは兼松グランクスという商社系の大手企業でどこぞの中国人個人開発者とかでは無いわけです。

次の

【超便利】クリップボックスの使い方を徹底解説!YouTube動画はDLできる?使えない時の対処法も

クリップ ボックス プラス 保存 できない

次にClipboxの代わりになる二つ目の類似アプリ【TubeMate】について紹介していきます。 このTubeMateの特徴は操作性がシンプルで、初心者には使いやすい点です。 また画像や動画の画質も自由に選ぶことが可能です。 4Kから1920x1080、1280x720、640x360、176x144様々なクオリティの中から選ぶことができます。 保存形式もMP4、MP3のみならず、WEBMやOGGなども選択できます。 ダウンロードされた動画はスマートフォンの端末に保存されます。 またそれに加えてSDカードにダウンロードすることも可能です。 YouTube動画を保存できるアプリでここまで出来るのはClipboxに並ぶ優秀なアプリです。 次にアプリのダウンロード方法についてご紹介いたします。 TubeMateはiPhone、Android両方に対応しているので安心してください。 まずiPhoneをお使いの方はApple Storeからダウンロードしてください。 TubeMateと検索すれば出てくるはずです。 偽物は少ないと思いますが、万が一のためコメントやレビューを良く見てからダウンロードしましょう。 Androidの方はTubeMateの公式サイトからダウンロードしてください。 Google Playなどに出ているアプリは全て偽物なので注意しましょう。 ちなみにアプリをダウンロードすると、その後基本的な設定があります。 単純な入力作業ですので、初心者の人でも安心して利用できます。

次の

Clipbox復活?新しいClipbox登場?クリップボックス保存できない場合の対策も!

クリップ ボックス プラス 保存 できない

皆さんはClipboxを使ったことがありますか?Clipboxは前からあるのですが、最近になって有名になり始めたアプリです。 Clipboxとは、YouTubeやSNSにある動画をダウンロード・保存することができるアプリです。 YouTubeには様々な動画がりますよね。 実況動画や解説動画、勉強になる動画などがあります。 音楽の動画を聞いているYouTubeユーザーも多いのではないでしょうか?でも、そんなYouTubeはWi-Fi環境外で見ることはおすすめできません。 なぜなら、通信データが大きく、すぐに通信制限にかかってしまったりするからです。 外でYouTubeをみていて、いつの間にか通信制限にかかってしまっていた…。 誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか? 話はYouTubeから変わりますが、SNSで気に入った動画を見つける時ってありますよね?そんな時、いいねなどをして後でもその動画を観れるようにしますが、それでもいつかはいいねの山に埋もれて見れなくなってしまいます。 画像なら保存は簡単ですが、動画は保存できない…。 でも、 Clipboxアプリを使えば、YouTubeやSNSの動画を自分の端末にダウンロードできるんです!これってかなりすごいですよね。 しかも、一度ClipboxにダウンロードしたYouTube・SNS動画は後で何度でも視聴することができます。 Clipboxにダウンロードしてある動画は端末に保存されている動画と同じです。 なので、Clipboxに保存されたYouTube・SNS動画をいくら観ても通信制限にはかかりません。 こんなに素晴らしいアプリ、Clipboxを使ってみたいですよね。 なにせYouTube・SNSの動画を保存したら見放題なんですから。 ですが、こんな便利なアプリ、Clipboxにも問題が発生する場合があります。 それは、ClipboxにYouTubeやSNSの動画がダウンロード・保存できない場合があるのです。 これは致命傷な問題ですね。 ClipboxはYouTubeやSNSの動画がダウンロードするためのアプリなのに、その機能が使えないなんて…。 これには対処法があります。 なので今回は 『ClipboxにYouTubeやSNSの動画がダウンロード・保存でない場合の対処法』を開設して行きます。 Clipboxを使っている人も、これからClipboxを使おうと思っている人も、ここで不具合の対処法を見ておけば、後から不具合が出ても対処法がわかりますよ。 まずは、Clipboxでダウンロードしようとしている動画がどこのサイトかを確認してみましょう。 ClipboxはYouTubeやSNSの動画は大抵ダウンロードできます。 ですが、一部サイトはダウンロード・保存できない場合があるので注意しましょう。 Clipboxでダウンロード・保存できないサイトは『Veoh』や『miomio』などの中国・韓国系の動画がダウンロードできないようです。 ですが主に日本でもよく使われるYouTubeやニコニコ動画などはClipboxでダウンロードできるようです。 Clipboxでダウンロードできるサイトを詳しく知りたい場合は、ネットでClipboxでダウンロードできる動画サイトを調べて見ましょう。 結構多いので、動画をダウンロードするには困らないと思います。 もし、Clipboxに対応しているYouTubeやSNSなどで動画がダウンロードできない場合、ダウンロードする際のClipboxやYouTubeなどでの再生が原因になっているかもしれません。 ClipboxでYouTubeなどの動画をダウンロードする際には、YouTubeなどの動画サイト・アプリで少し動画を再生する必要があります。 これが、にYouTubeなどの動画をダウンロードする際の手順となっています。 しかし、いくらYouTubeなどのアプリ・サイトで動画を再生してもClipboxにダウンロード・保存できない場合があります。 この場合、そのYouTubeなどの動画がダウンロードできない可能性もありますが、それ以上にYouTubeなどのアプリ・サイトとClipboxの接続が悪い可能性があります。 もし、上記の方法でもYouTubeやSNSの動画がClipboxにダウンロード・保存できない場合は、 保存したいYouTubeやSNSの動画を最後まで再生しましょう。 ClipboxでYouTubeなどの動画をダウンロードする際には、YouTubeなどの動画を少しだけ再生すれば読み込んでくれることがほとんどですが、場合によってはClipboxがYouTubeなどの動画を読み込んでくれない場合があります。 そんな時にはYouTubeやSNSの動画をClipboxに保存する際に動画を最後まで再生してみましょう。 Clipboxに保存される際もYouTubeなどの動画は最後まで読み込まれます。 なので、YouTubeなどの動画を最後まで再生すれば、Clipboxでダウンロードする際にもスムーズにダウンロードできる可能性があります。 次にYouTubeやSNSの動画がClipboxにダウンロードできない場合の対処法ですが、一度 Clipboxを再起動してみましょう。 再起動するにはアプリを終了しなければいけません。 しかし、アプリはホームボタンで閉じただけでは完全に終了できていません。 実はあの状態のアプリは裏でまだ動いているのです。 これをバックグラウンドと呼びます。 このバックグラウンドアプリ機能は、さっきまで使っていたアプリをもう一度開くと続きから始められますよね?ゲームアプリならタイトル画面などを飛ばすことができます。 この状態のアプリは裏で動いているので、YouTubeアプリの不具合の場合は一旦完全に終了させる必要があります。 そうすることによって、アプリの不具合が治る場合があります。 アプリを再起動するには一度完全にアプリを終了しなければいけません。 アプリを完全に終了すれば、アプリの不具合が治りことがありますし、端末の動きがおかしい時にも改善される場合があります。 バックグラウンドでアプリが動いていると、端末には負荷がかかります。 それはYouTubeなどの容量が多きいアプリほど影響が出ます。 ClipboxはYouTubeなどから動画を保存するので通信量が多く、バックグラウンドで動き続けていると不具合が出る場合がります。 この場合にはアプリを再起動しましょう。 そのためにはアプリを終了する必要があるのですが、この方法は端末の種類などによって変わってきます。 今回はiPhoneとAndroidでのアプリ再起動の方法を解説します。 まず、iPhoneでのアプリ再起動の操作手順です。 ますはホーム画面を表示しましょう。 そして ホームボタンを二回素早く押します。 すると、バックグラウンドで動いているアプリが出てきます。 もし、 ホームボタンがない端末の場合、ホーム画面下から画面半分までスライドし、少しそのままで待っていましょう。 ホームボタンがある端末の場合、アプリを終了するには表示されているバックグラウンドアプリを左右どちらかにスワイプしましょう。 ホームボタンがない端末の場合は、バックグラウンドアプリを長押しすると削除マークが出てくるので、そこを選択するとアプリを終了できます。 アプリを終了してもデータは消えません。 ですが、保存が必須のアプリの場合は保存を忘れないようにしましょう。 まず、iPhoneでの端末の再起動ですが、ホームボタンがある端末の場合、上の電源ボタンを押し続ければ電源を落とすスライドが出てきます。 そのスライドをきれば、スマホの電源が落とせます。 ホームボタンがない端末の場合は横の電源ボタンと音量ボタンを同時押しで押し続けます。 すると同じように電源を落とすスライダが表示されるので、それを操作して電源が落とせます。 再起動する際には電源ボタンをApple ロゴが表示されるまで、押し続けます。 すると再起動ができます。 再起動には時間がかかる場合がありますのでご注意ください。 また、 再起動する際には充電をしたほうがいいです。 再起動の際に充電がなくなってしまう場合があるので、できれば充電しながらの再起動が望ましいです。 次にYouTubeやSNSの動画がClipboxにダウンロードできない場合の対処法として挙げられるのがClipboxのバージョン更新です。 Clipboxだけでなく、YouTubeやゲームアプリなどを含めた全てのアプリにはバージョンアップ・更新がきます。 バージョンアップはアプリをより高性能に、使いやすくするための機能です。 これを行わないと、アプリが不具合を起こします。 YouTubeだったら動画が見れなくなったり、ゲームアプリなら起動できなくなったりします。 それと同じように、Clipboxにも更新が来ているのにバージョンアップをしていないかもしれません。 この場合はまず、Clipboxにバージョンアップが来ていないかどうかを確認する必要があります。 次にYouTubeやSNSの動画がClipboxにダウンロードできない場合の対処法はCookieの削除です。 そもそもCookieとは?と疑問に思う人もいるでしょう。 Cookieとはあなたがサイトを閲覧した際に自動的に保存される機能です。 履歴などのシステムはCookieが使われています。 そんなCookieのデータがたまると、サイト自体の動きに悪影響を出す場合があります。 そんな時は、Cookieを削除する必要があります。 Cookieを削除すると、サイトへの影響がなくなります。 しかし、Cookieを削除したら何か影響があるのでは?と考える人もいるでしょう。 ClipboxのCookieを削除しても、保存してある動画などは削除されないのでご安心ください。

次の