アフターピル 購入 方法。 【低用量ピル通販】正規品を最安値で安全に購入する

アイピル通販|避妊薬|即日発送|お薬なび

アフターピル 購入 方法

女性たちの間でジワジワと知名度が高まってきた アフターピル。 女性自身が自分を守るために常備薬として準備しておいた方がいいと言われているほどです。 そこまで言うなら私もひとつ準備しておこう、と思っても「 一体どこで買えるのだろう」「 そもそもアフターピルってどんな薬なの?」 と気になることがたくさんでてきます。 アフターピルの特徴をはじめとして、どんな効果があり、どんなときに必要になるのか、どこに行けば購入できるのかなど、初めてアフターピルを購入したい方に役立つ情報をお話していきましょう。 妊娠を望んでいないのに万が一妊娠してしまったら、女性の体も心も大きな負担を抱えます。 それを回避するために アフターピルが心強い味方になってくれることでしょう。 アフターピルはどこで買えるの? 自分の体を守るためにも手元においておきたい薬のひとつアフターピル。 どこで購入できるのか気になるとことです。 薬ですから、サプリメントとは違い手軽に、気軽にというイメージはあまりありませんね。 初めて服用する場合、おすすめしたい方法は近くの婦人科で受診することです。 薬は体質によって合う、合わないがあります。 また、普段から病院で処方されている他の薬を飲んでいるならば、その薬との飲み合わせも心配です。 なぜならば、場合によっては副作用が出てしまうためです。 まずは婦人科で診察を受けて、アレルギーなどがあるかどうか、普段飲んでいる薬はあるのか、常用しているサプリメントはあるのか、などを担当医に報告してください。 もしも飲み合わせが悪い場合はアドバイスがあります。 無事にアフターピルを処方してもらったら、薬がなくなったらまた診察を受けて薬をもらいに病院にいくのももちろんOKです。 女性は特に女性特有の病気を患う可能性もあるため定期的な検診が必要ですからね。 病院へ行く以外の方法としてネットショップで購入もできます。 この場合、アフターピルを取り扱っているネットショップが本当に信頼できるのかどうかしっかり確認してください。 以前病院で処方してもらったタイプと全く同じであれば心配もなくなりますね。 どこで購入できるかこれで安心できたでしょうか。 ネットショップを利用して購入できるの? ネットショップと言えば、スマホやパソコンがあってネットに接続できる環境ならいつでも、どこにいても買い物ができるのはとても便利です。 アフターピルもネットショップを利用して購入はできますが、ただ安いから、発送が早いから、というお得情報だけに飛びつくのはやめたほうがいいでしょう。 もちろんお得なキャンペーン情報などはとても助かりますから随時チェックしておくことはいいのですが、大切なのはそのショップが本当に信頼できるかどうか、ここが大きなポイントなのです。 最初に病院で処方してもらった薬と同じ正規品を取り扱っているかどうか、日本で認可されている薬を扱っているかどうか、購入に関するトラブルがあった場合のアフターケアは万全なのか、このあたりを事前に確認してください。 既にアフターピルの服用方法が分かっていて、副作用も把握できているのであれば、病院へ行かずとも手軽に買えるネットショップは便利と言えます。 通販サイトの場合、手元に届くまで日数がかかることがほとんどなので、 ストックがなくなる前に購入しておくといいでしょう。 アフターピルといえば、使うシーンは大抵急に訪れるものです。 あらかじめ用意しておく事が大切です。 アフターピルの特徴をご紹介 アフターピルとは、女性が服用する薬で、生理を誘発させる作用があります。 なぜアフターピルというネーミングがついたのかというと、避妊に失敗した性行為の翌朝飲んでも避妊に成功するという効果が由来と言われています。 別名緊急避妊ピル、緊急避妊薬と呼ばれることもあります。 コンドームをつけて性行為に及んだけれど、など避妊に失敗した場合、緊急的に避妊することができる薬として処方されています。 どんなに時代が変わっても、望まない妊娠によって体も心もダメージを受ける女性は少なくありません。 無責任な男性もいますが、女性自身も自分の体と心を守るためにアフターピルの存在を知っておいてください。 なぜモーニングピルを飲むと妊娠を回避できるのか、それは子宮内膜に受精卵が着床することを防いでくれるためです。 受精卵が子宮内膜に着床すれば妊娠となりますが、それを防ぐために性行為をした翌朝にアフターピルを飲むと効果を発揮するというわけです。 そのためにも、アフターピルはどこで買えるのか、どんな効果をもたらすのかなど正しい知識を知っておくことは大事ですね。 どんな場面で必要になる薬なの? 望まない妊娠をしそうなとき、性行為をした後にアフターピルを服用します。 望まない妊娠ですから、例えばしっかり避妊をしたはずなのにコンドームが破れていたことに気づいて焦ったとか、終わった後に確認したらコンドームがずれていたとか、避妊に失敗したときにすぐ服用して欲しいのがアフターピルです。 例えばこんな事件は起きてほしくないのですが、強姦などで無理やり襲われてしまったとき妊娠する可能性が高まってしまうときなどにもアフターピルの存在は心強い味方となります。 強姦ではないものの、恋人が避妊を嫌がり無理やり性行為をした場合も女性の体と心を守ってくれます。 避妊を嫌がるような男性とは早めに別れた方がいいでしょう。 望まない妊娠によってどれだけ女性に負担がかかるのか理解していないような人ですから、その後二人が幸せになれるとは到底思えませんからね。 状況は様々ありますが、妊娠を希望していないのに妊娠してしまう可能性が高くなったとき、緊急的に妊娠を回避できるのがアフターピルなのです。 どこで買えるのか知っておくことは自分のためなんですね。 アフターピルにどんな効果があるのか アフターピルにはどんな効果があるのか気になりますね。 緊急避妊薬として女性たちの間でも話題になっていますが、まだ服用したことがない人にしてみれば未知の薬と言えるでしょう。 アフターピルとは、性行為をした後に妊娠を回避するために服用する薬です。 たとえば、しっかり避妊したと思っていたところコンドームが破れていたとか、コンドームが外れていて避妊に失敗したときなど、ひょっとして妊娠した可能性がある、と気になるはずです。 このときアフターピルを性行為の後に服用すれば避妊ができるというわけです。 その確率は性行為24時間以内で95%、72時間以内で75%と言われているので、性行為の翌朝に飲むことをおすすめします。 アフターピルを飲むと、受精卵が子宮内膜に着床することを防いでくれます。 妊娠を回避できるわけですね。 そのため、服用してから3日〜3週間以内に生理がきます。 緊急避妊薬として日本でも一般的に使われるようになりましたが、日本ではまだ3人に1人の割合しか薬の存在を知らないと言われています。 自分の体を守るためにアフターピルを 望まない妊娠によって女性の体だけでなく、心にも大きなダメージを与えます。 妊娠したかもしれない、と悩みながら過ごしていくことは予想以上に大変なことです。 妊娠を望まないのであれば避妊が第一です。 これはもちろん女性だけでなく男性も真剣に考えなければいけません。 万が一に備えて、アフターピルを準備しておくことは自分の体と心を守るためです。 コンドームを使った避妊は避妊率が高いものの、しっかり装着していなかったり破れてしまえば避妊できていません。 その事実を知ったときは女性も男性も焦ってしまうでしょう。 そんなとき心強い味方になるのがアフターピルの存在です。 まずは自分の体との相性を確かめてもらうために婦人科で診察を受けること、安心して服用できると分かったのであれば常にストックを準備しておくこと、これで不安がなくなるはずです。 もしも男性が、妊娠を望まないなら堕胎すればいい、などと無責任な発言をする場合、男性の存在が大事なのか、女性自身の体を大事にしたいのか、決断したほうがよさそうです。

次の

アフターピル、3つの購入方法と買い方の手順

アフターピル 購入 方法

避妊に失敗した性行為後、婦人科、産婦人科などの医療機関で診察を受け、状況にあったアフターピルを購入できます。 ただし、避妊の失敗は病気とみなされないので、。 薬代、診察代がすべて自己負担になるので、費用は1,0000円~20,000円と高額になります。 買い方1.診察(問診) 診察前に受付で問診表が渡されます。 その後、診察で問診表の内容に沿った質問を医師から受けます。 診察では以下のようなことを聞かれます。 病院によっては問診票に記入するだけのところもあります。 ・最終月経日 ・生理周期は安定しているか ・性交をした日・時間 ・過去にアフターピルを服用したことがあるか など 内診(触診)や血液検査などはありませんが、高血圧や過度な肥満の方の場合には処方が出来ない可能性があるため、血圧や体重を測定することもあります。 買い方2.医師の説明 問診でアフターピルを服用しても問題ないと医師が判断したら、アフターピルの服用方法を説明してもらいます。 アフターピルは飲み方に違いがあったり、副作用が出たりする可能性もあるので、わからないことがあれば質問しておきましょう。 買い方3.処方 処方せんを発行してもらい、アフターピルを受け取ります。 院内処方している場合はすぐにアフターピルを受け取れます。 その場で服用させる病院もあります。 これはスマホのビデオ通話などを使って医師の診察を受けられるサービスです。 問診票を記入し医師による診察を受ければ、すみやかにアフターピルを届けてもらえます。 今までは病院が各自の判断で行っていましたが、2019年3月29日に検討会が開かれ、正式に容認される流れのようです。 価格は病院での診察と同じく、薬代や診察代、送料などが込みで15,000円~20,000円で販売している病院が多くあります。 買い方1.アプリをダウンロードする ネット診察はまず専用アプリをダウンロードし、会員登録を行う病院がほとんどです。 買い方2.ウェブ問診票に記入する 問診票にアフターピルの処方を希望する旨を記載して指定の診察時間まで待ちましょう。 買い方3.スマホ上で診察を受ける スマホ(通話、もしくはビデオ通話)で医師による診察と処方を受けます。 買い方4.アフターピルの発送 決済が済んだら宅配便で自宅までアフターピルが発送されます。 北海道や沖縄などの離島をのぞいて、最短で決済完了の翌日に届きます。 海外は、日本とは違ってアフターピルの種類も豊富で、ドラッグストアなどで手軽に購入できる環境があります。 そこで専用の通販サイトから個人輸入をすることで、より低価格で気軽にアフターピルを購入できます。 購入できるアフターピルはおもにになるので、1,000円~2,000円程度と病院処方の10分の1の価格で入手可能です。 買い方1.通販サイトにアクセス アフターピルを輸入代行している通販サイトを探します。 やでは海外医薬品を販売していないため注意しましょう。 買い方2.アフターピルを選ぶ 通販サイトによって扱っているは異なります。 まとめ買いをすることでさらに割引になるセット販売をしているところも多くあります。 どれを選べばいいのかわからない方は以下の記事を参考にしてください。 アフターピルの種類と選び方です 当サイトのおすすめです 買い方3.注文(送り先の入力と支払い) 通販サイトで希望のアフターピルを選んで「カゴ(カート)に入れる」ボタンを押し、必要事項を入力して注文確定ボタンを押せば完了です。 注文から1週間程度でアフターピルが到着します。 海外輸入のため性行為後に注文をしてもアフターピルが有効である72時間に届く可能性は低いです。 万が一服用が必要となったときに備えて事前に購入しておきましょう。 アフターピルの購入方法まとめ アフターピルの購入方法は、病院での処方、ネット診察での郵送、そして個人輸入の3つがあります。 性行為後にすぐアフターピルが必要なら、病院での処方がもっとも確実で安全です。 オンライン処方はまだまだこれからの購入方法で、現在ルール作りが進められているところです。 あらかじめアフターピルを常備おきたい人は通販の利用がおすすめです。 価格も圧倒的に安くすみます。 それぞれ一長一短なので、ご自分の状況にあった購入方法を選んでください。

次の

アフターピルの購入方法。どこで購入するのが正解?

アフターピル 購入 方法

緊急避妊薬とも言われるアフターピルは重要な避妊方法の一つですよね。 保健体育の授業で中学生から性のことについて勉強しますが、高校生の5人に1人しかアフターピルについて知らないなんてびっくりですよね。 飲み続けることでほぼ確実に避妊することが出来る低用量ピルは世界中で使用されている避妊方法ですが、アフターピルはまたそれとは少し違い、避妊するのを忘れてしまった、避妊に失敗してしまった、望まないセックスをされてしまったなど、緊急事態に服用することで避妊するというものです。 緊急手段であるがゆえに低用量ピルとは違い、認知度も低いアフターピルですが、もしもの時に備えてアフターピルについて知っておきましょう。 この記事ではそんなアフターピルはどこで購入することが出来るか、注意点などをご紹介させていただきたいと思います。 セックスについてや避妊方法についてはなかなか人に相談出来ないこともありますよね。 しかしだからと言って何も知らないでいると後で大変な思いをすることになるのは自分です。 悲しい思いをすることのないように、しっかりと正しい知識を身に着けておくことにしましょう。 アフターピルは病院でのみもらえる まず最初、アフターピルはどこでもらえるのかということですが、アフターピルはドラッグストアや薬局などでは販売されておらず、病院を受診しなければ購入することは出来ません。 一体どこの科にいけばアフターピルを処方してもらえるのかというと、一般的には「産婦人科」となっています。 また、内科やそれ以外の科でも、お医者さんがアフターピルについての知識を持っていれば処方出来る場合もありますが、どこでも処方してもらえるというわけではないため、アフターピルを処方してほしいという時には事前に電話で確認などをしてから、確実にアフターピルを購入する事ができる病院を選ぶようにしましょう。 アフターピルを必要としている理由によっても異なる場合がありますが、病院によっては問診のみで処方箋をもらえる場合もあります。 これはアフターピルにはセックスをした後72時間以内に服用しなければいけないためです。 緊急避妊薬とも言われるアフターピルは避妊に失敗してしまった時だけじゃなく、レイプされてしまった時などの緊急時に服用されます。 アフターピルでの避妊確率は高いものの100%ではなため、できれば24時間以内、遅くとも72時間以内に服用する必要があるため、避妊の失敗に気付いたらすぐにアフターピルを処方してもらうようにしましょう。 個人輸入は危険 とはいえ、なかなか産婦人科に行く時間がなかったり、恥ずかしくて産婦人科には行きたくないという女性もいらっしゃいますよね。 そんな時に思い浮かべるのが個人輸入ではないでしょうか? アフターピルは日本では病院を受診しなければ購入することが出来ない薬ですが、海外では一般医薬品としてドラッグストアなどで販売されています。 そのため、個人輸入代行などを行えば病院を受診しなくともインターネット上でアフターピルを購入することが出来ます。 ですが、このように個人輸入代行でアフターピルを購入することは実はとても危険なことなんです。 一体それはどうしてかというと、偽薬の可能性があるからです。 折角買ったアフターピルがニセモノだったら大変ですよね。 アフターピルだけじゃなく、低用量ピルなど様々な薬の個人輸入代行が行われていますが、これらはかなり危険だと覚えておきましょう。 日本ではお医者さんの処方がないと購入出来ないアフターピルは海外では普通にドラッグストアなどで購入出来るため、値段も安くなっています。 輸入代行の手数料を考えてもまとめ買いすればそちらの方が安くつくので、少しでもお金を節約しようと思って個人代行輸入でアフターピルやピルを購入している人が少なくないんです。 「まさか自分がニセモノの薬なんて」と思うかもしれませんが、ニセモノの薬がどれだけの数で回っているかご存知ですか?実は、偽造医薬品の流通量は750億ドルにも登ると言われているんです。 これは日本の医療用医薬品市場に匹敵すると言われている莫大な額。 いかにニセモノの薬が世界に流通しているかということがわかりますよね。 日本の場合ニセモノの薬にひっかかった、効かなったという話は聞きませんが、海外ではこのニセモノの薬がかなり話題になっており、ある地域では30%以上もの確率でニセモノの薬を購入させられることがあるとのこと。 ニセモノのアフターピルを飲んだらどうなるの? ニセモノのアフターピルを飲んだらどうなるでしょうか?ニセモノの中にも避妊効果が全くないものと、少しなら避妊効果のあるものが含まれています。 全く避妊効果がないアフターピルを飲んだ場合は妊娠が発覚した時にそのアフターピルがニセモノだった時に気づきます。 望まない妊娠を防ぐためにアフターピルを服用したのに、妊娠してしまったら何の意味もないですよね。 アフターピルを飲むことが出来ない場合も 緊急時に飲むことで高い確率で妊娠を回避する事ができるアフターピルですが、飲むことができない場合もあります。 誰でもいつでも服用出来るわけではないため、注意するようにしましょう。 以下ではアフターピルを飲むことが出来ない例をいくつかご紹介させていただきたいと思います。 15歳未満…アフターピルについては明確な年齢制限は儲けられていないものの、まだ成長しきっていない未成熟な身体への負担などを考えて、15歳未満には処方されないという場合もあります。 このように年齢制限についてはクリニックによっても異なるので、予め調べるなり電話確認なりしておくようにしましょう。 妊娠している可能性がある…既に妊娠している場合、アフターピルは飲むことが出来ません。 アフターピルは避妊に失敗してしまった時に飲むことで妊娠を防ぐ薬ですが、既に妊娠しているという場合は効果はなく、妊娠中にアフターピルを飲んでしまうとお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうため、妊娠の可能性があるという場合にはアフターピルを買うことも服用することも出来ません。 男性…女性が服用し妊娠を防ぐという緊急避妊薬であるアフターピルは男性は飲むことができないので、購入することもできません。 アフターピルの成分の過敏症がある場合…アフターピルの成分に対して過敏症の既往歴がある場合にはアフターピルを服用することが出来ないので注意しましょう。 重い肝障害がある場合…重い肝機能障害を持っているという場合、アフターピルを飲んだ後に症状が悪化シてしまう可能性もあるため、アフターピルを服用することは出来ません。 以上のような場合、アフターピルを服用することは出来ないので注意しましょう。 アフターピルは避妊に失敗してしまった時に役立つ薬ですが、遅くとも72時間以内には飲まないといけないというタイムリミットがあります。 アフターピルを服用する必要があるという場合は早め早めに行動するようにしましょう。 アフターピルの副作用って? 気になるのがアフターピルの副作用ではないでしょうか?どんな薬にも大なり小なり副作用はあるとされていますが、アフターピルにも副作用があります。 アフターピルにもいくつかの種類があり、種類によっても副作用の出方は異なっています。 以前の緊急避妊薬(プラノバール)では悪心49%、嘔吐15%ほどありましたが、WHOによると、今回のノルレボ錠は悪心23%嘔吐6%と報告されております。 国内の統計では、さらに低く、ノルレボ:悪心9. 2%、嘔吐0%前後との報告です。 吐き気の副作用は少なくなりましたが、当院では吐き気止めも一緒に処方しますので、万一、症状が出現した時は追加で内服していただきます。 その他の副作用としては、全身倦怠感(7. 7%)・頭痛(12. 3%)・月経出血量の増加や減少・下腹部痛などがあります。 一般にこれらの副作用は、数時間から半日程度で症状は改善します。 24時間以上続くことは稀です。 引用元: どんなアフターピルを取り扱っているか、値段などはクリニックによっても異なっているため、予め調べておくといいでしょう。 ただしアフターピルを飲むのは少しでも早い方がいいため、調べるのは緊急避妊が必要な状況になる前にしておくようにしましょう。 コンドームだけの使用では14%が妊娠 日本国内では避妊方法としてはコンドームが定番となっていますよね。 ドラッグストアはもちろん、今ではコンビニやスーパーでも気軽に購入することが出来るコンドームは手軽な避妊方法ですが、実はコンドームを使ったセックスでの妊娠の確率は約14%とかなり高いものとなっているんです。 しかもこれは正しいコンドームの使い方をした上での確率なので、間違ったコンドームの使い方をすれば妊娠の確率は更に高まることになります。 まとめ アフターピルについて、いかがでしたでしょうか?海外では普通にドラッグストアで販売しているなら日本でも販売してほしい…そんな風に思ってしまいますよね。 日本では病院を受診して購入する必要があるアフターピル、値段は1回分で1万円ほどとかなり高額です。 ところが海外ではドラッグストアなどで市販され、価格も5000円未満が相場。 日本でも実は2017年にアフターピルを市販薬にすることが検討され、348件中で賛成が320件、反対はわずか28件という圧倒的な世論を得たにも関わらず市販化されなかったという過去があります。 この事を受けて現在では日本でももっと手軽にドラッグストアなどでもアフターピルを購入できるようにすべきという声が上がっているので、もしかしたら数年のうちにはアフターピルも市販化されるかもしれませんね。

次の