ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる。 ファイナンシャルプランナー3級(FP3級)合格までの勉強の仕方|こぶドラ コブローBLOG

ファイナンシャルプランナーの難易度。勉強時間はどれくらい?

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

現在大学3回生です。 志望する業界が金融業界なのですが、現在もっている資格はありません。 どこの業界にいくにせよ、TOEICは取っておいた方がいいだろうという考えで TOEICはずっと勉強しています。 (まだ650点しかありませんが... ) 現在夏休みで、就活に向けて資格を取らないといけないのではないか、と思うようになりました。 (始めるのが遅いですか;;) 簿記に関しては3級をとっても評価されないと聞きますし、2級を取るには時間が足りないと思いました。 ファイナンシャルプランナーに関してなんですが、3級は評価されるのでしょうか・・? また受けるなら試験は1月で、合格発表は3月ということを知りました。 その時期には当然、就職活動をしている状態ですが、これはもう遅いでしょうか・・? 助言お願いします。 まあ、確かに検定試験の3級取得が著しく有利になる要素ではないとは私も思います。 ですが、「業界に興味を持っている」「関係分野の予備知識がある」という具体的な 証拠にはできるでしょう。 また、就職で面接の話題ネタになり得る可能性もあります。 1月試験はおっしゃる通り、例年3月上旬に結果がでますが、就活に間に合わないと しても合格しそうなら「取得見込」と回答出来ます。 尻込みして何もしないよりはや ってみては・・・と思います。 あと「証券外務員」も金融志望の方には人気ですね。 FPと結構重なる分野も多いですし、CBT受験なので平日なら予約さえすれば任意 の日にちや時間帯で受験できますしね・・・ (ちなみに日商簿記3級も学生なら、結構アピール材料にできますよ。 企業は最初か ら高度な知識や技能は求めていませんが(会計事務所等なら別でしょうが)堅実な基 礎力や数字的センスは逆に求めます。 キチンとした所なら3級でも一定の評価はする と思いますよ・・・) Q 私の姪っ子の事で質問いたします。 私の姪っ子は今年30才で、FPの資格を取って、職を見つけようとしています。 彼女は家庭の事情もあり高校中退で、大検の資格は取っています。 ちなみに学力はクラスでも上位の方でした。 その後、いろいろあり、アルバイトを転々とし、正社員として働いたのは2年ぐらいです。 私としては、はたからみて、ちょっと無理なんじゃないかと思って、准看護学校なり、美容学校に通って、手に職をつけた方がいいんじゃないかと考えています。 彼女も、若いころは、美容関係に進みたいと思っていたようですが、やはり、美容学校は若い人ばかりなので、今更という感じのようです。 看護師の仕事は、それなりに尊い仕事であると感じているようです。 両親を失くして一人なので、学校の費用は、私が一部負担という形になるのですが、それを、そこまでしてもらうのはちょっとと言って、遠慮しています。 果して、このままFPの勉強を続けさせていいものでしょうか。 彼女の今の現状は、いくら学力があるとはいえ、あまりにも厳しすぎると思います。 FP関連の仕事は、あったとしても20代の若い人がたくさん応募するでしょうし、30代の人の応募があっても、かなり業務経験がある人ばかりと思います。 その中で、勝機はあるのでしょうか? まず、正社員の経験がほとんどない上、高校中退となると、それだけで、厳しいように思います。 本来るなら、30代の人が25才の人に対抗するには、業務経験しかないと思います。 その業務経験がない上、上記のように、学歴も高校中退で、正社員歴もほとんどないということで、まず、FP関連の仕事につくのは、現実的に不可能に近いのではないでしょうか?おそらく、10人前後の応募があると思います。 その、ほとんどは20代の人だと思います。 私の姪に対するアドバイスとしては、やはりFPの勉強は就職のためという点では断念させて(自己啓発的な勉強は好きなだけやってもいいと思っています)、専門学校に通わせた方がいいでしょうか。 私の姪っ子の事で質問いたします。 私の姪っ子は今年30才で、FPの資格を取って、職を見つけようとしています。 彼女は家庭の事情もあり高校中退で、大検の資格は取っています。 ちなみに学力はクラスでも上位の方でした。 その後、いろいろあり、アルバイトを転々とし、正社員として働いたのは2年ぐらいです。 私としては、はたからみて、ちょっと無理なんじゃないかと思って、准看護学校なり、美容学校に通って、手に職をつけた方がいいんじゃないかと考えています。 彼女も、若いころは、美容関... A ベストアンサー こんばんは。 結論から言えば、私もbonbonnierさんと同じ意見でFP関連の仕事につくのは、現実的に(不可能に近い)かなり厳しい状態だと思います。 現在のところ企業が中途採用を募集するときには(ほとんど)業務経験を必須事項に挙げています。 仮に姪子さんがFPの資格をとることができたとしても、企業側としてはやはり実務経験のない素人を雇うことはないでしょう。 結局、FPの資格をとって就職に活かそうという考えが通用するのは新卒までだと思います。 そもそも何故FPなのか。 また、FPを取得した場合、具体的にどこで働こうと考えているのか。 そこらへんの動機や展望が不明確なのが気になります。 仮に私が女性で30代だとしたら、選択肢は2つです。 (結婚を考えているのならば) 1 簿記の資格を取得すること。 簿記はFPよりも需要があり万能です。 もちろんこちらも実務経験がないという大きなハンデがありますが、少なくともFPよりは将来性があるのではないでしょうか。 一生働くことは難しいですが、とりあえず結婚までの繋ぎとして働くことを考えます。 (結婚を考えていないならば) 2 もし独身で生計を立てていくことを考えているのならば、長期的な視点ということを考慮して専門学校へ行きます。 ただし、問題はどのような関係の学校へ行くか。 これは難しいところですが、例を挙げているように、美容関係、看護師、はたまた介護etcと悩むところだと思います。 このあたりは自分の適性とやりたいことが合致するものを選ぶべきでしょう。 (個人的には看護師でしょうか) とりあえず、FPの資格だけで食べていくことは難しいので、早めに断念して別の道を探されることをおススメします。 最後に一点。 頭ごなしにFPの勉強は断念して専門学校へ行け、というのはやめたほうが良いです。 きちんとお互い話し合った上で、姪子さんに自分の考えを「提案」して下さい。 そうして、二人で考えて模索することが一番大切だと思います。 こんばんは。 結論から言えば、私もbonbonnierさんと同じ意見でFP関連の仕事につくのは、現実的に(不可能に近い)かなり厳しい状態だと思います。 現在のところ企業が中途採用を募集するときには(ほとんど)業務経験を必須事項に挙げています。 仮に姪子さんがFPの資格をとることができたとしても、企業側としてはやはり実務経験のない素人を雇うことはないでしょう。 結局、FPの資格をとって就職に活かそうという考えが通用するのは新卒までだと思います。 そもそも何故FPなのか。 また、FPを取得した... A ベストアンサー 体験談なんですが、今年新卒で就職しました、去年の就職活動では日商簿記1級の助けもあってか就職試験1社目で内定しました。 去年の今ごろは内定でていて、他の人より楽をしていました。 会社はいちよう上場企業なんですが、配属先は販売でした。 逆に彼女は公務員になったんですが、日商簿記2級で、経理課に配属になりました。 販売いをしていても、お店のお金の流れがわかるので簿記を勉強していて、良かったと思います。 会社に入ってからの経理部の人からの見られ方も違いますし、店長なんかも経費や収益成立などで相談にきます。 入って4ヶ月で相談されるのはやはり異例だとおもいます。 それからわが社では働きながら資格をとるのは不可能です。 時間が無いです。 1級はかなりの時間をついやさないと取れませんから。 宅建なんかですと、働きながらでも半年あれば取れるかな。 資格手当てもたかいですしね。 簿記2級は資格手当てでないですよ、ちなみに。 A ベストアンサー 簿記の知識は、経理では必須ですが あなたが金融機関を志望しているのであれば、たとえ営業でも、簿記3級はとっておいて損はないでしょう。 実際、金融機関では、営業でも入社2年以内に簿記3級を取得のこと、としているところもあります。 中には2級取得を課しているところもあります。 金融機関でなくても、営業で取引先の信用度を調べる際に 取引先の会社の状況を知るのに 簿記の知識は役に立つと思います。 まぁ、そのための知識としては、3級では役不足なんですが それでも、働き出して、一から勉強するのと、ある程度の知識があって それの積み増しをするのとでは、労力はまったく違います。 簿記は経理のみならず、営業でも必要となる知識です。 営業では、財務諸表分析というものが役に立ってくるのですが その基礎となるのが、簿記になります。 蛇足ですが、金融機関志望であれば、ファイナンシャルプランナー(FP)の取得を 目指されるのもいいと思います。 A ベストアンサー 可能です。 私も1ヶ月の勉強で取りました。 しかも普通科出身で特になにも簿記の学校に通うこともなく独学でした。 理屈を覚える。 (時間もはかり実施) 勉強方法:参考書1冊、丸々20日ほど真剣に覚えてから、試験直前に過去問題を8回分を2回繰り返してします。 仕事もしていたので長時間の学習は無理でしたが合格できましたよ!参考書も過去問題もいずれも間違えた問題は再度しました。 ヤル気と気合と集中力で頑張ってください! Q 毎度お世話になっております。 今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。 そして早くも、明日は仮免試験です…。 私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、 また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;; なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。 そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。 正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^; 修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました) 今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。 しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。 今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません; クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も 中止になるのでしょうか? また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、 バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;; クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・? 今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて そのつながりで紹介をしてもらって通っています。 実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、 「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。 それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、 また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので 落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり とにかく明日のことが心配です。。 何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・? 長文失礼いたしました。 毎度お世話になっております。 今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。 そして早くも、明日は仮免試験です…。 私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、 また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;; なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車... A ベストアンサー コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。 1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。 その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。 まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。 あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。 目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。 ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。 体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。 感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。 スピードが遅いから、これで大丈夫! S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。 最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。 同じタイミングでいいんです。 で、まず一つ目のコツ。 前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。 でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。 ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。 当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。 そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。 どうせスピードは20-25km程度過ぎません。 2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。 「再試験ね」と冷たく言われて・・・。 そこで第二のコツ。 脱輪しそうになったら、まず止める。 Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。 ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。 ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。 もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。 さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある! コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。 1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。 その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。 まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。 あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。 目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。 ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。 体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで... A ベストアンサー 挙げられている両方の資格を持っています。 ・簿記[私は日商簿記2級と全商簿記1級を所持] 簿記は3つの団体が主催していますが、日本商工会議所の簿記(以降「日簿」)が一般的です。 『素人よりはマシか』と思ってくれる企業だったら採用するかもしれない。 且つ、経理部門に於いて中途採用募集を行なう場合、大抵は所持している級とは別に実務経験年数が要求される。 ・ファイナンシャルプランナー[私は2級FP技能士(AFP)を所持] ファイナンシャルプランナー(FP)は、国の定めた『技能士』試験であり、試験実施団体は2つ[日本FP協会、金融財政事情研究会]存在いたします。 どちらで試験を受けても試験問題の内容は同一であり、認定される内容も同一です。 尚、私は日本FP協会の登録会員なので、金融財政事情研究会の任意登録会員に対するサービスは判りませんが、協会から送られて来る月刊誌には求人の広告が数件載っている事があります。 簿記やFP以外にも資格を幾つか持っているので、どの資格に対して求人情報が届いているのかは余り確認しておりませんが、生保や損保系の求人データが多いですね 挙げられている両方の資格を持っています。 ・簿記[私は日商簿記2級と全商簿記1級を所持] 簿記は3つの団体が主催していますが、日本商工会議所の簿記(以降「日簿」)が一般的です。 『素人よりはマシか』と思ってくれる企業だったら採用するかもしれない。 A ベストアンサー FP資格は取ったからといってそれを看板にするところまではまだ行ってませんが、相談件数が増大している事から21世紀の有望な資格の一つとされています。 ですから将来的に役立つ資格と言えるでしょう。 人生における生活の必須知識としても十分に役立ちます。 勉強している間に預貯金の利回りや住宅ロ-ン住宅金融公庫融資など色んな知識が自然に身につきますので仕事にしか役立たない資格試験が多い中、生活やお子様がおられるなら将来的なアドバイスも出来ますしFPに関する知識を持っているか否かで長い年月の間、生活に大きな違いが生まれる事は間違いないです。 取得を考えておられるなら取っておく事をお勧めします。

次の

素人でもわかる!ファイナンシャルプランナー(FP) 3級の資格について

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

ライフプランニングと資金計画• リスクマネジメント• 金融資産運用• タックスプランニング• 不動産• 相続・事業承継 ひとつずつ解説します。 1.ライフプランニングと資金計画• 住宅資金• 教育資金• 老後資金 上記は「 人生の3大資金」と言われています。 ここでは、ライフプランニングの手法として「ライフイベント表」「キャッシュフロー表」などを用いて、長期スパンで資金計画を考えることが学べます。 私は、資金計画を立てる際の「6つの係数」がとても苦手でしたが、住宅ローンの計算や資産運用の利回りなどが簡単に算出できるようになるので日常生活でも大いに活用できる係数です。 また、健康保険や公的年金といった社会保険の仕組みや内容も勉強します。 2.リスクマネジメント 日常生活には、事故や病気などのリスクが常にあります。 これらのリスクが生じたときのダメージを回避・軽減するために対策を立てることをリスクマネジメントと言います。 ・国内総生産(GDP) ・経済成長率 ・景気動向指数 ・日銀短観 ・金利 などの経済用語も学ぶため、日経新聞を読んで内容が理解できるようになります。 「日銀の量的緩和政策って何?」と聞かれても簡単に答えられますよ。 資産運用 預貯金から債券、投資信託、株式、外貨建て商品など幅広く勉強します。 すでに投資をしている人なら興味がある分野だと思いますが、そうでない人も今後投資をする時に必ず役立つ知識が学べます。 例えば、株式投資をする際はPERやPBRなどは必須の知識になりますし、流行りのNISAについてもバッチリ学べます。 4.タックスプランニング タックスプランニングとは簡単に言うと 「税金」のことです。 ここでは主に個人の所得税について勉強します。 所得の種類、控除の内容、税額の計算など、タックスプランニングを勉強することで所得税の仕組みについての知識がとても深まります。 自分の確定申告書や源泉徴収票を見ながら勉強するのも面白いですよ。 自分の所得税がどのように算出されているかが分かることで、どうすれば合法的に所得税を抑えられるかが簡単に分かるようになります。 こういった知恵を身に付けているかどうかで、同じ収入でも手取りに差が出るのだと思います。 5.不動産 不動産売買のポイントや不動産に関する法令・税金について勉強します。 不動産を買う人、売る人、貸す人、借りる人、相続する人、どの立場でも役に立つ知識です。 僕もマイホームを購入する前に勉強しておけばよかったと後悔したのを覚えています。 6.相続・事業承継 相続に関する法律や基礎知識・相続税・贈与税について勉強します。 相続税の仕組みや内容が理解できるので、「孫を養子にする」という謎の行動も理解できるようになります。 特にお金持ちの方は、相続税を最小限に抑える知恵は効果が大きいはずです。 とりあえず、奥さんと愛人じゃ相続の力が全然違うことも学べます。 (当たり前ですね。。 ) ファイナンシャルプランナー FP の資格 ファイナンシャルプランナー FP の資格は大きく2種類に分類されます。 国家資格 民間資格 FP技能士1級 CFP FP技能士2級 AFP FP技能士3級 国家資格のFP技能士には資格の有効期限がありませんが、民間資格は2年で更新が必要になります。 1級まで独学で取った方もいらっしゃるようですが難易度はかなり高いと思います。 なお、おおよその合格率は以下のとおりです。 難関資格ではないので正しい勉強法を継続すれば独学でも必ず合格できます。 仕事としてのファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナーを仕事とする場合、大きく企業系FPと独立系FPに分けられます。 企業系FP 企業系FPは銀行・証券会社・保険会社などの金融機関や不動産会社などの企業で従業員として働き、顧客のライフプランの相談に乗ったり商品の説明を行ったりしています。 相談業務や商品説明はFPの資格がないとできない仕事ではありませんが、資格があることで本人の知識が裏付けされ、顧客への説得力もより強くなります。 独立系FP 独立系FPは個人でFP事務所を開業し独立しているFPを言います。 独立系FPの場合、顧客の相談以外にもセミナー講師をしたり雑誌の記事を書いたり書籍を出版したりもします。 まとめ:ファイナンシャルプランナーはお金の教養としては最高 ファイナンシャルプランナーはお金に関する幅広い分野の内容を勉強しています。 資金計画で悩んでいる場合は「身近なお金の専門家」であるファイナンシャルプランナーに相談するのはアリだと思いますが、企業系FPなどは自社の商品を売ることが仕事です。 内容を理解できていない情報弱者から手数料などをたくさん吸い取る金融商品はそこら中に散らばっています。 ファイナンシャルプランナーの知識はそれを生業としない人にとっても自己防衛のために必要な内容だと思います。 今回は以上です。

次の

5分でわかるファイナンシャルプランナー!仕事内容や年収、資格を解説

ファイナンシャルプランナー一級 よく分かる

ライフプランニングと資金計画• リスクマネジメント• 金融資産運用• タックスプランニング• 不動産• 相続・事業承継 ひとつずつ解説します。 1.ライフプランニングと資金計画• 住宅資金• 教育資金• 老後資金 上記は「 人生の3大資金」と言われています。 ここでは、ライフプランニングの手法として「ライフイベント表」「キャッシュフロー表」などを用いて、長期スパンで資金計画を考えることが学べます。 私は、資金計画を立てる際の「6つの係数」がとても苦手でしたが、住宅ローンの計算や資産運用の利回りなどが簡単に算出できるようになるので日常生活でも大いに活用できる係数です。 また、健康保険や公的年金といった社会保険の仕組みや内容も勉強します。 2.リスクマネジメント 日常生活には、事故や病気などのリスクが常にあります。 これらのリスクが生じたときのダメージを回避・軽減するために対策を立てることをリスクマネジメントと言います。 ・国内総生産(GDP) ・経済成長率 ・景気動向指数 ・日銀短観 ・金利 などの経済用語も学ぶため、日経新聞を読んで内容が理解できるようになります。 「日銀の量的緩和政策って何?」と聞かれても簡単に答えられますよ。 資産運用 預貯金から債券、投資信託、株式、外貨建て商品など幅広く勉強します。 すでに投資をしている人なら興味がある分野だと思いますが、そうでない人も今後投資をする時に必ず役立つ知識が学べます。 例えば、株式投資をする際はPERやPBRなどは必須の知識になりますし、流行りのNISAについてもバッチリ学べます。 4.タックスプランニング タックスプランニングとは簡単に言うと 「税金」のことです。 ここでは主に個人の所得税について勉強します。 所得の種類、控除の内容、税額の計算など、タックスプランニングを勉強することで所得税の仕組みについての知識がとても深まります。 自分の確定申告書や源泉徴収票を見ながら勉強するのも面白いですよ。 自分の所得税がどのように算出されているかが分かることで、どうすれば合法的に所得税を抑えられるかが簡単に分かるようになります。 こういった知恵を身に付けているかどうかで、同じ収入でも手取りに差が出るのだと思います。 5.不動産 不動産売買のポイントや不動産に関する法令・税金について勉強します。 不動産を買う人、売る人、貸す人、借りる人、相続する人、どの立場でも役に立つ知識です。 僕もマイホームを購入する前に勉強しておけばよかったと後悔したのを覚えています。 6.相続・事業承継 相続に関する法律や基礎知識・相続税・贈与税について勉強します。 相続税の仕組みや内容が理解できるので、「孫を養子にする」という謎の行動も理解できるようになります。 特にお金持ちの方は、相続税を最小限に抑える知恵は効果が大きいはずです。 とりあえず、奥さんと愛人じゃ相続の力が全然違うことも学べます。 (当たり前ですね。。 ) ファイナンシャルプランナー FP の資格 ファイナンシャルプランナー FP の資格は大きく2種類に分類されます。 国家資格 民間資格 FP技能士1級 CFP FP技能士2級 AFP FP技能士3級 国家資格のFP技能士には資格の有効期限がありませんが、民間資格は2年で更新が必要になります。 1級まで独学で取った方もいらっしゃるようですが難易度はかなり高いと思います。 なお、おおよその合格率は以下のとおりです。 難関資格ではないので正しい勉強法を継続すれば独学でも必ず合格できます。 仕事としてのファイナンシャルプランナー ファイナンシャルプランナーを仕事とする場合、大きく企業系FPと独立系FPに分けられます。 企業系FP 企業系FPは銀行・証券会社・保険会社などの金融機関や不動産会社などの企業で従業員として働き、顧客のライフプランの相談に乗ったり商品の説明を行ったりしています。 相談業務や商品説明はFPの資格がないとできない仕事ではありませんが、資格があることで本人の知識が裏付けされ、顧客への説得力もより強くなります。 独立系FP 独立系FPは個人でFP事務所を開業し独立しているFPを言います。 独立系FPの場合、顧客の相談以外にもセミナー講師をしたり雑誌の記事を書いたり書籍を出版したりもします。 まとめ:ファイナンシャルプランナーはお金の教養としては最高 ファイナンシャルプランナーはお金に関する幅広い分野の内容を勉強しています。 資金計画で悩んでいる場合は「身近なお金の専門家」であるファイナンシャルプランナーに相談するのはアリだと思いますが、企業系FPなどは自社の商品を売ることが仕事です。 内容を理解できていない情報弱者から手数料などをたくさん吸い取る金融商品はそこら中に散らばっています。 ファイナンシャルプランナーの知識はそれを生業としない人にとっても自己防衛のために必要な内容だと思います。 今回は以上です。

次の