創 味 シャンタン ウェイパー 違い。 香味ペーストやウェイパーや創味シャンタンは鶏ガラスープの素の代用になる??

味覇(ウェイパー)とかいう謎の調味料www「中身は創味シャンタンだったのにモメて別商品に」「なんでも中華味になる」「いまの味覇は別物なんか?」

創 味 シャンタン ウェイパー 違い

違いを知りたい!創味シャンタンと味覇の謎 言わずと知れた名調味料であり、あると抜群に料理が美味しくなる「味覇(ウエイパアー・ウェイパー)」ですが、「創味シャンタンとどう違うのか」と疑問に思いました。 私はそのインパクトのあるルックスから味覇を手に取り、長年愛用してきました。 私たちの出会いは2013年頃だったでしょうか。 ですがその数年後、突如として創味シャンタンのCMを見るように。 「味覇のパクリじゃない?」「どっちが最初?」と思って創味シャンタンを買ってみるとなんとも似たような味…今では店頭で安い方ならどっちでもいっかという気持ちで適当に選んでしまうほど。 元々の出会いが味覇からだったということもあって少し味覇贔屓なところはあるかも。 とは言っても2つを同時に買うことは一度もなかったので、今回同時に購入してその味や使用感、それぞれの仕様を比べてみました。 安く買いたいなら創味シャンタン ネットで比べても、私が足を運んでスーパーで比較してみても、創味シャンタンのほうが100円ほど安い!創味シャンタンは500gで750~890円、味覇は820~950円くらいでしょうか。 500gのものを買うなら、ネットはおすすめできません。 送料が660円~かかることがほとんどなので割高です。 ペーストタイプや500g以下缶を買うならスーパーで。 もしネットで買うのなら1㎏以上の缶か、数個分一気の購入じゃないと損します。 我が家は使う頻度がものすごく多いので、今回は比較のために500g缶を買いましたが、だいたいは1㎏缶を買っています。 1人暮らしの方は500g以下、4人家族以上であれば1㎏缶を買っても使いきれないってことはありません。 我が家は1㎏缶を3か月で使い切ります。 そしてこちらが創味シャンタンのフタ。 スタイリッシュに英字でネームが上下に書かれていて、真ん中の絵はなんだろう?麒麟?に乗ったサル??公式では特に紹介されていないので何者なのかわかりません。 皆さんが予感している通り、フタも缶本体も全く同じ大きさ!同じフォルム!さらにこの上蓋を開けると アルミの中蓋、もう絶対同じやつです。 上から見たらどっちがどっちか判別できない。 同じ会社に委託しているんだろうな。 上蓋交換してみたけど違和感なくくっつきました。 創味シャンタンも赤いフタのほうが可愛いんじゃない? 創味シャンタンにはつぶつぶがある お揃いの中蓋を開けるとこんな感じ。 創味シャンタンのほうはちょっと保管が甘かったのか一度ゆるくなってしまったのか、上の方についてしまっています。 全体的につぶが見える。 味覇はサラッとした見た目。 すくおうとすると、少し固めで力が必要なのはどちらも同じ。 創味シャンタンはコショウか何かの粒が見える。 触り心地、すくい心地に大差はありませんが、創味シャンタンはこれを「ペーストタイプ」と呼んでいて、味覇は「半ネリタイプ」と呼んでいます。 双方の原材料を見てみましょう。 【創味シャンタン】 食塩、畜肉エキス、野菜エキス、食用油脂(動物油脂、植物油脂)、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料/調味料(アミノ酸等)(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・ゼラチン・大豆・鶏肉・豚肉を含む) 【味覇】 食塩、肉エキス(ポーク、チキン)、野菜エキス、動植物油脂、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料、調味料(アミノ酸等) 相違が全くありません。 書かれている順序も同じだから配合の割合も同じくらいだと思われます。 両者のおすすめレシピは? どちらにもおすすめレシピが缶に記載されています。 使用例がともにラーメン、チャーハン、中華スープ、そしてなぜか八宝菜。 グラムと小さじで書き方が分かれていますが、味覇に「小さじ1杯約5g」と書かれているので、この4品目についてはどちらも同じ分量の同じレシピということになります。 どちらの公式ホームページにもスープを始めとして、春巻きや野菜炒めなどの定番中華料理から、なんとカレーや茶わん蒸しにも合うという意外性もそれぞれ掲げています。 味覇の公式ホームページでは33種類、創味シャンタンでは71種類のレシピが紹介されています。 実際にこの手の調味料は中華だけじゃなくて洋風にも和風にも違和感なく合いますね。 実食 もやしのナムルとラーメンのスープを同じ分量で作ってみました。 右の創味シャンタンのほうが、黒っぽいこしょうのような粒が浮いていますね。 どこかのサイトではどちらかが大衆食堂の味だとか、高級な味だとかいまいちよくわからないまとめもされていましたが、ここからは食べてみた率直な感想を言いたいと思います。 正直言って強調するほどの差異はない。 味覇は溶けやすくてなじみやすい、柔らかい。 創味シャンタンはぼそぼそっとして、ナムルに混ぜたときに溶け残りしやすい。 かといってアツアツのお湯に入れればすぐ溶けるので不便さは感じない。 味について。 味覇は若干ではあるが濃い。 豚骨ベースの動物の旨みがあるように感じられる。 コショウの粒がないのに、コショウがかったパンチのある味。 創味シャンタンは少しではあるもののさっぱりめ。 コショウというよりは塩ベース。 味覇より濃くない。 お子さんには味覇よりこっちがいいかもしれない。 味覇の販売元【廣記商行】に聞いてみた! こんだけ似てるんだからお互いを意識し合っているのは当然のはず。 ということでメールから問い合わせてみた。 「お互いの違いはなんですか?」すると味覇販売元の廣記商行さんから返信が来た。 概要は以下の通り。 他社様との比較はできません!当社の製品には自信を持ってます!ご理解お願いします! そうだよね~明確にしないスタンス。 これから創味シャンタンの創味さんにも問い合わせるけど同じこと返信されるだろうな。 まとめ&プレミアム商品もある ということでまとめると 濃い、辛い、味にパンチが欲しい人は味覇、さっぱりでお子さんにも合うのが創味シャンタンという私の結果です。 どちらも美味しいですが、我が家では味覇のほうが人気かな?ずっと味覇を買っていたからそっちに舌が慣れているっていうのもあるんだけど。 余談ですが味覇には味覇のさらに上を行く「プレミアム味覇」なんてのもあるらしい。 ポーク・チキンエキスが1. 7倍だとか。 これはなかなか興味があるので、後日レポしたいと思います。

次の

【赤vs白】ウェイパーとシャンタンの違いを徹底解説!

創 味 シャンタン ウェイパー 違い

スポンサードリンク 香味ペーストとウェイパー・創味シャンタンと鶏ガラスープの素の違いは? ウェイパーは関西特に大阪では家の冷蔵庫に必ず入っている調味料。 ちょっと使うだけで、プロに味にに早変わりなんです 創味シャンタンも最近CMしてるなと思ったら、業務用としては長く販売されていましたが、家庭用として販売されたのはまだ最近なんですね。 ウェイパー・創味シャンタンはほぼ同じものという位置づけでいいと思います 香味ペーストは強火力で炒めたような香ばしさが加わったウェイパーといった感じでしょうか、確かにチャーハンや野菜炒めにはこちらのほうがいいように思います チューブで使いやすいし、適量なので、一人暮らしでも気軽に使えますよね 鶏ガラスープの素は「鶏がら」のだしと、多少の塩味のあるスープの素です。 商品によって、野菜エキスが入ったりするものもあります 鶏がらスープといわれたら、わかりやすく言うと中華風の出汁の素ってことです。 香味ペーストやウェイパーや創味シャンタンは鶏ガラスープの素の代用になる? 香味ペーストやウェイパーや創味シャンタン等いろんな中華ペーストが出てきていますが、一般的なレシピ本には鶏ガラスープの素と書かれているのがほとんどです ここで気になるのが、香味ペーストやウェイパー・創味シャンタンは鶏ガラスープの素の代用はできるの? 代用する場合の量は?ということです 代用ですが、仕上がりの味に多少違いは出ますが、中華の味付けとしてお互いを代用することは可能です。 鶏がらスープの素は鶏ベースなのであっさり系、中華ペーストは鶏だけでなく豚などの複合素材ベースであることが多くよりコクがあります が、分量はそのまま使えません。 中華ペーストや鶏がらスープの素の成分 ウェイパー等の中華ペーストには色々な調味料が入っいるので他の調味料を加減する必要があります。 何を加減すれば良いかは原材料を見ればだいたいわかると思います 代表的な中華ペーストや鶏がらスープの素の成分をご紹介すると スポンサードリンク 味覇(ウェイパー) 食塩、肉エキス(ポーク、チキン)、野菜エキス、動植物油脂、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料、調味料(アミノ酸等) 創味シャンタンDX(旧味覇) 食塩、畜肉エキス、野菜エキス、動植物油脂、砂糖、乳糖、小麦粉、香辛料、調味料(アミノ酸等) 香味ペースト〈塩〉 食塩、食用油脂、香味油、チキンエキス、ポークエキス、野菜エキス、砂糖、香辛料、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、香辛料抽出物、(小麦、大豆、ごまを原材料の一部に含む) 丸鶏がらスープの素 食塩、デキストリン、チキンエキス、野菜エキス、鶏油、こしょう、たん白加水分解物、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、セルロース、乳化剤 丸鶏がらスープの素〈塩分ひかえめ〉 乳糖、食塩、デキストリン、砂糖、チキンエキス、食用油脂、酵母エキス、こしょう、たん白加水分解物、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酸味料、セルロース、キシロース、ポリグルタミン酸 結構、それぞれ違うので、代用するときは少なめから初めて味を調整していかないといけません 香味ペーストやウェイパーは鶏ガラスープの素の代用するときの分量は? 鶏がらスープの素は、顆粒状が多いです。 味覇(ウェイパー)や香味ペーストはペースト状です。 それだけでも違ってきます 最近は、鶏がらスープの素はないけど、味覇(ウェイパー)や香味ペーストならあるというおうちも多いのではないでしょうか?うちも味覇(ウェイパー)なら常にあります レシピを見てて、鶏ガラスープの素大さじ2とかってあったら、 味覇(ウェイパー)でも同じ分量でいいのか悩みますね ウェイパーは少量でもかなり味がつきますので大さじ1でも多いかもしれません。 ウェイパーで味がつきすぎると、他の調味料が加えられなくなるので、私の場合は、小さじ1で試してみて それでも物足りなければ量を増やす方向でやっています ただ、味見ができる場合はいいのですが、隠し味に使うときは困りますね 入れすぎると、深みじゃなくえぐい味になりますから この辺は、自分なりに試してお口に合う味を見つけていくしかないかもしれませんが目安としては塩分の量はチェックしておきましょう 中華ペーストや鶏がらスープの素の塩分量 味の決め手は塩分が大きな要素ですので、塩分の割合だけご紹介しておきます ウェイパーの塩分量は38%と、非常に高いです 香味ペーストは34. 8% 鶏ガラスープも種類によって違いますが 丸鶏がらスープなら48%とこちらが非常に高いです 丸鶏がらスープ塩分控えめ28%.

次の

創味シャンタンでラーメンスープ!基本の中華そばレシピ [毎日のお助けレシピ] All About

創 味 シャンタン ウェイパー 違い

ウェイパーと言う中華風の味付けが簡単に出来る調味料があるのですが、これを普段から良く使う方はいざ無くなった時の代用品に困ることもあるかと思います。 何せとにかく本当に便利なものですから、一体これなしにどうしたら似たような味に出来るのかが分からなくなるからです。 しかし実際にウェイパーの代用品となるものは実は結構ありまして、同じように中華料理風の味付けをしたいだけならば、中華あじや創味シャンタンDXなど似たようなかなり完成された合成調味料で十分代用が出来ます。 またウェイパーの代用品として使えるような合成調味料のそれぞれの特徴と違いを知れば、ウェイパーだけで味付けするよりも好みの味に仕上げることも出来るようになると言う利点もあり、今回はウェイパーやその代用品についてまとめた 『ウェイパーの代用の調味料とは?中華あじや創味シャンタンDXとの違いは何?』と言う記事を書かせていただきました。 今よりも少し上の中華風の料理を美味しくするためのコツや、万が一の時のための代用品に興味はございませんか? Topics• ウェイパーの特徴 まずは代用品を紹介する前に、 ウェイパーとは何なのか?を簡単にご紹介させていただきます。 ウェイパーの特徴は以下の通り• 日本で作っている日本人向けの「中華っぽい味」のする合成調味料• 半練りタイプなのでスープにするにも炒め物に使うのにも簡単• 完成された調味料で誰が使っても同じような味に仕上がる 名前からして日本のものには思えない人も多いかと思いますが、実は日本生まれで日本産の調味料でして、何でできているのか中身を見てみると以外にもあんまり中華料理の代名詞と成るものは使われておりません。 調べてみた所、 実際の味の特徴を作っている原料は以下の通りです。 肉(鶏・豚)エキス• 野菜エキス• 化学調味料• 砂糖 この他にも多少のスパイスや小麦粉なども使われていますが、 中華料理に欠かせないとまで言われる味噌の類のジャンはもちろん、日本人が「中華の味」と認識しやすいNO1調味料であるオイスターソースも使っていません。 なので中身だけ見ると「え?これで中華料理っぽい味になるの?」と思う方もいるでしょうが、中華料理のベースはスープで決まるとまで言われておりまして、確かに使えば「中華っぽい味」にはすることが出来るのです。 逆に考えるならウェイパーだけで作るよりも、他の調味料も使えばもっと中華っぽくもできると言えますし、ウェイパーだけなら洋食や日本食にも使えるという特徴があるとも言えます。 ちなみに中華料理系の本来の調味料であるジャンやオイスターソースなどの調味料は以下のような特徴があります。 「中華料理」を作るためのだが、一種類ではそれっぽい味にならない• 固形、粉末、液体など様々な形状のものがあり、使う料理によっては事前加工が必要• 味や風味のバランスなども考慮しないといけないので作る人の腕が重要 例えるならそのまま使える麺汁として販売されているものか、出汁や醤油から麺汁を1から作るのかの違いみたいなものだと思ってくれたら良いです。 これがウェイパーの特徴でして、以上の特徴を踏まえた上で次は代用品になりそうなものをご紹介させていただきます。 ウェイパーの代用品になりそうなものとその特徴 今回ウェイパーの代用品になりそうなものとして取り上げますのは以下の3つ• コンソメスープの素• 中華あじ• 創味シャンタンDX どれも単体で味付けが出来る合成調味料であるという共通点は誰でもわかると思うのですが、それ以外にも今回取り上げたものはどれも大体同じぐらいの旨味成分を含んでいると言う特徴を持っています。 敢えて大きな違いを挙げるとしたらそれぞれ以下のポイントが異なります。 コンソメスープの素 「完成されたスープ」の名を持つ、洋風のスープを作るのに最も有名な合成調味料。 「洋」と「中」で全く違う味な印象を持つ人もいるかと思いますが、 ウェイパーも実はそこまで中華料理を確立するような調味料を使っておらず、味的には意外と代用品として使えます。 しかし固形であるものが多く使いにくいとは言えますし、脂の旨味が足りないのがネックです。 中華あじ ウェイパーとの違いはオイスターソースと、とろみの素となるゼラチンが含まれている所が目立った違いと言えます。 むしろ先程ご紹介したコンソメスープと比べるならば粒状であることと、オイスターソースとゼラチンが入っていることぐらいしか大きな違いはありません。 成分的には中華料理を作るためのものとして特化させていると言った感じを受けますが、ウェイパーよりも味がしっかりとはついておらず、やや薄味に仕上がりますので、薄いスープの出汁としてなら洋風や和風の料理にも活かせます。 もちろんこちらもコンソメスープの素と同じく、ウェイパーと比べ肉の脂の旨味が足りないところはあります。 創味シャンタンDX ウェイパーの代用品と言うか、 2015年3月末まではむしろこれこそがウェイパーとして作られていました。 製造会社が変わったことがこんなことが起こった理由でして、ウェイパーという商品名が使えなくなったことから「元ウェイパー」を作っていた会社が「創味シャンタンDX」として売り出したのです。 新しくより美味しくなったと言うコンセプトをとっているのが今のウェイパーで、変わらぬ味を守ると言うのがコンセプトなのが創味シャンタンDXです。 人の好みもあると思いますので、どちらがより美味しいかは人によるのですが、同じような味が付いて、同じように使える合成調味料と言う意味での代用品としてこれ以上の存在がないことは確実です。 30年以上日本人に使われてきたウェイパーの味が知りたいのなら、創味シャンタンDXがそれですので覚えておいて使い比べてみてもいいかもしれません。 以上でウェイパーの代用品として使いやすい合成調味料とその特徴をご紹介できましたので次は、よりウェイパーを使った時の味に近くする為のそれぞれの合成調味料のおすすめの使い方をご紹介します。 【スポンサーリンク】 代用品をよりウェイパーのように使うオススメの方法 ここでは上記の【ウェイパーの代用品になりそうなものとその特徴】でご紹介したコンソメスープの素、中華あじ、創味シャンタンDXをよりウェイパーを使ったのに近い状態にするオススメの方法をそれぞれご紹介させていただきます。 コンソメスープの素 上記でウェイパーとの違いをご紹介しましたように、脂の旨味が一番のネック。 他に違いと言えばポークエキスをウェイパーは使っているのに対し、コンソメスープの素はビーフエキスを使っていたり、ウェイパーの方が食塩を多く使っていたりする所が挙げられます。 その為 ウェイパーに近い味にするために効果的なのはラードです。 若干味がウェイパーよりも薄く仕上がるので中華料理っぽさを出すならば、ごま油やオイスターソースを少し入れるというのもおすすめです。 中華あじ コンソメスープの素と同じくこちらも同じく最大のウェイパーとの違いは脂の旨味で、トータルとしてやや薄味に仕上がります。 また中華あじにはオイスターソースとゼラチンが含まれている分、ウェイパーよりも中華っぽくなります。 その為中華料理を作るためなら特に気にしないで同じ感覚で使えば良いのですが、中華料理以上に薄味で出汁の旨味が重要となる日本食や、あっさりめの洋風の料理に使う時にはちょっとした違和感を感じると思います。 そうした時は 量を少なめに使い、かつおや昆布の出汁と気持ち塩多めで作ると良いです。 創味シャンタンDX 特に気にせずウェイパーと同じ感覚か、やや少なめで使って塩や醤油で味を調整するのがおすすめ。 ウェイパーの味はむしろコレ!と言う人もいるぐらいのものですから下手にアレンジするのは難しいぐらいです。

次の