はたと 例文。 誤用が多い「おもむろに」の意味と使い方、例文、類語、反対語、英語表現

将/当(はた)の意味

はたと 例文

Sponsored Link 具体的な使い分け方法 「又は または 」と「若しくは もしくは 」の違いについて、たしかに微妙なニュアンスの違いはあるものの、日常会話だとこの2つの違いはそこまで意識されずに使われています。 ただし、法律の文書など、フォーマルな文章ではこの2つには明確な違いがあります。 というのも、法律の文章では 選択される言葉に対して 段階を持つことがあるのです。 「 どういうことだろう。 」 とイメージできない人のために、ちょっと事例を紹介しましょう。 法律用語上での「又は」と「若しくは」 まず、単純に2つを選択する時は、「又は」のみを使います。 事例は簡易版と法律文書ちっく版の2弾構えで紹介しますね! 例文2 減給、 若しくは自宅謹慎 又は解雇 「例文2」では、「減給」と「自宅謹慎」が セットになっていて、それと同列に「解雇」があります。 例文2の場合、 「減給」 = 「自宅謹慎」 = 「解雇」 ではない、というのがわかりますよね。 「減給」や「自宅謹慎」に対して、「解雇」の方が罰が重いです。 なので、どれも罰則について言及してはいるのですが、 「ちょっとやっちまったなお前」という場合は「減給」or「自宅謹慎」 「かなりやっちまったなお前」という場合は「解雇」となり、 減給 or 自宅謹慎 or 解雇 という、やっちまったことの重さに対して 条件分岐があるのです。 ちょっと難しいのですが、条件設定が複雑になったり、分岐する場合にのみ、「若しくは」が使われるわけですね~。

次の

誤用が多い「おもむろに」の意味と使い方、例文、類語、反対語、英語表現

はたと 例文

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 6• 研究社 新和英中辞典 4• Weblio Email例文集 12• 浜島書店 Catch a Wave 15• Eゲイト英和辞典 3• 英語論文検索例文集 3• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 25• 科学技術論文動詞集 1• 日本語WordNet 11• コンピューター用語辞典 11• EDR日英対訳辞書 18• Tanaka Corpus 33• 日本法令外国語訳データベースシステム 1• FreeBSD 18• Gentoo Linux 13• JM 34• NetBeans 7• PEAR 15• Python 29• XFree86 2• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 138• 官公庁発表資料• 金融庁 142• 財務省 11• 特許庁 69• 特許庁 11709• 経済産業省 101• 厚生労働省 11• 書籍・作品• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 2• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 1• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 2• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• James Joyce『恩寵』 1• James Joyce『死者たち』 1• John Stuart Mill『自由について』 2• Thorstein Veblen『所有権の起源』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• 電網聖書• ヨハネによる福音書 1• ルカによる福音書 2• マルコによる福音書 1• マタイによる福音書 1.

次の

誤用が多い「おもむろに」の意味と使い方、例文、類語、反対語、英語表現

はたと 例文

魔法の風は止んだ。 はてみ丸もはたと止まって、小さな板きれのように波間を上下しはじめた。 北方から吹きつける天然の風は相変わらずきつかったのに、茶色い帆はだらりとたれたままだった。 … グィン『ゲド戦記1 影との戦い』 より引用• と言っていたが、私の天ざるのところで、ふたりの視線がはたと止まるのを感じた。 岸本葉子『30前後、やや美人』 より引用• 久美子は未練気な指先で、なおもあてなく頁を繰った。 彼女の指先がはたと止まったのは、巻末についている旅館案内の頁である。 その頁の中の一個所が、小さく折り込まれていた。 … 森村誠一『腐蝕の構造』 より引用• ビリーの腕を取って奥へ引き込もうとしたナオミの動きが、はたと止まった。 不審な表情を浮かべ、まじまじとビリーの顔をのぞく。 … 古橋秀之『ブラックロッド』 より引用• いったい、人間の持つブラックなものとはなんであろうか。 ここに至ると、これまで明快に進んできた私の筆もはたと止まる。 私はずるく賢明であり、ここにふみこんだら泥沼と知っているからである。 … 星新一『きまぐれ暦』 より引用• 今井は懐かしく思い、劇場の入り口で田中の出てくるのを待った。 すたすたと歩いてきた田中の足が今井を見てはたと止まった。 … 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』 より引用• もちろん、隣のベンチでしくしく泣いている女性がいるはずもない。 ふと 丸太町橋 まるたまちばしに目を移したとき、俺の視線がはたと止まった。 車の通りも途絶え、街灯に煌々と照らされた丸太町橋の真ん中に、奇妙なものが揺れていた。 … 万城目学『鴨川ホルモー』 より引用• 固い意志をこめ、わたしは人間を見返した。 はたと止まっていた相手の手が医学書を 捲 めくり 始 はじめる。 三つ隣のパラソルに続いていた異次元の混線が、はたと止まった。 庭に、ぎょっとするような黒アゲハが迷い込んでいた。 … 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』 より引用• 吐き出すようにいって、庭木立の向こうに立つ白壁の蔵に行きかけたが、その足がはたと止まった。 史郎は、広樹に向き直った。 … 坂東眞砂子『蛇鏡』 より引用• べルトをしめていた手がはたと止まった。 赤川次郎『死者は空中を歩く』 より引用• 高見が思わず自分の腕時計を見るとちょうど九時である。 ところが、不思議なことには、部屋の中の時計は、チーンと一つ打ったきりで、そのままはたと止まってしまった。 しかし、そんなことはむろん、あとになって思い出したことで、そのとき彼は、別に気にも止めずにドアをたたいた。 … 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』 より引用• 組んでいた腕を解いた師匠は、言いたいことは言ったというように家の中に戻ろうとして何かを思い出し、はたと止まる。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』 より引用• 若い金のない行商人扱いをされ、少しむっとして財布に手を伸ばそうとしてしまう。 それがはたと止まったのは、わずかな 見栄 みえのために大金を使いたくないとか、そういったことではない。 そこはスリザリンの談話室に続くドアだ。 ハリーの足がはたと止まった。 マルフォイたちも同じだった。 … ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 下 』 より引用• 三千余騎の跫音がはたと止まったのである。 耳を澄まして人々はその明るい天の一方を仰いだ。 … 吉川英治『三国志(四)』 より引用• 剣歯の牙が日光を受けてギラリと輝き、毛でおおわれた鼻面には怒りのしわがよっている。 笞 むちのようにゆれていた尾がはたと止まった。 先端だけが、痙攣しているようにかすかにピクピクと動く。 … バローズ/佐藤高子訳『戦乱のペルシダー』 より引用• さいわい、化粧室のドアには鍵がさしたままになっていた。 そっと鍵をひねって中へすべり込んで、カチッとスイッチを鳴らしたとたん、いままで身近く聞こえていた猫の鳴き声がはたと止まった。 … 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』 より引用• 森の出口の白樺の下で二人目の男のひとに逢った。 ヴィナスの 脚 あしは、はたと止まって動かなんだ。 男、りんりんたる美丈夫であったのである。 … 太宰治『走れメロス』 より引用• 僕は答えに窮して新聞をめくった。 その手がはたと止まった。 … 山下卓『BLOODLINK 第01巻』 より引用.

次の