ポケモン シザリガー。 シザリガー|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

シザリガー (しざりがー)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン シザリガー

概要 の進化形。 進化前のヘイガニが外来種という設定であり、雑食性で水の汚染に強いため、進化することで池に住む他のポケモンらを駆逐し、自分のテリトリーにしてしまう。 そのため、シザリガーが住む池には他のポケモンは寄り付かなくなる。 その気性の荒さから、育てるのがとても難しいポケモンといわれている(あくまで設定上の話で、ゲーム中ではそれほど育てにくい事はない)。 非常に好戦的なポケモンだが、脱皮したての身体は非常に柔らかいため、敵に襲われないように穴に隠れている。 百戦錬磨の個体は両腕のハサミに無数の傷跡がある。 よくハサミがもげ、再生するまでは弱気でビクビクしているという一面も。 なお、ハサミの中身はやと違って泥臭くて不味いため、とても食べられるようなものではない。 モデルは恐らく。 口周辺に走る青いラインと頭の星がアメリカンな雰囲気を醸し出している。 だが何故か「」を使える。 それじゃあただのだ。 また、インドネシアには何度も脱皮して若返るを食って不死になった蛇の伝承があるのでそこらへんも関係しているのかも…。 名前の由来は「シザー(鋏)+ザリガニ」と思われる。 なお、ザリガニの名前は「しざり蟹(後ずさりする蟹)」の転訛とする説がある。 ゲームでの性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 63 120 85 90 55 55 高い攻撃力が魅力だが、第3世代 ・ ではタイプごとに特殊か物理か別れており、両タイプ共に特殊扱いだったのでその攻撃力を活かせなかった。 それどころかあくタイプの技は「」しか習得できず、まともなあくタイプの技は「」しかなかった。 後に「」を得たものの、どういう訳か第3世代においては ファイアレッド・リーフグリーンでしか習得できない。 一応、苦手な相手は「」で強行突破できないこともないが。 しかし第4世代になり、物理特殊分化のおかげで「」「かみくだく」などが物理技となり、火力が大幅上昇。 更に『』で「りゅうのまい」習得で積み技も獲得した。 しかしHPが低く、素早さも低いため、その弱点を埋めるフォローが大事である。 そして第5世代、でまさかの 「」を会得。 この特性を持つポケモンで初の2タイプであり、両タイプの火力が大きく上昇した。 特殊攻撃には活かしにくい部分があるが。 一方で、特性「」が強化され、「ハサミギロチン」が通らない場面も増えた。 続く第6世代では、念願の先制技 「」を習得。 特性「てきおうりょく」ならこの技は「」を持つ 以上の威力となる。 更に「はたきおとす」が威力が20から65になっただけでなく 持ち物を持つ相手に威力1. 5倍という効果も追加。 「クラブハンマー」の威力も90から 100にまで底上げされ、これらの技の強化とてきおうりょくにより、 みずタイプ、あくタイプともに物理決定力1位になった(あくタイプでは特殊決定力も1位)。 そのほか、「」、「」、「」なんかもレベルアップで覚えるようになっている。 には新たに弱点を突かれ、あく技も半減されるようになってしまった。 とはいえ、あく技がに等倍で通るようになったため一長一短ではあるが。 と、習得技には恵まれているがスペックそのものは鈍足かつ低耐久で、特に特殊耐久がかなり低い。 一度攻撃できれば火力は目を見張るものがあるが、存分に暴れさせるにはやや工夫が必要となる。 では 2017年12月22日、第3世代実装第2弾の1匹として登場した。 進化前ヘイガニはかなりのレアポケモンで、 以上に出にくいとの噂もある。 幸い巣はあるのでそこで集めるのが吉。 肝心のスペックだが、確かに本編同様攻撃力は高い。 だが最大の問題点がある。 詰まる所 戦闘用では全くないほぼ観賞用ポケモンという残念な性能になっていた……2018年までは。 2019年、突如 「クラブハンマー」が実装され、一転アタッカーとしての道が開けたのだ。 火力は同じ技を覚えるに譲るが、こちらはあくタイプとしての役割を果たすことができる。 少なくとも実装当初よりはマシになったと言える。 主な使用トレーナー• 関連イラスト pixivision• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 17:53:04• 2020-07-16 17:52:51• 2020-07-16 17:52:28• 2020-07-16 17:51:06• 2020-07-16 17:50:03 新しく作成された記事• 2020-07-16 17:48:21• 2020-07-16 17:47:16• 2020-07-16 17:38:55• 2020-07-16 17:22:20• 2020-07-16 17:17:39•

次の

【ポケモン剣盾】シザリガーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン シザリガー

「シザリガー」の型紹介 ランクマッチ1位達成の構築にシザリガーが入っていて、流行り始めたのが鈍足先制技持ちアタッカーです。 「ローブシン」「カポエラー」「シザリガー」「ゴロンダ」なんかがそうですね。 今回は、その立役者のシザリガーの型をいくつか紹介させて頂きます。 シザリガーの基本情報こちら 突出しすぎた物理アタッカー シザリガーは攻撃種族値120というかなり高い数値に加えて、恵まれた特性を持っています。 特性「てきおうりょく」 タイプ一致攻撃技が1. 5倍ではなく2倍になる。 トリルエースにもなり得る すばやさ数値が高くないので、最遅で採用してトリルエースにもなれる。 「カビゴン」や「ローブシン」などの鈍足アタッカーには遅さで負けるが、そんな時はそもそもトリルを張らないと良い。 素早さ種族値が高くないシザリガーでもタスキのお陰でメインウエポンで必ず一度ぶん殴れるのは、相手にとってはかなり負担。 HP1残った状態でも、アクアジェットの存在で多くのポケモンに負荷をかけることが出来るため、選出を間違えなければ必ず一定以上の活躍は見込めます。 アクアジェット 無振りエースバーン 103. 2〜115. 5〜120. 「はたきおとす」 無振りミミッキュ 136. 6〜162. 4〜134. 4〜171. メインウエポンは最高火力を出したいなら、「クラブハンマー」「はたきおとす」 安定を求めるなら「アクアブレイク」「かみくだく」 残りひと枠は「つるぎのまい」「インファイト」のどちらかです。 有利対面で、つるぎのまいを積めれば、不利対面攻撃力を2倍にした後、高火力技で殴っていきます。 受けポケモンにも強いです。 インファイトはサザンドラ意識がメインで、他にもナットレイやジュラルドンにも刺さります。 5倍になるこだわりハチマキを持たせてアクアジェットで無双していく型 以前書いた「ハチマキであいがしらオノノクス」より火力は出ないが、むし技より通りの良い水技を更に連発で打てる。 一度水技の一貫を作れば、スイーパーとしてかなり優秀な役割を果たすことができる。 サイコフィールドは考慮しない シザリガーまとめ 選出誘導がすごい! 先制技「アクアジェット」の火力と技範囲で、シザリガーが構築にいるだけで、水技弱点のポケモンを選出しずらくさせます。

次の

シザリガー|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン シザリガー

シザリガー ならずものポケモン ぜんこくNo. 342 アローラNo. USUM 358 高さ 1. 1m 重さ• 8kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Crawdaunt タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 30で『ヘイガニ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 釣り ヘイガニ呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 自分への攻撃は急所に当たらない。 5倍ではなく2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 変化技を使えなくする Lv. 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 投げつけた道具はなくなる。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 USUM New! 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の