セキュリティ 通知。 【Googleアカウント】重大なセキュリティ通知は本物?対処法は?

googleからの「重大なセキュリティ通知」メールの対処方法について

セキュリティ 通知

ACCESSランタイム Office365 ACCESS RUNTIME の「セキュリティに関する通知」を出さなくする方法 手軽にデータベースを使ったシステムを作れるソフトとして、MicrosoftOffice「ACCESS」があります。 ACCESSは1本16,000円くらいする高価なソフトですが、作成したシステムを「使うだけ」の場合、ACCESS自体は必須ではなく、「ランタイム」というものを「使うだけ」のパソコンにインストールすることで、ACCESSが無くてもシステムを使用することができます。 ただ、ランタイムでACCESSのファイル「accdb」「accde」や「mdb」「mde」を開くと、「Microsoft Access のセキュリティに関する通知」が表示されるんですよね。 Microsoft Access のセキュリティに関する通知 セキュリティに影響を及ぼす可能性のある問題点が検知されました。 警告:このコンテンツの発行元が信頼できるかどうかを確認することはできません。 このコンテツが重要な機能を備えており、発行元が信頼できる場合を除き、このコンテンツは無効のままにしてください。 このファイルには、お使いのコンピューターに損害を与える危険なコンテンツが含まれている可能性があります。 このファイルを開きますか、それとも操作を取り消しますか? 「開く」を押せば普通に開くことができますが、毎回毎回このウィンドウが表示されるのは鬱陶しいですよね。 通常のACCESSであれば、「オプション」から「セキュリティセンター」を開き、accdbなどが置かれているフォルダを「信頼できる場所」に登録することで、セキュリティの警告が表示されなくなります。 ただ、ランタイムだと「セキュリティセンター」を開くことができないため、「信頼できる場所」にフォルダを登録することができません。 しかし、ランタイムでもレジストリを変更することで「信頼できる場所」の設定ができますので、その設定方法をご紹介します。 レジストリの変更はパソコンが起動できなくなる可能性のある非常に重要な作業です。 必ずバックアップをとってから作業してください。 また、作業自体は自己責任で行っていただくようお願いいたします。 ACCESSランタイムで「信頼できる場所」の設定をする方法• タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力し、表示された「レジストリ エディター」を開く• 「Location」というキーを作り、信頼できる場所を追加してきます。 例えば、画像の状態だとすでに「Location2」まであるため、「Location3」を追加していく。 「新しいキー 1」が追加されるので、名前を「Location3」に変更する。 「新しい値 1」が追加されるので、名前を「Path」に変更する。 「Path」をダブルクリックする。 例えば画像の例では、Cドライブ直下の「test」フォルダを信頼できる場所に追加しています。 「Path」のデータが変更されていることを確認し完了です。 以上で「信頼できる場所」の追加の設定は終了です。 サブフォルダ(サブディレクトリ)も対象にしたい場合。 単一のフォルダを対象にする場合は上記の方法で終了ですが、「信頼できる場所」に追加フォルダのサブフォルダ(サブディレクトリ)すべてを対象にしたい場合は下記の設定を行う必要があります。 「新しい値 1」が追加されるので、名前を「AllowSubfolders」に変更する。 「AllowSubfolders」をダブルクリックする。 「DWORD 32ビット 値の編集」ウィンドウが開くので「値のデータ V :」を「1」に変更し、「OK」をクリック。 「AllowSubfolders」のデータが「0x00000001 1 」になっていることを確認し完了です。 以上で、「Path」に設定した「信頼できる場所」のサブフォルダのファイルを開いた際にもセキュリティの警告が表示されなくなります。 ネットワーク上のフォルダを信頼できる場所にしたい場合 これで「信頼できる場所」の設定はできましたが、実はネットワークのフォルダを信頼できる場所にする場合、この手順を行っても「セキュリティに関する通知」は消えません。 通常ネットワークのフォルダを信頼できる場所にする場合、ACCESSのセキュリティセンターを開き「プライベート ネットワーク上にある信頼できる場所を許可する 推奨しません W 」にチェックを入れる必要あがりますが、ACCESSランタイムではセキュリティセンターを開くことができないため、このチェックを入れることができません。 こちらもレジストリの変更で対応することができます。 「新しい値 1」が追加されるので、名前を「AllowNetworkLocations」に変更する。 「AllowNetworkLocations」をダブルクリックする。 「DWORD 32ビット 値の編集」ウィンドウが開くので「値のデータ V :」を「1」に変更し、「OK」をクリック。 「AllowNetworkLocations」のデータが「0x00000001 1 」になっていることを確認し完了です。 以上で、ネットワーク上のフォルダを「信頼できる場所」に追加してもセキュリティの警告が表示されなくなります。 まとめ 以上がMicrosoft Accessのランタイムで「信頼できる場所」を追加する方法でした。

次の

Excel2016・2013・2010 マクロを有効化する方法|セキュリティ設定

セキュリティ 通知

関連記事• 私に届いた一通のメール まずは私の手元に届いたメールを紹介します。 「重大なセキュリティ通知」 普段使っていないヤフーメールのアドレスに宛てて届いたメールです。 「重大なセキュリティ通知」というタイトルに慌てて開封したところ、「ログインをブロックしました」というメッセージとともに自分のメールアドレスが表示されているというシンプルな内容です。 このメールは本物なのか偽物なのか では、このメールは本物なのかどうか。 見分ける方法を紹介します。 全てのメールを信用すべきでない 届いたメールを一切信じないことを強くおすすめします。 こうしたメールは偽メールであることも多く、偽であった場合メール内のリンクをクリックするとウイルスに感染してしまったり、あるいはIDとパスワードを誤って入力し、それが流出することにもつながります。 真贋の判断は非常に難しいため、「全て偽物」と疑ってかかるのが正解です。 ネットサーフィン中に遭遇する偽警告画面 メールではありませんが、ウェブサイトを閲覧中やアプリを使っている最中にGoogleを騙った「ウイルスに感染しました」という警告画面に遭遇した経験がある人も多いと思います。 偽の警告でユーザーをおびき寄せるのは犯罪者たちの常套手段。 注意が必要です。 関連記事• では、どうすればいいのか 対処方法は? かといって、本当にアカウントに何者かが勝手にログインしていた場合は、放置していると危険です。 では何をすべきか。 自分でGoogleのアカウントにログインし、確認するのが正解です。 ・ Google Googleアカウントへの不正操作の場合、上記のページにアクセスするとお使いのアカウントに起きていることを一覧で確認することが出来ます(要ログイン) ここで仮に見覚えの無い動きを確認できた場合は、速やかにログインパスワードの変更を行いましょう。 IDとパスワードが流出している恐れがあります。 IDとパスをもし使い回しをしている場合は、Google以外のアカウントについても対応が必要です。 最後に 不正ログインされた場合は、あなたが使っているIDとパスワードがどこかで流出している可能性があります。 米国ヤフーやAdobeなどから数百万件という膨大な量のIDとパスワードが流出しており、そうしたところから漏れたリストがブラックマーケットで売買され、悪用されています。 IDとパスワードの使いまわしはやめましょう。 関連記事• ちなみに、今回私が不正ログインされたアカウントも、以前あるサービスから流出したのと同じID・パスワードを使いまわしていたものでした。 アカウントを使っていないのでそのままにしていたら、良い記事のネタになってくれました。 関連記事•

次の

Windows 10で通知をオフにする:Tech TIPS

セキュリティ 通知

Redmine 3. 3では、セキュリティ上重要な情報が変更された際に関係者にメールで通知する「セキュリティ通知」が追加されました。 通知される情報 パスワードまたはメールアドレスの変更の通知 あるアカウントでパスワードかメールアドレスが変更されると該当ユーザーにメールで通知されます。 これによりアカウントの乗っ取りなどが発覚しやすくなります。 不適切あるいは不正な設定が行われた場合に認知しやすくなります。 システム管理者権限の付与・剥奪の通知 ユーザーに対してシステム管理者権限の付与・剥奪があった場合はシステム管理者権限を持つ全ユーザーに通知されます。 関連情報• redmine. org• すべての変更・修正の一覧です• 156• 関連サイト• SaaS.

次の